スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記部屋の風景


2014年3月16日

100円で贅沢に

リフォームを機に、ちょっしたと小物も新しくしています。
「ちょっとした小物」とは、なにげなく目をやった時に「心がほっこりするモノ」
ニカさんは、シンプルで何も無い空間を求めているようですが
無視して私は「ほっこりコーナー」を増殖させています。

こちらは洗面所です。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

目につく場所の、観葉植物や育成材は、100円ショップで揃えた寄せ集めです。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

このポプリもカゴも、100円ショップでゲット。
薄いオシャレなベールはゴミネット。自慢?!
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

この小物入れは、100円ショップで買った木の箱に、白のペイントをして
白のレースでドレスアップしてみました。
なんと、可愛い小物入れに変身!
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

新しくなったお風呂です。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

窓際のほっこり飾りも100円で買ったものの組み合せ。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

この石鹸トレーも、取りあえず100円で購入したもので間に合っちゃています。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

トイレの飾り棚も、器以外は100円の寄せ集め作品。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂


...と、100円自慢していてもきりがないがいので、このくらいにします。

100円ディスプレイの攻略のポイント!は、単品では使わない事と心得ました。
単品だと俄然貧相になります。
100円商品どうしを贅沢に組み合わせたり、お気に入りのモノと組み合わせて
気軽に変化や冒険を楽しんでみるのは、春の気分を後押ししてくれるような気がします。

2014年3月 9日

取りあえず・リビング編

今年最初の転機だったリフォームも、ようやく落ちついて来ました。
本日はリビング編を報告します。

新しいリビングダイニングのコンセプトは、「大人がゆっくり食を楽しむ空間」です。
狭いスペースを有効利用するため対面式カウンターキッチンにし、
ダイニングテーブルセットとリビングセット
両方の機能を持つ椅子とテーブルを探しました。
作る、食す、吞む、語らう、片付ける、休息する、という動作を、
狭くても五感に抵抗無く過ごせるスペースにできると良いな!という思いで作りました。
カウンターの飾り棚は、大工さんに無理を言って付けてもらいました。
思い出の品を飾る憩いのスペースになりそうです。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

久々登場、私自作のパッチワークによるクッションカバーです。
ハワインアンキルトをナチュラルなイメージで仕上げてみました。
ニカさんからは絶不評ですが、メゲずに置いてます。
これだけのクッションカバーは、他では絶対に手に入らない高級品ですから!
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

変わってこちらは、ニカさん手作りの、冷蔵庫上・パーティションです。
寿司桶など、大きくてかさばるモノを冷蔵庫の上に置いて
この柵で目隠ししてしまおうという魂胆。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

滑り止め付きで安心!
これで寿司桶は、無かった事に。白い箱モノは黒子のような存在です。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

食事スペース全景はこんな感じ。イメージ通りで満足です。
テーブルの手触りや椅子の座り心地にはウットリします。

しかし、ここでささやかながら無視できない問題が発生。
テーブルは飛騨の木工で、椅子はカリモクなのですが
一緒の場所で座る体験をすることなく決めてしまいました。
散々考えて、悩んだ末のテーブルの高さ64センチだったのですが
2〜3センチ程高い感が拭えません。
椅子の沈みが思ったより大きかったんです。
テーブルの足の高さの調整は不可能という事なので、
現物を廃棄し、別に足の部分買わないといけないのですが...さてどうしたものか。
心にもお財布にも痛い所です...。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂

まあそこは少し様子見という事で、
まずは久々に美味しいお酒を我が家にて頂いております。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂
新しいキッチンの使い勝手にもだんだんと慣れて来ました。
昔のキッチンにお別れしつつシミジミとした日が嘘のように新しい空間に馴染んで行く
そんな自分にちょっと呆れています。

2013年6月30日

夏支度

明日から7月。
週末は、観葉植物の植え替えや、夏支度に追われました。

伸びてしまったゴムの木は取木のために、皮を剝いで水苔を巻いて準備完了!
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

事務所の古くなった植物は、新しく植え替えました。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂><br />
<img src=
アイロンがけ用の扇風機もそろそろ必需品。
夏でもエアコンをかけない我が家のオアシスです。
130630-32.jpg

居間も恒例の夏模様。ワンパターンながらも、我が家に夏到来!
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

モグラのモグ蔵は、今年も増々元気で大暴れ...。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

芝も緑が揃って来ました。これから夏草とのバトルが始まります。
東京都青市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

庭の手入れで夏は重労働が増えるけど、汗を流して働くのは、生きる事の基本かも。
仕事の後のビールも美味しいしね!(^_-)-☆ 


2012年12月23日

木と紙の家

根っからの日本人DNAのため、やはり木と紙の家が落ち着きます。
障子紙を通した柔らかな日光は好きですが、2年に一度、10枚の障子貼りは一日がかりの大仕事。
当初はニカさんと二人で貼っていましたが、あ〜だこ〜だとモメながら二人で貼るのも、さっさと一人で貼るのも時間が変わらないため、いつしか私のみの仕事になりました。
(▼▼#)
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
これも日本の文化!という事で本日は障子貼りのコツについて。
紙剝がしは色々な手法がある様ですが、私は霧吹きで障子紙を湿らせしばし待ちます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
すると、無理なく剝がせて後がラク!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
時々こんな風にストレス解消する事よろし。でも、やりすぎると後が大変...。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
枠の内側は簡単に、最外側はキッチリとのり付けします。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
のり付けが終わって、イザ!紙転がし。ここが至福の時です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
余った紙を切り落とし。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
のりが乾いたら、再度霧吹きで紙を伸ばします。
乾いて紙が縮んだら、多少のムラは無くなるので大丈夫。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
居間の照明も和紙製です。こちらも2年に一度はお取り替え。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
手間ひまはかかるけど、真っ更な白い紙には神様が宿って
家を守ってくれるような気がします。
来年に向けてホームグラウンドの準備、整いました!

2011年12月25日

成績表と年末狂想曲

大掃除もやっと終わりが見えて来た中
片付けものの中に、今年ニカママ(ニカさんの母)が持って来た
「二階堂隆クンの小学校から高校までの成績表」を見つけました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

読んでみると「三つ子の魂、侮れないぞ!」です。

先ず、先生記入のこんな隆クン評価が目に止まります。
◎掃除が嫌いで、しばしば怠けているのを見かけます。
◎興味のある事だけでなく、他の事でもやらなくてはならない事があります。

鋭い観察眼です。
当時の諸先生方と全く同感な私は
笑って良いものか、泣くべきなのか...。(u_u;) 

この週末、やっと駐車場と自分の机周りのみ片付けたニカさんですが
これだけでも、さも大仕事をしたと言わんばかりの大騒ぎ。

その姿を冷たい視線で見ながら、これまでの3ヶ月間で
その他の自宅と事務所の片付け一切、
(ベランダのペンキ塗りから、障子張り、庭の冬支度、
窓ふき、収納物の総ざらい、床や家具のワックスがけ
おまけに、年賀状作成..etc...)の負担を背負う私に、
沸々と湧いて来る黒い不公平感は否めません。

毎年、師走はこんな割り切れない思いが募り憂鬱な気分です。

そして「三つ子の魂第二弾」は、上記成績表に続くこんな記述。
◎授業中、ノートに漫画のような絵を描いている事がよくあります。
更に転校のために一学期のみ在学した学校の成績表は、美術のみ5で、他はオール3。
(この時代は5段階評価です)

思えば、興味ある美術(デザイン)の世界に没頭するニカさんの性格のおかげで
今のエルグデザインが存在するのだし
ここまで頑固に原型を留めるニカさんを、変える事など無駄な努力というものなのでしょう。

そして積年の結果
ニカさんは「やりたい事のみに没頭する人」
対して私は「やらなければならない事に次々と気付いて、それに追われる人」という損な役割が定着してしまったようです。

大掃除の途中にはクロス類を作り直したりもします。
キッチンのテーブルクロスとキッチンカーテンは大きな布からカットして作りました。
ここは家の中心から見て西側なので、水風のラッキーカラーの黄色をふんだんに使いました。
来年に向けて、幸運をたっぷり運んでネ!

東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

こんなふうに、工夫しながらウチ中をいじり回して
お気に入りの空間を再構築して行く時間が持てるのは、幸せな事と言えなくはないです。

「やらなければいけない事」と考えるのではなく
「これも私のやりたい事のひとつ」と受け止めると、少し気分が軽くなって来ました。

でも連日の肉体労働の結果、年末はいつもクタクタ...
色々と、欲張り過ぎなのかなあ?

2011年11月27日

冬には赤

一番好きな色は赤。

特に無彩色の冬が近づくと赤い色に惹かれるのは
血の通う動物の宿命なのかもしれません。

今年のクリスマスリースです。
カインズホームにて 山帰来の実とリースの土台を総額500円で購入。
有り合わせのビーズ、リボン、そしてカネゴン家からのイタリア土産の
リボン型のパスタが少し残っていたので飾り付けてみました。
安くてお手軽だけど、ドア周りが華やいだ冬の空気に包まれました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

居間の置き床にも、山帰来の実を飾るだけで部屋が暖かく感じられます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

今年もニカママから、見事なシクラメンが届きました。
鮮やかで優しい綺麗な赤です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

gopさんからの頂き物の青森りんごの可愛い赤。
故郷信州のりんごとはひと味違う、すゞやかな甘さは未体験の絶品でした。
御馳走様!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

今年の冬の寒さはこれからが本番だけど
身の回りや目につく所に赤を添えると、心と身体がほっと暖まる。
これこそ本能的究極のエコですね。

2011年10月15日

箪笥の話

二階の和室にある箪笥のお話です。

右の大きな箪笥は、両親が故郷を離れる娘(←だった私)のために揃えてくれた
故郷信州の松本民芸家具の和箪笥。

左の素朴で古ぼけた桐の箪笥は、以前着物に凝っていた頃、
着物収納用に実家にあった箪笥を譲り受けた代物です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
毎年この季節、大掃除で移動させる度に
背面の亡き父が書いてくれた覚書きにちょっとジ〜ンとします。
今から20年前、82歳だった祖母から譲り受けた事を書き残してくれています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
昭和三年は父方の祖父母が結婚した年。
実家の山にあった桐の木で二竿の箪笥を作ったうちのひとつだそうです。
父達が子供の頃付けたであろう傷や、私達姉弟が付けた傷。
近年では茶々丸クンが付けた傷までも、古さの中に包み込み
ものともせずに存在する懐の深い箪笥です。

箪笥自体が時代物なら中味だってタイムマシン。
母からのお下がりやら私が揃えたものやらが一緒くたに詰まってます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

この帯は、母方の祖母のものです。
昔の帯は短く、今では帯としては使えません。
達磨という厳ついモチーフの割には、モダンなデザインなので
いつの日かインテリアでの復活を狙っています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

今年も大掃除が始まり、潔い断捨離を目指すものの
この箪笥の前では、様々な思いがよぎって、立ち止まってしまいます。

古くても、使わないものでも捨てられない。

私にとっては断捨離より豊かなものを与えてくれる「何か」
ここで守っていてくれるような気がするからかもしれません。

2011年6月 5日

縁側リフォーム

ミーコの形見でもある爪研ぎでボロボロになった縁側。
ミーコがいなくなってみると一層侘しさが際立ちます。

すっかり古くなった我が家とはいえ
やもすると足を踏み抜きそうなので
ニカさんに簡易リフォームをオーダーしました。

古くなった縦板の上に、横板を貼って強度と見た目をごまかそうという
合理的かつ容易かつ安価なフォームです。

こう見えて、私も肝心な所はチェック&口出し&手出しして完成度を高めています!
プロダクトデザイン エルグデザイン

デザインのポイント(?)は手前とサイドにも板を貼って無垢感を演出している所だそうです。
「できれば折りたたみ式にして、広いウッドデッキ風にして欲しい!」
という私のささやかな欲求は却下されました。

軽く磨いた後は、ニスを重ね塗りして完成で〜す。ご苦労さま。

プロダクトデザイン エルグデザイン

完成してみれば、お茶飲みに相応しい風情がある縁側...と言えなくはないですが
おしゃべりコーナーにしても良し、庭を眺める椅子代わりにしても良しの
新しいゆとりの空間が生まれました。

少しの工夫で生活と気分を新たにできるのであれば
見慣れて空気のような存在になったスペースを
再度見直してみるのも悪く無いなあ...
と感じます。
プロダクトデザイン エルグデザイン

こちらは約2年前の同じ場所です。
ボロでも、邪魔でも、これはこれで幸せな一コマでした。
プロダクトデザイン エルグデザイン

2009年5月 2日

衣替え

本日、居間も冬仕様から夏仕様に衣替えしました。

こちらが、冬バージョン。
15.02-1.JPG
こちらが夏バージョンです。
15.02-2.JPG
これは市販の蚊取り線香缶パックに布を貼って、紐を変えて作ってみました。
簡単なのに見違えちゃうでしょ。たくさん入って移動も楽で、重宝してます。
0502-4.JPG
夏バージョンにしては、左隅に暑苦しいモノがいるのにお気づきでしょうか。

猫まで衣替えした訳ではないですよ。
カネゴン家の旅行中、4泊5日で茶々丸君のお泊まりです。

カネゴンの置き土産。もう...お猫様々です。
15.02-3.JPG
昨年の夏には、この木に登って暴れた茶々丸君も
kinobori-2.JPG

さすがに倍増した体格では登れず、しかし相変わらず至る所で暴れ回ってます。
15.02-5.JPG
さてさて4泊5日も始まったばかり。
このGW、茶々丸に振り回されながらも無事に乗り切る事ができるでしょうか。


看板にゃんこへ