Search


Category Archives

2012年2月26日

般若心経と魔除けの言葉

休日は晴耕雨読だった私の父は、30代から76歳で亡くなる直前まで「般若心経」を写経し続けた人でした。
今になってこそ写経の神髄を聞いてみたいのに、聞けない事が残念です。
我が家の居間に飾ってある父の書は、亡くなる2年程前のものです。
何を期待していたのか、横にペンでふりがなを書いてくれています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

父の無言の期待に応えるべく(?)今年の年頭にニカさんと
「今年は般若心経を覚えてみよう」と言う事になり
少しずつですが頭の中に定着し始めました。
ただ今、題目を別にしてやっと4行、無意識で唱えられるようになった所です。

ここで「般若心経」には意外な効用がある事を発見しました。

日常生活の中で、考えても仕方の無い『負の思考』に取り憑かれている時
「般若心経」を記憶するという行為でス〜ッと邪念が消えて行く
のです。
これはありがたいお経のせいなのか、記憶しようという意識によるものなのか...?

焦らずあわてず覚えてゆけば、お経の効用とともに、少しは精神向上もできる...(かも?)

実家は「真言宗」だったのですが
子供の頃、祖母からありがたいお経だからといって覚えさせられたのが「光明真言」

「おん あぼきゃー べー ろしゃ のー まかぼだらに はんどま じんばら はらばりたや うん」

調べてみたら「一心に唱えると、すべてのわざわいを取り除くことができるというかなり強力なパワーのある真言」との事。
意味も分からず唱えていたけど、孫を守ってくれようという祖母心だったのかなあ。

もうひとつ、何かの際に「邪気を祓う魔除けの呪文」とあったので
これは便利だ!と思って覚えたのが
「ナウマク サンマンダ バサラ ダン カン!」

表層の部分ではデザインだの、パソコンだの、なんだかんだ言っても、
私は正真正銘の仏教徒なのであります。

この週末はニカさんは完全に仕事モードでした。

新しいデザインの作業を始めたばかりで全体が混沌としている時は、
ニカさんにとっては生みの苦しみの時で、端からみていても気を使います。
せめて邪気を祓って、清浄な気の元で仕事をして欲しいのものです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
こんな時こそ、例の呪文の出番です。
「ナウマク サンマンダ〜 バサラ ダン カ〜〜ン!」 


2012年2月20日

胃カメラ終えてマダム会

初胃カメラ体験は、おかげさまで胃に何も異常無い事を確認して終える事ができました。

チューブだけでなくエアーも送られ、思ったより「ウエ〜ッ」で
涙でグシャグシャになったブザマな私。

人体の神秘を一層強く感ずる気持と、なんだか単細胞ゴム人間になった気分とが
交錯した胃カメラ体験でした。

何度かの延期の末に、週末晴れて実現した「青梅マダム会」。
今回はご主人が入院中のカネゴン家にいつもの4人が集まって
「ご主人の順調な回復を無理矢理祝うマダムの会!」です。

胃カメラを無事に終えた私としては
これで心置きなく飲めや歌えの大騒ぎができるというもの。
昼から夕方まで飲んで食べて喋って、この数日間のストレスもすっかり解消です。

「胃カメラの前と後とのこの違い!
全くニンゲンというのは懲りない動物ニャンなあ〜。」

東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
by 炬燵でマミさんに抱っこの茶々丸クン

2012年2月17日

医療色々

風邪の不調は回復したものの、人間ドックのバリウム検査で初めてひっかかり
「透亮像有り/要・胃カメラ検診」の検査結果です。
胃には何の違和感も感じていなかっただけにドヨ〜ン!とショックを受けて、早速病院に行って来ました。

医者が検診表を見て
「胃カメラ飲む程の症状ではなさそうですが...、一応飲んでみますか?」

(^。^;) ハイッ!
この時点で急に強気になった私は、「日頃ニカさんが忌み嫌っている胃カメラなるモノ」に初挑戦してみよう!という好奇心で一杯になってます。
一抹の不安も無いと言えば嘘になりますが
こちらは検査後日、結果報告します。


友人のカネゴン家のご主人はただいま「鼻茸・ハナタケ」の手術で入院中です。
「鼻茸」って何よ? それって病名なの? なる疑問はごもっとも。
「鼻茸」とは鼻詰まりの原因にもなっている鼻の中の茸のような腫瘍。
名前の割にはりっぱな病気のようです。

世間には、聞いた事も無いような病気があって
それが医療の進歩で治療できるという事は、ありがたい事だなあと感じます。

おかげさまでご主人の手術は成功し、順調に回復を待つばかりのようですので
一人と一匹でお留守番中のカネゴン家に押し掛けお見舞いして来ました。

「あっ、また昼寝のジャマしに来た...」片目以外は無視しとこ....
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

カネゴンは薬剤師です。
「色々な吸入器があるので意見を聞かせて」
吸入器のサンプルを色々見せてくれたので、デザイナーの立場で評価をして来ました。

各医療メーカーが独自に開発しているので、薬のセットの仕方、吸入法は様々です。
使用法を全て理解した上でお年寄りの患者さんにもわかるように説明しなければならない薬剤師さんのお仕事は大変です。
患者さんも子供やお年寄りでは複雑な操作は困難でしょう。

薬によっては差別化も必要ですが、できるだけ形も使い方もシンプルに、
必要表記は見やすい場所に大きな文字で
、という基本は押さえて欲しいと感じました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン


カネゴン家の玄関先には、寄せ植えの鉢が見事です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

こんなに綺麗な鼻..、(間違い)花!に囲まれた玄関が
花...、(間違い)鼻!の手術を終えたご主人を迎える日も近いです。

春よ早く来〜い!

2012年2月16日

インフル..だった?

ご無沙汰しておりました。
先週末から3日ほど、体調を崩して起き上がれませんでした。
熱も38°超えてなかなか下がらず、関節や皮膚の痛み、モウロウ感...。

もしかしてインフルエンザ?!とも疑いましたが
我が家では二人とも、これまで風邪(インフルエンザ)で病院に行った事がないのです。

「風邪の時は、暖かくして寝るのが一番!昔からそうだったから。」
という確信は、私の中の動物的生存本能が風邪菌と戦おうとしているようにも感じます。

もちろん市販薬は飲みますが、一番の薬はニカさんが作ってくれる病人食
暖かいもの、消化に良いもの、喉越しの良いものと、色々工夫してくれます。
さすがに熱が出た時最初に作ってくれたお粥は、写真を撮る元気もありませんでしたが
食欲だけは衰えず、次々と平らげ、おかげさまですっかり回復できました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

インフルエンザだったのか?否か?は、今となっては意味ないかな。

でも、私の中の動物的生存本能がインフルエンザ菌と戦って勝った?!としたら
ちょっと自慢なんだけどな。

2012年2月 2日

青梅キャッチコピーキャンプ

青梅青年会議所が主催する、年間を通してのイベント『 青梅キャッチコピーキャンプ』

コピーライター仲畑貴志氏青梅市の中小企業のおやじたちがいっしょになって
コピーを考えることを通して、もう一度、会社の未来や青梅のこれからを
考える、それが青梅キャッチコピーキャンプの目的です。

そのキックオフの仲畑貴志氏の講演
『中小企業のための、キャッチコピーのつくりかた』を拝聴して来ました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン


仲畑氏によるキャッチコピーや広告を考える際のアドバイス
5つのポイントに絞ってみました。

●品質の時代は終わった(商品は飽和した)
 機能・性能をアピールしても駄目。
 消費者は 好き←→嫌い で選ぶ。

●何が売り物(長所)かを考える。
(長所は、性能ではなく「消費者にとっての良い事」と考えましょう)
 なければ長所を作る。
 それでも良い所を発見できなければ言葉で飾っても無駄だから止めた方が良い。

●より価値あるひとつを確実に伝える。
 「早い話が」〜◯◯◯と次々と発想して行く。
 最後に「早い話が」を削除した言葉がその言葉かも!

●爆発力のあるアイデアは一見冗談っぽく見える。
 採用決定する上部の判断にかかっている。

●価格の安さを強調するのは駄目。
 高く売れるためのアイデアが重要。

講演者のタイプには、理論型と実践型があるのですが
仲畑貴志氏は実践型で、体験談を交えた飾らないトークは
中小企業のオヤジ達(?)にも伝わり易かったと思います。

エルグデザインとしても、モノづくりの中で同感する部分が多く
自分達の立ち位置を再確認できる機会となりました。