種を蒔く事


景気低迷が叫ばれて久しい中、プロダクトデザイナーにとっても厳しい時代です。 しかし、厳しさの中だからこその力強い確かな動向も感じています。 技術を持つ製造業は、この時期こそ自社シーズを製品化するための模索を進めています。エルグデザインは製品化へのアドバイザーとして、 東京都中小企業振興公社青梅商工会議所からご相談をいただくようになりました。 社団法人TAMA産業活性化協会とも、仕事上のおつきあいを始めさせていただきましたが、どこの担当者も製造業の活性化のために親身な活動をしています。 自社シーズの「無料デザイン診断」を受ける為にはるばる訪ねてくれる企業もあります。 製品化に成功している企業は、更に製品の改善や拡販の為の対策に取り組んでいます。 私たちは中小製造業のものづくりへの熱い取り組みに向かうと、 たとえ[ 責任は重く、労力はかかり、報酬は少なくても… ] 製品化への改善に向けて協力できる事には大変なやりがいを感じます。 今は未来への希望の種を少しずつ蒔いている気持ちかな。 私達は、贅沢なわけでもなし、経験も積んで来たし、 仕事は好きだし、次々に新しい事にチャレンジできる事は刺激的で 充実感を感ずる今日この頃。 このような立場は、ちょうど自分たちの今のポジションに合っているんだと思う。 いつの日か、この種が育って大き〜な実をつけてくれたら更に嬉しい。 頑張ろう、きっと秋の大収穫祭はやって来る! (こちらの写真は5月8日の夕方みつけた虹。爽快!) 09.05.07-nJPG.JPG Erg Design Newsへ 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする