Search


Category Archives

2007年5月24日

母のヘアーウィッグ

休日の早朝、長野の実家の母から電話で起こされた。
早朝の電話は不吉の前兆のようで嫌なものだ。不安な気持ちで話を聞いてみると、「これから4日ほど、予定が空いているので遊びに行っても良い?」という能天気なお電話。
この電話を朝の7時前にして、その日のお昼過ぎには東京に着いている72歳の母ってすごいと思う。
そもそも毎日が、畑だ、ハーモニカだ、墨絵だ、同窓会の幹事だ、コーラスだと家にいたためしがない。
夫亡き後、思いっきり自由を楽しめるなんて理想の未亡人像である。

そんな母と久々に立川の街を歩いていて、目についたのがヘアーウィッグコーナー。
もちろん好奇心のみで買う気もないのに、立ち寄って係のお姉さんに着けてもらう事になった。
所が、着けてみてびっくり!そこにいるのはすっかり若返った母なのだ。
私が近くで見ても地肌は自然に透けて見えるし、自分の髪との境目も全然わからない。
髪のトップのボリュームがこんなに人の年齢のイメージを変えてみせるのか...。...開眼...。
いつのまにか、ただのヒヤカシが本気の客に変身して目つきが変わっている似た者親子なのであった。

結局1時間ほど粘った後、お金なんてお墓まで持って行けないんだから自分のために使っちゃお!と購入を決定。
その後の母はウィッグを着ける事で、益々オシャレが楽しくなったとルンルンお婆さま状態。
つくづく、人を幸せにする商品ってあるんだなあと思う。

女性とはそんなささいな事で幸せになれる生き物なのだ。

しかし男性は薄毛ならきっぱりとそのままの自然体のままの方が潔い。
性差別と言われようが、男性とはそういうものなのだと女性の私は思う。
男性用の抜け毛やカツラのCMを見るたびに「自分たちの利益のために
薄毛を恥ずかしい事のような意識を社会に植え付けるのは犯罪に等しいのではないか!」とニガニガしい思いでいるのだ。そんなマヤカシに左右されてはいけない。

ちなみに、このウィッグをニカさんが着けてみたら、ヨン様には成りきれないあやしいおっさん。
私が着けてみたら立派なおばさんになりました。

2007年5月12日

お待たせいたしました

長らくお待たせいたしました。やっとホームページの工事が終わり、未完成ながらも再出発です。
これからは自分達で追加や更新ができるらしいので、新しい作品を手軽に発表できる予定です。

スタッフ紹介のコーナーの文面は以前のままです。読み返してみての感想は、前の更新から5年経つのに、私って情けないほど進歩がないなあ....。ですねえ。
しかし、世界が変わっているように感じるのは道具が進歩しているからで、人間という生物は2000年前から、もしかしたら一万年以上前からそんなに進化していないんじゃないか。
そう考えれば、我が身の進歩の無さも潔くあきらめられるというものです。
さすがにふたりとも外観上に若干の変化がありますがので近日中に写真は撮り直しますね。
(^-^;)..

先日は私達も無事、結婚20周年を迎える事ができました。
ほとんど毎日24時間一緒にいるのに、少しも飽きのこない愛すべきパートナーがいて、元気で働ける身体があって、信頼できる友達もいるなんて、ありがたい事と感謝しています。
この調子なら年を重ねるのもそんなに悪い事ではないかもしれません。
これからも私達は皆様に助けていただいたり、元気をいただいたりしながらもそろそろ少しは世の中に貢献して行かなければいけない年齢になったようにも感じています。

海外青年協力隊や、国境無き医師団の記事を目にするたびに、「デザイナーにも何かできる事ないかなあ。」なんていう夢のよう話はしてい るのですがそこまで輝かしい貢献はできなくても、まずは地道にできる事から一歩ずつかな。良い商品をデザインして、それがお客様に喜んでいただけ、企業の利益になる。という図式が一番実現性のある健全な社会への貢献ですものね。

ニカさんは今期から、デザイン学校の講師を再開しました。かなり厳しい先生らしいですが、以前教えた卒業生達は結構慕ってくれているようです。ニカさんのデザイナーとしての経験を、新しいデザイナーの卵達に伝える事ができるのならばそれも素晴らしい社会への貢献になり得ると思います。
 
今日は久々の更新だったので、近況報告と新年の抱負!みたいな気張ったまとめになっちゃいました。

2007年5月 6日

お問い合わせについて


■各種のお問い合わせについて
企画、デザイン、コンセプトモデル作成等プロダクトデザインの仕事内容について、外注デザインとの仕事の進め方やスケジュールについて、デザイン料金について、他、各種お問い合せはご遠慮なく以下までご連絡ください。

〒198-0021
東京都青梅市今寺1-751-16
TEL. 0428-32-1498

info@ergdesign.jp

2007年5月 4日

au Design Project:Proto Type Design

■エルグデザイン:プロダクトデザインの紹介。

au_design_title.gif
2001年東京ビジネスショウで発表したau Design Projectの次世代携帯電話のカタチです。上の写真が次世代携帯電話の物、下の写真がGPSを内蔵したウエラブル携帯端末のデザインです。下の画像をクリックすると拡大画像が見られます。

to_rotary01.gifto_rotary02.gif
[左]GPS搭載の次世代携帯電話の閉時(通常時)の様子。着信が表示され閉じたままでも通話が可能である。センターボタンはジョグダイヤル。
[右]画面が閉じた状態の次世代携帯電話を斜めから見た様子。液晶画面にあたるパーツが弧を描いている。

to_rotary03.gifto_rotary04.gif
[左]次世代携帯電話の画面を開いた状態。縦置きの画面としてもインターネットやその他の情報の閲覧が可能である。
[右]次世代携帯電話の画面を開いた状態。画面を回転して横位置にすることで映画などに対応することが可能である。

to_wearble01.gifto_wearble02.gif
[左]GPS搭載のウエアラブル携帯端末に付属する腕時計型サブディスプレイ。右のジョグダイヤルでメモリーの情報を検索することが可能。
[右]ウエアラブル携帯端末のイヤホン同体型マイクロホン(アンテナ内蔵)と付属するクリップ型サブディスプレイ。
腕時計型サブディスプレイとは生活シーンによって使い分ける。 イヤホン部分を左耳に装着しハンズフリーを実現。

to_wearble03.gifto_wearble04.gif
[左]ウエアラブル携帯端末のメインディスプレイ。カメラとアンテナが上野部分についている。また左にあるのはジョグダイヤル。衛星から獲た信号で現在地等を表示する。またジョグダイヤルを使い、操作をする。透明な液晶が高級感とハイテクなイメージを出している。
[右]ウエアラブル携帯端末に付属する全パーツを並べてみた。金属パーツと透明液晶表示が特徴だ。携帯電話とは思えないそれぞれの機器はauの携帯電話の未来を表している。

エルグデザイン二階堂隆のデザインワーク

Watch Design:EXZEST

■エルグデザイン:プロダクトデザインの紹介。

exzest_title.gif

EXZESTのデザインは、男性的とは何なのかを解釈し定義するところから始まりました。ダイナミック、スピード感、メカニカル、緻密さ、などの男性的なイメージを持つ言葉に置き換え、より具体的な物に近づける作業がイメージスケッチと同時に進められました。下にあるスケッチはその時に描かれたスケッチです。
EXZESTのネーミングは、ZEST(情熱)とEXHAUST NOISE(エンジンの排気音)を合成し名付けられました。
時計が、ただ時を知るための道具としての価値だけでなく、自分らしさを表現する身近なアイテムに進化している今、EXZESTのデザインから発せられるメッセージに何か感じてもらえると確信しています。



type_a.gifあらゆる生物は、固有の体温を保有している。デザインするということは物に生命を吹き込む行為であり独自の個性を持たせる行為である。TYPE-Aは焼きつくOILの臭い、金属どうしが激しく摩擦した時に発する熱、そしてその熱がTYPE-Aの体温となる。

type_a_rough.jpg
※EXZEST Type-A全種はこちらから


aero.gif自然は、我々に無限の暗示を与えてくれる。AEROは激しく吹く風。非対称の6方向に伸びる面は空気を切り裂く残像、スピードを表現。無限のスピードに対する憧れをストレートにデザインしたモデル。
aero_rough.jpg
※EXZEST AERO全種はこちらから

work.jpg

Digital Music Instrument:PULSE

■エルグデザイン:プロダクトデザインの紹介。

 sketch_a_s.gif sketch_b_s.gif


 sketch_c_s.gif sketch_d_s.gif

 sketch_e_s.gif pulse_pic_a_s.gif

 pulse_pic_b_s.gif pulse_pic_c_s.gif

work.jpg

事務所紹介

・エルグデザインニュースへ移動します☟ 
エルグデザインの工業デザインに関するニュース
エルグデザインは東京都青梅市にある、プロダクトデザインの事務所です。
青梅市は緑豊かな土地ですが、エルグデザインの庭にも四季折々の花が咲き、
道行く人の目を楽しませています。
私達はここで25年以上に渡り、デザイン創造活動を続けています。

プロダクトデザイン事務所・エルグデザイン外観

プロダクトデザイン事務所・エルグデザイン内観

プロダクトデザイン事務所・エルグデザイン庭



2007年5月 3日

ERGDESIGN:Information

■著作権について
当サイト(ergdesign.jp)で使用している画像や本文の使用権・所有権または著作権はErg Designに帰属します。よってこのホームページの内容の全て、または一部を他へ配布・販売等することは固くお断りいたします。 各コーナーにて公開している写真やグラフィックの著作権は放棄していませんので、無断配布等は禁じます。

■当サイトへのリンクについて
このページへのリンクは自由に張ってくださって結構です。 できましたら事後報告でもかまいませんので、メールでご一報頂けたらと思います。

2007年5月 1日

デザイン開発環境について

■ソフトウエアに関する知識
Macintosh OS X
Design FreeQ-jp (2D CAD)
ConceptsUnlimited3&SharkFX9 (Solid Modeler)
Adobe Illustrator CC
Adobe Photoshop CC
Office2011
Others

二階堂隆:プロフィール

エルグデザイン・二階堂隆.jpg
血液型
O型
趣味
仕事、晩酌、落語鑑賞、ギター('70ロック:バンドも組んでました)
弱点
超アナログ人間なこと。
仕事に没頭しすぎること?
その他
デザイナーになった動機は物を作るのが好きだったから。
1980年 多摩美術大学立体デザイン科卒
CASIO計算機に入社
デジタル、アナログウォッチのデザインを行う。G-SHOCKプロジェクトチームに参加し、初代G-SHOCKシリーズを手がけたのが一番の思い出。その後のブームは私も予想が出来ませんでした。
1983年 ミラノに在住
Depas,D'Urbino.Lomazzi Design Officeに参加。
ファーニチャー、テーブルウエア、タイル等をデザイン。私のデザインテイストはミラノの経験がかなり影響していると思っています。
1987年〜 ErgDesign設立。現在に至る。
1990年〜 日本工学院テクノロジーカレッジ・デザイン科講師
2008年〜 東京都商工連合会・工業デザインのエキスパート
東京都立産業技術研究センター・工業デザイン支援エンジニアリングアドバイザー

東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン プロダクトデザイナー 二階堂隆 デザインの話
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン プロダクトデザイナー 二階堂隆 デザインの話