結婚記念日、でした..

近頃の「気まぐれ日記」は、以前は禁断だったドメスティックな話題が多くて恐縮です。
所で、今日は究極にドメスティックな話題「結婚!」です。
4月12日が私達の結婚記念日ではありましたが、今年も他の都合にまぎれて、
パッ〜!としないままに終わってしまいました。
23年目ともなれば、お互いにボケずに覚えているだけでも良しなのです。
私達の結婚は、世間の予想に反してきわめて平穏な結婚生活なのですが、
「結婚とは、お互いに相手が他人である事を自覚する事でのみ平穏に続く」
ここが一番のポイントです。
これしかありません!
他人であればこそ、相手に気も使うし、
感謝も要望も、伝えるべき事はきちんと言葉で伝えようとします。
愛があれば全て許されるなんて言う空想をお持ちの幸せな方は、お早めに改めましょう。
下の写真は、23年前交わした結婚指輪のその後の姿です。
しかし最初の選択であるはずの、結婚指輪のデザインが、違います。
良く言えば、相手を尊重しているとも言えますが
お互いに好みのデザインを譲らない為にこのような結果になりました。
右側、ニカさんの指輪も細かい傷だらけなのですが、
衝撃的なのは左側、私の指輪の手前にある無惨な切り込み傷。
もう嫌!別れよう…!と思って付けたものではありません。
今から8Kg程太っていた時に、指から外せなくなり
ニッパーで切ろうとした時のものです。(恥です..)(u_u;) 
結局は切れずに、ダイエットするに至りました。
それ以降、この傷を見るたびに、自分への戒めにしています。
こう見えても、深い、深〜い、人生の記憶が刻まれている指輪です。
100423-1.JPG
こちらは、我が家のご飯茶碗。
以前、沢村貞子さんが同じ大きさの夫婦茶碗の面白さについて書いていましたが
ウチの場合は、最初からデザインを合わせようという気持ちすらありません。
エルグデザインの指輪
しかし、どこかなじむ空気を持っている。
きっと、ずっと、このままで。
あと50回くらい結婚記念日を迎えたいものだと思う、今日この頃です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gop より:

    GW開けあたり、遅ればせながら結婚記念日祝いでもやりましょうかね(^^
    西国立で変な店見つけました。

  2. ヨシコ> gopさん より:

    変な店!とは楽しみです。
    それでは遅ればせながら
    GW明けに、お互いの夫婦の無事を祝いましょうか!

  3. アトム より:

    ウチも5月3日ですので
    GW明けに共に夫婦の無事を祝いたいと思います
    今まで何回、離婚する!と口にしたことか~
    結婚指輪はものの数ヶ月でポイしました

  4. ヨシコ> アトム より:

    アトム家にそんな事件があったなんて!(@o@;)..
    お二人の雰囲気からは、意外です。
    そんな危機(?)を乗り越えればこそ
    一層強い絆になっているのでしょうね。
    少し早めですが、26回目(27だっけ?)の結婚記念日
    おめでとうございま〜す!