工業デザイナーの仕事って?

工業デザイナーの仕事の説明 ■プロダクトデザイナーの仕事は「何をしてくれるのかがわかりにくい」というご質問をいただきます。 プロダクトデザイナーの仕事は、製造側(技術者)とエンドユーザー側(販売店)の双方の立場から商品のコンセプトを明確にして魅力ある商品にする事です。 (☟クリックで拡大します) sigotom1.jpg ■ 一口に商品を作るといっても、企業ごとに様々な「思い」「条件」が関わって来ます。 製造側が 「求めるもの」 を明確にする事が、商品作りの第一歩です。 以下に、いくつかの事例をご紹介致します。 (☟クリックで拡大します) sigotom4.jpg (☟クリックで拡大します) sigotom5.jpg (☟クリックで拡大します) sigotom6.jpg (☟クリックで拡大します) sigotom7.jpg 参考サイト:東京都中小企業振興公社「デザイン活用ガイド」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする