スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記友人


2017年4月22日

宴の後に

「木曜日の17:30に店の前に集合〜!」
という号令がかかり、以前勤めていた会社の大先輩とご近所の料理屋で楽しいひと時を過ごしました。
小野さん飲み会-1.jpg

この大先輩は、一部上場企業の取締役まで勤めた方ですが、退職した後は悠々自適な生活を楽しみながらも、ボランティアで企業のものづくりのお手伝いをされています。
仕事に対しては緻密で想像力があり、我々目下の者にもとても謙虚でフランクに接していただける、尊敬する先輩です。

余談ですが、私の経験上、本当に実力のある人は謙虚で誠実な方が多いです。
実力が無いのにかぎって、虚勢というものなのか、横柄で威圧的で女性蔑視だったりするケース、多いです。

話は盛り上がり、5時半からの飲み会は、解散になったのが閉店時間。
歩いて帰ったら深夜12時過ぎておりました。
これがニカさんの、当分見られないご機嫌な笑顔でございます。
小野さん飲み会-2.jpg

何故かというと...、
楽しく飲んだのは良いのですが、歩いて帰宅する間に足元のおぼつかないニカさんは転倒すること3回。
必死に連れて帰ったものの、翌日は見事なアオタンオヤジに変身しておりました。
本人は痛みをこらえつつ、自業自得と反省しております。
これから当分はアオタンオヤジのまま皆様の前にお見苦しく参上いたしますが、何卒ご容赦願います。
大怪我2.jpg

本日の日曜日は、気持ちの良い好天気で、ウオーキングしながら塩船観音寺を回ってみました。
入場料は三百円ですが、ツツジは3分咲き。GWの頃が見頃の様です。
塩船観音1.JPG

ここで、素晴らしいアクシデントを目撃しました。
写真左の小さな女の子が、遊んでいて深さ50cm程の池に落ちてしまったのですが、右側のおじさんが即座に靴も脱がずに池に飛び込んで助けたのです。
この写真は、女の子のお母さんがおじさんにお礼を言い、泣いている女の子の手を引いて池の左右に分かれ、おじさんの連れのおばさんが「あなた大丈夫だった?自分だって年なんだから、無理なことしないで!」と言っているだろうところです。
遠目で見ていて「あっ!」と思った瞬間に、少しも迷わず池に走って入ったおじさん、あなたはヒーローです!
事故.JPG

塩船観音・本堂前のお土産売り場で、全長12cm・顔の部分は2cmほどの小さな観音様に目が止まりました。(価格は¥1,000-なり)
ご近所に住む手が不自由な方が彫っていらっしゃるそうですが、とても優しい笑顔です。
青梅の円空に出会えた気分で購入しました。
觀音像.jpg
ニカさんのアオタンの早期回復と、ヒーローおじさんの幸せを祈りつつ。

2017年4月 9日

大人のお花見

近年、桜の見頃の週末は、好天に恵まれないことが多い気がします。

この土曜日も霧雨から花曇りの天気でしたが、今年は「大人のお花見」というテーマなのでかえって好都合。
青梅線・御嶽駅に下車して、ここから一駅多摩川を下った沢井駅の「澤乃井園」まで花を愛でながらのウオーキングです。

今年の花見の道連れは、36年ほど昔、当時のG-SHOCK開発チームリーダーのマスダさんと奥様です。
花見2017-1.JPG

多摩川でも北の山沿いは、桜には少し早いかと思ったのですが、咲き始めの初々しさを楽しむことができました。
花見2017-3.jpg

ウオーキングの後、お昼は澤乃井園の豆らくの豆腐懐石でまず一杯。
このお店は予約ができないので、雨模様で人手の少ないときにしか入れない...、という一期一会のお店に入れてラッキーでした。
花見2017-4.JPG

この二人、大人の私から見ると、子供の純粋さをそのままに成長し大人になっています。
モノ造りへの純粋な気持ちや社員の利益を重視するばかりで、邪念や打算・自己保身など無用にここまで生きてこられたのは、ある意味実力であり、ラッキーでもある二人なのであります。
花見2017-5.JPG

マスダさんによる36年前、当時の回顧録。(マスダさんはニカさんより2年先輩)
「実は、思いついたばかりの構想段階のG-SHOCK(当時はG-SHOCKという名前はなかったのですが)のデザインは、最初は同期のデザイナーに声をかけたのだけど、大きな時計なんてありえない!と断られて、次にニカイドウに声をかけたんだよ。そうしたらニカイドウは、大きいなら大きいなりのデザインあるって言ってくれたんだよなぁ...。」
縁の繋がりによってできるのが人生です。その時、二人の仕事の未来が繋がったのですね。
ニカさんは、カシオ在職中のイタリア派遣から帰って来た後、住むところがなくてマスダさんのアパートに数ヶ月の居候。
そんな思い出も共有する二人です。
花見2017-6.JPG

それから35年以上、今では皆立派なおじさんとおばさんになりました。
その当時マスダさんの婚約者だったのが今の奥様。
この奥様がまたユニークなのは、またいつかの機会に!
花見2017-7.JPG

2017年3月18日

春のマダム会

今年の春は急ぎ足でやって来ました。
本日の青梅マダムの会にふさわしく、近所の早咲きの桜が満開です。
桜.JPG

私が幹事の時の青梅マダムは、少し怪しげな店に集合します。
深い意味はありませんが、春と言ったらネパール料理!?
エスニックな料理を楽しみながら、昼から5時近くまで尽きることなくおしゃべりタイム。
マダム会20170318-1.jpg

おしゃべりに夢中になりながら食事をすると、食べた意識が脳に届く前に話しの方に気が逸れてしまうので、ついつい食べ過ぎてしまいます。
家族に起きた様々な事など話して聞いているうちに、お腹は満腹で苦しくても、気分はスッキリ。
マダム会2.jpg

結婚して青梅に引っ越した時、当時勤めていた会社で関係のあったミーさんとカネゴンが、ご近所になってビックリして、今年で30年。
途中マミさんが参加して、青梅マダムの集まりも15年ほどになりました。
自分も家族も少しづつ変化して来た中、ずっと近くにいてくれた友達です。
30年前の私たち...、まだ20代の初々しいニューミセスでした。
光陰矢の如し。今も初々しいですが。

2016年5月15日

送別会と皐月の公園

中小企業を支援するTAMA協会(社団法人首都 圏産業活性化協会)の活動の中で、先輩として尊敬する淺野さんが退職されることになり、これまでの感謝の気持ちを込めてお疲れ様会を開きました。

8年ほどのお付き合いでしたが、暖かいご指導をいただきありがとうございました。
淺野さんと二階堂美子.jpg

これまでのお付合いの中ではほとんど仕事のお話だったのですが、今回は仕事を離れた経験に基づくお話がとても面白く、淺野さん自身がとても楽しんでお話いただいている事が私達にとっても嬉しい会になりました。

淺野さんのこれまでの人生は、戦中に東京で生まれ、田舎に疎開し、不登校生徒から優等生に変身。高度成長期は大手企業の企業戦士、その中での大きな事件。子会社の社長を退職された後は、中小企業を支援するTAMA協会での活動と、一人の人生ながら壮大なストーリーです。
「人の立場でなく、人の気持ちになって考えることだよ」というお言葉を忘れないようにします。
淺野さんと二階堂隆

これからもまだまだ中小企業の活性化のためにご尽力していただきたいのですが、現在は心臓疾患やガンなどの病を克服中で、いざという時に迷惑をかけられないからというのが退職された理由です。
ご病気の事は心配だったのですが、実際にお会いして体力気力ともにお元気で安心しました。
それでも責任を持てないから辞めるというのは、淺野さんらしいと思います。

仕事の辞めどきというのがあって、それぞれの選択に委ねられます。
「人に迷惑をかけても、責任が取れなくても、自分はできるだけやる!」という選択も正しいと思います。

それでも多分、私達も淺野さんと同じ選択をするだろうと思います。

長い間、お疲れ様でした。
これからは仕事を離れた、第三の人生のお手本を見せてくださいね。
淺野さんと二階堂


今日は、ご近所散歩途中で、慶友病院併設の素敵な遊歩公園があるのを発見しました。
二階堂美子.jpg

真紅の芥子畑が見事でした。
ケシ畑.jpg

その先の吹上菖蒲園まで足を伸ばしてみました。
睡蓮池がモネの世界。
ハス.jpg

菖蒲の花には早すぎたようですが、人影の少ない森には鳥の声のさえずりが響きわたり、のどかな皐月の休日でした。
菖蒲園.jpg

2016年5月 3日

昔を懐かしみつつGW

今年のゴールデンウィークも、混雑を避けて自宅にて過ごしています。

休み明け提出の仕事を片付けたり、庭木や草花の手入れをしたり、料理に凝ったり、ノンビリ呑んだり、本を読んだり。
快い気候の中、薄手の服に着替えて、自分の好きなように時間を使えるのが私たちにとって一番の幸せです。

そんな中、増田さんご夫妻が訪ねてくれたので、久しぶりに古いアルバムを出してみました。
増田家と-1.jpg

皆で懐かしんだのは、30年ほど時を遡ったこの当時。
伊豆の海でシュノーケリング、山中湖でヨット、キャンプ、アーチェリーなど、若さに任せてアウトドアで遊びに遊んだ思い出です。
G-SHOCKが生まれたばかりの頃の、増田さんとニカさん。
こんな風に青春しながら、自由な仕事ができて、良い時代でした。
昔の写真.jpg

30年の時は流れても人間の本質は変わらないようですが、夫婦はそれぞれの形に収まり似てくるのが不思議です。
きっと私たちも似て来ているのでしょうか。
増田家と-2.jpg

こんな写真も、いつの日か「あの日は、特別に美味しいお酒をたっぷり頂いたねぇ。」などと眺めて懐かしむ日が来ることを楽しみに、また一つ楽しい思い出の1日を重ねることが出来ました。
増田家と-3.jpg

そのお酒はこちら。大変な美酒をご馳走様でした。
久保田純米大吟醸.jpg

2016年4月24日

青梅マダムの縁

土曜日は、半年ぶりの青梅マダム会。
年齢の順に回る今回の幹事はミーさん。
情報通のミーさんが選んだ今回のお店は、青梅にある「:えにし」というオシャレで気楽なカフェレストランです。
マダム会-1.jpg

皆、昔同じ会社に「縁」のあった者どうしです。
今は仕事も環境もバラバラなのに、付かず離れず20年〜30年近く頼れる関係が続いているのは、それだけの縁なのかな?
マダム会-2.jpg

本質が似ているんだと思います。
で、探してみたら、全員が「長女」だということ。
責任感があり、しっかり者の、長女の特徴を、皆が備えておりますからね。
「青梅ファーストレディーズ」に改称しようかしら。

で、今回もう一つ発見がありました。
薬指の長さです。
普通、女性は薬指より人差し指が長い場合が多いようなのですが、全員「薬指の長い女」でした。
薬指の長い女は男性的らしいのですが、マダムの中には特に男らしい人はおりません。

でも男に甘えるタイプの女ではないのは共通かも。
マダム会-3.jpg

たまには美味しい物を、食べたいだけ食べよう!と、食べ尽くしたのが下の写真です。
これに生ビールと赤ワインをボトルで2本。
とても丁寧なお料理を、たわいない会話を楽しみながら美味しくいただきました。
(☟クリックで拡大します)

青梅マダム会のお食事2.jpg

しかし、これだけのボリュームのあるお食事を分け合った後に、大胆にもカクテルとデザートでしめてます。
シラフになって見てみると、冷や汗ものの高カロリー。
完全にタガが外れておりました。

でも、昨日の息抜きのおかげで、不思議なくらい今日も元気です。

この日はニカさんも、昔の教え子の同窓会に呼ばれて銀座まで出かけて行きました。
当時は初々しい青年で、今は立派な中年になっている生徒達との写真が届いたので、追加でアップします。
(女性はニカさんの同僚の先生です。お着物姿素敵。)
二階堂隆生徒の同窓会.jpg

この生徒達を教えていた頃のニカさんと、同じくらいの年齢になっている、元生徒達。
なんかややこしいな。
ニカさんは随分厳しい先生だったようですが、懲りずに誘っていただき、成長した姿を見せてもらえるのは嬉しいようです。
その分こちらの年を実感してしまうのは、面白いような、寂しいような?

2015年9月 6日

デザイナーとの再会

土曜日は、私達の元同僚(男性)のご夫婦と、私の大学時代の同級生(女性)で集まりました。
元同僚と私の同級生は、別の会社で元同僚同士であったというややこしい関係でもあります。
立川にて食事会.jpg
久しぶりの再会でしたが、相変わらずの友達の気楽さに甘え、無礼講で飲んで喋って楽しんでまいりました。
毎度羽目を外しすぎる私ではございますが、快い気持ちで遊んで頂き、ありがとうございます。

この集まりのメンバーは、(元同僚の奥様を除いては)工場で作る製品をデザインする(もしくは教える立場の)プロダクトデザイナーです。
真摯な気持でデザインに関わる仕事をしているだけに、近頃ちまたを騒がせたエンブレムデザインの事は気になる所です。

エルグデザイン二階堂.JPG

昨日大いに遊んだので、本日の日曜日のニカさんは、今仕事の上で気がかりな部分の検証をしつつ悩んでいます。

デザインで一番時間がかかり、目に見える経過の分からないのがこのような「考える」時間です。
プロダクトデザインの場合は、部品のレイアウトや使い勝手、コスト、素材等を幅広い選択肢の中から1本の最善の道を掘り起こして行くような作業です。

ニカさんは、「白紙」の状態から「 1 」を生み出す作業が一番苦しいけれど、一番楽しいと申しております。

エンブレムのデザイナーは、一番大切なこの部分を、白紙ではなくネットに向かってしまったのかもしれません。

デザイン(特にプロダクトデザイン)は、コピペできるお気軽な仕事ではなく、簡単に大金を稼げる旨い商売でもなく、スポットライトを浴びる華々しい業界でもありません。
生みの苦しみの中、時間をかけて考え練り上げて作り上げる地道な仕事である事を、ご理解頂ければ嬉しいです。

2015年7月10日

合成とリアル

近くに出張に行くから!と、ランチに誘っていただいたのはカシオ時代の先輩です。
ブログ友達ですが、現在は静岡在住の方なのでなかなか実際に会う機会は作れません。
レストランを出た所、雨の軒下で記念写真を撮りました。
ヌマヤンと1.jpg

実は、上の写真は、下の2枚の写真を合成したものなんです。
せっかくの機会なのに別々でもつまらないので、無理矢理合成してなんとか一緒の記念写真にしてみました。
沼やんと合成写真.JPG

写真は合成できますが、人と人の付き合いは、やはりリアルの方が重みが違います。

日帰り出張、お疲れ様でした!
懐かしい積もるお話で1時間半のランチは、あっという間でした。
お互いに年を重ね、数年ぶりの再会でも、昔と同じような関係でいられるという体験って不思議で愉快です。
この年になってみないと経験できない人生の面白さがありますねえ。
これから増えるであろう、奥様も御一緒の再会の機会を楽しみにしています。(^_-)-☆

2015年3月 8日

もうひとつの春

晴れやかな春が、またひとつ訪れました。

満面の笑みのヤタさん家、
次男のIクンが多摩美術大学に合格し、我が家にてお祝い会を開きました。
ヤタベ家.JPG

年代こそ異なりますが
これで、Iクン、ヤタさん、ニカさん、と男三人が多摩美の同窓生になります。

I君は、この1年半の受験勉強中に描きため、腕を磨いた作品を持参して披露してくれました。

イキクン発表.JPG

特に平面構成は私達の時代より格段に繊細でイメージ表現も高度で、ステージが違う素晴らしさです。
若いうちの努力の成果って、エネルギッシュだなあ...と感動しました。
オヤジ達のああだこうだを受け止めつつ、これからは自分の道を切り開いて行く事でしょう。
初々しいIクンとその作品の記念集です。
(☟クリックで拡大します)
イキ作品.jpg

今は幸せなヤタさん家ですが、2000年からの2年間、痴漢冤罪で起訴されて苦しい裁判を戦った経歴があります。
当時とても辛いヤタさんと奥さん、そして幼かったIクン達を見て来ただけに、苦しみを乗り越えた家族の絆と、生きていたからこそ得られた果報を共に喜ばずにはいられません。
私達と.JPG

Iクンがカットするのは、奥様手作りのケーキです。
Iクンは、本日の主役という事で、最初から最後までいじりまくらせていただきました。
大人のワガママに付き合ってくれてありがとう。
お疲れさん!(^.^)v  
あつこさんと.JPG
ヤタさん家からは、その他も多大なお気遣いを頂きありがとうございました。

慌ただしくて、料理は途中写真を撮り損ねました...。
最後は「目出たい!」という事で「鯛飯」で締めです。
まあ、今回は料理は完全に脇役ですから。(*^^*)
メニュー.jpg

2014年11月24日

落研的酒蔵見学

好天に恵まれた三連休の中日は、
毎度おなじみの澤乃井:小澤酒造に行きました。
いつもは二人でウオーキングがてら行く澤乃井園ですが、
今回はニカさんの多摩美時代の「落語研究会」の先輩もご一緒の大所帯。
お酒好きで、落語好きで、シャレ好きで、楽天的。
飛び入りの私でも、少しも気を使わずに会話に溶け込める方々です。

早く飲みたい気分を押さえて、先ずは酒蔵見学から。
酒蔵見学1-1.JPG

約40分の見学は、酒蔵ならではの風格と空気を味わえます。
酒蔵見学-2.JPG

最後に一杯の利き酒付きなのも、吞ん兵衛には嬉しいところ。
酒蔵見学-22.JPG

見学中、既に出来上がっていた陽気な酔っぱらいのおじいさんとお友達に。
14歳の時から日本酒を吞んでいるのが自慢で、現在83歳との事ですがいたってお達者。
やはりお酒は百薬の長!という歓迎すべき大先輩でした。
酒蔵見学-3.JPG

後は、夕方までお酒をエネルギーにして、時間を忘れてシャレた会話を楽しむのみ。
酒蔵見学-4.JPG

多摩川沿いの紅葉も見事で、楽しい一日に華を添えてくれました。
酒蔵見学-5.JPG

2014年4月 5日

国立お花見2014

今年の桜は、ぼやぼやしていたら散ってしまいそうな急ぎ足です。
恒例国立のお花見会で、昔の仲間と桜吹雪の中で楽しいひと時を過ごして来ました。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

今年の我が家の花見弁当は、豆御飯のおにぎりと、小芋の味噌和えと卵焼きです。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

こちらのお弁当には負けました。
ちらし寿司、ゴイクンなどとても美味しかったですし
各自、取分けやすく盛りつけてある所が、さすがの気遣いです。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

近頃の天気は気まぐれです。
今日は、突然の雨とヒョウにたたられて、途中から陸橋の下に移動しました。
一見惨めなイメージですが、本人達は結構気に入って楽しんでます。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

今年の桜を愛でながら、来年の花見の計画が既に盛り上がりました。
来年は、鍋が出るのか?ギターの流しが出るのか?
いずれにしても、元気でまた集まりましょう。(^o^=)/
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂


2013年12月24日

忘れない忘年会

忘年会とは、
一年の間にシミ付いた心の汚れの大掃除なのかもしれません。

...な訳で、3連休は連続の忘年会で、心のお掃除をしてまいりました。

初日は、おなじみのgop家と蕎麦会席料理にて。
今年の早春に外科手術をした奥様は、今では筋トレに励む程にお元気です。
もちろんお喋りも、食欲も、お酒も充分に楽しむお元気さです。
月日は無駄には過ぎ去っていないんだなあ...と感じます。

何につけても遠慮のない、気の置けない友人との忘年会は、心の洗濯には一番です。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

翌日は、今年お仕事でお世話になっている方から、
ご自宅でのクリスマスパーティに呼んで頂きましたが
こちらは、サプライズの連続でした!

先ずは、お国立にある広大な趣味の良い豪邸にサプライズ!
...小さなリフォームにアタフタしている自分が...小さいなあ。

続いて、奥様の手料理の多様なメニューと腕前にサプライズ!
...美味しさに食が進み、久々に120%超えの満腹感...dangerous。

更なるサプライズは、ロボットでの格闘技大会のイベントと豪華賞品です!
右下が、賞品の世界で一番小さいヘリコプターとラジコン潜水艦。
子供の頃、サンタクロースからのプレゼントが届いたような幸せな気分です。

東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

ご夫婦で、盛りだくさんなお持てなしをありがとうございました。
いつもと違う会には、刺激が一杯。
心のお掃除の後、磨きがかかりピカピカになった気分です。

優しい心に触れる時間で心が洗われた事、忘れない今年の忘年会。

2013年11月18日

13年にもなるね

まるで難民キャンプのようですが、東村山:豊島屋酒蔵の蔵開きに毎年集まるメンバーです。

東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

3組のカップルが集まって楽しそうに飲んでる図にしか見えませんが
この中の一人は「今から13年前に痴漢冤罪で逮捕され、2年間もの長い裁判を戦った末に無罪を勝ち取った」という大変な地獄を経験し、
周防監督の「それでもボクはやってない」のモデルにもなったヤタさんと奥様です。

私達を含む後の二組は、当時の支援者ですが、
毎年催してくれる再会で
順調に成長している子供達や、元気なお二人の姿に安心します。

起こった事は元には戻せないけれど、どん底に寄り添えた事は、私達のパワーにもなっています。

毎年ながら、この飲み会ではご好意に甘えてしまい、気は緩みっぱなしで、最後はツブれる私です。

あれから、もう13年にもなるね。
いつまでも私達の事を忘れずにいてくれて、良くしてくれて、心暖まります。
皆さん、今年もどうもありがとう。

2013年11月10日

ハナンさん再び

ハナンさんは、エジプトで知り合い、モルディブでお世話になった、海外のホテルでお仕事をしている(一応...)日本人女性です。
十数年来のお付き合いですが自然とウマが合い、帰国時は我が家「青梅リゾート」にも立ち寄ってくれます。
今回は、仕事仲間のメキシカンボーイ:ルイスを連れてやって来ました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

ガイシンさんが一緒だと、メニュー選びに一苦労です。
今回は、お好みでアレンジできる手巻き寿司をメインに
肉じゃがや、海老塩焼きなどの(安全メニュー)と、
各種お通しや、塩焼き銀杏のような(チャレンジメニュー)を選んでみました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

メキシカンボーイにも意外に大丈夫だった、佃煮梅漬け
塩銀杏も気に入ってもらえました。
こちらは、最危険食品:納豆巻きに挑戦する直前(左)、試食中(右)のルイスです。
納豆は、メキシコに近い味の食品があるそうで、気抜けするほど抵抗無く
寿司ネタも好き嫌い無く色々味わってもらえました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

日本酒の時には、盃もお好みを選んでもらいました。
近頃のガイジンさんは、箸の使い方もお上手です。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

慣れない土地なのに、あっという間に馴染んで、はいポーズ!
1東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

我が家にある、飯能窯の虎澤先生の作品にルイスが興味を持ったようなので、翌日は飯能釜に立ち寄ってみる事にしました。(中と左の花活けが虎澤先生作)
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

出発前、慣れない「両手に花!状態」に、つい笑顔も緩む?ニカさんです。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

こちらは、飯能窯の虎澤先生のショールーム。
川と森に囲まれた、とても綺麗な環境にあります。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

皆が熱心に見ているうちに、虎澤先生登場〜!
以前にも何度かお会いしていますが、今回もお元気でまだまだ創作意欲たっぷりです。
作品についての説明や、哲学について色々とお話しいただきました。
「自然が先生」という観念は、全ての作品に通じています。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

いつも滞在時間は1日未満で、慌ただしく帰ってしまうハナンさん。
今回は、シンガポールから東南アジアのフレーバーをたっぷり届けてくれました。
中でも注目は、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆(左下)。
未体験の味の玉手箱...、楽しみだなあ。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
人との付き合いも、食べるものも「世界は広いんだよ!」と、無言で教えてくれるハナンさんでした。

2013年10月27日

増田家にて再会

カシオ時代の同僚の増田さんのお母様のご逝去にあたり、お悔やみに伺いました。

増田さんは、30年もの昔、ニカさんがG-SCHOCKを開発した時のプロジェクトチームのリーダーであり、海でのシュノーケリング、ヨット、飲み会、温泉旅行、お互いの実家に行き来と、若き時代に遊び歩いた仲間です。
ニカさんはヨーロッパから帰国後、住む所がなく
増田さんのアパートに居候していた事もある深〜い仲。

その後、増田さんは責任ある役職につかれた事もあり、なかなかお会いする機会が作れないまま月日が経っておりました。 

「亡くなった方が結んでくれる縁」というものを感ずる事がありますが
今回も、亡くなられたお母様が作ってくれた機会のように感じます。

写真中央が、お母様の若き日の姿です。
お母様の思い出話を伺いましたが
大正時代に生まれた、溌剌とした美しい少女が
96年の生涯を逞しく生き抜き、とても幸せな晩年を送られた事は
長い美しい物語ような清々しさを与えてくれました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

おじさんになっても、久しぶりでも、20代の頃と変わらない関係の二人です。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂 

突然ですが1985年頃の二人はこんな感じの若者でした。(伊豆大瀬崎海岸にて)
それにしても、増田さん、全然変わらないですねえ!
「昔が老けていたのか、今が若いのか...?」←by 隆
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

上品でマダムな雰囲気ながらも、意外にお茶目な奥様です。
二十数年間、同居してお母様のお世話をして来た中では、ご苦労も多かったとお察ししますが、愛情をもってお母様の事を語られていました。尊敬しちゃうなあ!
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

コチラが、見た目も美しく美味しい奥様の手料理です。御馳走様でした!
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

たっぷり語り、美味しくいただき、一升瓶開けて、昼から夜まで時の経つのも忘れました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

最後は、すっかり一人前になった息子のコウタロウ君も話題に参加して盛り上げてくれました。

お悔やみのつもりでお伺いしましたが、とても楽しく気持良い一日を過ごさせて頂きました。
お母様、泰子さん、ありがとうございました!

2013年2月17日

おもてなし新春会

いつも多摩地区の企業の発展のためにご尽力いただいているTAMA協会

ひたむきな活動に感謝しつつ、「いつか我が家でゆっくりお持てなしをして
日頃の疲れを癒して欲しいなあ〜。」
と思っていた企画がついに実現しました。

局長をはじめとして、女性陣&若手ホープ君の4名で、お忙しい中
はるばる青梅のエルグデザインまでお越しいただきました。

しかし、来て頂いたからには、タダでは帰しません!
先ずはニカさん先生の「デザインの役割やブランディングについての講義」からです。
休日にも関わらず1時間半、熱心に聞いて頂きありがとうございました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

受講お疲れさまでした。さあこれからが宴の始まりです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

明るいうちから盛り上がり、話題は尽きません。
楽しい時間は早く過ぎ去り、あっという間の5〜6時間。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

そして宴もたけなわ。局長もホープ君も良い顔色になりました。
女性陣は、いつもと相変わらずお美しい笑顔です。
二階堂クンはつぶれる一歩手前...ギリギリです。(^-^;)..
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

料理の手順で頭が一杯で、料理に手をつける前の写真を撮る!という
心のゆとりが無かった自分がオシイです...。
仕方なく後付けで、昨日のお献立を料亭風に気取って作ってみました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

会費制なのでお土産不要だったにも関わらず、皆様からお気遣いのお土産を頂きました。
シェフ係の私には、頼もしい助手が付いて手際良く手伝ってくれました。
(☝写真左の女子さん)
御礼メールも深夜に帰宅した早々に送って頂きました。

お持てなししたつもりが、私の方が癒されている気分です。
(☟お土産記念)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

お持てなしとは、持てなす側、持てなされる側という関係ではなく
皆が持てなしの気持で時間を共有してこそ生まれる貴重なものだなあ...、

しみじみと感じた、贅沢な新春会となりました。

2012年11月19日

酒盛り週末

呑みながらの会話は、時間が経つのも忘れて楽しめるのに、
シラフな時に、他人の飲み会の話を聞いても面白くないもの。

ですが、そこをあえて!週末の楽しい宴会二幕の画像をアップします。

上は土曜日、時々時間を作ってお会いする、gop夫妻との大人の週末と
下は日曜日、酒蔵開きで盛り上がっている酔っぱらいに同化する私達。

近年は、少量呑んでもすっかり酔いが回ってしまい、我を忘れる事も多く自己嫌悪の私。
ここで定番ながら効果的な、対処法をご紹介しましょう。

大きなコップにたっぷり水を用意して、水を呑みながらお酒を頂く。
いわゆるチェイサーです。
これで、飲み過ぎ防止&悪酔い防止効果は抜群!
いつまでも楽しく飲めるという訳なのです。

そこまでして、何故呑むか?
気の合う仲間と、語りたい事はたくさんあります。
ほろ酔いは、話しが飛び出す潤滑油のようなものなのですよね。

今週も、お誘い&お付き合い&心からのお持てなしを頂き、
どうもありがとうございました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

2012年11月11日

異文化交流日

友人のカネゴンが通っている英会話教室のアリサ先生は日本に来て約5ヶ月。
ハワイから来た、日系5世の若くてキュートな先生です。
日本の着物に興味があるとの事で、カネゴン家にて「異文化交流着物会」が開催されました。
私は英語は堂々のシドロモドロながらも、着付けの助っ人で参加して来ました。

さあこれから生まれて初めて着る着物は、カネゴンの若き日の小紋です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

和装小物まで細かく用意してあげるカネゴン。
きっとその心遣いも含めて日本文化なのですよね。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

これが本日のアリサ先生の晴れ姿!
日系だけあって違和感なく着こなしています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

カネゴン家の庭でもパチリ!
付き添いのおばさん達に無理矢理お見合いに拉致される写真...、ではありませんから!
(☟photo by ♂カネゴン)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

お昼に日本文化を味わうと言ったら、やっぱりココ、静蕎庵
着物を脱げば、アメリカンなアリサ先生にも気に入っていただけるでしょうか。
(☟photo by ♂カネゴン)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

静蕎庵ではニカさんも合流です。
アリサ先生には、和食前菜・日本酒・蕎麦の異文化交流フルコースだけでなく
静蕎庵からの至れり尽くせりの、日本のお持てなしの心を楽しんでいただけたと思います。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

異文化だけじゃあなくて、異種交流もよろしくなっ! by 茶々丸。
121111-7.JPG

2012年9月16日

平和と暴動の週末

「暑いうちにビール!」を合い言葉に、古くからの友人が集まりました。

会話は昔話から近況報告まで、30年以上の幅!の中を自由に飛び交います。
バカな事を言っても、スルーしてくれるであろう(多分...(^-^;)..)気楽さ
今回も甘えて楽しんで来ました。

客も店員も外人率の高い、イギリスのパブみたいな構えの店でしたが
夜もたけなわになると、タバコの煙とモニターの大音量にこらえきれず、
おじさん、おばさんになった元若者達は、良い子が帰る時間に退散〜。
それでもたっぷり4時間のリフレッシュタイムになりました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂(一部写真はgopさんより)

である私の方は、こんな気楽な週末を楽しんでいる間
弟はこの週末、中国の青島に出張中です。
来年から本格的に工場を稼動させるための下準備らしいのですが
よりによって、この暴動の最中にどうなっている事やら...、気になります。

これって反日デモと言うより、破壊・暴力行為という犯罪じゃあないの。
( ̄□ ̄;)!! 

暴徒化した一部のために、残念な未来に向かわないように
犯罪は犯罪として、断固対処すべきですよねえ、中国!

2012年5月 7日

まとめてGW!

あいにくの悪天候GWでしたが、いかがお過ごしでしたか?

エルグデザインは、休み直前の入ったグラフィックのお仕事がず〜っと尾を引く感じで
なんとな〜く、休みのような、そうでないような、慌ただしい連休となりました。

仕事は、ニカさんお手製のミニスタジオセットで写真撮りからの始まりです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
その後、写真画像の加工、パンフレットのレイアウト、文章&キャッチコピー作成、説明用のイラスト作成を終えて、なんとか本日仮原稿を提出して、やっと一息ついたところです。


連休中ばに開催された「青梅マダムの会」は、メンバーの新たな旅立ちを応援して
いつもよりちょっと気取った、フレッンチランチでした。
メンバーの応援というのは口実で、全員にとってオアシスのようなひと時です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
会場の「シェ・タスケ」は、多摩川沿いの民家を改造したレストラン。自然環境、美味しいフレンチ料理、オーナーお手製の食器まで合わせて楽しめるお店でした。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

どしゃ降りの雨にたたられて、計画した庭仕事も進みませんでしたが、今日はやっと五月晴れ。昨日までは雨に打たれてショボクレていた庭の花達が、太陽を浴びて一斉に艶姿を見せてくれました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

明日からニカママが2週間ほど我が家に滞在します。
途中、私の母も長野から出て来て青梅にて合流するので、それはそれは賑やかで嵐のような時が訪れようとしています。
ひと山超えて、ただ今次の嵐の前の武者震いです。ウッシャ〜!

2012年4月 7日

お花見2012!

今年の桜は、国立・大学通りオクの定例場所。
春爛漫な花びら達に今年もお会いできて嬉しいです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
さて、これは何でしょう?蓋など開けてみますと...
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂 東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
..おおっ、これこそ以前に私が花見に参加できなかった時の幻のサンドイッチだあ〜!
4段重ねで、それぞれ味の異なるサンドイッチも美味ですが
周りの入れ物部分もパリパリで香ばしく美味しいんです。
フンワリ落ちた桜の花びらも一期一会の今年の記念です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

豪華!こちらがその他の今年のお花見弁当です。
手前お重の3つが私の作。
皆の持ち寄りで、和洋食揃って、お酒も揃って...幸せです。
さあ、ここからは無礼講で春を頂きま〜す!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

今年の花見の仲間です。
それぞれに、体調の話題が多くなった近年ですが、来年もその次の年も、それなりに元気で花見の席で会いたいと思う..。
それが中年以降の日本人的花見の味わい方のような気がします。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
来年も、また幸せなひと時を共にできますように!

2011年12月11日

クリスマスの街で蕎麦会席

クリスマス色にときめく立川の街を散策した後
「蕎麦処:無庵」にて、3組の夫婦が集まりました。

「無庵」の店内にはジャズが流れ
骨董などの調度品やインテリアにもこだわった蕎麦会席のお店です。

料理の盛りつけも、味も、量も(^-^;)..!上品です。

このような大人の隠れ処的な店で、クリスマスに賑わう雑踏を離れて
気心の知れた友人達と、あえての蕎麦会席を楽しむ...
な〜んて、大人ならではの自己満足感ですわ!

3組の夫婦の会はこれまでに無かった組み合せですが
さすがに話題豊富な皆さん、
初対面でも会話が弾みます。
席順はあえて夫婦で並ぶのを避けてみました。
でも夫婦ってなぜか似ていますので
組み合せはすぐにお分かりでしょう。(^.^)v

東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

おかげさまで、たっぷり時間をかけて大人の時間を楽しむ事が出来ました。

しかし、最寄りの駅に降りたとたん
よそ行きの大人の仮面を外した私達。

「お腹空いたよね〜!」という意見が一致して、駅前のコンビニで
私は「おにぎり」、ニカさんは「肉まん」を購入。
それを懐に、やっと心から満足して帰路についたのでありました。

2011年9月11日

ナオチャの事

おかげさまで母は驚異的な回復で、術後二週間で退院の後
すでに普通の生活に戻りつつあります。
転移の心配もないため、抗ガン治療も不要との事で一安心。
あっけない程の回復に、改めて早期発見の大切さを実感しました。

先の帰省で、幼なじみの隣のナオチャにニカさんも交えて会う機会が持てました。
ナオチャは私が4歳の時に千葉から信州の実家に戻った時からのお付き合い。
たった半年年上の私なのに、妹のように思える幼なじみです。

ナオチャと私の間を飛び交う飯田弁に時々理解不能に陥る二階堂クン...。
は、さて置き
恐るべし!ナオチャの記憶力。

私の記憶から欠落していた事なのに
千葉から実家に戻った時に、「ヨッチャは何か違う!」
近所のお姉さん達にイジメられた事やら
(確かに千葉弁の私は、飯田弁の皆さまとは言葉が違ってましたが...)
私が小学生の時にランドセルを忘れたまま登校した時の事やら
高校時代に憧れの君に話しかけられて舞い上がっていた事やらを
全部面白おかしく暴露してくれたのでありました。

私だって覚えているよ。
二人の家の間に糸電話を繋いで「モシモシ!」と大喜びで話をしたよね。
お人形さんの髪も切り飽きて、ついにナオチャの髪の毛を切って遊んだよね。
天竜川の河原で、花の首飾りなんかも作ったよね。

結婚して、最初の子供を生んだとき
「もうあんな痛い思いはしたくない〜!」と言っていたくせに
3人もの息子に恵まれて、幸せに暮らしていると思っていたけど
そんな生活の中にも、色々な事があったんだね。

苦労もあったかもしれないけど、今のナオチャは
逞しくて、楽しくて、それでも昔の素直なナオチャのままだった。

ナオチャと私の関係は、子供時代を共有する唯一無二の存在だ。
大昔の写真を探したけど、手ブレのこんな写真しかなかったよ。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

ナオチャのお土産の松本の葡萄、とっても素直な味で美味しかったよ。
ごちそうさまでした!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

2011年5月16日

長〜い付き合い

丸の内で友だちと再会しました。

女子校時代からの長〜い付き合いです。
現在は田舎の、熊が出るような学校の校長先生してます。
今も昔のままの純な性格で、とても努力家の彼女は
なんと昨年、おばあちゃんになりました。

彼女は音大、私は美大に進みましたが
私が美大に進んだのは、彼女の影響が大きかったと思ってます。

生年月日も近く血液型も同じB型のせいか、とても似ているところがありました。
卒業してからは、ずっと違う道を歩いて来た結果
彼女より私の方が変わったかなあ...と感じます。

それでも逢えば、いつでも気分は昔のまま。
エルグデザイン二階堂美子

私達の高校生時代。京都への修学旅行の写真です。
やっぱり彼女は外見も昔から変わってないなあ。
見せてはいけないモノをお見せしてお恥ずかしいのは私のセーラー服姿。
膝丈スカートに白いソックス...既に古典です。
エルグデザイン二階堂美子

色褪せた写真と共に時代は巡り、まだまだ巡る。
今年あたり数十年ぶりの同級会の話も持ち上がっています。
皆、どんな見事なおばさんになっているのか、怖くもあり、楽しみでもあり。

2011年5月 8日

マダム達の気晴らしGW

連休もついに最終日。
おなじみマダムの会が、予定していたマダムバス旅行の計画は次回に持ち越し。

今回は我が家に集まり
「GWの喧噪を避け、誰にも気兼ねせず
昼から夕方までじっくりとおしゃべりしながら
日頃のうっぷん(?)を晴らして、明日への活力を得る!」
という
大変に意義のある企画です。

酔いが回る前に記念の一枚。
東京都 青梅市の工業デザインの事務所:エルグデザイン

持ち寄った飲み物や、食べ物、差し入れ(子供や夫からの) +ピザの宅配 で
夕方まで盛り上がり、飲んで喋って気分は晴れ晴れ!なんて
経済的にも精神的にもなんと賢い妻達なのでしょう。

女同士の会話は、「同調と率直と許容と理解」があり
女として生きる精神衛生上、必要不可欠なのです。
おかげさまで、今日もたっぷりリフレッシュできました。

左のスパニッシュオムレツは 、ニカさんが手作りして差し入れてくれました。
その後は一日中何をしようが自由〜!な権利を得て、ニカさんもニンマリ...で
結局は落語三昧の一日を楽しんだようです。
東京都 青梅市の工業デザインの事務所:エルグデザイン

今年のGWは、ささやかで平和な休日が愛おしくまだまだ名残惜しいのですが、
明日からはスイッチ入れ替えて、新緑パワーモードで行きたいと思います!

2011年5月 1日

GW in 上野&新宿

夕方の新宿での集まりの前に、
上野の国立西洋美術館にて開催されている「レンブラント展」を覗いてみました。

GW中で混んでそうだなあ...という心配通りの大盛況。
ゆっくり闇の世界を堪能するのは諦めて、西洋美術館の常設展と合わせて楽しんで来ました。

展覧会のメインは、レンブラントのエッチング(版画)とその技法だったので
常設展にある「奇想の自然-レンブラント以前の北方版画」と比較してみると、レンブラントの成し遂げたかった事が分かるような気がします。

青梅:工業デザイン:エルグデザイン

それにしても上野の森はパンダ人気もあってすごい混みようで
青梅の田舎の空気に慣れ親しんだ身体では酸素が欠乏しそうです。

夕方からは、こちらも人でごった返す新宿。
ニカさんの多摩美の「落語会」の先輩方との同窓会に
私も特別参加して来ました。

新宿末広亭にウキウキと集まる面々は
一見すると普通のおじさんおばさんに見えるかもしれません... が!
ドッコイ、粋で笑いのツボを心得た噺の強者達なのです。
青梅:工業デザイン:エルグデザイン

いつの間にか私も仲間に入れてくれてありがとうございます。
噺家顔負けのおしゃべりに囲まれて
私、「贅沢な客」の身分をとことん楽しませていただきました!

青梅:工業デザイン:エルグデザイン

2010年8月28日

25年目の記念写真

遠方から、はるばる友達夫婦が元気な顔を見せに来てくれました。
奥様の方は昨年お会いしたけれど、御主人ヌマヤンの方は本当にお久しぶり!
二人とも少しも変わらないね。

これは写真好きのヌマヤンが残してくれた25年前の私達4人の記念写真。
若くて、無謀で、生意気で輝いていた頃の記念です。
エルグデザインの写真
下の写真は、「あの日と同じポーズで記念写真を撮ってみよう!」
というヌマヤンの提案により、本日残った記念の写真です。
これは人間を中心とした定点観測。
年月を生きても、そうそう人間の本質は変わるものではない...けれど
やっぱりあの頃の自分達はもういない。と感じさせてくれる一枚です。
100828-2.JPG
それは決して、淋しいとか悲しいではなくて
過ぎ去った年月を、重みを伴って受け入れるという感じです。

本日のお持てなし料理は夏定番のパエリアです。これも一期一会。
100828-03JPG.JPG 100828-4.JPG
次回はまた違う料理と、また少し年を重ねた者同士での再会が楽しみです。

2010年7月16日

ハナンさんとの再会

16日は東京駅付近にて、クライアント様との打ち合わせ、国際フォーラムにて(株)アロカの展示会へお誘いいただいた後、夕方たどり着いたのは、駅前の丸の内フォーシージンズのバー。
以前にも登場した通称ハナンさん(こう見えても、れっきとした日本人です!)が、丸の内フォーシージンズにて出張ビジネス中のため久々の再会の時を楽しんで来ました。
現在のハナンさんの本拠地はマレーシアのランカウイ。
お土産にいただいた品々からは南の島の香りがします。
左のアロマオイルはとっても優れもの。
カレー調味料も夏には重宝させていただいてます。
100716-4.JPG

久々にお会いしても、いつもリラックスさせて楽しませてくれる。
彼女の人をお持てなしする心にはとてもプロフェッショナルな精神を感じます。
おまけにひとりで世界中何処へ行っても、土地の人に愛されてたくましく生きて行ける。
とても私には真似できない素敵なキャラクターです。
100716-1.JPG

今回の日本滞在中に青梅に立ち寄っていただきたかったのに、
残念ながら今年はもう逢えないのかな。
世界中のお酒が揃ったバーで、次回世界のどこかでの再会を願って乾杯!
100716-2.JPG
...って、私達タップリ飲んで料金を支払ってないのですが...。
ハナン様、もしくはフォーシーズンズの方々、御馳走様でした!


2009年12月16日

苧坂さんの陶器展にて

夕方から、毎年恒例12月に広尾のギャラリー旬にて開催される「苧坂恒治展:赤絵彩紋」に行って来ました。
苧坂さんの仕事のパートナーでもある奥さんは私の大学時代の学生寮仲間キムちゃん
木村が旧姓のキムちゃん、私美子はビコ
おばさんとなった今では恥ずかしい気もするけど、こうとしか呼べないものなのです!
昔は茂木にあった窯を訪ねた事もあったけど、
北海道に窯を移ってしまったキムちゃんとの再会は実に23年ぶり。
人が何と言おうと... 本当に変わらない、昔のままだね〜!
091217-1.JPG
ここで私達の暮らした頃の女子美:和田寮のご紹介:
昨年閉鎖された女子美の和田寮は、上級生との4人部屋。
門限は基本的に8時、消灯は11時。
外部からの侵入者を防ぐためか、もしくは夜に寮生が抜け出さないためか?、窓は小さくしか開かず、建物の外には堀があり、塀には鉄線が張られているという難攻不落の城。
消灯後はキッカワ寮官の見回りがあり、どんなに毛布でドアを囲っても消灯違反は見破られ、うるさいとしかられ、夕食も早めに行かないと、ご飯が残っていない...。
という大変人間が鍛えられる寮なのでありました。
そんな寮とも知らず、頼る人もなく、ぽつんと一人で上京した18歳の子羊のような私達。
キムちゃんはそんな懐かしい時代の思い出を共有する仲間です。

キムちゃんはおじさんになったニカさんとも23年ぶりで、
最初は誰なのか分からなかったらしい。
091217-02.JPG

いつしか苧坂さんとニカさんも二十数年の付き合いとなりました。
ジャンルは異なってもモノづくりの精神は共通なので気が合うみたい。
091217-0.JPG

毎年の顔なじみになって、なんだか同窓会みたいな雰囲気です。
091217-3.JPG

オープニングパーティーの最初から居座り、最後まで居残る私達。
キムちゃんとの別れの時間はちょっと涙ぐみそうになったよ。
091217-4.JPG

これが今年我が家に追加されたコレクション。カップは焼酎用にします。
クロ招き猫はキムちゃん手づくりの作品をプレゼントしていただきました。
091217-5.JPG
後ろ姿も可愛いよ!
091217-6.JPG
これまでで苧坂さんの赤絵彩紋のコレクションも随分と揃いました。
091217-7.JPG
この器に盛ると、とても食卓が華やかになるので、
毎日どれかひとつは使って楽しんでいます。

この展示会は12月20日まで開かれていますので
興味をもたれた方は是非立ち寄ってみてください。
「ギャラリー旬」注)←こちらは2005年の情報です。

2009年8月30日

青梅マダムの会

先週に引き続き、おかげさまで今週末もエルグデザインはお仕事です。
いつの間にか、曜日に束縛されない生活もすっかり板についてます!

そんな私の今週の息抜きは、ご近所青梅マダムの会
近くに住んだ事がご縁の始まりで、こちらもいつの間にか
切っても切れない(?)縁の女友達です。

皆、性格違うし、仕事も違うし、苦労 (^-^;).. の種類も違うんだけど
気の置けない心休まる話ができて、気分転換には最高の仲間です。

阿吽の呼吸で、笑い合って、突っ込んで、認め合って、許し合って
後には残さず、次の日からまた少しだけ生まれ変わる勇気が出る。
着かず離れず側に居てくれて、心強いよ。ありがとう。

090829-1.JPG
ボケボケ写真で、残念!だね。

2009年7月21日

時空を越えた再会の巻

遠方より友来たる。実に二十数年ぶりの再会となります。

カシオの最初の女性デザイナーとして同期入社したNさんは
まだまだ女性差別のあった時代に、共に励まし合って来た戦友のようなもの。
当時から、本音を隠すことなく語り合えた仲です。
もちろん、ニカさんにとっても気を許せる女友達なので
我が家に立ち寄ってくれるのは大歓迎!

しかし、年賀状のやり取りはあったものの掛川と青梅に離れてしまったこの年月。
急に埋められるものなのか...。若干の不安と再会への楽しみでドキドキです。

しかし、会ったとたんに、時空を飛び越えました。
Nさんの昔から変わらないテンポの良い会話で、不安も吹き飛ぶ大爆笑!
エルグデザインにての再会
これ、当時の記念の写真。お互いにホッペタが気持ち良〜くノビてます!
二階堂美子のカシオ時代の写真
そして今、再会を記念して同じポーズで撮ってみました。
しかし、ちゃんと元に戻るか心配なので、恐る恐るです。
エルグデザイン事務所前で久々のポーズ
年月は私達に小じわを与えたものの、昔からの友情には何も影響を与えなかったのだ。
お互いに、心も身体も少しだけ丸くなったけどね。

Nさんは、人間社会への分析力がとても鋭いので、様々な会話から
「今、私たちの生活の中にある大切なもの」に気付かせていただきました。ありがとう!

あまりにも積もる話が楽しすぎて、まともな記念写真も撮るのを忘れたくらい。
取りあえず、夕食の手巻き寿司、朝食のフレンチトーストだけは写真に納めました。
二階堂美子の夕食 二階堂美子の朝食
次回はヌマヤンも含めた4人で、再会を果たしましょう!

2009年5月 4日

パエリアランチ

外ランチに最高の季節がやって来ました。
本日の二階堂シェフのメニューはパエリアとスパニッシュオムレツ&サラダ。
我が家の外ランチの定番メニューで、暑い季節にピッタリです。
05.03-1.JPG
本日のお客様はご近所のみーさん。
0503%2C2.JPG
シェフ自ら取り分けていただき、これからゆったりと夕方までの
ご機嫌ランチの始まりです。
0503-3.JPG
そうそう、忘れてはいけないのが、もう一匹のお客様。
家の中だけでは可哀想という事でランチの間、紐で繋ぎながらも外に出してみました。
ショウブの葉を食べて毛玉を吐いてみたり、ミヤコワスレの中に顔を突っ込んだり、
0503-4.JPG  0503-5.JPG
ミーコのお気に入りの場所を陣取ってみたりで、ご機嫌です。
0503%2C6.JPG
さすがに最後は疲れたみたいでお休みです。はい。
0503-7.JPG
カネゴン、旅先で見てる?茶々丸は元気ですよ〜。私の手は怪我だらけだけどね!


看板にゃんこへ