我々の勝利の日!

友人が西武新宿線で痴漢の疑いをかけられ逮捕されたのが2年前の12月5日。
先日の12月5日に東京高裁の仙波厚裁判長から無罪判決が出て 今日で控訴期限を終え無罪がやっと確定しました。
長い長い道のりでした。
「彼はそんな事をするような人間では無い!」という信念を持つ友人達で支援団体を 作り、今日まで共に戦ってきました。今では皆を心からの戦友と呼べます。
2年間の私達の戦いは、本日完全に勝利を飾る事ができました!バンザ〜イ!
それにしても起訴されたら99.8%有罪という、日本の司法の恐ろしい実体を見せつけ られました。
状況からして彼の無実はすぐに明らかになると思っていたのに 「女性がやられてもいない事を言うはずがない」という理由と、 「彼に反省の態度が無い(!)」というだけで1審ではなんと1年2ヶ月の実刑ですよ!
メチャクチャです。
そんなバカをヌケヌケと言ったのは秋葉康弘裁判官です。
今から1年前の1審判決後は、実体の見えない、どんな恐ろしい組織と 戦っていかなければならないんだろうという恐怖で呆然とさえしました。
でも彼も奥さんも最後まで本当に強い意志で頑張った。
二人の姿は美しかったです。
支援団体の皆もそれぞれにできるだけの協力をしてきたね。
メーリングリストからは裁判情報や励ましの言葉やバカバカしい冗談が飛び交って この問題を常に忘れさせなかった。
証拠作りのためビデオ撮影をしたり、検察の虚偽をどんでん返すほどの証拠を集めた メンバーもいたね。
皆、本当にすごかったヨ。
協力して署名だって3万6千名も集まった。
署名に快く協力してくれた方々の事を考えたら膨大な力の後押しがあったよね。
弁護士先生方は正義感のみで彼を無罪へと導いてくれた。
日本救援会という日本社会の矛盾と戦う全国組織がある事も知った。
ニカさんも力強い協力者だったよね。
この2年の事はとても簡単には書き切れないけど
彼の為というより、正義の為、そして自分の良心のために頑張った 皆の心には素晴らしい宝物が残ったはず。
本当の彼の人生の戦いはこれからまた始まるのだけれど、 皆の正義感と心からの友情という宝物の事はどうか忘れないでね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする