スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記14年10〜12月


2014年12月31日

2014年もお世話になりました

2014年も本日で最終日。
本年も色々な方々のお世話になりながら、無事に終える事ができました。

・お仕事でエルグデザインにお声がけ頂いた皆様、どうもありがとうございました。
・問題発生時には、解決へのご協力を頂いた皆様、どうもありがとうございました。
・世間の広さを色々と教えて頂いた皆様、どうもありがとうございました。
・一緒に楽しいひと時を共有して頂いた皆様、どうもありがとうございました。
・最後に、気まぐれなこのブログにお付き合い頂いた皆様、どうもありがとうございました!

それでは「善き2015年を夢見るヒツジちゃん」で、本年を閉めたいと思います。

皆様、良いお年をお迎えくださいませ。
ひつじ.jpg

2014年12月21日

お掃除おばさんの独り言

私は決して掃除が好きなのではありませんが、自分が責任を持たないといけない汚れが嫌いです。
なので毎年10月に入ると、日々少しづつ大掃除をこなしますが、今年は水回りのリフォームで、大掃除にも変化がありました。
私は製品の使い勝手を考える側でもあり、主婦でもあるので、かなり口うるさい嫌〜なユーザーを自覚してます。
(=^^=;)

製品を買う時は、デザインや値段は気になりますが、掃除のしやすさはその時になって初めて分かる事。
特に最近の製品は見た目重視で、昔の製品より掃除の手間が厄介になっているように感じます。

お風呂の排水口はフタを取るとそれ以上分解できず、奥に詰まった髪の毛などはピンセットで取ってくださいとあるのですが、狭くて深くてどこまで取れているものやらわかりません。
かなり強引な設計だと思います。
(▼▼#)
排水口.jpg

お風呂のヒーターと換気扇ですが、フィルターの掃除についての記載はBの位置なのに、フィルターはAの位置。
フィルターには裏表があるのに、入れてみないと分からない...など、結局説明書を読まないと掃除不可能でした。
もう少しの工夫で使う人に優しくできるのになあ。
お風呂の換気扇.jpg

LEDライトの取り外し方も、食洗器の分解掃除も、説明書がないとすみません。
その説明書と注意事項の種類がありすぎて、読むのも一苦労。
説明書.JPG

キッチンの換気扇は、内側にフィルターを付ける必要はないとありましたが、あまりに汚れがひどいので付けています。
これで約ひと月分の油汚れなので、10ヶ月近く溜まった内部のギトギトはいかほどか。
換気扇1.JPG

天井に向けて取り外しの作業と掃除をするのは、シンドイ事を実感しましたし、
分解しやすい工夫はされていましたが、部品も多く、シロッコファンの掃除にもウンザリ。
換気扇2.JPG

フィルターのおかげか、内部の汚れは軽度だったので、やっぱりフィルターは必需品みたい。
内部解体重労働は、年に一度で充分です。
換気扇3.JPG

内部までピカピカになり外見は同じでも、心はスッキリ!

でも高齢者には、この作業は無理だと思う。面倒くさがりの人にも無理。
綺麗へのハードルが高くて、人には少し厳しい換気扇でした。
換気扇4.JPG

家の大掃除はキッチンで終了です。
残すところ事務所のみとなりました。

カネゴンのツッコミのおかげで、今年も少し遅れの誕生日にバラの花が届きました♪
少し早めのサンタさん、毎年どうもありがとうね。
バラ2014.jpg

2014年12月14日

お誕生日ありがとう

ヒトが誕生した日を祝う事は、子供の成長と家族の長寿を祝う事で自然に発生した気がします。
恋人や、家族になりたてのルンルン誕生日と言うのもありますね。
しかしルンルン誕生日が収束した後、長寿を祝う老年期の誕生日までの、やや地味な期間が、結構長い。

ルンルンもしていられないし、長寿という程は生きていない地味な時期ではありますが、それでもどこか特別なのが誕生日。

普段の写真ですが、取り急ぎ誕生日記念。
美子.jpg

なにげなく図書館で手に取って借りた本ですが、誕生日当日に読んだのも何かの縁。
幸いに、取り返しがつかないような現実には直面していませんが
もっと変わりたいと考えているのも現実。
「誕生日」というキーワードがこの本をみつけて読ませた気がします。
本.JPG

夜はニカさんと、欧風料理店にて高カロリーを堪能しました。
誕生日の料理.jpg

カロリー消費策として、レストランまでの往復6kmをウオーキング。
美味しく食べられるのも華、健脚で歩けるのも華。

今年もこの特別な日に、少し立ち止まって考える事ができました。
お誕生日、ありがとう。

2014年12月 7日

親の死に目

京都旅行の後、体調が今ひとつだった母ですが、病院にて「心不全」という診断を受けました。
「最悪は手術もあり得ます。よく無事に旅行に行って来れましたね。」というお医者さんも驚く母の強運に感謝します。

電話にて「もう充分良く生きたから、私の死に目に会えなくても後悔しないで」と言う母。
しかし思い起こせば、その言葉は私が18歳で東京の大学に行く時から始まって母が大病した時など、これまでに何度聴いて来た言葉だろうか...。
(^-^;).. 

ところで親の死に目に会うという事にどんな重要性があるのだろう。
死に目に会う事が孝行で、会えない事はそんなに不孝なんだろうか?
母自身は、両親の死に目には会えなかったはずなので、それを後悔していたのだろうか?

たまたま私達は、両父の死に目どころか、飼い猫の死に目にも会えないままだった。
それは臆病な私にとっては、息も絶え絶えの最期の様子を記憶してしまうより却って良かったと思ってる。
この世を去る瞬間に私達が側にいなかったから、父や猫達が私達を恨んでいるとも思えない。
少し淋しかったかもと思うと、胸がチクリとするけれど。

母は、ただ「自分の死を悔やむな」という事を伝えたいのだろう。
それを伝えた事で、母自身が悔いから解放されるのだろう。

その後、一週間の薬物療法でかなり体調が改善して来た母は
食欲増進のため、ワインを飲みながら食事している程で至って元気。
この調子だと、通院のみで行けそうです。

「お前は、もう少し見届けてからおいで」と父が言ったような気がします。

2014年12月7日。

サンシュユの実は天を赤く染め。
サンシュの実.JPG

落ち葉は、道を黄金に染めていました。
霞川.JPG

2014年11月24日

落研的酒蔵見学

好天に恵まれた三連休の中日は、
毎度おなじみの澤乃井:小澤酒造に行きました。
いつもは二人でウオーキングがてら行く澤乃井園ですが、
今回はニカさんの多摩美時代の「落語研究会」の先輩もご一緒の大所帯。
お酒好きで、落語好きで、シャレ好きで、楽天的。
飛び入りの私でも、少しも気を使わずに会話に溶け込める方々です。

早く飲みたい気分を押さえて、先ずは酒蔵見学から。
酒蔵見学1-1.JPG

約40分の見学は、酒蔵ならではの風格と空気を味わえます。
酒蔵見学-2.JPG

最後に一杯の利き酒付きなのも、吞ん兵衛には嬉しいところ。
酒蔵見学-22.JPG

見学中、既に出来上がっていた陽気な酔っぱらいのおじいさんとお友達に。
14歳の時から日本酒を吞んでいるのが自慢で、現在83歳との事ですがいたってお達者。
やはりお酒は百薬の長!という歓迎すべき大先輩でした。
酒蔵見学-3.JPG

後は、夕方までお酒をエネルギーにして、時間を忘れてシャレた会話を楽しむのみ。
酒蔵見学-4.JPG

多摩川沿いの紅葉も見事で、楽しい一日に華を添えてくれました。
酒蔵見学-5.JPG

2014年11月20日

家族三代京都の旅

「甥が京都の大学にいるうちに、母を連れて京都に行く」という使命を持った旅をして来ました。
母と同行するため、往復信州の実家に泊まり、京都で2泊、都合4泊5日の旅となりました。

二階堂隆 二階堂美子 京都旅行 1.JPG

齢80になった母は、長年車で移動する生活だったので足元が心配です。
「ついに杖も用意したし、足腰は歩いて鍛えたから大丈夫!」との事だったのに...甘かったです。
歩く早さは、私達の半分以下で、少し歩いては休憩するのもやむなし。

これは子供の頃から、母から世話になった分のほんの少しの恩返しなんだと感じます。
欲張らずにペースを落として、タクシーを使いつつ、のんびり行きましょう!

「東福寺」の通天橋から見た紅葉は見事でした。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行 2.JPG

縁側に座ってゆっくり庭を眺めたのは「光明院」
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-3.JPG

混雑する人気のお寺を敬遠して、甥に案内されて巡った「祇王寺」にて。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-4.JPG

二条駅の雨よけ(の域を越えている...)は壮観でした。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-0.JPG

この季節の京都はどこも賑わっていて、嵐山の渡月橋手前は、ものすごい混雑ぶりで渡るのをあきらめました。
洪水にも負けず、人間の荷重にも負けず、強靭な橋ですねえ。
141120-10.JPG

夜は、京都の街の居酒屋や町屋を改築したレストランでお好みディナー。
週末は混むからと、二晩とも甥が予約していてくれました。
感心感心!(^0^)
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-6.JPG

旅慣れて来た最終日は、二条城を一周巡る事ができました。
約1万歩、大変良く歩けました。◎
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-7.JPG

最後は「恥ずかしいから止めてくれ〜!」と嫌がる本人をなだめつつ京都大学に連れて行ってもらい、強引に撮った記念の一枚。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-8.JPG

敷地は広々として、意外に新しい校舎でした。
母もこれで安心し、満足してくれた事と思います。
二階堂隆 二階堂美子 京都旅行-9.JPG

紅葉や建築を観るよりも、母の具合を気にする方が長い旅でした。
こういう時を体験できて良かったと思うと同時に、
やがて訪れる老後のために、親の振り見て足腰は今から鍛えておくことにしましょ。

2014年11月 6日

晩秋

いつもの散歩道のカリンが、今年も秋空に向かって実りました。
カリン.JPG

事務所の庭はすっかり冬支度で、賑やかだった秋明菊も最後の一輪になりました。
秋明菊.JPG

変わって小菊が花盛りです。
菊.JPG

まだ霜月の前半なのに、今年はせわしない師走のような気分で過ごしています。
おかげで、ブログネタには事欠いてます。(^-^;)..

来週は、実家に寄って母を連れつつ、京都へ旅して来ます。
近頃は足に衰えを覚える母ですが、無事に良い思い出を作れますように。

2014年11月 2日

インパクト

昨日の冷たい雨も上がったエルグデザイン。
連日の落ち葉拾いが、風流であり面倒でもある季節です。
エルグデザイン.JPG

昼の散歩がてら拝島駅で下車して、gopさんお勧めの蕎麦屋を目指してみました。

途中で、思わず目が点な看板に遭遇。

忍者が手裏剣を投げつつ、畳で相手からの攻撃をかわしているのでしょうか。
畳投げの術なのかもしれませんが、詳細は不明です。
後ろには、まさに天井からぶら下がっている、物騒な忍びの者。
畳が枠からはみ出すほど大胆に配置した構図と立体的な描写は、相当手だれの者の技。
床の間の掛け軸には「畳で心に安らぎを:安藤畳店...」
畳が有れば、こんなドラマティックな有事にも安心という事なのでしょうか。

店のターゲットやら、コンセプトなど、全てを超越した大胆さがこんなに人を引きつけるとは...、目からウロコのインパクトです。
つられて私もクノイチの気分。
畳屋の看板.JPG

衝撃を受けつつも気を取り直して、ここが本日のお蕎麦屋さん。
みのり.JPG

天井や床から入る自然光の設計が美しいお店です。
二階堂隆.JPG

創作蕎麦屋との事なので、「くるみゴマのきのこ汁蕎麦」を頂きました。
意外な組み合せで美味しい発見というのは、幾つになっても尽きないものなのですね。
クルミ蕎麦.JPG

そして気になる看板は決して幻ではなく、帰り道でも人々の目を捉えて離しません。

恐るべし安藤畳店、思わず術にハマって検索したくなります。

↓クリックで拡大させちゃいますのでゆっくりご覧くださいませ。
畳屋の看板2.JPG

2014年10月26日

新しい相棒

出かける時の相棒に、コンパクトデジカメは欠かせなくなりました。
日常に使いたおしていたLumixの画像にボヤっとした黒い影が映るようになってしまったので、心機一転、以前も使っていたCyber-ShotのRX-100を次の相棒に迎えました。

決めたポイントは、受光面積の広い1.0型センサーにF1.8カールツァイスレンズという本格機能と、持ち歩きに大きすぎないサイズ。
RX-100.JPG

ラフに持ち歩いても傷まないよう、皮のドレスも着せました。
RX-100-2.JPG

まだ1日だけのお付き合いしてないテスト段階ですが、試し撮りをしてみました。

説明書も読まないうちから、ランチのパスタ撮り。
腕がなくても、背面ボカシが出来てる!
パスタ.JPG

どこにピントが合うか?
一か八か、地上10センチから見上げたエルグデザイン。
エルグデザイン庭.JPG

説明書を読んだ後、スポーツモードで撮ってみた霞川の鴨ッチ。
霞川のカモ.JPG

散歩途中で、歩きながら間違ってシャッターを押した時の図。
偶然が生んだ作品です。
散歩のニカさん.JPG

美顔モード(これでMAX!)で撮ってみた夕食の風景。
夕食のニカさん.JPG

機能の使い勝手も良くなり、仕上がりも悪くないようです。

これで使い方に慣れて来たら、ヘタな写真もカメラのせいに出来なくなるなあ。

2014年10月19日

ジュリ〜!

事の始めは、岩谷時子の「君をのせて」の歌詞を思い出した事。

風に向かいながら 皮の靴をはいて
肩と肩をぶつけながら
遠い道を歩く

この年になって聴いてみると、心に響く良いセンスだなあ!と、あらためて動画で見直してみました。

詩も曲も色あせないばかりか、ジュリーはとても美しく、声にも艶があり、完璧な王子様のロマンティックな世界にウルっとしたので、初トライでYouTubeをこの場に共有してみます。

当時、ドン田舎の子供だった私は、ジュリーが美しいという事にも、独特の声を持つ事にも気がつかず「ジュリーって、クネクネして変。ジュリ〜♥なんて大騒ぎしてる大人って変!」としか感じられなかったんですよ。

今なら私も「君をのせて」のクネクネしていないジュリーに「ジュリ〜♥」って言ってみたいけど、昔のジュリーはもういない。
気付くのが遅過ぎたなあ。

現在のジュリーは、年相応にオジサン化して、アッパレな変化を遂げられたようです。

若い頃から美しいと言われ過ぎると、美しい事に価値を感じなくなるのか...
仮面を被った窮屈な生活に疲れたのか...
元々自然体で生きたい人のような気もします。

個人的には、顔がピンピンして不自然な若作りで化粧の濃いオジサン芸能人より好感が持てますが、「君をのせて夜の海を渡る舟になろう」と歌ってもらうなら、やっぱり昔のジュリーに歌って欲しい。

こちらは本日のニカさんです。
図書館で熱心に聴いているのは談志の落語。
ロマンティック度、ゼロ。
141019.JPG
最盛期のジュリーの後に現在のニカさん...。
アップしてしまった後に、無謀な並列だった事に気がついてしまいました。(^-^;)..

2014年10月12日

新蕎麦ウオーキング

秋の気配も濃くなり、新蕎麦の季節がやってまいりました。

近頃の我が家のブームは、美味しそうな蕎麦屋さんを探し、一駅ずらして下車し、一駅分歩いた後でお蕎麦を頂く事です。
いつも車で通りすぎるような近くの街でも、歩いて小さな路地を通ると小さな旅行気分。
適度な運動でお腹も空くので料理も美味しく頂けて、一石二鳥です。

蕎麦屋に求めるのは、手打ちの蕎麦と、店の品格(絶対に禁煙)と、美味しい日本酒です。
今日は良いお酒に巡り会いました。

豊島屋酒造「屋守:おくのかみ」純米中取りと、信州銘醸「鼎:かなえ」純米吟醸。
青梅のお酒、澤乃井の「吟醸 中汲み生原酒 」もお勧めです。

同じ距離を歩くのも行きと帰りでは、帰りの方がとても早く感じるのは、ホロ酔いのせいか気のせいか?

ともあれ、ウオーキングには最高の季節ですね。
2週連続上陸となりそうな、大型の台風19号が気になるところではありますが。

東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂隆 二階堂美子.jpg

2014年10月 9日

嵐の技術連携交流会

非常に強い台風18号上陸の最中、TAMA協会主催の「地域イノベ・技術連携交流会 2014 」が中野サンプラザで開催されました。
中小企業、大手企業、大学研究機関など200を越える団体が、技術交流を計って集まる大切な日なのに、強風とビルも霞むあいにくの天気で、電車も大幅な乱れが生じています。
今日の日を迎えるために、TAMA協会の皆様は、大変なご苦労で準備されているのになんとも切ない天気です。
雨の風景.JPG

TAMA協会では、毎年200社近い中小企業の技術を取材して「技自慢・技術PRレポート」としてまとめています。
もう8年も続く、日本技術の一大データベースです。
私も(この2年ですが)様々な企業を訪問して来ました。
こちらは本年度、私が作成したPRレポートの一部です。
PRレポ.jpg

技術連携交流会の為には、各々の企業の要望をふまえて、これまで集めた技術の中から企業技術のマッチング案をピックアップします。
左が参加企業と技術内容、右は私がピックアップした企業間のお見合い案です。
莫大な情報の中からなので、当たるも当たらぬも八卦ですが、お見合いが成立するとおばさん根性が燃えます。
マッチング

大荒れの天気でしたが、多くの参加者が集まりました。
やむなく欠席の企業もあったのですが、参加企業からは熱意と希望を感じます。
交流会の風景.JPG

左はTAMA協会のドン、岡崎専務。繊細かつ大胆にTAMA協会の運営を引っ張ってくれます。
右はマドンナ岸本さんです。岸本さんの笑顔と声の美しさと話のまとめ方は最高で、毎度ホレボレしてしまいます。
岡崎&岸本さん.jpg

当日の私の役割は、企業同士の面談のフォロー役。
20分の面談をフォローし、内容を記録し、結果をまとめます。休憩は5分。
それを6面談こなしました。結構ハード。^^;
今回も、今後の連携に繋がる面談になりました。
責任が果たせてホッと一息です。
さぞや懇親会でのビールが美味しい事でしょう!
テーブルの上.JPG


以前お仕事をご一緒した大手企業の皆様も参加されていました。
久々の再会も、交流会の嬉しいサプライズです。
今後とも、エルグデザインを御ひいきに、よろしゅうお願い致します。
セーラー.JPG

最後は、内輪のお疲れさま会。
左は企業連携のまとめ役:師である淺野先生です。
私ができるのはお手伝いのレベルですが、このような事業を立ち上げ、継続されるパワーは別次元のパワーです。
尊敬する先生です。
淺野先生と.jpg
これまでの自分の経験の蓄積を、このような企画に参加する事で発揮できる事はとても幸せと思います。
また素晴らしい方々と出会えることもとても大きな宝物です。

2014年10月 5日

嵐の前

台風上陸の予報を受け、図書館で本を借り、スーパーで食材を買い込み、雨の篭城に備えました。

ただいま大型の台風18号は、種子島の南東約100kmを北に移動中。
今朝からの冷たい雨は、夕方になって激しい雨に変わって来ました。

明日10月6日の昼からは、TAMA協会が主催する「地域イノベーション・技術連携交流会」が開催されます。
中小企業、大手企業、大学研究機関など合わせて200を越える団体が中野サンプラザに集結する、技術の連携を目的としたお見合い大会です。
私も昨年に引き続き、ジョイントコーディネータとして技術のマッチング役として参加します。
多くの企業にとって、技術発展のチャンスとなる日です。
どうか台風の影響が、最小限でありますように。

昨日は、30度近い夏日でした。本日は暖房が欲しいほど寒い一日。明日は、台風一過でまた暑さがぶり返しそうです。
この季節の洋服や寝具の衣替えのタイミングは、一か八かのギャンブル気分。
それでも近頃はめっきり陽が短くなりました。
ボヤボヤしていると、夕方6時には真っ暗です。
早めに寒さに備えた方が安全そうですね。

以下は、今週撮った青梅の秋の風景です。(一枚めのみニカさん撮影)

秋の風景1.JPG
秋の風景2.JPG
秋の風景-3.JPG
秋の風景-4.JPG

コスモスも、稲も、曼珠沙華も、柿も、嵐に耐えて残ってください。