介護用昇降テーブル:開発ストーリー

有限会社テクノム様の介護用昇降テーブルのデザイン。 久保社長は、自社技術で開発した「介護用昇降テーブル」のデザインに不満がありました。 テクノムは設計会社ですので、設計や機能は優れているのですが、どうしても介護施設向けのデザインではないと感じられて、エルグデザインにご相談がありました。 ⥥ ■テクノムの試作時の昇降テーブル tecunom-0.jpg ・・・大切なのは、快く食事のいただける環境・・・ ■改善への留意点 1-集成木材の天板を使用する事で、優しい手触りと、コストダウンを実現。 2-スチールパイプは既存品の中から、なるべく優しいフォルムを選択。 3-ガススプリングと固定用のスチールパイプは見えない様に収納。 4-昇降レバーは、介護する側にとって使いやすい位置に移動。 5-固定用のビスは、最小限しか外に見えない構造を検討。 6-テーブルを移動して使用する事から、背面も視野に入る事を留意。 *少量生産のため、新規金型は使わず既存品から部品をセレクトし  結果、試作品からの大幅なコストダウンを実現いたしました。

⥥ ■最終決定デザイン(3Dデータ:クリックで拡大) tecnom1s.jpg  tecnom2s.jpg   ■施設での食事時をイメージした配置で使い勝手の確認 tecnom-3%20m2.jpg

■ただいま試作にて最終調整中です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする