スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記16年4〜6月


2016年6月26日

元気回復傾向です

エルグデザインのカシワバアジサイ.jpg
エルグデザインの庭のカシワバアジサイが満開です。
ニカママの入院からひと月が過ぎ、先週の泣き言から一変して、今週は元気が戻っています!

一つは、担当医に差し迫った仕事の現状を話し、結果、ニカママを我が家に引き取る事なく仕事に集中できた事。
おかげでひと月滞っていた仕事が、この一週間で気持ち良く進みました。

人間関係の円滑さに必要なのは、コミュニケーションの大切さと、他人を思いやる想像力の豊かさだと思います。
担当医に病人の体調だけでなく家族の問題まで背負わせるのはご迷惑とは思いましたが、
お忙しい中、耳を傾けてご理解していただき、とても柔軟な対応をしていただいている事に感謝しています。

二つ目は、家族や友達の陣中お見舞い。
母や弟からは度々電話があり、こちらの様子を心配してくれています。
友達も訪ねてくれ、美味しいものを届けてくれたり、病院や施設の情報を教えてくれたり。
今日もカネゴン夫婦が、忙しい中を陣中お見舞いありがとうございました。(^.^)v
気の置けない仲間に話しを聞いてもらうだけでも、元気100倍です!

三つ目は、ニカママの体調が安定し、各方面への書類も整い、施設もいくつか見学し、今後どうして行くかの道筋が見えてきた事。
これまで介護の事は想像でしか知らず、実際に巻き込まれてみると情報不足でお先は真っ暗でした。
一つづつ理解し、役所や施設に足を運んで確認し、その実態が見えてきたところです。
ニカさんは忙しい中、本当に良く動き最善の方法を探って来たと思います。
大変なストレスもありましたが、本番にならないとできない勉強であり経験ができたと思います。

ここまで様々な立場の方から情報と助言をいただき、ここまでやっとたどり着けました。
私たちは、これまでは人に甘える事はして来なかったつもりですが
ここに来て、色々な人に助けてもらっている事を自覚します。
甘えて楽になる時は、甘えたら良いんじゃないか。と、一つ殻を破った気分です。

下世話なネタではありますが、乙武洋匡家の夫の介護が大変という理由の離婚問題や、高島礼子家の父の介護で夫が仕事を辞め、挙句は逮捕というような問題。
本当の意味で「介護」に問題があるのならば、他の人に甘える事で解決できるかもなのになぁ...と思わずにはいられません。

エルグデザイン二階堂隆.jpg
本日のお散歩風景です。
少しづつ日常が戻ってまいりました。

2016年6月19日

泣き言と夢と一句と料理

ニカさんの母の入院騒動が始まって25日。
マンネリながら、今回も病院ネタでございます。

近頃の一番のストレスは、まとまった仕事の時間が取れない事です。
病院通い、銀行・弁護士とのやりとりに加え、そろそろ次に移る病院の下見もしなくてはなりません。
慌ただしさと焦りの中で、さすがに私たちの中にも疲労がたまって来た感があります。
ニカママの病状が落ち着いて来た来週こそ、仕事に本腰を入れなければ!と思った矢先、
担当医から「病院食をほとんど食べない様なので、気分転換も兼ねて、自宅で少し過ごしてはいかがでしょうか。」という提案がありました。

担当医のご意見はごもっともです。...が、ちょっと泣きそうな気分になりました。

今、一番大事にしなくてはいけないのは、自分たちの健康であり、仕事を依頼してくれたクライアントに満足していただく仕事をする事です。
ニカママの方は充分な看護の中で、体調も良くなっているようです。
ここで良い嫁を選ぶか、割り切って無理をしないかが、人生の分かれ道...。

で、無理はしないと心を決めました。
ニカママが、「忙しいのにお世話になりっぱなしなんだから、これ以上無理しないで」と言ってくれているのが救いです。

そんなニカママは、不思議な夢を見た様です。
ニカさんの父と私の父(二人とも鬼籍)が手を繋ぎ、川の向こう岸に立っていて、「まだ来るな」というイメージを送って来たようなのです。
それはニカママの「生きたい!」という潜在意識の表れなのかもしれません。

そんなニカママの夢とエルグデザインの庭の沙羅の花が重なり、突然ですが一句浮かびました。

地に落ちて 二度目の夢見る 夏椿
沙羅の花.jpg

金曜日には実家の弟が、旅先の福井から陣中見舞を送ってくれました。
手間をかけずに、ご馳走になる魚介類はありがたいです。
新鮮な1日目は、ボイルしたてのズワイガニと、新鮮な甘エビの刺身。
二日目は洋風にイカのカラマーリと、赤エビとサフランライスのアメリケーヌ。
どれも美味しかったよ、ご馳走様。
エルグデザインの料理.jpg
今夜はたっぷりイクラ丼とお魚を、いただきま〜す!

2016年6月12日

食べなきゃだめよ

ニカママが我が家で倒れ、緊急入院してから早くも20日ほど経ちました。
仕事に加え、病院通い、ニカママに降りかかったトラブル解決、の三つが毎日の日課になりました。
体調が随分回復したので、皆が最初のショックからは立ち直りましたが、緊張感とストレスをシンシンと抱える毎日です。

ストレスの一つは、ニカママの絶望的な偏食です。
病院の栄養士さんに「肉類、乳製品は一切ダメで、豆腐も食べられないんです。」と伝えた時は絶句されました。
それでも嗜好と栄養価を考慮し工夫して作ってくれているのですが、ほとんどの料理を見ただけで箸もつけません。
せっかく栄養管理され作っていただくお食事を...勿体無い!
そのくせ私たちには、「チョコレート、おにぎり、ジュースを買って来て。トウモロコシも持って来て」とおねだり。
管理している病院側は、もはや呆れて管理を諦めているのではと心配になります。

ニカママを、贅沢と言うのか、頑固と言うのか、我儘と言うのかは意見が分かれるところですが(←全部かもしれませんが(^-^;).. 、こればかりは無理強いも出来ません。
こんな食生活が続くと、また点滴生活に逆戻りです。

変わって、このような環境になってからの、私の食欲はいたって旺盛です。
すぐにお腹が空いてモリモリ食べている割には、体重はまあまあ現状維持。
夜は早い時間に眠くなり、就寝前に本を読む間もなく熟睡。

慣れないストレスに対して、身体が免疫力を高めるために頑張ってくれている感じがします。
頼もしい我が生存本能に感謝です。

そもそも、禁欲主義者か重病人でない限り、食する事は生きる喜びでもあるはずです。
楽しみつつ、生きるためのエネルギーを得て、脳にも刺激を与え、ストレスも解消する。
やっぱり、自分の口からきちんと食べるのは大切ですね。

今年の霞川のコガモちゃんです。
当初の11羽から9羽に減ってしまいましたが、元気に育っています。
どんどん食べて、大きくなって、皆が無事に生き延びてください。
霞川の鴨.jpg

2016年6月 5日

病院にてハハーズ再会

ニカママが緊急入院してからのこの12日間は、これまでに体験したことの無い世界を覗いてまいりました。
実際に日本の福祉は、有効に利用さえすれば、想像以上に充実しているのだと感じます。

後期高齢者の医療費は、国で厚く保護されていることを知りました。
●医療費の支払いや、退院後の生活面での相談に、病院から「相談員」がついて適切なサポートをしてくれるありがたさも知りました。
●要介護認定者に付くケアマネージャーさんは、要介護者やその家族の問題にも親身になって相談に乗ってくれることも知りました。
●弱者に法的な問題がある場合は、「法テラス(日本司法支援センター)」という国の支援があることも知りました。
●公的機関の情報収集へのインターネットの有効性も改めて感じています。

最近は病院通いとトラブル解決のために仕事に没頭できない日々が続いておりますが、これも幅広い経験と情報収集に繋がる貴重な体験と感じています。
人生は前向きで生産性のある日々ばかりではありません。
今は、自分たちの時間は無尽蔵に取られ、前進はなく、疲れも感じます。
こういう時こそ自分の底力を試されている時なのでしょう。

週の半ばに、私の母がニカママのお見舞いに訪ねてくれました。
今回は、たった1回、病院にて1時間ほどのハハーズ再会です。
入院中の友子見舞い照子.jpg
お互いに再会を喜び、再会を誓う良い時間が持てました。
「希望」という言葉が持つパワーも、改めて感じています。

2016年5月28日

奇跡

我が家に来てからのニカママの体調は優れず、自力では何もできない完全介護生活でした。
(藪医者)病院で診てもらっても、年齢も年齢だし、背骨も曲がっているので仕方ないとの事。

お義母さんの周りには、苛立ち、恐れ、悲しみ、不満、不安、が燻って見ているのも辛い気持ちです。

私たちも5日間の介護生活の中で、オムツ替えも、義歯の手入れにも慣れました。
体力の無い人の身体を起こして移動させるのはとても大変で、腰に負担が来るのも体験しました。
義母さんが、今は亡き人や昔の知人と大きな声で会話しているのにも驚かなくなりました。
寝たきりになったら読書三昧できると密かに思っていましたが、読書どころかテレビさえ点けられなくなることも知りました。
ニカさんと、人間こういう時には、何(モノ、道具)が必要なのかなどという話などしながら気を紛らわせました。

そんな5日目の夕方、呼吸はしているように見えるのですがいくら声をかけても反応がありません。
慌てて救急車を呼ぶと心肺停止状態とのことで、救命措置を受けながら青梅市立総合病院へ運ばれました。

落ち着かない気持ちで病院で待つこと5時間。
深夜の緊急病院でニカさんは、「お袋は、ここに死にに来たのかもなぁ。」
「愛する息子の側で過ごして看取られれば、お義母さんも本望だよね。」

と、すっかり諦めていたのですが、青梅市立総合病院のカネダ先生の実力はすごかった。

その場で血液検査をして体の状態を調べ、服用している薬の種類と量を確認し、データを見ながら私たちに状況を詳しく説明してくれました。
どうやら横浜のかかりつけの病院で処方されている薬の配分が良くないようなのです。

緊急で心臓に外付けのペースメーカーを付けるなどの治療を受け、意識が戻ったのは翌日のこと。
それはまさしく奇跡でした。

さらに奇跡は続きます。
面会に行くと、ニカママの様子がすっかり別人のようで、神様のように穏やかな笑顔に包まれていました。
そして「美子さんは、日本一のお嫁さん。隆は幸せだ。本当に今までありがとう」と涙を流してくれ
これまでの楽しい思い出を次々に語り始め、見たこともないような大笑いをしてくれたのです。

思わずニカさんと顔を見合わせ、看護婦さんに「何か劇薬を盛りました?」

でも、あのまま我が家で亡くなってしまっていたら、こんなニカママの言葉を聞く事もなく、私たちには最期を看取れなかった後悔が残ったと思います。

医療とは、本人のみでなく家族のためでもあるとつくづく感じました。

ところで心肺停止の臨死体験中、ニカママはお花畑を見たのでしょうか?

「お義母さん、お花畑見た?」と聞いたら、「塩船観音のツツジが綺麗だったねぇ。」とのこと。
それがあの世の入り口のお花畑なのか、昔の記憶なのか、今となっては定かではありません。

今も入院中ですが、その後は順調に回復し、我が家に来た時よりもずっと元気になっております。
それに伴い、性格も今までのニカママに戻りつつあるのが、嬉しいような、残念なような。

ニカさん曰く「お袋は、ここに生き延びるために来たんだなぁ...。」
どうやら、そのようでございます。

塩船観音.jpg
写真は塩船観音のツツジです。

2016年5月22日

時は移り行く

我が家にニカママ(二階堂の母)を半月ほど迎えるに当たり、今回からは義母の住む横浜の義姉の家まで車での送り迎えが必要になりました。

昨日迎えに行ってまいりましたが、前回別れてからの半年の間に随分衰えてしまったように感じます。

半年前は長野の実家で一緒に遊んだのですが、今は自力で身体を起こす事も困難になっています。

介護が必要な状態だという心構えができていなかったので、さすがに昨日は慌てました。

今日になって、私達もその状態を受け入れ、新米の介護員をスタートしました。

いつかは来る「その時が来た」という事です。

(動けなくても、話したいことは元気に喋りまくっておりますが...。
(^-^;)..

ニカさんは、自分のためと言いながら、結構親孝行でこまめに面倒を見ています。

ニカママとニカさん..jpg

来週からは私の母も我が家で合流し、半年ぶりにハハーズの再結成!

以前のように色々と楽しく見て回るのではなく、これからは、同じ時に同じ場所で「逢う」と言う事だけでも意味があるのでしょう。

ハハーズは、少しずつ形を変えています。

それは「ハハーズだけでなく、私達もいつまでも同じではないのだ」という事を嫌が応にも覚悟させてくれます。

2016年5月15日

送別会と皐月の公園

中小企業を支援するTAMA協会(社団法人首都 圏産業活性化協会)の活動の中で、先輩として尊敬する淺野さんが退職されることになり、これまでの感謝の気持ちを込めてお疲れ様会を開きました。

8年ほどのお付き合いでしたが、暖かいご指導をいただきありがとうございました。
淺野さんと二階堂美子.jpg

これまでのお付合いの中ではほとんど仕事のお話だったのですが、今回は仕事を離れた経験に基づくお話がとても面白く、淺野さん自身がとても楽しんでお話いただいている事が私達にとっても嬉しい会になりました。

淺野さんのこれまでの人生は、戦中に東京で生まれ、田舎に疎開し、不登校生徒から優等生に変身。高度成長期は大手企業の企業戦士、その中での大きな事件。子会社の社長を退職された後は、中小企業を支援するTAMA協会での活動と、一人の人生ながら壮大なストーリーです。
「人の立場でなく、人の気持ちになって考えることだよ」というお言葉を忘れないようにします。
淺野さんと二階堂隆

これからもまだまだ中小企業の活性化のためにご尽力していただきたいのですが、現在は心臓疾患やガンなどの病を克服中で、いざという時に迷惑をかけられないからというのが退職された理由です。
ご病気の事は心配だったのですが、実際にお会いして体力気力ともにお元気で安心しました。
それでも責任を持てないから辞めるというのは、淺野さんらしいと思います。

仕事の辞めどきというのがあって、それぞれの選択に委ねられます。
「人に迷惑をかけても、責任が取れなくても、自分はできるだけやる!」という選択も正しいと思います。

それでも多分、私達も淺野さんと同じ選択をするだろうと思います。

長い間、お疲れ様でした。
これからは仕事を離れた、第三の人生のお手本を見せてくださいね。
淺野さんと二階堂


今日は、ご近所散歩途中で、慶友病院併設の素敵な遊歩公園があるのを発見しました。
二階堂美子.jpg

真紅の芥子畑が見事でした。
ケシ畑.jpg

その先の吹上菖蒲園まで足を伸ばしてみました。
睡蓮池がモネの世界。
ハス.jpg

菖蒲の花には早すぎたようですが、人影の少ない森には鳥の声のさえずりが響きわたり、のどかな皐月の休日でした。
菖蒲園.jpg

2016年5月 5日

塩船観音寺参り

気持ち良い青天のGW。青梅地方も30度を超えて、早くも夏日到来です。
エルグデザインの庭.jpg

こう見えて信心深い私たち。
そろそろ混雑も落ち着いたであろう塩船観音寺まで出かけました。
境内の杜からは、本年の初蝉しぐれが聴こえます。
塩船観音-1.jpg

線香でのお浄めは、邪気退散のため煙を全身にまとわり付けます。いつも最後は煙たくて涙目です。
塩船観音-2.jpg

塩船観音寺は、真言宗・密教のお寺なので、お坊様は修行僧の趣です。
塩船観音5-3.jpg

本日は13時より約50分間の「結願護摩修行」があったので参加して来ました。(護摩焚き時の写真撮影は禁止です)

護摩堂に参列者が並ぶ中、山主と5人の僧達の不思議な不協和音のお経とともに、護摩が焚かれ火が少しづつ高く燃え上り、般若心経とともにクライマックスを迎えます。
終盤には、参列者の頭上から、護摩で清めたお祓いで「あびらんけん!」と言う掛け声とともに清めてくれます。
密教の法具は美しく、五鈷杵などは一つ手元に置きたいくらいです。
最後の山主のご挨拶も、意外にお茶目で面白く、護摩修行は中々新鮮な体験でした。
塩船観音-4.jpg

線香と護摩ですっかり清められた後、名物のツツジ山に登ろうとしたところで、可愛い売り子さんに呼び止められました。
な〜んだ、ミーさんところのお嫁さんのハルちゃん!
バイト中のハルちゃんでしたが、可愛く記念写真に収まってくれました。
やっぱり私にはピースサインは似合わないか...。
塩船観音-5.jpg
お土産には美味しそうなお煎餅を購入しました。

ツツジの山は見た通り、見頃は終わっていましたが、良いお参りができました。
二階堂隆&美子-6.jpg

帰宅後、ミーさんを呼び出して、そんなこんなの報告をしながら庭でビールを一杯。
エルグデザインの庭.jpg
本日も、のどかなGWの1日になりました。

2016年5月 3日

昔を懐かしみつつGW

今年のゴールデンウィークも、混雑を避けて自宅にて過ごしています。

休み明け提出の仕事を片付けたり、庭木や草花の手入れをしたり、料理に凝ったり、ノンビリ呑んだり、本を読んだり。
快い気候の中、薄手の服に着替えて、自分の好きなように時間を使えるのが私たちにとって一番の幸せです。

そんな中、増田さんご夫妻が訪ねてくれたので、久しぶりに古いアルバムを出してみました。
増田家と-1.jpg

皆で懐かしんだのは、30年ほど時を遡ったこの当時。
伊豆の海でシュノーケリング、山中湖でヨット、キャンプ、アーチェリーなど、若さに任せてアウトドアで遊びに遊んだ思い出です。
G-SHOCKが生まれたばかりの頃の、増田さんとニカさん。
こんな風に青春しながら、自由な仕事ができて、良い時代でした。
昔の写真.jpg

30年の時は流れても人間の本質は変わらないようですが、夫婦はそれぞれの形に収まり似てくるのが不思議です。
きっと私たちも似て来ているのでしょうか。
増田家と-2.jpg

こんな写真も、いつの日か「あの日は、特別に美味しいお酒をたっぷり頂いたねぇ。」などと眺めて懐かしむ日が来ることを楽しみに、また一つ楽しい思い出の1日を重ねることが出来ました。
増田家と-3.jpg

そのお酒はこちら。大変な美酒をご馳走様でした。
久保田純米大吟醸.jpg

2016年4月24日

青梅マダムの縁

土曜日は、半年ぶりの青梅マダム会。
年齢の順に回る今回の幹事はミーさん。
情報通のミーさんが選んだ今回のお店は、青梅にある「:えにし」というオシャレで気楽なカフェレストランです。
マダム会-1.jpg

皆、昔同じ会社に「縁」のあった者どうしです。
今は仕事も環境もバラバラなのに、付かず離れず20年〜30年近く頼れる関係が続いているのは、それだけの縁なのかな?
マダム会-2.jpg

本質が似ているんだと思います。
で、探してみたら、全員が「長女」だということ。
責任感があり、しっかり者の、長女の特徴を、皆が備えておりますからね。
「青梅ファーストレディーズ」に改称しようかしら。

で、今回もう一つ発見がありました。
薬指の長さです。
普通、女性は薬指より人差し指が長い場合が多いようなのですが、全員「薬指の長い女」でした。
薬指の長い女は男性的らしいのですが、マダムの中には特に男らしい人はおりません。

でも男に甘えるタイプの女ではないのは共通かも。
マダム会-3.jpg

たまには美味しい物を、食べたいだけ食べよう!と、食べ尽くしたのが下の写真です。
これに生ビールと赤ワインをボトルで2本。
とても丁寧なお料理を、たわいない会話を楽しみながら美味しくいただきました。
(☟クリックで拡大します)

青梅マダム会のお食事2.jpg

しかし、これだけのボリュームのあるお食事を分け合った後に、大胆にもカクテルとデザートでしめてます。
シラフになって見てみると、冷や汗ものの高カロリー。
完全にタガが外れておりました。

でも、昨日の息抜きのおかげで、不思議なくらい今日も元気です。

この日はニカさんも、昔の教え子の同窓会に呼ばれて銀座まで出かけて行きました。
当時は初々しい青年で、今は立派な中年になっている生徒達との写真が届いたので、追加でアップします。
(女性はニカさんの同僚の先生です。お着物姿素敵。)
二階堂隆生徒の同窓会.jpg

この生徒達を教えていた頃のニカさんと、同じくらいの年齢になっている、元生徒達。
なんかややこしいな。
ニカさんは随分厳しい先生だったようですが、懲りずに誘っていただき、成長した姿を見せてもらえるのは嬉しいようです。
その分こちらの年を実感してしまうのは、面白いような、寂しいような?

2016年4月16日

春は、芽生えます

熊本の地震で、日本中が不安な気持ちで揺れています。
一時も早く終息するよう、祈る他ありません。

それでも、日差しを暖かく感じる時は、心が和みます。

自宅の芝桜が満開になりました。
冬の間はヘタっと半分枯れているのに、ある日気が付くとこんなに花盛り。
エルグデザイン.jpg

庭の山椒の新芽も今が旬で、毎日ブチブチ芽生えます。
それを山盛りに乗せて、今季お初の筍ご飯。
たけのこご飯.jpg

残りの筍で、翌日は若竹煮です。
旬の食材は、出会えた嬉しさが先立って連日でも飽きません。
筍煮.jpg

本日は、恒例のファミリーコンサートにお呼ばれしてきました。
最近、漠然とした不安や、うまく事が運ばないストレスを感じていたのですが、天使たちの演奏と歌声に、心が救われる思いでした。
音楽と宗教が結びつくのが、とても理解できます。
コンサート2.jpg

天使ばかりでなく、ポンコツスバルにも春が来てます。(←スバルでなく、スズキ・フロンテでした)
空き地で見つけたポエムでした。
ポンコツ車.jpg

天高く伸びようツクシ。
ツクシ.jpg

2016年4月 9日

実家からの宅急便

知多半島・豊浜魚広場へ行った弟から、クール宅急便が届きました。
ニカさんの好物のイクラと、奥に見えるのは、本マグロ大トロのブロックです。
エルグデザインの料理-1.jpg

皮のついた、ありがた〜いマグロを料理するのなんか、生まれて初めてです。
皮、硬くて厚くて手強そう。
どこから刃を入れましょか..、緊張の一瞬です。
エルグデザインの料理-2.jpg

慣れない高級素材に悪戦苦闘つつもなんとかさばき、
先ず半分は手巻き寿司で頂きました。
皮や筋に付いた身も、失敗したカットも、すき身にして無駄なく完食!
イクラと本マグロたっぷりの、豪華な手巻き寿司になりました。ご馳走様。
エルグデザインの料理-3.jpg

翌日は、残りを葱鮪鍋にしてみました。
エルグデザインの料理-4.jpg

出汁と醤油と味醂で作ったスープに、白菜の甘味を加えて味のベースを調えます。
エルグデザインの料理-5.jpg

軽く熱を通し、油がトロけたマグロに柚子胡椒を添えてさっぱりと。
う〜ん、美味でした!
エルグデザインの料理-6.jpg

実家の母からも、段ボール一杯の荷物が届きました。
今はもう母は野菜を作っていないので、近くの農協から仕入れてくれたようです。
これだけの品物を送ってくれるには、色々と足を運んで、重たい荷物を運んでくれたんだろうなぁ。
エルグデザインの料理-7.jpg

今回、母が急いで送りたかったのは、こちら。
甥の聡一郎から、私たちへの、ドイツ土産の赤ワインとチョコレートです。
エルグデザインの料理-8.jpg

ワインもそうですが、チョコレートまでもリキュール入り。
私たち、どんだけ酒呑みと思われているんだか。f(^_^;)  

お土産は要らないと言ってあったのにね。
少ない予算の中で、重たいお土産ありがとう。

話は突然変わりますが、庭仕事を終えて、慌しく石鹸で手を洗い...、
その時は気がつかなかったのですが、後でこんな小さな奇跡を見つけました。
石鹸クローバー.jpg
グリーンの石鹸のベストなポジションに、三つ葉のクローバーが押し花されてる!
これ、やらせでなく、本当に偶然なんです。
春らしい、素敵なサプライズでした。

2016年4月 3日

国立お花見2016

今年も恒例・国立大学通りのお花見が開催されました。
花曇りですが、天気はなんとか持ってくれ、満開の桜に恵まれました。
国立お花見2016-1.jpg

手前の3重が我が家のお弁当。
お花見の様式美として重箱のお弁当が定着し、皆の持ち寄りで年々豪華になっているみたいです。
こんなパワーが湧くのも、花見は心のお祭りだからかな。
国立お花見2016-2.jpg

花を天に添えた、お花見らしいアングルが素敵。(写真はgopさん)
国立お花見2016-3.jpg

お酒も皆の持ち寄りで良いものが揃いました。(写真はgopさん)
これ以外にも、日本酒数本、ワイン数本、特選ビールなどよりどりみどり。
ついつい舞い上がってしまう私です。
国立お花見2016-02.jpg

ひとひらの桜と共にいただくお酒...と聞けば優雅ですが、あれば喜んで飲んでしまうのが私の悪い癖。
今年も飲み過ぎを反省する花見でございました。
国立お花見2016-0.jpg

年に数回の再会です。
白いジャケットのクニちゃんは、大学時代の同級生。
当時は私と顔が似てると言われた仲です。今もクニちゃん、若いわ。
国立お花見2016-4.jpg

元の会社の同僚たち + 家族など、初対面でも和気藹々。
国立お花見2016-5.jpg

やっぱり明るく楽しむお酒が最高ですね。
写真右から二人目が、毎年花見会を開催してくれるgopさんです。
国立お花見2016-6.jpg

こちらは谷保駅側からの桜並木。国立駅から距離にして2km近くの間、見事な桜が続きます。
国立お花見2016-7.jpg

こちらは国立駅からの桜並木の風景です。
時の経つのも忘れて遊んでしまい、帰路に着く頃の夕暮れの桜並木もまた幻想的でした。
国立お花見.jpg