Search


Category Archives

2006年3月18日

春気分先走り

今年の青梅の冬は寒くて長かった。義父の突然の死で、気持ちも冷たかった。
おまけに正月を前後して長く家を空けていたので何年も冬を越していたはずの植物の多くが枯れてしまった。
だから今年ほど春が待ち遠しい冬は無かった気がする。
やっと先日、寒さが少し遠のいて来たので、少しでもたくさんの春を感じたくて
枯れてしまった観葉植物の替えと、春の庭花を買って来た。
喜ぶにも意気込みが肝心さ!と、例年よりたっぷりと買ってしまった。
しかし、喜んで鉢に植え替えたのは良いのだけれどまだまだ青梅の早春は寒い...朝なんて部屋の温度でも3℃かあ。
とてもじゃないから花も外には置けず、植え替えた観葉植物も室内でも凍らないよう に気を使う始末。
でも良いのだ。多少の不便なんて何のこともないよ。
私は半月分早く、春の幸せ気分を買ったのだもの。
本当は春が必ず来る事はずっと前から気づいてた。
冬の始まりの落ち葉の季節に、落ち葉の下からはもう新しい芽が芽生えている事。
どんなに寒い冬でも新芽は少しづつふくらんでいること。
それでも少しでも春を先取りしたいのは、日本人の心の贅沢と言えるのか、
それとも、ただせっかちなだけなのか。微妙だな。
今日も午後からは寒かったけど、Tシャツに半袖ニットにジーンズ(下にタイツ無 し!)でちょっと無理して、春気分先取り!..と思ったけど。
いや...寒い...先走りでした。

2006年3月10日

お久しぶりでした

時の経つのは早いもので、美子日記は随分のご無沙汰となってしまいました。
ご無沙汰が長くなってしまうと、次の一手に緊張し、踏み出す足が重たくなってしま うのは人の常。
かと言って、ご無沙汰のままでもストレスが溜まるもので、つくづく月並みな神経の 私なのでありました。
またぼちぼちと日記の更新を始めますので、宜しかったらおつき合いくださいね。

タイ&カンボジアの旅の後も、昨年中は平穏無事な生活でした。
一変したのが正月の4日。
前の夜まで楽しく一緒に正月のお酒を飲んでいたニカさんの父が次の朝の散歩中に倒れて、そのまま帰らぬ人に。心筋梗塞でした。
それからは、突然の喪主として心構えも無いままに葬儀を取り行い、 私の父の一周忌が重なる中で四十九日を済ませ、その合間に法事関係の雑務と仕事をこなすという離れ業。
やっとこの頃、仕事だけに追われる毎日という平穏な日々に戻れた所です。

残された義母の事や、お寺やお墓の事。様々な親戚の皆様とのおつき合い。他々..
ニカさんは初めて長男の大変さに気づいたそうで、(かなり遅い気はするけど...)
長男の会でも結成しようかなあ...なんて申しております。
結構身近に長男多いですものね。
全く、長男と長男の嫁は滞りなくやって当たり前。
ちゃんとやらないと、どこから爆弾が飛んで来るかは予測不能。
...スリリングです。私も長男の嫁互助会結成しようかなあ

この場を借りれば、義父はとても良いオヤジさんでした 。
去年の秋には一緒に伊豆へ温泉旅行に行ったね。
お義父さんは喜び上手だから、おかげでとても楽しい旅になりました。
嫌な言葉は口にしなかったし、回りの空気を和ませてくれる人でもありました。
嫁には遠慮があって気を使ってくれてたんだと思うけど良くしてもらうばっかりで突然お別れしてしまって、借りが残ってしまったなあ。
ここで褒めたからって、もう遅いよね。
せめてお義母さんを守っていきますので安心して待っていてください。

色々あるけど、私達はまだまだこちらの世界で怒ったり笑ったりして生きています。
美子日記はそんな生活の一場面と言えるでしょう。

Recent Entries

  1. 春気分先走り
  2. お久しぶりでした