スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記14年7〜9月


2014年9月28日

青春の夏休み

長野県出身、北海道の大学に1年いて、今は京都の大学生、
二十歳になった甥っ子の、夏休みの一人旅。
休み前半は広島などを巡ったようですが、休みの終わりには北海道&東日本:7日間のフリー切符で東北6県を周り、最後に我が家に寄ってくれました。

フリー切符は普通電車しか使えないので、東北から青梅まではズバリこちら↓でやって来ました。
山形駅までは、朝9時からバスに乗って移動したらしいです。一人で何を想いながら旅して来たんだろう。
青春だなあ。
フリー切符.jpg

甥の到着に合わせて、弟(甥の父)から今年豊作の長野県産の見事な松茸が届きました。
私達への嬉しいサプライズと、これで美味しいものを食べさせてくれという親心。
松茸.JPG

甥からの東北土産です。青森からアップルシードル。岩手から南部煎餅。福島県からは、ままどおる。
荷物になるのに、うれしいね。
コインランドリーで乾ききらなかった生乾きのくさ〜い洗濯物一式のおまけ付きだけど。(^-^;)..
俊太郎のお土産.jpg

お腹を空かした育ち盛りのための、初日の晩餐は和食です。
松茸御飯(4合)をメインに、野菜色々と和風フィレステーキで充分かと思ったけど、秋刀魚まで綺麗に完食。
胃袋も青春だなあ。
初日の晩餐.jpg

気持がよい程、良く話し(超早口で...)、よく食べる。
旅の事、学校の事、世界情勢から美術、音楽の事までしゃべりつつ
それでも話が尽きないので、さすがに25時過ぎにはお開きにしてもらいました。
半日かけてやってきたのに、疲れた気配もありません。
新しく得た知識を語りたい!というところが、まだまだ可愛い青春です。
二階堂隆&俊太郎.JPG

翌日は、都内を一日探索して来たようです。
16歳の春、震災の日に一人東京の街に残されたトラウマを乗り越えて逞しくなりました。

二日めの晩餐は、高カロリーのため我が家ではしばらく作っていなかった海老と牡蠣のドリアをメインに、松茸のホイル包み焼きなどにしましたがこちらも完食。
ニカさんも久々の高カロリー・バター入りドリアに大喜び。
料理の作りがいの有る皆さんで、ホント嬉しいです。
二日めの晩餐.jpg

「旅の写真は撮らなかったよ。全て自分の心に焼き付けたから。」
などとキザな事を言う写真嫌いの甥なので、カメラを向けても逸らされてしまいます。
これがやっとの記念のツーショット。
二階堂美子&俊太郎.JPG

「金が無い。」と言いながらも、このようなひとり旅にお金を使っているのは良いことだよ。
「なかなかモテ期が来ないんだよね〜!」なんだそうなんですが...、頑張れ俊太郎!

2014年9月21日

青梅まちバル

旧青梅市街で開催された「まちバル」&「昭和レトロにぎわいイベント」に参加して来ました。
青梅商工会議所、頑張っていますね。

まちバルは、このようなチケット(1枚700円:5枚セットで3500円)を購入し、「参加している35店舗を巡りながら、まちバルメニューで昼から飲み歩く」という、吞んべえの私達にはうってつけのイベントです。

...この幼稚なアニメキャラは、個人的にはとても不快なのですが、近頃青梅のキャラと化しております。
ここだけの話、青梅に似合わないこの唐突なモエキャラは早く終わって欲しいです...
町バル.JPG

そこはさておき、それでは、出発〜!
参加しているお店の前には、こんな風にメニューが貼り出されています。
二階堂美子.JPG

地図を片手に歩くうちに、いつもは通りすぎるような路地に迷い込みました。
町バルの寄り道.JPG

迷い込んだ特典は、小さな路地を曲がるごとに、姿を見せてくれるニャンコ達でした。
猫の路地.JPG

着物で参加すると特典が満載なので、青梅の街はいつにも増して昭和な雰囲気です。
町バルの着物.JPG

赤塚不二夫記念館の前は、昭和を超越した雰囲気が...。
その他にも、人力車あり、音楽祭あり、寄席までありの、青梅の旧市街は盛りだくさんなお祭りデーです。
レトロ館前.JPG

今回頂いた、まちバルメニューは、韓国料理、イタリアン、お寿司です。
いつもなら少し入りにくいお店にも気軽入れるきっかけを作ってくれました。
1食飲み物付きで700円はス〜ゴくお得とは言えませんが、お祭りへの参加と考えれば充分満足です。
町バル食事.JPG

すっかりいい気分のニカさんは、この後お蕎麦と日本酒を頂いた後、寄席を楽しんで来ました。
二階堂隆.JPG

住吉神社の境内では、手作り市も開かれていました。
出店.JPG

本日の私の記念品は、ステンドグラス作家のペンダントと、ビー玉入りのラタンの一輪ざし。
出店の買い物.JPG

天気予報が外れて、秋晴れの良い一日でした。

2014年9月14日

秋のおもてなし

連休初日は、gopご夫妻を、秋のお食事会にご招待しました。
gop家.JPG

写真が趣味のgopさんが撮ると、ひと味違ってオシャレに見える(?)我が家の食卓です。
エルグデザインの食卓.jpg
(⇧photo by gopさん)

美味しいお酒・その他のお土産もありがとうございました。
gop家のお酒.JPG

本日の料理は、サーモンと野菜のオードブル、茶豆、白菜と豚肉の重ね煮、赤海老の塩焼き、松茸御飯に香の物など。
エルグデザインの料理.jpg
秋冬料理はほぼ半年ぶりなので、手順や感覚が少し鈍ってました。
毎年がそんな繰返しで、季節が深まるごとに、料理の味は少しづつ熟成して行く感じです。
エルグデザインの食卓2.jpg
(⇧photo by gopさん)

昼から始まったお食事会は、夕暮れとともにホロ酔い気分。
エルグデザイン 二階堂隆 美子.jpg
(⇧photo by gopさん)

お土産のハロウィンクッキーを頂きながら、
クッキーのパッケージだったキャンドルスタンドにに蝋燭を灯してみました。
賑やかに揺れる灯がきれい。
ハロウィン.JPG
満腹で和洋折衷の秋の夜長です。

2014年9月 7日

季節の変わり目

すっかり秋の気配で、冬支度でも始めたくなる日の翌日が
30度を越える夏日になったりと、目まぐるしい季節の変わり目です。

今年は早々に鍋料理を始めました。
(写真は、野菜たっぷりの味噌仕立てけんちん汁です)
同じテーブルには、茶豆と糠漬け。
メニューも季節がクロスしてます。
食事.JPG

近所の大金木犀が香り始めました。
こちらは例年より少し早めの季節到来です。
金木犀.JPG

そろそろ衣替えもしないといけないし、芝刈りもしないといけない休日ですが、そういう雑務に追わている毎日に辟易して、思いっきりサボりたい気分に従う事に決めました。
バニラのキャンドルを点しつつ、軽く飲みつつ、読書しつつ、うたた寝するという怠惰な午後を過ごして、気分は少し回復。
キャンドル.JPG

季節の変わり目には、こんな休日が必要なのかも。

2014年8月31日

美味しいもの視察隊

本日のウオーキングは、最寄りの駅から一駅歩いたレストランまで。

福島や-1.JPG
薪窯レストラン「ZONAVOCE」は、「福島屋」という食材にこだわったスーパーマーケットが展開しているお店です。
羽村駅前の街路樹の植わった広い歩道沿いに、本部のスーパーマーケット他、同系列の生花店、ケーキ屋さんなどが並んでいますが、どのお店も本気度の高い店作りが良い勉強になります。
...本日は、ブランディングを視察がてらの実地体験というヤツでございます。(^.^)v

このレストランは、「福島屋」で販売されている食材を使用しています。
食材の広報を兼ねて、このお店自体が広告塔なんですね。
ここでは料理教室なども開催されているようで、発想の展開がユニークです。
福島や-2.JPG

店内は、ピザ用の石釜とパン焼用の窯をインパクトのあるメインインテリアにしています。どこかの修道院のようなイメージもあります。
福島や-3.JPG

注文から数分で出て来たピザのマルガリータは、焦げ目が香ばしい絶品でした。
ピザ.JPG
冷静パスタは生麺で、トマトソースも素直な美味しさです。(写真は少し手を付けた後に撮影f(^_^;)
パスタ.JPG
食材の味を生かして、あまり手を加えないサラダバーも美味しく頂きました。ブランディングは、質が伴ってこそ本物になりますね。

ワインはチリワインが赤白各1種類のみで選べないのはちょっと残念。
お値段はお手頃でしたが、たっぷりの氷入りワインクーラーは贅沢でした。
福島や5.JPG

レストランからの風景です。
ガラス越しでもタバコ盆はNG、庭の雑草は△、自然ののどかさは◯。
140831-12.JPG
...などと、好き放題言っておりますが、
本日は美味しく、良い視察ができました。
毎日でもしたいなあ、こんな視察ウオーキング。

2014年8月24日

セミナー講師の舞台裏

ニカさんセミナー講師.JPG

8月に入ってから、ニカさん(エルグデザイン:二階堂隆)は、5回ほどセミナーの講師を行いました。内訳は、

・中小企業100社程参加頂いた、企業ブランディングのセミナー。
・4社が参加して行ったワークショップ形式のセミナーの第一回目。
・取引先の企業で行った、ものづくりや発想についてのセミナー。
・品川区では約20社の製造業に向けた、デザインと企業ブランディングのセミナー。
・桑沢デザイン研究所にて学生に向けた、ものづくりと3D活用のセミナーなどです。

今回、私は会場には同行しなかったので、セミナー講師の舞台裏を披露しますね。

ベースはデザインのお話ですが、開催先も受講対象もバラバラです。
セミナーの講師をご依頼された場合は、受講される企業や業種を事前にご案内頂き、できるだけ各参加者にとって有益な情報をお伝えできるよう、準備します。
ニカさんの場合は、そこにとても時間をかけています。
なので当然、パワーポイントの資料は、受講者向けに毎回が新規オリシナルです!
セミナーの準備.jpg

またテーマの起承転結と時間配分も、実際の時間の流れを確認しながら調整しているようです。
「受講者の記憶に残って欲しいポイントをどこにもって来るか」の構成にも結構悩んでいるみたい。
「練習がてら、私の前で一回セミナーやってみて」と言っても、同じ話を人前で言ってしまうと、新鮮さと緊張がなくなるからダメなんだそうで、黙々と一人でやってます。

セミナーに参加される方は真面目に取り組んでいただいているのですが、緊張ばかりでは続きませんので、落語研出身のニカさんとしては、受講者の緊張をほぐしながら、できれば笑いも取りたい所です。
「G-SHICKの話は、ウケるのだけれど、本当にお伝えしたい事の本質とは違うからな〜...」
などと、緩和の部分をどの程度加えるかのさじ加減にも悩ませているようです。

今週行ったセミナーは、主催者側から、とても好評だったというご連絡を頂き、大変嬉しく思っています。
特に好評だったのは、デザインのビフォー・アフターだそうです。
エルグデザインが関わる前と関わった後の製品を比較する事で、製品の完成度の違いとデザインの意味を実感して頂けたのだと思います。
実際の画像を見て、「なるほど!と共感してもらえる事がポイント」と申しております。

デザインの意味を理解して頂くために、毎回工夫してお話しています。
受講された皆様それぞれが持ち場に帰って、共感して頂いた所から具体化して頂ける事を心から期待しています。


2014年8月17日

Bon 2014

今年の夏は、久々に信州の実家にて3泊4日でお盆を過ごしました。

ただいま!庭のカエル君。
庭のカエル.JPG

ただいま!実家からの風景。(子供の頃からは、随分景色が変わって天竜川が見えないのが残念だけど...)
実家からの風景.JPG

ただいま!御先祖様。
仏壇.JPG

今年は、家族揃って迎え火を炊く事ができました。
迎え火1.jpg

先祖御一同様、迷わずに我が家にお帰りくださいね。
迎え火2.JPG

Beatsなんか持っちゃって、すっかり一人前な甥っ子から逆に操作を教わるニカさん。
ヘッドフォン.JPG

実家の前にて、何気なく迎え火を中心にした親子遠近法。
実家.JPG

毎夕方は、天竜川の河原まで散歩に出かけました。
下に見える旧堤防の内側に繁る林は、5〜6年ほど前まで、ウチの畑だった所です。
新たに堤防ができた今は、昔の低い土地は使えず、野のままの状態です。
一昔前、月見草が綺麗な堤防で、父と一緒に野菜を作った頃を、過去の幻のように思い出します。
散歩1.JPG

夕暮れの中、母が撮ってくれた写真。
思いっきり手ブレなところが、それなりに良い思い出になるのかも。
散歩2.JPG

弟の作ったステーキカレー(お玉より大きい牛肉入り)、ローストビーフ、お嫁さんの用意してくれた朝食です。
毎日とっても御馳走様で、お世話になりました。
大肉カレー.JPG ローストビーフ.JPG 朝食.JPG

甥っ子達は、晴れてこの夏二十歳になり、アルコールも解禁になりました。
酒盛りの英才教育をしつつ、連日温泉三昧の極楽夏休み最高!

2014年8月 3日

西東京音楽祭とミュウちゃん

「西東京音楽祭2014」
友人ご夫妻達のビッグバンド[Sugar Spring Jazz Band]が出演するので、熱烈応援に行って来ました。
今年の会場は東久留米。
こういう機会でもないと訪れる事の無い町ですが、穏やかで暮しやすそうな町です。

今年の参加グループも、ラテン、ロック、ジャズ、クラシック、フォークと多彩な顔ぶれ。
ジャンルが様々なので、好みには当たり外れがありますが
セミプロが多く、実力も充分で聴き応えのあるコンサートです。
音楽愛好家の世界って、幅が広くて奥が深いんだなあ。
音楽を奏でる快感には、魔力とも言える吸引力があるんだなあ...。
西東京音楽祭.jpg

こちらが、昨年の第一位、本年度は演目のトリを務めた[Sugar Spring Jazz Band]で〜す!
右端の友人は、バンドを代表してトークも行ったのですが、
その中で、お母様の生まれた年にできた曲のお話をされたり、
演目の「君がいないと」に掛けて、ソリストの奥様(下:左から2人め)を紹介されたり。
こういう話って日本男児は苦手とする所でしょうが、堂々とお話する姿はアッパレです。
こういう日本男児、増えるベシ!
もちろんビッグバンドの軽快な演奏は、夏の夜を楽しむにはピッタリ、練習の成果の賜物でした。
西東京音楽祭芳賀グループ.JPG

演奏の最後に、ニカさんが奥様に小さなブーケを贈りました。
こういう遊びで、自分達も強引に参加しちゃうのが、音楽祭を楽しむコツかもしれません。
夏の夜に素敵な時間をありがとう!
ニカさんが花束.JPG

[ミュウちゃん]
先週末、幼なじみのナオチャが16年半も一緒に暮らして来た「ミュウ」という名の猫が、この世界にお別れしました。
私にできる事は、ミュウちゃんが旅立った清浄な世界をイメージしてあげる事。
ここは「虹の橋」です。
私達の世界を旅立ったペット達が、病気もない、お腹も空かない、とても気持の良い場所で飼い主を待っています。
そこで花に包まれるミュウちゃんをイメージしてナオチャに贈りました。
虹の橋のミュウちゃんに見守られて
少しでもナオチャの気持が安らぎますように。
ミュウちゃん.jpg

2014年7月27日

猛暑です

青梅地方、この週末は連日35度を越える猛暑になりました。
庭も干からびて、沙羅の実くらいしか絵になる所がありません。

夏のエルグデザイン.JPG

ニカさんは、これから行うセミナー講師の準備のため、事務所で資料作りです。

私は土曜日はいつものように家中の掃除、洗濯、布団干し、靴と洋服の手入れ、合間に料理、夕方からは庭の芝刈り...と肉体労働をこなすものの...

暑っ〜い! ( ̄□ ̄;)!! 
首タオルに蓄冷材を入れてもまだ暑いっ!
水分を取っても、そのまま汗で流れ出て、全身真っ赤なゆでダコ状態です。
ここまでになると面白いような、体力の限界に勝負のような、どうにでもなれ!の気分。

時々熱中症が心配になって、手の甲の皮を引っ張ったり
(脱水症状の時は、引っ張った形がそのまま戻らないらしいです)
爪をぎゅっと押さえたり
(脱水症状の時は、白くなったままなかなか戻らないらしいです)
チェックしてみるものの、少しの異常もないまま無事に職務完了。

夏の家事って、心と身体のデトックスにものすごく有効なんじゃないかと思います。
毛穴の汚れから、体内の老廃物から、病気の元から、心の疲れまで、
汗と一緒にみんな出てしまえ〜っ!

一日の労働の後は、家中サッパリでシャワーの後のビールは最高。
労働に汗してこその簿褒美です!

ちなみに、一日涼しい事務所で仕事をしていたニカさんも、同じく仕事の後のビールは最高に旨い!との事。

....少し不平等のような気がしなくもありません。 (▼▼#)

2014年7月21日

女子会レポート

三連休は、女子会二連チャンで、女子ワールドを堪能しました。
(いくつになったおばさんでも、集まった時の気持は自然と女子になるので悪しからず。)

連休中日は、恒例青梅マダムの会
青梅マダム会.jpg
今回の青梅マダムのメインミッションは「高齢のご両親を引き取りお世話するカネゴンに蓄積した心の疲れを、洗い流す事」です。
女子会の場合は、話したからと言って解決する問題で無くても、話したいだけ話して、聴きたいだけ聴きます。
泣いたり、笑ったり、同意したり、一緒に怒ったりしているうちに、心が軽くなって行くのが女子会パワーです。
お互いに、とことんさらけ出せる関係は、女子にとってとても貴重な存在です。
どうやら男の人は、他人に愚痴ったり、甘える事を、悪としているみたい。
だからやっぱり女子には女子友が必要なんです。


本日、新宿のル・ビストロ・資生堂に集まった女子会パート2は、六月に行なわれた高校の同窓会実行委員当番(風越28回生)の反省会です。

風越同期会.jpg
実は反省会とは謙遜で、これまでの史上最高の実行委員だった!という評価を受けて、我ら自讃の打ち上げ会
こちらは、マダム会ほどディープな関係ではないけれど、同じ価値観で素直な話のできる仲間を再発見した感じです。
卒業してから数十年の年月が皆を成長させていて、一日たっぷり話した後に気持ちの良い刺激と余韻を残してくれました。

いくつになっても、女子達の心の健康と成長に女子会は不可欠なんです!

ところで、男だけの男子会って、男子にとってはどんな意味を持つ物なのでしょうか。

2014年7月13日

梅雨の多摩川

台風一過で晴れるはずの日曜日。
多摩川ウオーキングに来てみたら、梅雨には勝てずにポツポツと降り始めました。

御嶽駅前の藁葺き屋根の蕎麦屋「玉川屋」にて雨宿り。
太宰治も文士仲間と通ったという由緒あるお店です。
エルグデザイン玉川屋.JPG

古い民家を改造した店内は信じられない混みようで、30分待ちは普通だそうです。
エルグデザイン玉川や.JPG

お酒を頂きながら30分待って、ついに登場した手打ちの田舎蕎麦。
このお店で田舎蕎麦を頂くと、時代は大正の気分です。
エルグデザイン玉川や蕎麦.JPG

ひと休みするうちに雨も上がって、霞がかった多摩川を歩いて下ります。
エルグデザイン多摩川.JPG

多摩川ラフティングツアー中の皆さん、盛り上がってます。
約5kmの距離を2時間かけて下るツアーだそうですが、
水かさが多くて流れの速い本日などは、結構命がけ?
ラフティング.JPG

気の早い蝉が鳴き始めました。
蝉探検はニカさんの趣味なんです。
エルグデザイン二階堂.JPG

そして今年も元気に実っていた、多摩川バナナ。
エルグデザイン二階堂美子.JPG

玉川屋に続いて、澤の井園にハシゴする予定でしたが、
お腹も酔いも充分で、澤の井園では可愛くアイスクリーム。
エルグデザイン澤の井園.JPG
髭&サングラスのおじさんとアイスクリームが、妙なミスマッチ。

2014年7月 6日

ギフト

頂きものの5つのリンゴがあるとします。
友達にひとつあげるとしたら、その中のどれをあげますか?

私もニカさんも「二番めに美味しいそうなリンゴ!」という答えです。
せっかく頂いたのならば、一番美味しいリンゴは自分で食べてみたいから。
でもお裾分けする限りは、相手にも喜んで欲しいから。

自分で作った料理の場合は、私もニカさんも、
迷わず一番美味しそうな所を一緒に食べてくれる人に出します。
「旨〜い!(^0^)」と喜んでくれる事が幸せだから。

以前、こんな経験がありました。
私が野菜のお裾分け用に、新鮮で美味しそうな所を包んでいる時
それを見ていた人が「人にあげるのなら、悪い方からあげたらいいのに!」
と、言ってくれたんです。
それは私への親切心だったのかもしれないけれど
「ふ〜ん、そういう考え方もあるのか...」とある意味驚きでした。

人に物をあげる時、何を選ぶかという行為は、何かと奥深いものです。

本日は、5月に遊びに来たニカさんの教え子
御礼として、自分でデザインしたキッチン用品を送ってくれました。
キッチン用品1.JPG
左のグリルロースターは、魚焼き用のグリルで使う簡単ダッチオーブン。
右は、薄皮剥きや細切りもできるピーラーセット。
シンプルなデザインは使い易く、色合い、質感ともに綺麗です。
グリルロースター用のレシピ本も充実していて楽しめます。
良い仕事してますね!

自分の仕事を、先生であるニカさんに嬉しい報告をしつつ、
料理好きな我が家で使って喜んでもらえるモノ。
なかなか良い選択センスです。(^_-)-☆

ダッチオーブンで新領域開拓してみます。
どうもありがとうございました!



今日は、梅雨の晴れ間になりました。
成長して来た雑草と、芝を刈り込んで
エルグデザインは、すっかり夏景色になりました。
エルグデザインの芝生.JPG