甥とボルダ猫と事件その後

3連休で友人と会うため上京した甥が、我が家にも一泊して先ほど帰りました。
社会人一年生で、会社の寮暮らし。
慣れない土地で頑張っているようですが、元気な顔を見て安心しました。

栄養補給にと、ニカさんが前日からビーフシチューを仕込んでのおもてなし。
おまけに、まだ生活にやっとだろうとお小遣いまで多少のカンパ。

甘い甘いおじちゃんです。


厳しい現実もあると思いますが、自分は何かに守られていると感じて欲しい。
私たちはいつも味方だよ。



今回の絵は、ボルダリング猫です。
カラフルなボルダリングジムに猫が迷い込んだら、きっとこんな風に登って遊ぶかな…と想像して描いてみました。

今ひとつファンタジーが足りないなぁ。
色々な色を使えたのは楽しかったけど。



最後に、ニカママ:友子さんの虐待事件のその後です。
事件発覚から3週間経過し、ついに警察から犯人逮捕の連絡が入りました。
逮捕まで時間がかかるのは「怪我という物証しかないので、裏付けをきちんと取る為」とのことです。
まだ23歳という犯人のこれからの人生を思うと複雑ですが、してしまった事の始末をつけて出直して欲しいと思います。

友子さんは、夜眠れないと訴えていますが、当初の動揺からは少し落ち着いて来たように思えます。
これからは心の安らぐ記憶を重ねて、事件は遠い過去の出来事として記憶の底に沈めて欲しいと願っています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カネゴン より:

    このニュース、NHKでも民放でもやっていたよね。
    新聞にも載っていたし…
    きっと氷山の一角で、他の施設でも隠れた暴力があるんじゃないか…と自分の将来も考えながら、怒りと不安でいっぱいだわ。
    救いは、家族が発見したのではなく、施設の人が発見して通報してくれたことだよね。
    歳をとると忘れるのが早いっていうけれど、これだけの事をされたらニカママさんも本能的になかなか記憶から消えないでしょうね。
    ニカママさん、少しでも早く良い思い出に上書きされることを祈ってます。

    猫のボルダリング、可愛いな~
    猫にとって楽しい壁上りの途中で振り返るなんて、美味しそうな御馳走が見えたのか!
    今の茶々丸が「上に行きたいけど行けないの‥手伝って」って想像しちゃったよ。

  2. アトム より:

    ボルダ猫、確かに空想がおとなしいけどファンタジックカラーで良いんじゃない。
    猫に落っこちそうな無茶させると漫画になっちゃうし。
    力加減を間違えた過失か、意志をもった故意かは
    監視カメラでも無いと立証は難しいよね。

  3. ヨシコ より:

    >カネゴン
    ニュースにもなって、大ごとになって逆にビックリしています。
    犯人は23歳なんだって。
    暴力は許される事ではないけど、できれば罪を償って更生してもらいたいよ。

    今回の施設の対応は、入浴係の方が傷を発見→施設に報告→ウチに報告→病院にて診断書→市役所に報告→警察に報告→ウチへのマメな報告→友子さんへのケアという工程をきちんと対応してくれていると思う。
    起こってしまった事は消せないけど、皆の協力で友子さんにはなるべく忘れてもらいたいよ。

    ボルダ猫、褒めてくれてありがと!
    茶々丸はタンス登り猫だものね。
    猫タワーの最上階もお気に入りだったね。
    今は岩盤浴効果のソフト電気あんかハウスで穏やかな日々を、少しでも長く過ごしてね。

  4. ヨシコ より:

    >アトムさん
    ボルダ猫は不満でしたが、アトムさんに認めてもらえたら少しマシに見えて来ました。
    ありがとう!

    犯人は、最初は「本人がベッドにぶつけた」と言っていたらしいけど
    後で、平手で「叩いた」事を認めたそうです。
    本当は「殴った」…の方じゃないかと疑っていますが。
    それは友子さんがある程度説明できたからこそで、
    本人が説明できない状況でうやむやになっている事件も多いかもしれませんね。
    私たちの時代の介護は、いっそロボットに頼む方が気楽で良いかも。

  5. 直子 より:

    久しぶりの甥っ子くんの様子がわかってなんだかニンマリしてしまいます。
    おばちゃんを慕って顔を見せてくれるのが可愛いよね。
    元気そうで本当によかった。

    それからニカママの事件はニュースになったの?
    こっちでは流れてないのかな。
    大変な目に遭ってしまったね。
    犯人は逮捕されたんだね。
    したことを思えば当然で、猛省してほしいね。
    ニカママの心と身体の傷が一日も早く癒えることを祈っているよ。

  6. ヨシコ より:

    >ナオチャ
    甥っ子は、善一郎に似ているような…だね。
    素直だし、大きく育っているよ。(特に身体は…) (*^^*)
    写真嫌いなので、いつも変な写真しか撮れないのよ。
    青梅は都下なので、都心からは結構時間がかかるけど
    いつも寄ってくれるのは嬉しい事だよね。

    ニカママの事件は「青梅市 あゆみえん 事件」の検索でニュースが色々出て来て
    事の大きさを改めて実感するよ。
    逆にこんなに報道されるなんて、怖い感じ。