スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記15年4〜6月


2015年6月21日

糠漬けは奥深い

発酵食品を作って楽しむ「仕込み女子」が増えている..時代らしいです。
流行に乗っかっているつもりはないのですが、昨年から始めた糠床が年を越してから味が整いとても美味しくなったため、それならもっともっと美味しくしてみようと、手塩にかけて育てています。

美子の糠床.JPG

毎日、水を適量抜き、塩を加え、天地返しで混ぜて漬け込みます。
最初の頃は、糠床をヘラで混ぜていたのですが、嘘か誠か「乳酸菌は作る人の手に付いていて、それが家庭の味わいとなる」と聞いてからは、糠味噌臭いのもおかまいなしで、手で混ぜることにしました。
洗わない手で混ぜるのは抵抗があるし、殺菌し過ぎたら乳酸菌も死んでしまうかもと思うと、手に付いた乳酸菌の量まで想像している自分が怖いです。

冷たい気温では発酵が不十分だし、発酵が過ぎると酸っぱ過ぎて嫌な風味が出てくるので、25度〜28度を境に、冷蔵庫の野菜室に移動させたり外に出したり、温度を敏感に察知して場所を移動させます。

週に一度は、糠、塩、(昆布、鰹、干椎茸、煮干し)、柚子皮、鷹の爪、ショウガを加えて味を整えます。
(内)は、パックになっている生協のブレンド出汁を使用しています。お手軽で調子良いみたい。

この季節に庭で実った山椒の実を加えると、一段と風味が増してくれます。
山椒の実.JPG

現在はプラスチックの容器なのですが、陶器の器の方が空気を通すからもっと美味しくなるかもとか、糠は煎り糠か?生糠か?どちらが美味しいかとか、別の食材を加えたら味の広がりが増すかもとか、..
考え始めるときりがなく、つくづつ奥深い世界に足を踏み入れてしまったものだと思いますが、もう後戻りする気にはなれません。

毎日の定番は、胡瓜と蕪。
炊きたての御飯に糠漬けだけでも御馳走になるというのは、大人になってこそわかる贅沢なのかも。
美子の糠漬け.JPG

乳酸菌だのビタミンだのの情報がないうちから、糠漬けを最初に作った先人の発想力に脱帽、一層美味しくする方法を見つけてくれた先人のセンスに感謝です!
糠味噌の味は、自分の舌との対話で、これからも日々少しずつ変わって行く事でしょう。
日々の気持や、健康状態なども影響する事でしょう。
私の糠床はこれからどのように成熟してゆくのでしょうか..な〜んて、糠床で人生が語れてしまうほど奥深いもののようです。


2015年6月14日

本の力

先日のニカママがひとりで滞在中の際、暇を持て余しているようなので
興味を持ってくれそうな本を図書館で借りて来ました。

本1.JPG

「山野草」も、「ねこのきもち」もそれなりにパラパラめくってくれたのですが、一番気に入ってくれたのが、97歳のシスター:ジャンヌ・ボッセさん著の「しあわせは涙のあとに届くもの 」。
誰もが持っている「しあわせの在り処」を、分かり易い言葉で気付かせてくれる本です。
ニカママは、あまり本を読む人ではなかったけれど、何度も読み返して「そうだねえ」とつぶやいてくれていました。
暇を解消しただけでなく、読む事でニカママの気持が穏やかに変化した様です。
ジャンヌ・ボッセさんに感謝の言葉を伝えたかったけれど、残念ながら昨年帰天されていました。
亡くなっても、人の心を変える力がある本の力ってスゴいです。

ニカママには、「しあわせは涙のあとに届くもの 」と、彼女のもう一冊の著書「しあわせは微笑みが連れてくるの」を送りました。
元気が出ない時に読み返し、心を建て直してくれますように。

本日は梅雨の気候の中、私が読み始めたのは森まゆみ著 「女のきっぷ」 です。
本2.jpg

きっぷは、気っ風の良いのきっぷ。
女性が生きるのに困難な時代に、信念で立ち向かったきっぷのいい女たちの列伝エッセーです。
人の評価を気にせず、いさぎよく、たくましく、男にこびない、いざとなれば啖呵も切れる女たち。
側にいたらとんでもない女性達かもしれませんが、自分に無い強さに憧れます。
清く美しいシスター:ジャンヌ・ボッセも良いですが、今の私には逞しく生きぬいた猛女達が元気をくれるみたいです。

2015年6月 7日

腹八分?

旦那様とはお仕事で御一緒した事のある素敵なご夫婦を、我が家にお招きしました。
この奥様はとてもバイタリティがあって仕事ができる女なのですが、とてもお料理上手な方でもあります。
私達にはいつも欧風料理でおもてなしをして頂くので、我が家では和風料理でおもてなしする事にしました。
サイトウ家.JPG

午後1時半から夕暮れまで、ゆっくり楽しみましょう!

こちらがこの日のお献立です。
●お酒は、故郷飯田のお勧めの一本、喜久水の「猿庫の泉」一升瓶
●完熟梅の甘煮、クルミとジャコの甘煮の先付け
●トマト・モッツァレラチーズ・生ハムのバジルサラダ
●アサリの酒蒸し
●アジの唐揚げ甘酢餡かけの大皿盛り
●ニンニクの香草包み焼き
●インゲンの胡麻和え
●卵焼きの大根おろし添え
●特製出汁の夏饂飩
●胡瓜と蕪の糠漬け デザート 他
本日のお献立.jpg

いつまでも楽しい話は尽きず、気がつくと外は真っ暗。
時間が経つのをすっかり忘れていました。

で、本日のお献立...気持良い程に、すっかり完食でした。
シメのお饂飩の汁まで完食していただきまして、
最後は冷蔵庫の残り物まで出し尽くしまたが、
...もしかして、これでも足りなかった?!
おっ、美味しかったのですよね!
腹十分の想定量を、嬉しく裏切ってくれました。

まあ、健康には腹八分が宜しいと言う事で!
末永く美味しい食事会を楽しんでまいりましょう。
隆&美子.jpg

2015年6月 3日

ハハーズと同級生

約3週間の「ハハーズ:我が家にて介護付きリゾート生活2015」は幕を閉じ、ハハーズ達は各々のホームベースに無事に帰ってくれました。
ハハーズ飯能窯.JPG

私達の日常は、生活と仕事が渾然一体です。
そこにハハーズが加わるととてもややこしく慌ただしい事になりますが、今年も喜んでもらいながら乗り切った自分達を褒めてあげる事にします。
帰ってすぐは、そこかしこにハハーズの気配が残っていて、まだどこかにいるような錯覚がありましたが、それもだいぶ薄れ元の生活に戻れつつ有ります。

そんな中、今年も高校の同窓会・東京支部に参加して来ました。
今年は幹事年ではないので、集まった同級生は少ないのですが、信州の田舎の思い出話で盛り上がりました。
同級生.jpg

冬に凍らせた田んぼで滑った「下駄スケート」(今残っていたらお宝かも!興味のある方は検索してくださいね)の話なんかができる貴重な仲間です。

恩師のお話の中にありましたが、女子校当時の教育方針は
「男性に頼らなくても生きて行ける、自立した女性を育てる事」だったそうです。
女子校は、文化祭でも部活でも全て女子のみで行い、頼る相手などいなかったのが実情ですが...。
今も皆それぞれ仕事を持ち、家庭と両立しつつ逞しく生きています。
教育方針のおかげさまさまです。


2015年5月24日

ハハーズとZoo

今年2015年も、毎年5月が恒例になったハハーズが集結しました。
ハハーズ2015.JPG

今年からはふたりとも、距離を歩くには杖という補助具が頼りになりました。いくつになっても親は子に、無言で人生を教えてくれるようです。
つえ.JPG

そんなハハーズは、目的があると俄然やる気を出して歩いてくれます。

一昨日は夏服のショッピングに熱く燃えたハハーズですが
今日は気分を変えて、近くにある動物園へ連れ出しました。
動物園.JPG

ふたりとも80歳を過ぎているので入園は無料。
車椅子も1台借りて交代で初体験です。
幾つになっても、新しい体験ができるから人生は面白い?!
150524-4.JPG

親の杖見て...、これからも毎日のウオーキングを欠かさない事を心に誓う私であります。
照子と美子.JPG

ニカさん、結構な親孝行中。
隆と友子.JPG

歩けば食事も美味しいし、話題も出来るし、良い刺激になるようです。
毎日10品〜20品の田舎風健康料理作りとサービスをニカさんとこなしながら、一期一会の心構えで望む心境になっています。
ハハーズの夕食.JPG

2015年5月18日

猫 vs おばあさん

ニカママが滞在中です。
世間で言われる嫁姑問題は、幸いにも我が家では無縁です。
なぜかというと、ふたりの性格が違いすぎて争う接点がないから。

どちらかと言うと不思議ちゃん系で、我が道を行くニカママなのです。

偏食で小食のニカママに栄養を付けてもらおうと、食事には気を使います。
ニカさんも、ランチにニカママの好きそうな料理を作ってくれて、親(&嫁)孝行しています。

ニカパスタ.JPG

ニカ「この料理は、オリーブオイルとアンチョビを使っているんだよ」
ニカママ「ふ〜ん、美味しいねぇ。」
「さあ、ここで問題です。この料理は何の油を使っているでしょうか?」
ニカママ「う〜ん...胡麻油!」

まあ、こんな感じです。
決してボケている訳では有りません。
食べるのに夢中で人の話を聞いていないだけですから。

家事仕事をする私の行く先々に付いて来て、脈絡のないお喋りをして、邪魔している自覚もなく邪魔します。
料理している時も、このポジションからカウンターにしがみついてじ〜っと料理の手元を見物してくれています。
ニカママ.jpg

時にイラっとしますが、ニカさん曰く「まとわりついても猫なら可愛いんだよなあ...」

確かに!、これが猫で、足元にまとわりついて甘えて、ニャ〜ン...なんて鳴いてくれたら「なんでちゃか〜、お邪魔ちないでちょうだいね〜♥」なんて言いながらも、自慢げにブログにアップする事でしょう。

猫なら可愛いのに、おばあさんだと鬱陶しく感じるのも不公平で可哀想ですよねえ。
失礼ながら、ニカママを猫なのだと想像してみたら、少し楽しい気分になりました。

2015年5月10日

GWウオーキング覚書

GW中は、好天と新緑に誘われ、毎日5Km〜10Kmの距離をのんびり歩きました。
ここに地元青梅の3つのウオーキングコースを記録しておきます。

1- 最初は、青梅線:御嶽〜沢井駅間の多摩川ウオーキングコース。
川の両岸に遊歩道があり、初夏の日差しの中でも水の流れが爽やかで歩き易いコースです。
多摩川.JPG

ただし、誘惑が多いのが難点。
御嶽駅近くの「手打蕎麦ごろう」は、新緑の渓谷が満喫できるなかなかの店構え。お蕎麦も手打ちで、良いお酒も揃っていました。
ニカ蕎麦.JPG

遊歩道沿いは、昔の田舎を思い出させてくれるのどかな風景です。
御嶽より.JPG

初夏の陽気でも、多摩川の水はまだまだ冷たく、少し入っていると足がキーンと痛くなります。
美子多摩川.JPG

そして最後にたどり着くのは、毎度の「澤の井園」でお疲れさん。
澤の井.JPG

2- 次は、知る人ぞ知るが世間ではほとんど無名の秘境「霞丘陵」です。
ここは自宅から歩いて回れ、疲れたらいつでも帰れるお手軽コース。
霞-.JPG

アップダウンもあり、雑草生い茂る茂みも歩く少しワイルドな所も有ります。
意味もなく、新緑のビッグウエーブに乗っているつもり。
霞1.JPG

山を抜けるとこの先は「塩船観音寺」に出ます。「塩船観音」はスゴい人出なので、ここでUターン。
霞2.JPG

3- 本日は、自宅から多摩川沿いにある釜の淵公園まで、5〜6km歩いて到着〜。まるで夏のような風景です。
釜の淵1.JPG

こんな人気スポットだっけ?と思ったら、釜の淵新緑祭の賑わいでした。
釜の淵2.JPG

パフォーマンスも、和太鼓あり、ハワイアンダンスあり、こちらは優美な沖縄舞踊の艶姿。
釜の淵3.JPG

今週末から、ハハーズがやってまいります。
のんびりウオーキングは、しばしの間やむなくお休みです。 (*^^*)
釜の淵4.JPG





2015年5月 9日

年というやつ?

本日ニカさんは、中学時代の同窓会とやらで横浜まで出かけました。
誘っていただいたのは今回が初めてのようですが、
10年前...いや、5年前のニカさんだったら級友を懐かしんで同窓会に行くような気分ではなかったかも。
過去を振り返るタイプではないニカさんですが、長い空白の時を経た級友と何かを語りたくなったのかな。
これが「年齢のなせる技」というヤツでしょうか。^-^)

本日は、4月半ばに受診した私の人間ドックの成績表が届きました。
結果は、高コレステロールで要経過観察...、以外は「異常無し」で一安心。

健康診断.JPG

途中GWが入ったおかげで3週間も結果を待たされましたが、年とともに待つ間の不安が大きくなって来る気がします。
特に身体に不調があるわけではないのに感じる不安の原因は何?

年齢と共に異常発生の確率が高くなるはずだし...
何よりも、私はまだまだこの世に未練がたっぷりだからなのかなあ。

こんな風に考えてしまうのも、年っていうヤツの仕業なのでしょうね。


2015年5月 5日

マダムには御馳走を

GW中、連日快い気候の春が続いています。
何となく「集まろうよ!」という事になり、青梅マダムが我が家に緊急集合しました。

マダム達は、美味しい料理とワインに囲まれてお喋りすれば、あ〜ら不思議と元気になります。
(☟画像は以下全て、クリックで拡大します)
マダムたち1.jpg

ニカさんは、こういう時には張り切ってサービスしたくなってくれる嬉しい性格。
今回も皆で喜んで甘えさせてもらいました。
漏れて来る話題にほくそ笑みつつ(?)、
マダム達の心に積もった心の垢を洗うべく、一身に料理に励むニカさんの勇姿でございます。
二階堂隆.jpg

料理はおなじみの、イタリア&スペイン系欧風料理。
(左上)オードブルの盛り合わせ
(右上)ゴロゴロじゃがいものスパニッシュオムレツ
(左下)春キャベツとアスパラのアンチョビパスタ
(右下)魚介類盛りだくさんのパエリア
右上以外はφ40cmを越える大皿料理でしたが、見事に完食です!
とっても美味しかったよ、御馳走様でした。
二階堂隆の料理.jpg

春うらら 美味しい会話と美味しい料理 
味わう幸せ 今が旬  

2015年5月 3日

私の楽園

春爛漫な季節がやってまいりました。
一年で一番艶やかなエルグデザインです。
花に囲まれた庭を眺めているだけでも、至福な時を過ごしています。
エルグデザインの庭.JPG

花だけでなく、今年も料理用にハーブの苗を植えました。
特に今年初めて育てる右のコリアンダーは、アジアン料理の幅を広げてくれそうで期待しています。
ハーブ1.jpg

ハーブレモンバームやローズマリーは、料理に使えるだけでなく、葉から漂う芳香が、爽やかな「気」をくれます。
ハーブ2.JPG

タイムも花盛り。
見た目も香りも楽しめ、料理にも使える、重宝なハーブです。
ハーブ3.JPG

しかし、至福の庭は一夕一朝にはならず。
日々の野良作業おばさんの成果でもあります。
美子.JPG

いつもはペンしか持たないおじさんだって、力仕事に頑張っています。
隆.JPG

そして、花盛りの庭の中での読書は最高。
GW中のお気に入りは、ジェイムズ・P・ホーガンのSF『星を継ぐもの』です。
1980年の作品なので、少し「?」な部分もあるのですが、
あり得ない現実を前に、合理的に真理を追求する姿勢に共感し、ワクワクでした。
本.JPG

GWは何処かにでかけなくては...、というのはメディアや経済界の陰謀かも。

一番居心地の良い場所を、より居心地良くし、味わう事が
私にとっては一番リフレッシュできる楽園のようです。
隆2.JPG

2015年4月26日

統一地方選挙でした

初夏を思わせる陽気の中、本日は統一地方選挙の投票日でした。

支持政党のないノンポリな私達ですが、選挙を棄権した事は一度もありません。
浮動票の動きこそが、民意だと思います。
選挙1.JPG

地方選挙が終わり、朝から晩まで続くうるさい選挙カーの音から、やっと解放されますね。

ガーガーうるさい選挙カー、「お願いします!」一辺倒な演説、化粧して画像修正した選挙ポスター、ホームページも持たない立候補者。
昔からの選挙のスタイルって、センスないなあ...と感ずるのは私だけではないと思います。
昨夜は、近所から立候補しているおじさんが、スピーカーで万歳演説していてバカじゃないかと思いました。

以下のように、議員として何をしたかは一目瞭然。
選挙前だけ、大騒ぎしてもダメなんですから。
(どんな発言をしたかも、掲載されています。こういう情報を公開してくれている人、エラい!)
選挙-2.jpg

地方選挙では、青梅・生活者ネットワークの候補者に投じています。
加入している生協の支持団体です。
ホームページもしっかりしてる♪
前任者も、市議会では毎回必ず女性や弱者の視線で声をあげてくれました。
新しい候補者、佐藤さと子さんにも期待しています!


投票所近くの山藤です。
霞川沿いの茂み一山が藤の花に覆われています。
今年も見事なのですが、眼で見た見事さが伝えられずに残念!
山藤.JPG

2015年4月19日

絶対色感

綺麗な色を見る時、以前から気になっている事があります。
色は網膜を通って脳で処理されるのだから、視力や脳細胞の違う、人それぞれによって見え方に微差が有るのではないか?
花.JPG

音を聴いただけでその音の高さが理解できる「絶対音感」のように、
マンセル・カラーでも、光のRGBでも、印刷のCMYKでもいいから
「絶対色感」というものがあったら持ってみたいなあという気がしますがいかがなものなのでしょうか。


色の扱いは、印刷物になった時に更に大きな差を生じます。

この度デザインした企業パンフレットですが、色というのは毎度の事ながら扱いが難しものです。
PCで見て、私がイメージしている色はこちらです。(それぞれのPCによっても色は異なっていると思いますが)

150419-2.jpg


そして、下の写真の右が印刷済みのもの、中は自宅でプリントしたものです。
同じデータから印刷したものでも、イメージが随分異なります。
パンフデザイン-1.JPG

上写真の左にあるような数値による色サンプルと照らし合わせて慎重に調整するのですが、やはり印刷仕上がり後は微妙にイメージが異なります。
紙質によっても違ってしまうので、全て思い通りの仕上がりになる事は少なく、毎回少なからず苦渋の後悔を味わっています。

しかし良くしたもので、印刷が上がった時の違和感は、時とともに少しづつ薄れていきます。
私に絶対色感があったら、色の微差がいつまで気になって、ノイローゼになってしまうかも。
絶対色感なんて無いおかげで、平穏に暮らせているのかもしれません。

自分の顔を鏡で見る時も、鏡の種類によって(顔色や、皺の目立ち方や...)顔が違ってみえます。
写真で見る自分の顔などは、どこまで本当の姿なのやら。
一番近しいはずの自分の顔ですが、他人の肉眼でどう見えているのかは永遠の謎ですね。

茶々丸クン、君のような猫族にとって、世界はどう見えているんでしょうか?
茶々丸クン.JPG

2015年4月12日

雪のち春

週の半ばには、4月には珍しい雪積になりました。冬に逆もどりの寒さです。
春の雪.JPG
花冷えの中、実家から届いた春の野菜を料理して気分だけは春を味わいました。
筍ごっつりの筍御飯。
筍御飯.JPG
たらの芽はやっぱり天婦羅が一番。
たらの芽の天婦羅.JPG
王道の若茸煮。
筍の煮物.JPG
今年は庭の山椒が豊作なので、たっぷり添えてます。
これで、今年も春の味を満喫できました。

本日日曜日は穏やかな晴天になり、お隣の羽村まで足をのばしました。
二階堂美子.JPG
羽村の堰は、桜の散り際を見送る人々と春祭りで賑わっていました。
桜祭り.JPG
お祭りワンちゃん、メチャ可愛かったです!
祭り犬.JPG
羽村の堰を多摩川沿いに上がります。パノラマ写真は、あまりブログ映えしないです..。
150412-8.JPG
羽村では、チューリップ祭りも見事に花盛りで艶やかでした。
羽村チューリップ.JPG
のどかな日差しの中を花吹雪に吹かれ
週の半ばの寒さを忘れ、春を身体で感じた一日になりました。

2015年4月 5日

桜ばかりでない春

3月の終盤から春めいた日が続き、桜はすでに散り際の様子。
桜.JPG

週末の土曜日は、お世話になっている会社にて、恒例のファミリーコンサートが開催されお招き頂きました。
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、ソプラノ、クラリネット、ファゴットが奏でる贅沢な室内音楽会です。
ファミコン1.JPG

このコンサートの贅沢な所は、ワインを頂きながらというだけではありません。
ファミコン2.JPG

プロの音楽家が、楽器や曲の特徴を親しみ易く説明してくれるのも楽しみのひとつです。
ファミコン4.JPG

楽譜には、ぎっしり書き込みがあります。表面の優雅さとは裏腹なプロの厳しさを感じます。
ファミコン5.JPG
鬼塚硝子様、今年も素敵な時間をありがとうございました!

しかし本日、日曜日に予定されていた恒例国立のお花見大会は、あいにくの荒れ模様の天気のため中止になってしまいました。
しかたなく自宅でくつろいでいる所に、地元のお祭りでお捻りをもらいに回って来た女の子たちです。

雨のち曇りで花冷えの冴えない天気でしたが、ここには可愛い春がいました。
おひねり.JPG