Search


Category Archives

2016年8月30日

シン・ゴジラ鑑賞

大型台風10号の進路が気になる雨模様の中、往年のゴジラマニアのニカさんに誘われて「シン・ゴジラ」を観て来ました。

singozilla_sashikae2.jpg

誰もが思い出すのは、東日本大震災。
政府のドタバタ、崩壊する街、突然襲う放射能の恐怖。
そして、今後起こり得る再度の大震災への恐怖。
生き延びるために立ち向かう人間たち。

原点回帰で、日本人(中年以降?)の深層に響く、良い映画だったと思います。
1954年の最初の公開から60年以上進化を続けるゴジラ、原作の持つ普遍的な必然がすごい。

これまで観てきたゴジラの最期の姿は、理不尽な死への憐れみや悲しみを感じたのに、シン・ゴジラの最期は象徴的なモニュメントのようでした。

台風10号は進路を定めないまま、太平洋を彷徨っているようです。
まるでゴジラのように。

2016年8月23日

水難・災難

8月22日は、朝から携帯には頻繁に台風9号による大雨洪水警報が入り、あまりの大量の雨に事務所にいても落ち着かない気分。
青梅地方は昼頃、1時間に100mm超えという記録的な豪雨になりました。

事務所のドアから自宅の玄関まで5〜6歩程なのですが、たったその距離の移動が簡単じゃない。
だって、自宅側の庭が冠水してる〜!
庭の窪んだ部分が100mmの雨をさばききれないようです。
二階堂家.jpg

やっとの思いで自宅に入ると、床下収納庫が床から盛り上がってる〜!
わわ〜!なんで?
収納庫を外してみると、床下が浸水だ...ショック。
床下収納.jpg

水深140mmもの雨水、どこから入ったの?
おかげで午後は、この水をポンプとバケツで排出し、最後は塵取りとモップで仕上げる重労働に追われました。
大きなマイナスを限りなく0に近づける作業は虚しいものです。
浸水.jpg

水も排出し、雨も上がったので、霞川の被害状況を調査に出かけました。
水路にかかる瓦礫、水位はここまで来てましたか。
川が氾濫していたら、床下浸水では済まなかったかも。
氾濫1.jpg

葦も雑草も濁流の流れのままに。
氾濫2.jpg

それでもカモ達は、大水の上を滑るように泳いで、急な流れを楽しんでいるように見えました。
カモ.jpg

虹も掛かって悪夢の終わりを告げているみたい。
虹.jpg

庭の水は、雨上がりとともにたちまち引き、
ただいま床下は、サーキュレーターで強制乾燥中。
乾燥中.jpg

キッチンは現在こんな状況で、床下の乾燥を待ち望んでます。
収納庫2.jpg

青梅に住んで30年になりますが、この2〜3年続く大雪や大雨の災害は尋常ではない感じです。

私の実家は水害地にあったので、生まれた実家は昭和36年の天竜川の氾濫で一階が水没しました。
子供の頃は、収穫期の作物が洪水で流された事もしばしばでした。
親子3代水難に祟られ、今更になって親達の苦労のかけらがわかります。

自宅が大変な被害にあっているのに淡々とインタビューに答える人々からは、太古から災害と向き合って生き延びた人間のたくましさを感じます。

テレビのニュースで、「キャ〜!すごい風で傘が壊れてしまいました〜!」なんて言ってる女子アナ、現実はそんなもんじゃないよ!(▼▼#)

2016年8月19日

2016お盆de帰省

ブログアップが遅くなってしまいましたが、お盆は3泊4日で信州飯田の実家に帰省してました。
田舎のお盆の風景を少し残しておきたいと思います。

天竜川沿いの旧堤防の左側の茂みは、子供の頃遊んだ実家の畑のあった所です。
洪水が頻繁に起こる水浸き畑だったので、今では区画整理されて作物禁止の野生地帯。
私にとっては、思い出のタイムカプセルのような懐かしい場所です。
川路の風景.jpg

散歩の途中にヤギと遊べる、田舎の幸せ〜!
田舎のヤギ.jpg

レストランの看板が田舎の風景にマッチして良い感じ。
二階堂美子.jpg

お盆のお墓参り。
実家のお墓は、山の中の深い木々に囲まれて、ずーと昔からの丸い石のお墓も残っていて、ご先祖様が眠っている場所ですが、私はここには入る予定なし。
散骨か、樹木葬が希望です。
墓参り.jpg

毎日迎え火を焚く担当は、焚き火好きな婿殿ニカさんでした。
迎え火.jpg

弟は夏休みに入った途端に座骨神経痛に襲われ、激痛に悲鳴をあげる毎日。
甥達の成長ぶりも面白い。そんな夏の家族写真です。(☟クリックで拡大)
家族写真.jpg

婿殿、庭の水やり係もありがとうさんです。
水まき.jpg

打ち水された涼しげな庭にて、母と記念写真。
照子と美子 .jpg

最後は送り火で、ご先祖様の魂を天にお見送りしました。
送り火.jpg

弟のお手製の2kg弱のローストビーフ。
上手く作るコツを聞いてはみたけど、2kgの肉はちょっと荷が重い。
善一郎の作ったローストビーフ.jpg

お盆最後の夕食中に、隣町の時又の灯篭流しの花火が始まりました。
時又花火1.jpg

いざ!花火の良く見える部屋に移動して、最後までのんびり花火見物。
時又花火2.jpg

こんな田舎があって、良かったなぁ。

2016年8月 7日

この夏のあれこれ

日本列島が猛暑に覆われる中、地球の裏側ではリオ オリンピックが始まりました。
今回のオリンピックは、テロや金銭問題や反対運動やドーピングなどのダーティな部分が取りざたされています。
とかく世間は利権がらみが付きものなのでしょうが、純粋に選手の努力が昇華され、感動を世界に与えてくれる大会になりますように。

最近のニカママです。
五月の末に生死の淵をさまよったは思えないほど元気です。
病院から施設に移ることになった時、洋服を10着以上購入しました。(←私が)
おかげで施設では、とてもセンスの良いお洒落な奥様と褒めてもらっているそうです。
(↑もちろん私の見立てが良いのと、ニカママの着こなしが良いのと、少々のお世辞?)
お洒落は元気の源ですね。
秋にはニカママがスポンサーで、私達を2〜3泊の大盤振る舞いの大名旅行に連れて行ってくれるそうで..、希望も生きるための大いなる糧なのですね。
二階堂友子・隆.jpg

それにしても、平成28年度障害・遺族基礎年金受給者向け給付金のご案内が届きましたが、介護生活新参者の私たちには何のことやらチンプンカンプンです。
ニカさんがお問い合わせダイヤルに2回も電話して、やっと内容が把握できました。
高齢者が読んで理解できる内容ではありません。もう少しわかりやすいように工夫しましょうよ。
給付金.jpg

この夏、ニカママの洋服はたくさん購入しましたが、それで気力を使い果たし自分の服はヨレヨレ気味の私。
届いた通販のカタログにしばし夢中で、憑かれたように欲しいモノにタグを貼りまくってました。
通販.jpg

ぜ〜んぶあったら嬉しいけど、もちろん全て購入できる訳ありません。
「コレ良いなあ..♥」と、夢みているうちが、一番楽しい時... 、
って言うか、タダで夢をたっぷり買っているのですね、この段階。
タダの夢なら、買わなきゃ損損。

何だか今年は、花火大会の予定も失念してました。
昨日はド〜ンという大きな音で初めて青梅の花火の日だった事に気が着きました。
慌てて二人で二階に上がり、部屋の窓からささやかな花火を楽しみました。
(小さい声で) 玉屋〜!
花火.jpg