スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記過去の日記12年10〜12月


2012年12月30日

歳末厄落とし

2012年、年の瀬。
今年は自分が変化できた年だったし、家族は皆健康で過ごす事ができたし
来年も早々から面白い仕事が始まりそうです。
でも、無難な日々が続くと人間は不安になるものだなあ...。
こういう時こそ気を引き締めなくちゃ!

...という自覚があったにも関わらず、やってしまいました。
私が一人で買い物に出かけて止めた駐車場。
前向き駐車で、クルッと車止めを越えてしまったのに気がつかずルンルンでお買い物。
帰り際にバックしても、何か重たいし、変な音...何だこれ?
で車を降りて見事に外れたバンパーを見て、瞬時に地獄に突き落とされました。
一年点検を終えて、たった2日目の悪夢です。≫(>_<;)≪ ギャー!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂<br />
取り急ぎ保険会社に連絡して、レスキューのお兄さんに応急処置をしてもらいました。
外れた部品を頑張って戻して固定してもらったので
なんとかこれでお正月中は乗り切れそうです。ありがとう、お兄さん。
でも車は正月空け早々に、またもや入院かあ。ゴメンね...。(;‐;)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂<br />
心と懐が傷むけれど、起きてしまった事は仕方ないです。
人を傷付けてしまった訳ではなく、自分が怪我をしたのでもないから
「これで今年の厄は落とせたのだ!」と割り切って無理矢理気持を切り替える事にしました。

その夜は、ご近所みーさんを誘って我が家で手巻き寿司の忘年会。
酔った勢いで嫌な事は忘れて、来年の目標は「チャレンジ!」と盛り上がりました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂<br />
みーさんの持参してくれたワインは、その名も「寿司」
ラベルデザインもシンプルで、爽やな香りがお寿司に合うワインです。
ニッチなポイントを付く企画を考えたものだなあ〜と感心します。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂<br />

お正月の花は干支の巳をモチーフにしたものを飾ってみました。
昇り龍ならず、昇り蛇。上昇する運気で来年を縁起の良方向に導いておくれ!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂<br />

などとバタバタしている間に、今年もお仕舞です。

年末のご挨拶
今年も関係する全ての皆様に支えられて生き抜く事ができました。
エルグデザイン一同、心から感謝しております。

それでは皆様、良いお年をお迎えくださいませ。 





2012年12月23日

木と紙の家

根っからの日本人DNAのため、やはり木と紙の家が落ち着きます。
障子紙を通した柔らかな日光は好きですが、2年に一度、10枚の障子貼りは一日がかりの大仕事。
当初はニカさんと二人で貼っていましたが、あ〜だこ〜だとモメながら二人で貼るのも、さっさと一人で貼るのも時間が変わらないため、いつしか私のみの仕事になりました。
(▼▼#)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
これも日本の文化!という事で本日は障子貼りのコツについて。
紙剝がしは色々な手法がある様ですが、私は霧吹きで障子紙を湿らせしばし待ちます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
すると、無理なく剝がせて後がラク!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
時々こんな風にストレス解消する事よろし。でも、やりすぎると後が大変...。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
枠の内側は簡単に、最外側はキッチリとのり付けします。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
のり付けが終わって、イザ!紙転がし。ここが至福の時です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
余った紙を切り落とし。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
のりが乾いたら、再度霧吹きで紙を伸ばします。
乾いて紙が縮んだら、多少のムラは無くなるので大丈夫。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
居間の照明も和紙製です。こちらも2年に一度はお取り替え。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
手間ひまはかかるけど、真っ更な白い紙には神様が宿って
家を守ってくれるような気がします。
来年に向けてホームグラウンドの準備、整いました!

2012年12月16日

誕生日ウィーク

シワは増えたし、肉体労働は身体にこたえるようになったけど
今年も無事に、お誕生日おめでとう! To me !

この数年は運命に試された時期だったのかもしれません。
一日一年、同じように月日は流れ、これといった輝かしい日々ではなかったのですが
数年前と比べると、かなり変化した自分がいる事に驚きます。
変われる可能性があるって、面白い。
外見だけでなく、中身もね。^_−☆


「残された貴重な時間」という言葉も、人ごとでなく身に染みる今日この頃。
だからこそ、今年も幸せなお誕生日を、どうもありがとう。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

2012年12月 9日

朗報:石の上にも

さすがに師走
宴会意外には、慌ただしい毎日が続いています。
堅くて恐縮ですが、本日もまたまたお仕事の話です。

以前(株)長沢製作所にて、一緒にお仕事をした担当者から嬉しいご連絡を頂きました。
作品紹介にも掲載したKEYLEX4000Primeの、その後のご報告です。
発売当初から金融機関やデパートなどに納入されていましたが、
今回出来たての東京駅新丸の内駅舎側に採用・設置されたとの事です。

東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

思えばこのプロジェクトが発足したのが2009年の夏でした。
思うように進まない部分もありつつ、製品化までに約一年。
開発スタートから今年で、まる三年もの年月が経過していました。

製品開発とは、作る人とアピールする人、双方の努力の継続があってこそ
歯車が噛み合い、力強く動き始めるんだなあと実感します。

現在、来年度に向けていくつかのプロジェクトが始まりました。
来年からスタートする仕事も、三年後にはきっと笑えるように
心して石の上に登ろうと決心する、少し早めの年の瀬です。

2012年12月 1日

重たい肩書き

これまで「肩書き」とやらには縁のない人生を送ってまいりましたが
今年になって、二つ目の肩書きを手に入れました。

ひとつめは以前ご報告した東京都商工会デザイン支援のエキスパート
7月に登録されてからこれまで、製造開発企業や飲食店などへの支援を行なう事が出来ました。

そして今回デビューを果たしたのが、(社)首都圏産業活性化協会:通称TAMA協会のコーディネータ
こちらも同じくTAMA地域:東京・埼玉・神奈川の中小企業への力強い支援団体です。
私は商品企画とデザインの専門家として参加する事になりました。

私もこれまでの経験を生かして、地域の製造業のために一肌脱ごうではないか!
などという使命感に燃えて始めたは良いけれど、
企業の技術PRレポート作成という最初のご奉公から、
勉強しないと訳が分からない...、時間はかかる...、責任は重い...
という十字架を背負ってしまった気分です。

しかし、経験は全て財産です。
尊敬する淺野先生のご指導を、謝金を頂きながら受けられるというのは
とてもラッキーな事だと感謝してます!

これは神様が、ついついユルい方に流れがちな私に「サボるな!ボケるな!」と与えた肩書きなのかもしれません。

取り急ぎ作った名刺です。
(なぜかマダムの会にて、盛り上がっている時の写真です..)(^-^;)..
もう少しこの立場に慣れて来たら、堂々と貫禄のある顔に差し替える予定です。
121125.jpg

この道は、一体何処に続いているんだろう。
分からないからこそ、面白き人生です。

2012年11月24日

静蕎庵落語寄席

蕎麦屋寄席のコラボレーション「静蕎庵・落語寄席」が開催されました。
多摩美時代、落語研究会だったニカさんには欠かせないイベントです。
いつもの静蕎庵ですが、本日は満員御礼の貸し切りです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

中に入ると、狭い店内は既に熱気で包まれています。
学芸会のような、ご主人達の手作りの高〜い高座が、アットホームな雰囲気です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

本日の噺家は、二つ目「三笑亭夢吉」
メインの出し物は、蕎麦屋にちなんで「時そば」です。
若いにも関わらず、臨機応変、絶妙な間で会場を爆笑させてくれました。
近い将来の真打ち昇進が楽しみです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

最後は全てのお客さんに蕎麦が振る舞われて、木戸銭は大満足の2000円。
店内では夢吉さんと客同士のお話も盛り上がり、大きな演芸場では味わえない臨場感でした。

私の祖父母の時代は、田舎に旅芸人が回って来て、民家で公演し村人達が集まって楽しんだ、などという話を聞いた事がありますが、そんな古き善き時代を彷彿とさせる贅沢なイベントとなりました。

2012年11月21日

産業交流展:継続の大切さ

東京ビックサイトで開催中の、産業交流展2012へ行って来ました。
不況と言われ続ける中、各社未来に向けた交流の輪を広げていました。

今年感じた事は「開発継続の大切さ」です。
開発には時間がかかるし、必ずしもその道で成功する保証はありません。
しかし「何もしなければ、何も始まらない。」という覚悟と共に頑張っているのが、今の日本の製造業だと感じます。

青梅商工会議所にて主催する「ロボット産業活性化推進機構」は、4年目を迎えました。
まだまだ道のりは長いですが、一歩ずつ進み、少しずつ形が見えて来ています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
こちらは、2010年夏からスタートした墨田区が取り組んでいる「配財プロジェクト」です。地図の上に立ったポールは、その地区の工場から出た廃材を使った万華鏡
中々のアイデアです!(左上は万華鏡の中を撮影してみました)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
同じく、廃材(配財)を使って作った製品の試作品です。ディスプレイがとても綺麗です。廃材を配財として大切に扱う気持が最初の一歩なのかもしれません。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
こちら、ビックサイト内の大熊手。日本古来からの縁起物満載で会場に活気を与えています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
継続は未来に繋がるはず。頑張ろう日本!

2012年11月19日

酒盛り週末

呑みながらの会話は、時間が経つのも忘れて楽しめるのに、
シラフな時に、他人の飲み会の話を聞いても面白くないもの。

ですが、そこをあえて!週末の楽しい宴会二幕の画像をアップします。

上は土曜日、時々時間を作ってお会いする、gop夫妻との大人の週末と
下は日曜日、酒蔵開きで盛り上がっている酔っぱらいに同化する私達。

近年は、少量呑んでもすっかり酔いが回ってしまい、我を忘れる事も多く自己嫌悪の私。
ここで定番ながら効果的な、対処法をご紹介しましょう。

大きなコップにたっぷり水を用意して、水を呑みながらお酒を頂く。
いわゆるチェイサーです。
これで、飲み過ぎ防止&悪酔い防止効果は抜群!
いつまでも楽しく飲めるという訳なのです。

そこまでして、何故呑むか?
気の合う仲間と、語りたい事はたくさんあります。
ほろ酔いは、話しが飛び出す潤滑油のようなものなのですよね。

今週も、お誘い&お付き合い&心からのお持てなしを頂き、
どうもありがとうございました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

2012年11月14日

Apple騒動

エルグデザインのiMacが、「ハードドライブ交換 (@o@;)..」というリコール対象になってしまいました。
ハードドライブ交換という事は...、
これまで作成したデータや、インストールしてあるアプリケーション全てインストールし直しという事?
考えただけで疲れるなあ。(u_u;) 

サービスセンターに連絡した所「修理は2週間程のお預かりになります!」との事。って、この時代にあり得ない展開でござる...。
「それは、ならん、ならん〜!」 ( ̄□ ̄;)!! 
と粘ってみたら、事務所まで修理に来てその場で交換してくれる事になりました。
粘ってみるものだけれど、30分程で交換できるのなら当然と言えば当然な事だ。

で、中々見る事のできないだろうMac交換時のレポートです。

Macを倒したと思ったら、吸盤をくっ付けます。(マグネットらしいです)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
すると、あっさり外れるガラス面。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
びっしり詰まっていながらも美しいiMacの内蔵。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
一番の懸案だった再インストールはタイムマシーンという機能に救われて、ボタン操作のみで1時間半程で元通りに復元しました。
メデタシメデタシ!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
今週は、iPhoneも4Sから5へ機種変更です。
というのも、ウチはこれまで一家に1台しか携帯電話がなかったので、これを機会に2台、
つまり出かけた時に、一人にひとつ持てる事になったわけです。
これで「せっかく公衆電話から電話したのに出ない!」という我が家のチワモメは過去の笑い話になる事でしょう。

我が家のiMacの歴史を3台並べてみました。
デザインは一番奥の初代iPhone3が一番好きです。
手前の最新のiPhone5は、デザインは全くシンプルなモノリスのようです。
iPhone4Sと比べて、接続スピードは格段に早く、本体の重さは軽く、厚さは薄い。
1年毎の進化の早さは何処まで続くのでしょう。怖いくらいです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

2012年11月11日

異文化交流日

友人のカネゴンが通っている英会話教室のアリサ先生は日本に来て約5ヶ月。
ハワイから来た、日系5世の若くてキュートな先生です。
日本の着物に興味があるとの事で、カネゴン家にて「異文化交流着物会」が開催されました。
私は英語は堂々のシドロモドロながらも、着付けの助っ人で参加して来ました。

さあこれから生まれて初めて着る着物は、カネゴンの若き日の小紋です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

和装小物まで細かく用意してあげるカネゴン。
きっとその心遣いも含めて日本文化なのですよね。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

これが本日のアリサ先生の晴れ姿!
日系だけあって違和感なく着こなしています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

カネゴン家の庭でもパチリ!
付き添いのおばさん達に無理矢理お見合いに拉致される写真...、ではありませんから!
(☟photo by ♂カネゴン)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

お昼に日本文化を味わうと言ったら、やっぱりココ、静蕎庵
着物を脱げば、アメリカンなアリサ先生にも気に入っていただけるでしょうか。
(☟photo by ♂カネゴン)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

静蕎庵ではニカさんも合流です。
アリサ先生には、和食前菜・日本酒・蕎麦の異文化交流フルコースだけでなく
静蕎庵からの至れり尽くせりの、日本のお持てなしの心を楽しんでいただけたと思います。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

異文化だけじゃあなくて、異種交流もよろしくなっ! by 茶々丸。
121111-7.JPG

2012年11月 6日

故郷2012

いつでも行けるという安心感からグズグズしたまま月日は過ぎ
この週末は3泊4日で、一年ぶりで故郷に帰って来ました。

連日、温泉と美食三昧でもてなしてくれた弟夫婦
来春に受験を控えているにもかかわらず緊張感の無い甥っ子達
昨年の手術から回復して、益々活発でいてくれる

東京(←一応..)で根無し草のように暮らす私にとって
故郷は「心の保険」です。

来年からは(大学か浪人か?)甥っ子達も家を出て、
弟も仕事で中国へ行く機会が増えそうです。
こんなに家族がゆっくり集まる事も少なくなるなあ...と思うと
今年の風景を記念写真にまとめてみたくなりました。

写真上は、実家からの見事に延々田舎の風景。
左列は温泉と飯田の秋景色。
中列は今年の家族の肖像。
右列は実家の今年の様子です。

私も「今年もまたひとつ、故郷で思い出が残せて幸せだなあ...」などと感じるお年頃になりました。

(☟クリックで拡大します)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂


2012年10月27日

上野美術館展他

渋谷での打ち合わせの後、上野の森のメトロポリタン美術館展へ立ち寄って来ました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂.JPG

メトロポリタン美術館という大層な名前につられて行ったものの
テーマも年代も作家も寄せ集めの展覧会です。
観た中で、印象的だった紀元前と印象派以降の作品は、オンラインギャラリーにも掲載されていました。
よっぽどのマニア意外はこの辺が見所かな。
広い館内の混雑度はそこそこで、ゆっくり絵画を観て回るには程良い展覧会でした。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

上野の森では、TOKYO GREEN 2012も開催中。
グリーンというにはあまりにみすぼらしい半分枯れたトンブリ・ディスプレイの中に、私もいるよ!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

TOKYO GREEN 2012の桜並木・花短冊回廊。
一枚一枚に、参加者の願い事が書かれているという一般参加型の試みは面白と思いました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

上野東照宮は...「あれっ?」と思わせる尋常でない気配。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

どうやら修復中でもご利益がありそうなサービスのようです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

このハリボテっぽい所も上野という街には似合う気がします。
高尚さとキッチュさの混在する、上野の両面を味わう午後となりました。

2012年10月21日

摩訶不思議

最近見かけた、摩訶不思議な雲。
空一杯に広がった雲のチューブは、不吉でもあり、可笑しくもあり。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
庭のモグラ塚は、ついにこんな摩訶不思議な変化を遂げました。
決して怪しい物ではございません。
中にモグラがいるのかと、そっと触ってみたらボロボロ崩れてただの土。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
最後のおまけは、以前撮影した蕎麦屋の花ちゃんの摩訶不思議な決めポーズ。
ヨガの修行僧を思わせる締めのポーズで何思う?
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
摩訶不思議は、意表をついて現れて一瞬で過ぎ去ってしまうもの。
摩訶不思議の一期一会。

2012年10月14日

多摩動物公園

たまには、自然以外の場所を歩いてみようと、「多摩動物公園」へ出かけて来ました。

動物は大好きだけれど、動物園の檻の中で、汚れて寂しそうな動物を見るのは辛い。
でも近年は、動物園の動物に対する環境は大きく変わって来ました。

ニカさんが多摩美の学生時代は、ショボかったらしい多摩動物公園も
かなり良い環境になっていたので、今回はそんな所をメインに報告します。

ここが入り口、ハロウィンに飾られたメインゲートです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
ここは、ライオンゾーンを展望デッキから眺めています。
かなり広いスペースにはライオン見学バスでも入って行けます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
右上の橋の上からは身を乗り出して見るようになっているのですが
落ちたら餌になる〜!臨場感が味わえます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
象のお家はプール付きの大邸宅。象が小さく見えるのが難なので....、
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
実物大の耳、こんな工夫もしてくれています。この人間、少々愛想なくて申し訳なし。
4-2.JPG
グレービーシマウマは、あまりの縞の美しさに目がくらみ催眠術にかかりそうです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
チンパンジーの子供達は、組み木と草むらで戯れ合って、自然な姿を見せてくれました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
こちらはワシのドーム。滝まである広いドームに数種類のワシが暮らしています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
対して、被写体を堂々と横切るこの檻が残念なフラミンゴのスペース。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
コアラは、ここでは別格な温室育ちです。
でも、オーストラリアで見たコアラに比べて、どこか寂しそう。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
やっぱり、自由な姿を見るのが一番です!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
しかし、見ているのが人間なのか? 見られているのが人間なのか?(^-^;)..
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
木に登るレッサーパンダは、二足立ちしてなくても絵になります。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
最後を飾るのはサイ。この鎧は、動物とは思えない、
鉄で作ったように完璧な強さです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
約3時間かけて、ゆっくり歩いて一万歩。
たっぷり動物に浸って来ましたが...、動物園に行くまでもなく
我が家の庭は野生のモグラの出没で毎朝こんな感じです。
盛り土を踏んでおいても、また翌日はこんなふうで、まさにモグラたたき状態です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
自然が一番!と言った手前
この惨事を受け入れて、耐えて行くべきなのでしょうねえ。(^-^;)..

2012年10月 7日

週末は死体の山

カネゴン家がアメリカの旅から帰国し、茶々丸も無事に親元に帰った今週の後半から週末にかけて、我が家では物騒にも2つの映画でたっぷりと死体に浸かってしまいました。

「バイオハザードV」「ハンガー・ゲーム」
どちらを観るかで揉めた際、「人殺しの映画なんて嫌だ!」というニカさんに負けて「バイオハザードV」に行ったものの、全編大量のゾンビと人が死にまくる展開に「理屈が成り立ってない!」と怒る私に負けて「ハンガー・ゲーム」も観に行ったという成り行きです。

どちらのヒロインも、生きるために戦う姿がメチャ格好良いです。
「同じ女性として、私も遅ればせながら武道を習得しなければ!」と妄想してしまう程です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂 東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

どうして人間は死体で埋め尽くすような映画を作り、好んで観るんだろう。
平和な生活の中では、やはり最高の未知なる刺激は他人の死なのか。
ならば、ローマのロッセオで行われた、剣闘士競技のようなものなのか?
いや、ちょっと違うかも。
バーチャルな世界の敵は、現実世界の自分の敵(ストレス)なのだ。
バッタバッタと敵をなぎ倒す姿に、破壊される自分のストレスを重ねスッキリ!納得!してしまう私でありました。

「バイオハザードV」はストレス解消に利く映画。
「ハンガー・ゲーム」は、殺人ゲームというよりも、生きる意味を考えさせる秀作でした。


夕暮れの散歩道では、すっかり秋の草花がヒロインです。
このまま冥界につながるような気分になってしまうのは、死体で埋め尽くされた映画を少々観すぎたせいなのかもしれません。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂