スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記15年1〜3月


2015年3月29日

これからが本番

甥の合格のお祝いに、実家に帰って来ました。

合格は嬉しい事ですが、甥達はまだ学問のスタートに立ったばかり。
祝賀気分より、これからの厳しい本番を応援する気持が強い私達です。

そんな気持が何処まで伝わっているのか、いないのか。
なんせ甥っ子達はまだ二十歳。
私達だって通って来た、青春の根拠の無い自信に満ちて溢れています。

数年経って、苦労や挫折を知った時に、大人の会話が出来るように期待しているよ。
とりあえず、この春の旅立ちにおめでとう!

合格祝.jpg

2015年3月15日

助成金あれこれ

日本経済発展のため、平成27年度も大規模に新製品・新技術の研究開発への助成金が交付されます。
デザイン開発も助成金の対象になり、中小企業のモノづくりにデザインを取り入れる事が奨励されています。

賛否両論ある助成金制度ですが、ここ数年助成金を利用された企業とお付き合いして来た上で、私なりに考えをまとめてみました。
あくまでも「新製品開発(モノづくり)助成金について」の個人的な見解です。(^.^)

●中小製造業で新製品の開発をする場合は、助成金は有効に活用すべきと考えます。
近頃の助成金は人件費の出るもの多く、開発資金は1/2〜1/3で済むので、金銭的な負担は大変少なくて済みます。

●助成金獲得のために、相当なマンパワーがかかります。
専門的な記述も必要となるので、最寄りの商工会や、公的な施設のコーディネータ(場合によっては有料)の協力を得る方が合理的と感じます。

●申請書は専門的な知識を掘り下げて記述するより、「市場の将来性」「世の中を良く変える事ができるか」をアピールすると共感が得やすいと思います。これは、開発を進める上でも大切なキーワードになります。

●助成金は、税金です。
安く得た資金と考えず、将来につなげる成果を残す事を絶対条件の心構えで望んで欲しいと思います。

以下は、これまでの失敗事例です。避けて通れない痛い経験ですが、あえて...(u_u;)

× 元々の企画が「市場性が、あり得ない...企画」だった。(これは申請を認可した役所に問題がありです)
× 企業側の「技術的に可能である」という前提の見極めが甘く、力不足で不可能に終わった。
× 医療認可など、製品開発とは別次元の問題が発生して製品化が困難になった。

事例ごと、それぞれに予期せぬ問題が生じます。
開発業務とはそれをひとつづつ解決して行くものと考えますし、100%の成功は無いと思います。
常に100%への途中段階であり、途中、不成功のまま眠ってしまう開発事例もあります。

それでも日本のモノづくりの将来のために、助成金獲得のチャンスを活用していただければと思います。

経済産業省「デザイン開発に係る技術」の追加
東京都中小企業振興公社の助成金事業

皆で、応援しているよ!(チャップリンブラザーズ)
ねこ.JPG

2015年3月 9日

桜・満を持して咲く!

連日嬉しいニュースが届きます。

甥、聡一郎の、第一志望大学合格の知らせが届きました!
2年掛かりで待ちに待った嬉しい知らせです。

甥っ子は双子なのですが、ふたりの「受験放浪記」は、挫折に負けない高い志のおかげで壮大なストーリーとなってしまいました。

現役で北海道大学に入学したものの、1年の「仮面浪人」を経て、昨年京都大学に入学し直したのが、俊太郎。専攻は工業化学科です。
※仮面浪人とは、普通に大学の単位を取りつつ翌年の受験に向けて勉強する生活。かなりしんどそうです...。

1浪の後、某国立大学 医学部に合格したものの、更に1年の浪人生活を経て今年、名古屋大学 医学部に晴れて合格したのが聡一郎です。

周囲は、昨年合格した大学で充分ではないか!と言う雰囲気だったのですが、本人はどうしても再チャレンジを希望して、念願の合格をつかみました。

一番嬉しいのは、ふたりとも自分が望む場で学ぶというステージに立てた事です。

実際は、これからが本番の大変な勉強が待っていると思う。
でもきっと負けずにやり遂げられるはず。
だって、ふたりとも高校を卒業した当時より、
困難に打ち勝つ精神力と優しさが備わって、一回り人間が大きくなっているものね。

満を持しての合格、心からおめでとう!\(=^o^=)/
150309-1.jpg

下の写真は、実家にてふたりの満1歳の誕生祝の様子です。
(左は、まだ元気だった父。右はまだ若かった(^-^;)..弟です。)

箕(み)に乗せた子供の目の前に、そろばん、本、筆、を置いて、箕(み)を降ろします。
1歳誕生の儀1.jpg

ハイハイして、3つのうちの何を取るかで、その子の将来が見えるそうで...。
結局ふたりとも、何度やっても筆を取りました。
※そろばん(商売)、本(趣味)、筆(学問)のようです。
1歳誕生の議.jpg

「きっとふたりとも学問の道に進むだろう」という事になり、その予言通りになりました。
その時、嬉しそうだった亡き父の姿も思い出します。

2015年3月 8日

もうひとつの春

晴れやかな春が、またひとつ訪れました。

満面の笑みのヤタさん家、
次男のIクンが多摩美術大学に合格し、我が家にてお祝い会を開きました。
ヤタベ家.JPG

年代こそ異なりますが
これで、Iクン、ヤタさん、ニカさん、と男三人が多摩美の同窓生になります。

I君は、この1年半の受験勉強中に描きため、腕を磨いた作品を持参して披露してくれました。

イキクン発表.JPG

特に平面構成は私達の時代より格段に繊細でイメージ表現も高度で、ステージが違う素晴らしさです。
若いうちの努力の成果って、エネルギッシュだなあ...と感動しました。
オヤジ達のああだこうだを受け止めつつ、これからは自分の道を切り開いて行く事でしょう。
初々しいIクンとその作品の記念集です。
(☟クリックで拡大します)
イキ作品.jpg

今は幸せなヤタさん家ですが、2000年からの2年間、痴漢冤罪で起訴されて苦しい裁判を戦った経歴があります。
当時とても辛いヤタさんと奥さん、そして幼かったIクン達を見て来ただけに、苦しみを乗り越えた家族の絆と、生きていたからこそ得られた果報を共に喜ばずにはいられません。
私達と.JPG

Iクンがカットするのは、奥様手作りのケーキです。
Iクンは、本日の主役という事で、最初から最後までいじりまくらせていただきました。
大人のワガママに付き合ってくれてありがとう。
お疲れさん!(^.^)v  
あつこさんと.JPG
ヤタさん家からは、その他も多大なお気遣いを頂きありがとうございました。

慌ただしくて、料理は途中写真を撮り損ねました...。
最後は「目出たい!」という事で「鯛飯」で締めです。
まあ、今回は料理は完全に脇役ですから。(*^^*)
メニュー.jpg

2015年3月 1日

青梅マダムの春

会期は不定期、気の向くままに集まる「青梅マダムの会:2015年春」がありました。
今回はマミさんの幹事で「ビステリアグーフォ 」というイタリアンレストランにて、女性ならではの優雅な晩餐です。
晩餐の後は、喋り足りずにファミレスに移動して、夜も深まる11時までお喋り。
さすがに今朝は喉が痛かったけれど、今回も充実したストレス解消できました。
青梅マダム会.jpg

近くに住んでいた偶然で、10年以上前から続く会ですが
いつからどんなきっかけで集まるようになったかは、はるか昔過ぎて思い出せません。

頑張った話あり、愚痴もあり、面白情報有り、仕事の話有り、連れ合いの話あり、子供の成長の話もあり、年老いた親の話あり、近頃は自分達の老後の話まであり。
長年の歴史を積みあげて来ましたが、毎回、楽しくオシャベリした記憶しか残しません。

他の人を思いやり、ウィットにとんだ会話を楽しめる私達は、俗に言う「おばさん」ではありません。(と思います!)
かといって「ご婦人」というのもイメージが堅過ぎです。
やっぱり「マダ〜ム」と呼ばれるのが一番相応しい私達。
どうして日本語には「マダム」や「レディ」に匹敵する言葉がないのでしょうね。

次回の幹事は、私の当番。
少し趣向を変えて、日帰りバスツアーを計画しますから、楽しみにねマダ〜ム!


2015年2月21日

伝わる言葉

山本衣奈子さんによる講演「"伝える"から"伝わる"へ・人のココロを動かすコミュニケーション術」を聴きました。
とてもパワフルな方で、午後2時からの受講なのに眠さを感じる暇もなく話に引き込まれ、手足を動かされ、笑わされて来ました。

2時間の講演の内容は盛りだくさんでしたが、心に残しておきたいポイントを5つピックアップしました。


●人間は、96%無意識で動いている(意外!)。
「瞬き」や「呼吸」も無意識ですが、それと同じように「難しい..できない..」なども自分で無意識に線引きをしてしまっている事に気付いて、あきらめないで。

●誰にもオールマイティにうまく伝える方法なんて無い。
キャッチボールのように、受け取る人に合わせたボール(言葉)を投げよう
「伝える」と「伝わる」は違う。
協調なき主張は自己満足。
先ず伝える側の自分がブレないよう心根を据えて、
相手に聞く耳を持ってもらう事。

●生き生きしたカンパニー(会社や集団)にあるものは、
「笑顔・挨拶・声かけ」
楽しくないのに笑顔なんて作れない?
掃除が面倒な時、掃除機のスイッチを入れてみると掃除が始まるように、自分の周りを変えたい時は先ず笑顔
行動(笑顔)する事によって自分の感情も変化する。
ちなみにドンヨリしたカンパニーにあるのは「言わなくても察しろ・どうせ言っても無駄」のような相手依存だそうです。

●人間は、自分に向けられたポジティブなメッセージには前向きに反応する。
気持よく動いてもらう為に「しないで欲しい事(禁止)」より、「して欲しい事」に言葉を言い換えてみよう。
例:「飲食禁止!」ではなく「飲食は食堂でお願いします」

●常に陽の当たる言葉を選ぼう。それを続けよう。
例:「コーヒーで、良い」ではなくて「コーヒーが、良い」
陽の当たる言葉と影のある言葉は、意味は紙一重でもニュアンスの明暗は確実に伝わり周りの人の対応を変えて行く。

「難しいことではなく、当たり前の事を続けましょう!」というお話からは、とてもポジティブな気持をもらえました。

対人関係に自信喪失な時は、またこの頁に戻ってみる事にします。

日中は暖かい天気が続いて、青梅の梅もちらほらと咲き始めました。
紅梅.JPG

2015年2月15日

田舎暮らし

東京都という冠は付きますが、エルグデザインのある青梅市は田舎です。
程よい田舎感は、育った信州と良い勝負。

散歩コースの白菜畑。
霜と虫にやられてますが、それなりに丁寧に育てられています。
白菜畑.JPG

それが、無人販売で1個100円な〜り。
近頃では叩き売りで2個で100円になりました。
野菜類は盛りを過ぎると、急激なデフレになりご近所からのお裾分けも多くなります。 (*^^*) 
白菜-2.JPG

自家製の白菜漬けです。
柚子、切り昆布、切りイカ、鷹の爪 + 塩のスタンダード。
山盛り一皿の原価は、数十円!?
田舎生活の恩恵です。
白菜漬け.JPG

アトムさんの絵画のような鳥の写真には負けるので、数で勝負してみました。
鳥の群れ.JPG

散歩道は、夕焼けものどかです。
夕焼け.JPG

なにかと不便もあるので、もう少し都会で暮したい気持もありますが、住めば都。
生まれ育った田舎の風景に似ているので、性に合うのかもしれません。

2015年2月 8日

企業人 vs.フリー +α

TAMA協会が主催する、200組程の企業同士のお見合い「ソリューション交流会」のコーディネータとして参加して来ました。
多くの企業が、他企業の技術との連携で問題解決して行く日本企業の懐の深さに勇気をもらいます。

ソリューション交流会.JPG

私は10年程企業人として生活した後にフリーになり、両方を経験する人生となりましたが、これを機会に企業人とフリー(自営)の違いを考えてみました。

企業人にあるもの
ボーナスを含む定期的な収入・有給休暇・福利厚生・厚生年金・退職金・社会的信用・同僚...
役職・組織・規約・拘束時間・そして定年...

フリーのデザイナーにあるもの
仕事時間の自由・環境の自由・仕事選択の自由(←これまで、仕事を断った事はほとんど無いですが)...
高低差のある不定収入・不確定な将来...

ピックアップしてみると、フリーのデザイナーには、本当に自由(フリー)しかありませんでした。(^-^;)..
安定はないけど自由はある!将来フリーを目指す方は心してくださいね。

表題にあるとは、近頃参加してるコーディネータの役割です。
企業人や自由人の垣根を払った立場で社会に参加します。
企業同士のマッチングを成功させるなど社会に貢献出来れば、喜びがあります。
経験を重ねた熟年の生き甲斐にはもってこいのポジションに参加でき、ラッキーだと感じています。

こちらは、最近の散歩途中のチャップリン・ブラザーズ。
以前より少しだけ近づいてくれるようになりました。
こちらは、筋金入りの自由三昧!
ネコ2.JPG

2015年2月 1日

如月寒し

猛暑の盛りには、キリッとした冷たい空気に憧れたくせに
北風の中を向かい風で歩く時は、軽快な服装とサンダルで歩けた季節が懐かしい。
こんな事ひとつ取っても、人間は無いモノねだりな生き物ですね。

それでも2月に入り、寒さは厳しくても、日暮れまでの時間は少しずつ長くなって来たと感じます。


寒いからこそ、少しでも春を感じたい!と、2月に入って早々、玄関に小さな雛人形を飾りました。
雛.jpg


食卓にも、菜の花やグリーンピースを並べて春味を先取りです。
菜の花.JPG


こちらはニカさんのお仕事ですが、年頭から始めたイヤフォンデザインのハウリング対策がやっと見えて来たところ。
キーンキーンとハウリングが鳴り響く事務所で、モンモンと構造検討していた時期が長かっただけに、こちらはやっと訪れた心の春です。
(この画像は、ハウリング解決前の初期のものです)
耳.JPG


着膨れして、肩コリひどくて、肌も乾燥気味な寒い季節はもう飽き飽き。
本物の春よ、早〜く来い♪

2015年1月25日

一日平均約9000歩

ダイエットの方はともかく、歩いて筋肉をつけるという今年の目標は、一日平均約9000歩をなんとか達成しています。
iPhone6.JPG

天気に恵まれた日曜日。
青梅マラソンの季節が近づき、霞川沿いのウオーキングコースには、ウオーキングやランニングの人々で賑わっていました。

身体を堪える、ダイエット、景色を楽しむ、写真を撮る、犬の散歩、考える、...
歩く目的は人それぞれでしょうが、皆、生き生きとしたエネルギーを発散させています。

私も健康のために歩くというだけではつまらない気がして、少し考えを変えてみました。
寒い外に飛び出して自然の中を歩いているうちに、段々身体が温まって来て全身に血が流れ、空気が循環しているのを実感する。
そして冬ならではの美しい風景や、寒さの中を逞しく生きている生き物達に出会う時、皆で今、地球に生きているんだなあと感じると、プラスα幸せな気分になりました。

片手間カメラマンではございますが、今週のちょっと良い生き物達です。

ひだまり&安全圏独り占め猫。
木の猫.JPG

霞川のカワセミは、さすが女王の風格。
カワセミ.JPG

ウ・サギ・カモ
鳥1.jpg

付かず離れず、ゴイサギとカモは程よい距離感。
鳥2.jpg

明日もまた、良い風景に出会えますように!

2015年1月18日

お下がり、最高!

甥の成人式があり、家族で撮った記念写真が送られてきました。

家族写真.jpg

写真左が成人を迎えた俊太郎。
着ているスーツは、父親(私の弟)が成人式の時に作った物ですが、さすが親子、お直ししなくてもサイズはピッタリ!
スーツを着た俊太郎は、いつもより少し大人びて見えます。
良い物を大切に着るという風習はすっかり消え去ろうとしている時代ですが、父親から譲り受けた30年以上昔のスーツを喜んで来て行く成人式からは、清々しさを感じました。


写真右の着物姿も艶やかな美女は、昨年の11月から実家にホームステイ中の、コウさんという中国人女性です。
弟の会社の仕事の関係で、3ヶ月間日本に滞在し、日本語と仕事を学んでいるところです。

コウさんの着ている着物は、私が10代の頃着ていたものです。

私の母は、コウさんを孫のように可愛がっていて、私に
「コウさんは日本の着物に憧れているので、もう着ない着物があったら送って」という依頼があったのが12月。

さすがにもう着る事はないだろう赤黒+黄の織りの着物と、花柄の浴衣、下駄、帯一式を送ったらとても気に入ってくれたそうで、成人の日に織りの着物を母が着せてくれました。
この着物は、コウさんと共にまもなく海を越えて中国大陸に渡りますが、その後はどのような運命をたどるのか?
想像すると自分の分身が旅をしているみたいな、楽しく不思議な気分になります。

俊太郎は、その昔ニカさんから私の弟に譲ったセーターや、弟の古い革ジャンまで持って帰ったようです。
金欠学生(学生ならば当然ですが)の身分ゆえ、古いモノを譲り受けて、節約しつつもオシャレ心を磨いてください。

それにしても、我が弟(写真右から2人め)のラフすぎる普段着姿には、家族一同からブーイングの嵐。
古い新しい以前に、そのジャージ、なんとかせい!
 "(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!

2015年1月11日

肥満解消ウオーキング

タフになろう!と決心した新年にも関わらず、お正月太りで1.5kg。
おまけに、母親そっくりな頬のラインに変形している!
なんか気分がすぐれないと思ったら、原因はこれだった。
近年の慢性的肥満+3kgも含めて解消するべく、一日のウオーキングを最低5kmに決めて実行開始。

この1週間で、ふくらはぎが少し固くなって、筋肉が付いて来た実感が有ります。
体重も、少し肥満ぎみの状態まで戻しました!(目標低過ぎ?)

歩き始めると慣れてくるもので、今日も10km以上の道程を歩いて来ました。
そしてこちらが、本日のウオーキング途中のランチです。
消費と補充のカロリーを計算すると...、かなり微妙ですが?。(^-^;)..
カレー.JPG

毎日歩いていると、生き物達の印象的な風景に出会えるのも楽しみのひとつです。

高い枯木に止り、様子を伺うサギ。
サギ.jpg

夕暮れ時、家路に向かうカモ一家。
カモ.jpg

近頃のアイドル、日向ボッコする「チャップリン キャッツ・ブラザーズ」
猫3匹.jpg

いつもの世界の中で出会う、ちょっとしたタイミングの妙。
これからも、肥満解消と思わぬ風景との出会いを楽しみに、カメラ片手に、目標達成までしばし頑張ります!

2015年1月 4日

抱負は「タフ!」

平日は、いつも何かに追い立てられるように過ごしているので
「のんびり」過ごすのが楽しみだったお正月です。 ...なのですが、
毎日一カ所づつの初詣ウオーキング、年賀状の整理、カネゴン家へ押し掛け宴会、ご近所ミーさんとの宴会、二人宴会、読書三昧、ビデオ鑑賞三昧などなどしているうちにもうお終い。

そもそも「のんびり」とは何ぞやです。
仕事をしない事なのか、好きな事をして過ごす事なのか、日常から離れる事なのか...?
口で言う程には、「のんびり」過ごして満足するのは難しいものですね。

本年の私の抱負は、「タフ!」
「タフ!」は、「G-SHOCK」の別名でもありますが
昨年末にお会いした、女性社長のタフさに憧れて
ハートも、肉体的にも、精進して「強い女」になりたい2015年です。

それではお正月に撮った、めでたいオーラのショットで本年の景気付けをしたいと思います。

トップバッターはカネゴン家の茶々丸君。
お寝ぼけ中ですが、幸せな猫は周りに幸せを運んでくれますね。
茶々丸.jpg

毎日の散歩コースからの富士山は、関東富士見百景のひとつ。
遠くに霞む富士山は、青梅市民の微妙〜な自慢です。
富士山.jpg

見事な青天を背景にした塩船観音は、遠くに私のおまけ付き。
塩船観音.jpg

もう少し近寄って欲しかった、霞川の白サギと錦鯉のツーショット。
紅白.jpg

直径約30cm大の漆器の器は、どんな料理でもお節に変身させる優れもの。
お節.jpg

皆さんのたくさんの願い事、ひとつずつが宝物のように感じます。
おみくじ.jpg

2015年1月 1日

新年のご挨拶

青梅地方は、元旦から粉雪の舞う天気になりました。
寒い冬になりましたが、庭ではすでに木々の新芽が春の芽吹きの準備を始めています。
自然の逞しさから、勇気とパワーをもらえる気がします。

新しく始まった2015年、皆様の願いが実を結びますように。

私達も、デザインの仕事で社会に貢献できるよう頑張ります。
本年も、どうぞよろしくお願い致します。

2015年賀.jpg