スタッフ紹介二階堂美子気まぐれ日記本の話題


2017年6月25日

蛍の夕べ

特に仏教徒を自覚してはいませんが、ニカさんも私もどこか昔のご先祖が仏門にいたようです。
そういう年頃なのか、ご縁なのか、最近無意識に借りた本がこんな本でした。
五木寛之の「親鸞」は全巻の長さにひるんで、とりあえず始めの一歩で読みましたが、大変に興味深いです。
これは全巻にチャレンジするしかありません。

小林真央さん。若くして観世音菩薩のような方でしたが、残念でした。
まだまだ悟りには程遠い私は、もう少しジタバタしながら生きてみる様です。
仏教の本.JPG

土曜の夜は、青梅ならではの夏のイベント「蛍を見る夕べ」に出かけて来ました。
ニカさんは、河原にたくさんの蛍が舞う幻想的な風景を想像して期待満々。
私は、子どもの頃の山田の蛍を懐かしく思い出しつつ。
蛍バス.JPG

ちょうど日が落ちて薄暗くなり始めた頃、成木川の会場に到着。
蛍の河.JPG

暗くなるにつれて、蛍の光が際立ってきました。
青白いゲンジボタルの光が、点いて、流れて、消える、ゆらぎの空間です。
一つ一つの光に、子どもの頃より尊さを感じます。
(お願い:写真が地味で申し訳ありません。拡大した上で、更に想像を膨らませてご覧ください)
蛍の可2.JPG

アトムさんの様に幻想的な蛍の写真はとてもとても撮れません。
その代わり、写真を拡大したら、蛍の光の現実がぼんやりと映っていました。
空飛ぶだけでもすごいのに、発光するなんて神がかりな生命体です。
ほたる拡大.JPG

夏の夜は、虫ばかりではなく、人間も光に誘われます。
ほたるの屋台.JPG

出店の屋台でビールでも一杯といきたいところでしたが、近所の畑の肥やしの匂いが強烈すぎて断念。
蛍の屋台2.JPG

娑婆には、匂いも、悩みも付きモノのようで。

2017年4月 2日

花と祭りと泣ける本

4月に入り桜開花のニュースもあり、気分は本格的な春モードに突入です。
遅ればせながら、カネゴンから株分けしてもらったクンシランが咲き始めました。
クンシラン.JPG

近所の神社では恒例の春祭り。90年近くを経た貫禄のあるノボリです。
ハタ.JPG

地元のお囃子には、いつも子供達も参加しています。
多分これから90年経っても続いていることでしょう。
祭り.JPG

本日は陽気と花に誘われて、少し長めのウオーキングです。

白い鳥の群れのようなこぶしの花。
こぶしの花.JPG

ユキヤナギ、満開。
ユキヤナギ.JPG

黄昏時の水仙。
スイセン.jpg

古代から、人間は春になると寒さから解放される幸せを噛み締めたことと想像します。
おまけに、どこを歩いても綺麗な花たちに出会える最高の季節ですね。

最近、久々に泣ける本に出会いました。
冲方丁の「もらい泣き」(写真はイメージです)
もらい泣き.JPG
気持ちの良い涙だし、花粉も流せるのでオススメです。

2017年1月22日

近頃のあれこれ

お正月が過ぎたと思ったら、間も無く節分。

占いや新興宗教は、お断りしておりますが、
昔ながらの神頼み、厄払い、プチ風水には、おすがり申しております。

例年、節分には結構マジで「鬼は外〜!福は内〜!」と、(近所迷惑にならない程度に)悪霊ばらいをしております。
年々歳の数ほどの豆を食べるのが大変になっておりますが、今年も準備万端です。
節分.JPG

今読んでいる本は「100の思考実験」。
固定化しがちな思考を、本当にそれが正しいのか問いかけてくれる面白い本です。
眠る前が読書タイムなのですが、5話くらいで深い眠りに落ちてしまうので、良い睡眠薬にもなってます。
100の思考実験.JPG

先週からの続きで、今週も忙しい日々が続いております。
ニカさんは、1日の仕事が終わり、夕食を済ませた後のひと時にも食卓でアイデアスケッチを展開する日々です。
私は「世界で一番最初に、新しいデザインに対面する」という特典を楽しんでいます。
二階堂隆スケッチ中.jpg

カネゴンと一緒に続けていたヨガ教室が、教室の都合で開催されなくなってしまい、冬の寒さと仕事がらで身体が鈍ってます。
と言う訳で、最近ラジオ体操を始めました。

懐かしさとともに、歳相応になった自分の身体を実感しますが、「せめてここでキープ!!」を目指します。

皆さまも、どうぞご一緒に!

2015年6月14日

本の力

先日のニカママがひとりで滞在中の際、暇を持て余しているようなので
興味を持ってくれそうな本を図書館で借りて来ました。

本1.JPG

「山野草」も、「ねこのきもち」もそれなりにパラパラめくってくれたのですが、一番気に入ってくれたのが、97歳のシスター:ジャンヌ・ボッセさん著の「しあわせは涙のあとに届くもの 」。
誰もが持っている「しあわせの在り処」を、分かり易い言葉で気付かせてくれる本です。
ニカママは、あまり本を読む人ではなかったけれど、何度も読み返して「そうだねえ」とつぶやいてくれていました。
暇を解消しただけでなく、読む事でニカママの気持が穏やかに変化した様です。
ジャンヌ・ボッセさんに感謝の言葉を伝えたかったけれど、残念ながら昨年帰天されていました。
亡くなっても、人の心を変える力がある本の力ってスゴいです。

ニカママには、「しあわせは涙のあとに届くもの 」と、彼女のもう一冊の著書「しあわせは微笑みが連れてくるの」を送りました。
元気が出ない時に読み返し、心を建て直してくれますように。

本日は梅雨の気候の中、私が読み始めたのは森まゆみ著 「女のきっぷ」 です。
本2.jpg

きっぷは、気っ風の良いのきっぷ。
女性が生きるのに困難な時代に、信念で立ち向かったきっぷのいい女たちの列伝エッセーです。
人の評価を気にせず、いさぎよく、たくましく、男にこびない、いざとなれば啖呵も切れる女たち。
側にいたらとんでもない女性達かもしれませんが、自分に無い強さに憧れます。
清く美しいシスター:ジャンヌ・ボッセも良いですが、今の私には逞しく生きぬいた猛女達が元気をくれるみたいです。

2012年3月11日

震災と人間の力

今週はふたつの「社会人が新規開拓を創造するためのセミナー」の終了発表会がありました。

TAMA協会実施の「八王子から世界を変える!イノベーション体験塾」
東京都/産技研実施の「デザイン導入実践セミナー 商品企画基礎講座」です。
エルグデザイン代表二階堂は「イノベーション体験塾」では最終日の講評者として
「デザイン導入実践セミナー 商品企画基礎講座」は通期に渡り講師として参加しました。

どちらのセミナーも、参加者は通常の仕事をこなしながら半年の期間をかけて
「学び、考え、迷い、習得する」という成長を体験します。
最終発表の皆さんには熱い高揚感と達成感がみなぎっていて
オーディエンスの私達にも元気を与えてくれました。

写真は「イノベーション体験塾」の記念写真です。
下列中央の淺野先生を中心に、皆さん清々しい良い表情です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

おりしも今日は東日本大震災から1年。
青梅地方ではその時間にサイレンが鳴り響き、私達も川辺で黙祷しつつ涙が止まりませんでした。

震災のあまりに巨大すぎる崩壊と進まない復興、失われた多くの命、終わらない原発事故と地震の不安に、これほど日常の平和を望んだ一年はありませんでした。

震災で多くのものが失われてしまったけれど
今回のセミナー発表からも、「より良い世界に改善するために、知恵を絞り、工夫・協力する!という人間の本能パワー」が、これからの復興を支えてくれるという希望を感じさせてくれました。

「最悪の仕事の歴史」今読んでいる本です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
イギリスにおける古代から近代に至るまでの「辛くてキツい庶民の仕事」の歴史をたどった本です。
一例は「ゲロ収集人」「沼地の鉄収集人」「王様の御便器番」「死体取調べ人」「蛭(ヒル)採取者」「犬猫殺し」「ヒキガエル喰い」「焼き串少年」「火薬小僧」等々。

読んでみると私達は先人の、より良い世界を求める努力と仕事の結果
随分と恵まれた時代を生きているなあと実感します。

そんな恵まれた現代のはずだったのに、震災後は「行方不明者捜索」「原発事故収束業」「ガレキや震災ゴミの処理業」「放射能除染業」などという、これまでは思いもよらなかった厳しい仕事が発生してしましました。

今、キツい仕事を請け負って人類の幸せな未来に向けて努力してくれている人達の事を忘れてはいけない。
そして人間の知恵と工夫と協力があれば必ず復興する日が来る!

と、つくづく想う本日、2012年3月11日です。

2012年1月29日

上を向いて

寒いし、世界経済は不安定だし、地震はあるし、化粧のノリは悪いし、
下向きな気分に落ち込むのは、なんと容易い事なのでしょうか。

しかも下を向くと、頬が強く重力に引き寄せられるのを感ずる今日この頃。

今朝、うつむきながら新聞を読んでいたら、ニカさんから
下を向いた時の顔が私の母にそっくり!...と指摘されてしまいました。

下を向いて鏡を見ると10年後の顔が分かるというから、
あながち無視もできない発言なのであります。
逆に上を向くと若く見えるんですよね。

精神的にも、物理的にも、上を向くに越した事はなさそうです。

図書館で借りた本です。(いつも図書館ですみません...m(_ _;)m )
2003年出版の本なのですが、今の時代の持つ漠然とした不安を
さらっと受け入れる気持にさせてくれる本でした。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

お正月の花を、今年はズルズルと切り詰めたり足したりしながら飾っています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン

気が付くと、金色に塗装された飾り枝からグングンと新芽が伸びています。
生命力の強さに救われる気がしました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン


色々なモノからパワーをもらいながら、寒さに鈍って少し首筋が痛いけど...
さあ、上を向いて行こう!

2011年1月17日

ニッポン・ビューティ

就寝前のひと時、軽い気持で読むために図書館で借りた本です。

ひとつひとつはとても短いインタビュー集ですが、
そこに凝縮された「人生の輝き」に圧倒された本をご紹介します。
講談社/Grazia編集部発行「ニッポン・ビューティ:本物の女たちの 美しい生き方」

プロダクトデザイン:エルグデザイン 本

この本に紹介されている方々、お年はアラウンド80の女性達。
女性が社会で認知されていない時代に生まれ、太平洋戦争が青春時代と重なり
不幸や苦労を経験し、そんな運命をバネにして夢中で生きて来た人生。
あっけらかんとした明るさがあって、一本筋が通っていて、だからこそ心に響きます。

ホリエモンだか、ユニクロの柳井社長が、
「女性には大企業の社長になるような野心が足りない」と言うような事を書いていたけれど、大企業の社長=成功者、というような考え方そもそもが男社会の価値観なのだ。
女性の偉大さの本質はこのような諸先輩方の中に存在しているんだと思う。

実際は本には語られていないご苦労も多々有ったと想像できますが
逞しく、しなやかに時代を生き抜いてきた年月の作った顔は
80歳を過ぎてもとても清々しい表情です。

私もだいぶくたびれながらも、まだ道半ば。
諸先輩方には到底及ばないまでも
これからだって頑張れるという希望をくれる一冊となりました。


お話される方とテーマは以下の通りです。

◎堀文子(日本画家)―死ぬまで現役の職人でいるつもり
◎相馬雪香(『難民を助ける会』元会長)―自分が変わらなければ、平和は訪れない
◎朝倉摂(舞台美術家)―わび、さびと言い出すのは“逃げ”ですよ
◎春日とよせい吉(小唄師匠、置屋『初音家』女将)―今の幸せはたくさん苦労したおかげ
◎瀬戸内寂聴(作家)―100冊の本より1回の恋愛
◎尾中千草(草月流千創会主宰・華道家)―美とは心。お花は心をいけるもの
◎吉沢久子(生活評論家)―老年期って、とても素敵よ
◎斎藤公子(保育実践家)―どの子も素晴らしい!どの子も育つ!
◎三木睦子(三木武夫記念館館長)―戦争を起こすのは、きまって男性です
◎高野悦子(岩波ホール総支配人)―自分が信じたことをやるだけです
◎佐藤初女(『森のイスキア』主宰)―急がないで「今」を生きましょう
◎黒柳徹子(女優)―好きなことだけやって、生きてきました
◎森英恵(ファッションデザイナー)―ずっと、闘ってきたんです
◎季羽倭文子(ホスピスケア研究会顧問)―“ひとりじゃない”って抱きしめる仕事
◎暉峻淑子(経済学者埼玉大学名誉教授)―自分の“全体”を生きることが大事なの
◎田辺聖子(作家)―私やっぱり、言葉が好きなの
◎森岡まさ子(講演家)―いつも笑顔でいれば、辛いことも逃げてくよ
◎小泉清子(鈴乃屋会長着物デザイナー)―何があっても、へこたれません!
◎福田みどり(故・司馬遼太郎夫人)―夫婦って、いったい何かしら
◎渡辺和子(ノートルダム清心学園理事長)―人は自分で幸せになるんです

2010年3月 7日

春遠き雨の日

本格的な春が待ち遠しい中、週末になると冷たい雨の日が続きます。

お気に入りの定位置でひたすら眠り続けるミーコ。
エルグデザインの日常

こんな日は外仕事もウオーキングもあきらめて、おとなしく本でも読んでゆっくりしよう。同じ本を読み返す習慣がないので、本は気ままな図書館利用派です。
エルグデザインの日常
春を一番先に嫌でも感じさせてくれるのが雑草。
だいぶ目立って来ましたが、雨を理由に無視します。

エルグデザインの風景もまだまだ春遠き冷たさです。
ここで数年来、事務所の娑羅の木の居候、みの虫のミノ君を紹介しましょう。
近頃は写真の左の中程から下に住んでいるようです。おわかりですか?
エルグデザインの日常
夏のミノ君。葉っぱをお食事中です。   秋のミノ君。
エルグデザインの日常 エルグデザインの日常
そして今日のミノ君。まだまだ寒そう。新芽が芽吹くのが待ち遠しいよね。
エルグデザインの日常

寒くても、近所からは梅の花が香って来ます。咲き始めの頃の香りが一番好きです。
エルグデザインの日常
ついに恒例の花粉症のくしゃみ鼻水も始まりました!
寒くても本格的な春はもうすぐそこまで来ているようです。