Search


Category Archives

2007年6月28日

不快なCMにもの申す

TVコマーシャルが良き時代だったのは昔のお話。近頃はとっても尋常な神経とは思えないCMが氾濫している。
先日書いた薄毛を「良くない事」という意識を植え付けるCMもそうだけれど、毎年この季節になると気になる不快なCMについて、ついに物言わせていただきます!

私は脅迫は大嫌いである。しかし、洗剤や除菌スプレーのCMで画面一杯に拡大されたあのダニや雑菌は脅迫以外の何ものでもない。「ほ〜ら、目には見えなくてもこんなにすごいんだから〜、買わないとひどい目に合うわよ!」と言いたいのが、恥ずかしいほど露骨である。
昔から多少のダニも雑菌も人間と一緒に暮らしていましたよね。無菌状態の中でしか生きられないようなヤワな人間ばかりになったら、少しの雑菌やショックで皆死に絶えてしまうんじゃないでしょうか。
それに実際はそんな商品を大量に使っても無菌空間なんてあり得ないのでやっぱり拡大すれば....。

それからもうひとつ、この季節の最悪シーン。
TV画面一杯に水虫の足へのスプレーシーンを映し出して平気な神経は絶対におかしいんじゃないでしょうか!
私はあのシーンを見てしまった後、なぜか見てはいけない人の裸を見てしまった後のようなバツの悪さを感じます。
そう、あれは人に見せてはいけないものなのです。
見ても不快でこそあれ、他のどんな感情も呼び起こしません。
制作者には、無神経という言葉を教えてあげたいです。
そしたらあんなシーンをお茶の間に流してしまった罪に気づく事もできるでしょう。

CM界の皆様、脅しや不快なシーンで一時の注目を集めたつもりでも、それに対する消費者の反応は「反感」かもしれませんよ。消費者はそんなにバカじゃないかも、とたまには疑ってみてくださいね。

2007年6月17日

悪い癖

私には10年くらい前から身についてしまった悲しい癖がある。
それは何かの結果や今後を想定する時、自分が「こうなるであろう!」と考えた事以外の結果が加わる事が多いという事実に、ある時ふと気づいた事から始まる。

例をあげれば、友人が待ち合わせになかなか現れない理由を「電車が遅れているのかなあ」とか「急用ができたのかしら...」などと想像していると、実は待ち合わせの場所が間違っていた!とか、人間ドックの結果では「ここが心配...」という所は全く異常がなくて別の所が再検診だった...。というようなささいな事の積み重ねなのだ。

それなら事前に悪い事ばかり想定しておけば、結果は反して悪くないはず!
なんてついバカな事をひらめいてしまった。

それ以来、例えば健康診断再検診の結果を聞きに行く時は「末期です。」までシュミレーションをしてから行くようになったし(笑ってやってください)、仕事の上でも最悪の状況を想定しておく事になった。
おかげで慎重にもなったし、少しはうろたえる事も少なくなったし、そして何よりも想定した最悪の状況から回避できているのだけれど、きっとそれは最悪を想定したからではなくて必然の結果なのである。
ならば事前の不幸な気分は味わうだけ損ではないか...という事に気づいてはいたのですが、悪癖はなかなか止まらない。

実は近頃は、今後仕事をどうやって進めてゆくか、どうやって生きてゆくか試行錯誤しながらの毎日です。
つまり、先は全然見えていない状態で、以前のように毎日が仕事に流されている日々よりも不安も希望も大きい。
こんな状況に陥った時、あの悪癖が突然姿を消したのです。

悪い事を考えている心の余裕も時間の余裕も無いっていう事なのかもしれないけれど、突然のやけくそ気味な気持ちの開き直りには自分でもびっくり。
未来を想像すると楽しい老後まで想像できちゃう。

ならばこれをきっかけに、これからは良い事ばかり想像する癖に切り変えよう。その方が想像している時も幸せだし、幸せへの一番の近道のような気がする。

これからはコンペにも参加するし、新規開拓の企業ともお仕事始めます。
上手く行かなかったら...なんて考えないよ。もうそれは飽きたから。

Recent Entries

  1. 不快なCMにもの申す
  2. 悪い癖