スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記16年10〜12月


2016年12月25日

2016年末記

本日で、2016年は最後のブログ更新になりそうです。

今年も皆様に助けられながらここまで来ることが出来ました。
心より、ありがとうございます。


今年も色々なことがありましたが、一番大きく生活に影響したのは、5月に我が家へ遊びに来ていたニカママが突然倒れてから、私たちが面倒を看なくてはならなくなったという運命の大転換。

入院からひと月は、毎日の病院通いの上に、法的手続きや先の落ち着き先の心配やらで突然の逆境に翻弄されましたが、現在は施設で過ごし体調も回復したニカママと、週に一度の食事と買い物の時間を持つという自分達なりのペースに落ち着きました。

家族として、最善だと思う道を選択してここまで来れたと思えることが収穫です。


毎年暮れになると目が回る忙しさなので、今年も10月に入ると早々に始めた大掃除ですが、やっぱり暮れも押し迫った本日やっと完了しました。

と言っても、まだ事務所の大掃除が残っているので、やっぱり年末のギリギリまでバタバタしそうです。

掃除というものは、汚れや片付けなくてはならない所に気がついたエライ者にしか出来ないのです!

大掃除という概念がないニカさんには、どこを綺麗にするのか説明しないといけなくて、いちいちそんなことをするくらいなら全部自分でやったほうが早いと諦めてから年末もスッキリした気分で過ごせるようになっております。


クリスマスだというだけで楽しくウキウキしたのは、はるか昔。
そんな懐かしい時代がありました。

今では、嬉しくも何ともないのが本音ですが、それでも少しはクリスマス気分を味わおうと、イブにはグラタンを作りました。
ジャガイモ、アスパラガス、マッシュルーム、ミニトマトなど有りもの野菜や有頭エビをそれぞれ炒め、ベシャメルソースを上下にかぶせ、パルメザンチーズをかけて焼くのが我が家流。
エルグデザインの料理-1.JPG

近頃ムール貝の良いのをお店で見かけるようになり、ニカさんの得意料理が増えました。
ムール貝のワイン蒸しです。

エルグデザインの料理-2.jpg

少しだけ、メリークリスマス!

そして、間も無くやってくる2017年。
皆様、穏やかな良き新年をお迎え下さい。

2016年12月18日

多忙の誕生週

今週の私のお誕生週は、記念すべき多忙な誕生週となりました。
誕生日のろうそく.JPG

週の初めは、レストランにて誕生日ディナー。
優雅だったのは、この時のみです。
誕生日の美子.JPG

この週の私のお仕事。
■工業製造系の会社案内パンフレットのデザイン:1部
■製品案内リーフレットのデザイン:3部
■展示会用のタペストリーデザイン:2部
以上が入稿前の修正に次ぐ修正で、嵐のような佳境状況。

■食品製造系のパッケージデザイン:6アイテム
こちらは新規デザインに入ったばかりで、アイデア展開の苦難の時期。

私は、たくさんのお仕事に囲まれて嬉しい悲鳴。

結果、目は充血・肩はバリバリで、身体は正直に疲労困憊の悲鳴。

そんな中で、着道楽に目覚めてしまったニカママのお買い物の付き添いとして、
■インナー2点
■カーディガン2点
■パジャマ1点
を、ニカママの車椅子を押しながら購入。
更に、ニカママのお洋服のメンテナンス。

そんな中で、恒例の私の母の年賀状を作って、発送。
■表印刷と住所印刷込みで160枚。
80過ぎの母の年賀状の方が、エルグデザインの年賀状より多いというのは、喜ぶべきなのだろうか..。

目を血走らせている私を見るに見かねて、週の後半はニカさんが夕食を作ってくれました。

あり合わせの材料で作ってくれたポトフは、身体を温めてくれ、
翌日、残ったスープの味を整えて作ったど鍋仕立てのリゾットは、野菜の旨味を凝縮した絶品でした。

やっぱり慰労にはウチバルが最高です。
ニカさんの料理.jpg

本日は、今年最後の庭の手入れの後、図書館まで散歩。
散歩道に残る銀杏の、夕日の影が長いです。
風景.jpg

今年も残すところ、あと2週間。
あと、プラス5日あれば。

2016年12月11日

赤い実、全滅...

ついひと月ほど前、庭のピラカンサの実です。
これからひと月後に、惨劇が待ち受けているともつゆ知らず、艶やかに実っております。
ピラカンサ1.JPG

近頃、我が家の庭には連日、スズメ、ヒヨドリ、ジョウビタキ、ハト、シジュウカラ、だけでなくメジロまで集まっての大騒ぎ。

さながら、自然鳥園の趣でした。

賑やかなのは嬉しいけれど、ピラカンサの実の周りに集まって、何か嫌な予感..。

その予感は的中し、1週間もしないうちに枝もたわわに実った赤い実は、一粒残らず消えておりました。
ピラカンサ-2.JPG

昨年は、寒い冬にも赤い実を残して楽しませてくれたピラカンサのあまりにも無残な姿です。
多種の鳥が一斉にやって来て、イナゴの大群の後のように食べ尽くして去ってゆく。

この一件で、「鳥には情報の伝達手段がある!」としか思えなくなりました。
それも、鳥の種を選ばない共通言語。

「お〜い、ここのピラカンサの実はいけてるから皆おいでよ〜!」
みたいな感じなのか?

で、来年に向けて、赤い実を守るために対策を立てるべきか...。

鳥たちに冬の蓄えを与えることで満足すべきか...。

悩み多き問題であります。


寒い季節に、視覚的に暖かさを灯す赤い色は欠かせません。

クリスマスの飾りで、赤い色を補給。
エルグデザイン クリスマス1.JPG

鳥も人間も、冬は赤い色が大好きなようです。
エルグデザイン クリスマス2.JPG

2016年12月 3日

紅葉狩りと温泉の旅:2016-2

翌日はホテルから徒歩で、白川郷からダム水没に伴い移築した「下呂温泉合掌村」へ。

下呂温泉-3.JPG

昔、田舎でも見たような...。日本人のDNAが懐かしさにジンと来るものばかり。
下呂温泉−4.JPG

下呂温泉−5.JPG

地元「ほのぼのガイドの会」のボランティア、とっても愉快な二村さんです。
「下呂温泉合掌村」が大好きで、皆に知って欲しくてたまらないといった気持ちに溢れている方ですので、こちらにいらした際には是非ご指名でどうぞ!
下呂温泉案内のおじさん.JPG

サービス精神で、写真も沢山撮ってくれますので...。
合掌村.JPG

次は、中津川から夕森公園へ。

なんでキャンプ場のウオーキングなんだろう?と思いつつ歩いていましたが、流れる水の鮮やかさと透明度がすごい!
龍神の滝-3.JPG

その先にある竜神の滝は、この旅で一番見応えありました。

深い森の中のエメラルド色の滝。
滝からのマイナスイオンに溢れる清浄な空気。
川に掛かる立体的な橋は、エッシャーのだまし絵のようです。
龍神の滝-1.JPG

マイナスイオンでリフレッシュ!
龍神の滝−2.JPG

最後は、恵那峡で遊覧船巡りをして旅はお終いです。
恵那峡.JPG

帰路は中央道を諏訪方向に向かう、実家の近くを通る旅だったのでした。

旅の途中だと見慣れた景色も違って見えるのが不思議。
旅の気分は、日常も非日常になる、そういうものかもしれません。


紅葉狩りと温泉の旅:2016-1へ

紅葉狩りと温泉の旅:2016-1

日本人中高年のスタンダード、
紅葉狩りと温泉の1泊バスツアーして来ました。

いざ!紅葉に囲まれた山里青梅から、紅葉の名所、愛知県の「香嵐渓」へ。

屋台がずらっと並んで、賑やかなお出迎えです。
香嵐渓1.JPG

香嵐渓のシンボル「待月橋」が見えてきました。
思ったより新しい橋ですが、「待月橋」という名前がイメージを盛り上げます。
月明かりで紅葉を愛でるとまではいかなくても、ライトアップされた紅葉は一層美しい事でしょう。
香嵐渓-2.JPG

紅葉は最盛期をやや過ぎていましたが、ウオーキングコース、イベント、食事、お土産、テーマパークなど客を飽きさせない工夫で、村おこしを頑張っている香嵐渓でした。
香嵐渓-3.JPG

右にあるのはイノシシ皮。
微妙なバランスですが、ブランディングのコンセプトはしっかりしてる。
香嵐渓.JPG

香嵐渓では2時間あったので、巴川沿いを一巡り散策しました。
赤、橙、黄、緑、黄緑、その他の色も混在していた、見事な五色紅葉です。
香嵐渓-4.JPG

紅葉は残り少なくても、逆に落ち葉は色とりどり。
香嵐渓-5.JPG

市街地には、昔ながらの風情のある古い町並みも残っています。
香嵐渓-6.JPG


香嵐渓-7.JPG


愛知から岐阜に北上し、宿泊したホテルは下呂温泉の「水明館」。
庭の眺めが清々しい食堂でした。
下呂温泉1.JPG

夕食は懐石料理でした。
美味しいのですが、なんとなく慌ただしくてゆっくり味わえず。
下呂温泉−2.jpg
もう少しゆっくりしてと要求しても、ツアー客は同じペースだそうで...。
こういうのは苦手だなぁ。

食事時間、メニュー、タイミングは、自分で決めたい私達。
バスツアーへの無いものねだりです。

紅葉狩りと温泉の旅:2016-2へ

2016年11月26日

11月の雪

11月24日、朝起きたらそこは雪国でした。
11月の雪1.JPG

この日は、週に一度のニカママとのデートの予定でしたが、本降りのまま少しも止む気配がないので1日延期。

雪が降ると、雪見酒をしてみたくなるのは何故なのでしょう。
外が雪景色だと、お酒の暖かさが身に染み入る気がするのか、
四季を味わい尽くそうとする、日本人ならではの既成概念なのかもしれません。

で、ここが自由業の醍醐味。
昼はお蕎麦を茹でて、日本酒を軽く一杯いただき、四季を味わい尽くしました。
雪見酒.JPG

14時過ぎまで降った積雪は10cm近く。
エルグデザイン、雪の庭.JPG

近所の紅葉も雪景色。
雪景色2.JPG

寒い寒い1日でした。
雪景色3.jpg

翌日はニカママと、お食事とお買い物デート。

夏の頃は、食欲が無いのに生きる為に頑張って食べていたニカママですが、
最近では、嬉しいくらい美味しそうにたくさん食べてくれるようになりました。
ニカママとの食事.JPG

ただし、ここで問題が...。
ニカママは、このひと月で3kgほど太ってしまい身体への負担が気になるという理由で、施設から食事制限のお達しがありました。

まさかのドクターストップ?!

でも、体重30kgで生還した後、頑張って食べてやっと34kgになったからって食事制限とは殺生な。

平均寿命も全うしているので、我慢して長生きするより、美味しい物を好きなだけ食べて、オシャレもして、たくさん幸せを感じて欲しいのが家族としての気持ちです。

で、ニカさん共々、ニカママを散々甘やかしている今日この頃。

2016年11月20日

ニカさんのイトコ

ニカさんは、ニカさんの親戚一族との共通項が極めて少ない、突然変異の人なのです。

両親ともとても善良な人達なのですが、ニカさんとは思考やセンスが異次元で、誰に似たのか、どこから来たのか...。

そんな中で唯一気の合う親族が、イトコの正房さん。
若い頃から大手企業でタイや東南アジアを渡り歩き、70代の半ばになる現在も仕事を辞めさせてもらえず、月に何度もタイ、ラオス、インド、ベトナムなどへ飛び回っているバリバリの現役です。

2005年、私の母を連れての「カンボジア・バンコク旅行」の際には、現地で大変お世話になりました。

横浜から縁遠くなってしまい、近年はなかなかお会いする機会が持てなかったのですが、この週末にご夫婦で我が家を訪ねてくださいました。
正房さんは、ニカパパの姉の息子なのですが、年を重ねた今のお顔は生前のニカパパに驚くほど瓜二つ。
血縁って不思議です。
正房&幸枝.jpg

タイでお世話になったので、料理は鯛飯(タイメシ)をメインにと洒落てみました。
お昼から夕方まで、時間をかけてゆっくりと食事と会話を楽しみ、皆で快い時間を過ごしました。
少しはタイでお世話になったご恩返しができたかな。
と思いましたが、今回も沢山お土産を頂いてしまったので借りは中々減ってくれません。
二階堂美子の料理.jpg
貸し借りでいえば、私には正房さんに大きな貸しがあるのでした。

親族で集まった私達の結婚式の時、正房さんはその場を和ませようと「新郎と言うには歳を取りすぎておりますが... 」と言うべきその新郎を新婦に言い違え、一瞬場を凍らせてしまったのです。
まぁ間違いではありませんが... 。
あれから間もなく30年。
今となっては時効の、笑える思い出話です。

私たちは自撮りで記念写真。
隆&美子.jpg

お互いに、仕事が趣味で生きがいのイトコ同士。
これからも刺激的な再会の機会を楽しめそうです。

2016年11月13日

スーパームーン前日

先週は急に冷え込んで真冬のような日もありましたが、週末は穏やかな小春日和に恵まれました。

紅葉が綺麗なこの季節は青梅丘陵でも歩きたいところですが、最近頻繁に熊出没のニュースがあるので敬遠。
市街地でも、秋らしいイベントや景色に出会えました。

菊.jpg

ススキ2.JPG

落ち葉.JPG

充分歩くうちにお腹が空いて、お寿司をつまんで帰路につく頃は、6時というのにもう真っ暗。
まあるい月が、川面に映って一緒に付いて来ます。
68年の月.JPG

明日11月14日は、68年に一度のスーパームーンを観測できる日だそうですが、残念ながら東京の天気予報は曇り空。
次の最大級のスーパームーンまでにはまだ20年ほど時間がかかりそうなので、充分綺麗な今日の月を心に残しておくとしましょう。

2016年11月 6日

柚子の実十八年

「桃栗3年 柿8年」 
ここまでは皆さまご存知と思いますが、
これにはその後「柚子の大馬鹿18年」と付くんだよ、と可笑しそうに教えてくれたのは、今は亡きニカさんの父。
柚子をたっぷり収穫する日を夢見て、エルグデザインの庭に小さな柚子の木を植えた時の事でした。

まさにあの日からちょうど18年!エルグデザインの大馬鹿な柚子の木に初めての実が成りました。
過ぎてしまえば早くても、思えば長い18年。ドンピシャな年数に驚きです。ことわざは侮れません。

この春に白い小さな花を見つけてから、見守るように過ごして半年間。
雨に打たれ風に煽られ、少しづつ欠けて、最後に残った一粒は枝とトゲに守られて奇跡のように生き残りました。

勿体無くて、とてもじゃないけど薬味になど使う気にはなれません。
柚子湯にするには、足りません。
来年からの豊作を願掛けて、この貴重品をどう扱おうか思案中です。
エルグデザインゆず.JPG

ピラカンサは、5年ほど前に植えたものが、毎年見事に実をつけてくれます。
花の少ない季節に心を元気にしてくれる、ビタミン剤のようなありがたい木の実です。
エルグデザイン・ピラカンサ.JPG


この真白い錦鯉は、近所の霞川にかれこれ10年以上住み着いている川の主で、名付けて「はごろも」
まるで天女が羽衣をなびかせているように優雅なお姿です。
秋の台風や大雨の後に姿を見なくなり気になっていたのですが、またいつもの場所に帰って来てくれました。
はごろも.JPG

この週末は、気持ちの良い秋晴れでした。
庭は少しづつ冬支度が整い、家の外回りの掃除もでき、衣替えも完了しました。
冬に向かう前に今しばらく、のどかな日が続きますように。

2016年10月30日

もう一つの顔

私はエルグデザインの雑務 兼 グラフィックデザインを主な生業としておりますが、TAMA協会のコーディネータや東京都商工会連合会のエキスパート(専門家支援)という別の顔があります。

別の顔と言っても、怪しい顔ではありません。流れはこれまでの仕事の延長です。

グラフィックデザインやマーケティングの経験を生かして、企業の長所をピックアップするレポートを書いたり、小さなお店に出かけて、パンフレットやパッケージ作成に協力したり、製品や販売方法についてサポートしたり、パソコンのグラフィックソフト(イラストレータやフォトショップ)の使い方を教えに行ったりという、デザイン/商品企画系・便利屋さんの顔なのです。

特に小さなお店の場合は、サポートが事業に直結するため経営者の本気度が違います。
お話を伺いうちに、ついつい情に絆されて、必要以上に時間をかけて支援してしまう私。
本部から謝金は頂けるのですが、実働に換算すると時給はアルバイト未満な感じでございます。(企業の持ち出しはありません)

それでも、これまでの経験が中小企業の活性化のために役に立つのは嬉しい事です。
何と言っても支援を喜んでいただけるのが一番のやりがいですが、未知な世界で経験を積むことは新鮮で、狭い世界で生きて来た私の視野を広げてくれ度胸をつけてくれるような気もします。

何事でも一生懸命取り組めば、無駄なことなんて無いのですね。

今週も小さな調味料屋さんへの支援が控えています。
どんな課題が待っているのか、未知との出会いが楽しみです。

(☟写真はエキスパートで支援した一例です。クリックで拡大します)
二階堂美子の雑務.jpg

2016年10月23日

マダム会と防衛本能

2016年秋の青梅マダム会。
ニカさんにお店まで送ってもらう前に、エルグデザインの庭で記念写真を撮りました。

ご両親の介護中で心身共に大変なカネゴン
初孫や娘の結婚式を控えているシングルのミーさん
次は高校3年になる息子さんの受験などを控えているマミさん
私だって、それなりには大変なのだけれど
マダム達は、笑顔とおしゃべりで人生を乗り切るのだ!
青梅マダム会2016.jpg

4人で4時間、たっぷり飲んで語りました。
最後は甘い誘惑に負けて、幸せ気分倍増です。
青梅マダム会パフェ.JPG
「青梅マダム会」は、これからの老後を助け合う「青梅マダム互助会」になりつつあるのではなどという話もチラホラ。
「老後なんて、まだ早いよ!」という前向きな意見もごもっとも。

この週末は我が家の車に、以前からの懸案だった「ドライブレコーダー」を取り付けました。
ドライブレコーダー.JPG
超!がつくほど安全運転のニカさんですが、しばしば遭遇する危険な車の災難に巻き込まれた場合の保険のつもりです。

精神的には御守りのようなモノとも言えます。

備えあれば憂いなし。

年を重ねると、安心材料を増やしておきたいという自己防衛本能が強くなって来るみたいです。


2016年10月16日

PCストレス

この半月ほど、PC関係で悪戦苦闘してます。

MacのOSを「Sierra」にアップデートしましたが、その途端に動きはグンと遅くなり、所々にバグがあって思うように動かない。
特に最新機能を使いこなす予定もない私には、無用の長物です。

シリ.jpg

あまりの不便さにイラっとして、新機能Siri(自然言語処理を用いて質問に答える機能)に、「Siriってほんとに便利なんですか?」と聞いてみた。
すると帰って来た答えは、「またまた、お上手ですね〜。」って、意味不明に自信満々...。

続いてのストレスは、仕事で使う一番重要なソフト、Adobiの「CreativeCloud」
年間契約が9月27日に期限が切れるに際して、期限が切れた後からではないと更新できないというユーザー無視の殿様商売。
で9月30日にやっとの思いで1日かかりで更新したら、なぜかまだ前回の契約が残っているからと、勝手にキャンセルされた上で、またもや「契約が切れる!」という催促。
そして再度更新しようにも不発。
それも、催促の仕方は「お知らせ」でなく「警告!」ですからね。
売り手側が完全に上から目線。
奢れるものは久しからず、とは言いますが...。

この画面が、今日明日中に解決しなくてはならないストレスの塊です。
早くスッキリしたい〜!
ストレス.jpg

Aiの進歩と騒がれていますが、AiがPC弱者の気持ちを汲み取ってくれるようになるには、まだまだ時間がかかるようですね。

こちらは本日見かけた、枝もたわわに実った柿。
本日ついにCreativeCloudが動かなくなったので、古いPCのPhotoshopで作業しました。
柿.jpg
昔は一度ソフトを購入すればず〜っと使えた、良い時代でありました。

2016年10月 9日

ホットスポット視察研修会

青梅商工会議所が主催する「視察研修会!」に参加しました。
テーマは「2020年東京オリンピックを知る!クルージングツアー」
青梅発着のバスツアーです。

最初に立ち寄ったのは、皇居の隣の「楠公レストハウス」。
こちらが研修のお弁当です。^-^)
先ずは、お上品に腹ごしらえいたしましょう。
楠公レストハウス.jpg

ジャーン!近頃世間を賑わす、言わずと知れた都庁です。
側を通ったことはあっても中に入るのは今回が初めて。
大御所丹下健三によるゴシック建築は存在感があります。
都庁1.jpg

こちらは研修会のあった都庁25階からの風景です。
都庁第一本庁舎は地上48階なので、その高さは雲の上。
役人や都議会が上から目線になるのも止むおえないと言うものでしょうか。
都庁8.jpg

本日の目的である「2020年東京オリンピックへの取り組み状況」の研修です。
1964年の東京オリンピックからの進化として「パラリンピックの成功」を掲げていました。
都庁2.jpg

突然ですが、ここでクイズです。
この写真の中にTの文字が隠されていますがどこでしょう?
都庁3.jpg

答えはこちらの3つだそうです。
右の赤いオブジェの先と、左の横断歩道の入り口。
正面の丸窓のパターンはイチョウではなくて「T!」なんです。
壮大な建築の割りに、すんごく微妙なこだわり感...。
都庁4.jpg

続いて、都議会議事堂に移動するために回廊を渡ります。
そびえる二つの塔には、こんなに奥行きがあるとは知りませんでした。
都庁5.jpg

本日も、小池都知事や執行機関に対する「一般質問」が行われていたようですが、こちらは無人の会議場。
議員の席と一般の傍聴席との間には幅1.5mほどのカメラマン席というのがありました。
ここが正面の特等席です。
都庁6.jpg

正面、演壇右横の知事席は、全体の椅子の中では一つだけサイズが大きく格が上。
序列社会の見える化のようです。
都庁7.jpg

続いて、こちらも何かと巷を騒がせる新歌舞伎座や地下街の散策。
お騒がせの八代目中村芝翫の襲名披露のこともあってか、ウィークディというのに、着飾ったご婦人方で大変な人混みでした。
歌舞伎座.jpg

陽も暮れる時間になり、勝どき桟橋から貸切の小型クルーズ船に乗船です。
上船.jpg

ここから2時間は、イタリアン・ビュッフェを楽しみながら、東京湾のクルージング。
船上からオリンピックの会場予定地や、こちらも世間を騒がしている築地市場からの移転先の豊洲市場の見学するのです。もちろん、研修ですから真面目にね!
船上レストラン.jpg

と言っても、夜景の美しさに夢の世界にトリップしたり。
夜景.jpg

そうかと言えば、ボ〜っとしていると生命に関わる「ひののめ橋」をくぐったり。
危ない橋.jpg

いつの間にか研修であることなど、どこ吹く風で良い気分。
船上・二階堂隆&美子.jpg

ホットなスポットを巡った今回の視察研修会。
刺激も、楽しさも、情報も盛りだくさんで、申し訳ないくらい最高でした!

2016年10月 2日

秋の多摩川散策

庭の金木犀が満開です。
金木犀の香りが漂う中のウオーキングは、気分を夢の世界にワープさせてくれる、とても素敵な季節です。
金木犀.jpg

最高の季節の気持ち良い秋晴れを逃す手はなく、久しぶりに太陽を浴びに青梅線御嶽近くの多摩川まで出かけました。
考えることは皆同じようで、多摩川はそれぞれ自然を楽しむ人達で賑わっています。
多摩川1.jpg

9月は雨が多かったせいで、多摩川では澄んだ大量の水が滔々と流れていました。
多摩川-2.jpg

中洲の岩に登って風を受け川の流れに包まれると、岩の船に乗って川を流れている気分になりきれます。
二階堂美子20161002-1.jpg

こういう時間は、いつも釣りポイントを探すニカさん。
二階堂隆.jpg

本日の目的のひとつは、御嶽駅近くの「ごろう」というお蕎麦屋さんです。
二階堂美子20161002.jpg

蕎麦、店の雰囲気、良い日本酒、と3つ揃った嬉しいお店。
ごろう 蕎麦-1.jpg

さらに多摩川に面した景色に座布団一枚。
五朗蕎麦2.jpg

多摩川沿いの農家でもとめた本日の収穫です。大栗500円、スダチ100円也。
近いうちに栗ご飯にフダチたっぷりのサンマの塩焼きかな。
本日は日差しも強く暑いくらいだったのに、季節はしみじみ秋ですね。
栗とすだち.jpg