家族三代京都の旅

「甥が京都の大学にいるうちに、母を連れて京都に行く」という使命を持った旅をして来ました。
母と同行するため、往復信州の実家に泊まり、京都で2泊、都合4泊5日の旅となりました。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行 1.JPG
齢80になった母は、長年車で移動する生活だったので足元が心配です。
「ついに杖も用意したし、足腰は歩いて鍛えたから大丈夫!」との事だったのに…甘かったです。
歩く早さは、私達の半分以下で、少し歩いては休憩するのもやむなし。
これは子供の頃から、母から世話になった分のほんの少しの恩返しなんだと感じます。
欲張らずにペースを落として、タクシーを使いつつ、のんびり行きましょう!
「東福寺」の通天橋から見た紅葉は見事でした。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行 2.JPG
縁側に座ってゆっくり庭を眺めたのは「光明院」
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-3.JPG
混雑する人気のお寺を敬遠して、甥に案内されて巡った「祇王寺」にて。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-4.JPG
二条駅の雨よけ(の域を越えている…)は壮観でした。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-0.JPG
この季節の京都はどこも賑わっていて、嵐山の渡月橋手前は、ものすごい混雑ぶりで渡るのをあきらめました。
洪水にも負けず、人間の荷重にも負けず、強靭な橋ですねえ。
141120-10.JPG
夜は、京都の街の居酒屋や町屋を改築したレストランでお好みディナー。
週末は混むからと、二晩とも甥が予約していてくれました。
感心感心!(^0^)
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-6.JPG
旅慣れて来た最終日は、二条城を一周巡る事ができました。
約1万歩、大変良く歩けました。◎
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-7.JPG
最後は「恥ずかしいから止めてくれ〜!」と嫌がる本人をなだめつつ京都大学に連れて行ってもらい、強引に撮った記念の一枚。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-8.JPG
敷地は広々として、意外に新しい校舎でした。
母もこれで安心し、満足してくれた事と思います。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-9.JPG
紅葉や建築を観るよりも、母の具合を気にする方が長い旅でした。
こういう時を体験できて良かったと思うと同時に、
やがて訪れる老後のために、親の振り見て足腰は今から鍛えておくことにしましょ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    思いの外たっぷり京都の紅葉を楽しんだようですね
    それも出来た甥っ子のお膳立てのようで流石!
    京都の高台寺の紅葉ライトアップに行ったのは10年前
    素晴らしかったなあ~

  2. カネゴン より:

    なんだかんだ言っても、やっぱり京都の紅葉は綺麗だわ。
    祇王寺に行ったんだね。私も好きなお寺だよ。
    でもさすが、ヨシコママ、オシャレだね。
    色々洋服を着こなして、とても80歳にはみえないよ!

  3. gop より:

    天気も良さげ、楽しいご旅行だった様で何よりです。
    嵐山も大洪水があったとは思えない復活ぶりで。
    そうそう私も昔京大行ったっけ(医学部)

  4. 直子 より:

    わあ、無事に行ってきたんだね。
    京都の紅葉はやっぱり格別だね。
    京都大学縁のない大学ですがここで拝ませていただきます“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!
    足腰は今から鍛えておこうと私も母を見て思ったよ。
    だって祖母は母のその年にはまだまだ歩けたもんね。

  5. ヨシコ>アトム より:

    紅葉のライトアップはそんなに素敵でしたか。
    私達もライトアップに行こうとしたのですが
    入場券を買うのに長蛇の列で、あきらめました。
    満喫するにも体力いりますね。焦!

  6. ヨシコ>カネゴン より:

    祇王寺が好きなんて、
    さすが旅行クラブ出身のカネゴン!京都通だね!
    母は昔は私と同じくらいに身長があったのに
    すっかり背中が丸くなってしまったよ。
    オシャレ心を忘れていないのは、
    娘としては嬉しいけどね。(^_-)-☆

  7. ヨシコ>gopさん より:

    とにかく無事で行って帰って来ました!
    甥は工学部の一年生なのですが、やはり医学部は
    桁違いに賢いらしいです。
    美大系から見ると、差なんてよく分からないけど…
    (^-^;)..

  8. ヨシコ>ナオチャ より:

    人混みで混雑する京都の紅葉を観た後
    中央道を車で帰って来たけど
    諏訪のあたりの紅葉は全然負けていなかったよ。
    逆に綺麗だったくらい。
    ナオチャの家の近くだなあと思いながら通り過ぎたよ。
    (^0^)