Search


Category Archives

2018年5月20日

美しいもの

30年の歴史があり、ここ数年恒例でお誘いいただいていたワイン付き、春の室内コンサート。
大変なお手間のかかる企画で、今年も素敵な時間を過ごさせていただきましたが、一旦幕が降りる時が来たようです。
長い間、耳と心と香りを優雅に楽しませてくれる機会を作っていただき、ありがとうございました。
何事にも終わりの時はあるけれど、有終の美学という感動もいただきました。
鬼塚コンサート.JPG

私の水彩画チャレンジは、始まったばかり。
今週の一枚は、昨年フィレンツェで撮ったベッキオ橋の風景を描いてみました。
未熟な腕にもかかわらず、美しくも難しいモチーフを選んでしまう強気な私。
美しいと感じるものを、美しく表現できる日が、待ち遠しいです...。
ベッキオ橋水彩画.JPG

本日のランチはニカさん作の最高に美味しいイタリアン・ボンゴレビアンコでした。
オリーブオイル、ニンニク、鷹の爪、アサリ、アンチョビ、バジル、塩胡椒。
これだけのシンプルな材料が奏でる美味と美しさ。
これも芸術だなぁ。
ニカさんのボンゴレ.JPG

本日は、春の花から夏の花へ植え替えて、庭の模様替えを行いました。
これから夏に向けて、色とりどりに美しく咲いてくださいね。
エルグデザインの庭.JPG

ただ今の庭の主人公の赤いミニバラです。
ニゲラのブルーとの対比が美しいです。
エルグデザインのバラ.JPG

オリーブの木も今年はたくさんの花をつけて、今が満開です。
今年こそ、ツヤツヤのオリーブが実りますように!
オリーブの花.JPG
花芽に梅雨の雨を当てないように、大切に見守ってみます。

2018年5月13日

今週の水彩画

継続のパワーを信じて、今週の私の一枚です。
美子初夏の水彩画.JPG
以前撮った写真をモチーフにして、初夏の公園の爽やかな光と風をここに残せたら...、という思いで描いてみました。

ニカさんは、ガラスミニボトルの水彩画に取り組んでいます。
まだ途中段階ですが、未完成というのは、完成予想図が無限大に想像できる楽しみがあります。
各々の描きたいテーマも作風もどんどん違って来ていて、それがまた面白いところ。
ニカさんの水彩画.jpg

ブログをアップしているうちに、ここまで進んでいました。
あと2時間ほどかけて仕上げたいそうです。
どうやらニカさんにも火がついてます!
 ニカさんの水彩画2.jpg

本日は小雨模様でしたが、夕方から豪雨に変わってしまいました。
これから来る梅雨の季節の週末は、家に篭って水彩画三昧というのも贅沢な時間になりそうです。


2018年5月 6日

触発されて

このGW中、元会社の先輩だった小野さんが、水彩画の作品をご披露に事務所に訪れてくれました。
元々はエンジニアで、退職後に趣味で水彩を始められたのですが、さすがに継続は力なり。
どんどん上達されているのにはびっくりです。

おまけにその翌日、アトムさんのブログにアップされた水彩画の素晴らしさに感動して、ついに3日坊主だった私たちにも火が着きました!

せっかく庭が一番綺麗な季節なので、本日のモチーフはエルグデザインの事務所です。

エルグデザイン事務所.jpg

途中ニカさん作のランチでひと一休み。
二階堂隆のランチ.JPG

今回のニカさんの庭の花の作品は、未完成でした。
というか、失敗作。
どうして想像で描く絵は上手いのに、見た物は描けないのか?
透明水彩絵の具の特徴が、理解出来ていない気がします。
水彩絵の具の研究から出直すニカさん。
二階堂隆スケッチ中.JPG

10ヶ月ぶりの本日の私の作品は、4時間近くかかりました。
描き方に迷いながらなので、ついつい描き込み過ぎてしまいます。
修正がきかないのも辛い。
美子の水彩画.JPG

それでも始めないと何も進まない、再開した事に意義があるという事で!

2018年5月 4日

実家にてGW

甥達も集合して、久しぶりの故郷です。
家族写真.jpg
左端の俊太郎は今年から院生になり、深夜まで有機化学の実験(私には理解不能)に明け暮れる毎日のようですが、その割には身体は頑丈そうで一安心。

その右隣の聡一郎は大学4年生になりました。
今はラグビー部の部長としてリーグ戦に燃えているようですが、大変なはずの学業についていけているのか少々気になるところ。

母はもうじき84歳。背丈は随分小さくなってしまいました。
これまで忙しすぎた母なので、これからは穏やかな日々を過ごしてもらいたいと思っています。

子供の頃遊の遊び場でもあり、昔は実家の畑があって、よく父と来ていた懐かしい天竜川の風景です。
天竜川.JPG

ココロファームビレッジの山羊達も元気でした。
やぎ1.JPG

大胆なくらい恐れを知らない可愛いヤツ。
やぎ2.JPG

川があると、いつも本能的に水切をしてしまうニカさん。何故なのだ?
石投げ.JPG

天竜川の上に鯉のぼり。
大魚の干物のようでもある、見ようによってはシュールな風景。
鯉のぼり.JPG

夕暮れの河原には、今の時代でももののけが住んでいそうです。
河原.JPG

母からは、昔の話をたくさん聞いて来ました。
できるだけの親孝行を今のうちにしておこう。
母のためでもありますが、私自身のためにも。
母と.jpg

実家の神棚です。
今では弟夫婦が守ってくれています。
神だな.JPG
日々の平穏に感謝します。
これからもどうぞこの平穏な日々をお守りください。
パン パン‼︎