Search


Category Archives

2012年10月27日

上野美術館展他

渋谷での打ち合わせの後、上野の森のメトロポリタン美術館展へ立ち寄って来ました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂.JPG

メトロポリタン美術館という大層な名前につられて行ったものの
テーマも年代も作家も寄せ集めの展覧会です。
観た中で、印象的だった紀元前と印象派以降の作品は、オンラインギャラリーにも掲載されていました。
よっぽどのマニア意外はこの辺が見所かな。
広い館内の混雑度はそこそこで、ゆっくり絵画を観て回るには程良い展覧会でした。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

上野の森では、TOKYO GREEN 2012も開催中。
グリーンというにはあまりにみすぼらしい半分枯れたトンブリ・ディスプレイの中に、私もいるよ!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

TOKYO GREEN 2012の桜並木・花短冊回廊。
一枚一枚に、参加者の願い事が書かれているという一般参加型の試みは面白と思いました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

上野東照宮は...「あれっ?」と思わせる尋常でない気配。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

どうやら修復中でもご利益がありそうなサービスのようです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

このハリボテっぽい所も上野という街には似合う気がします。
高尚さとキッチュさの混在する、上野の両面を味わう午後となりました。

2012年10月21日

摩訶不思議

最近見かけた、摩訶不思議な雲。
空一杯に広がった雲のチューブは、不吉でもあり、可笑しくもあり。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
庭のモグラ塚は、ついにこんな摩訶不思議な変化を遂げました。
決して怪しい物ではございません。
中にモグラがいるのかと、そっと触ってみたらボロボロ崩れてただの土。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
最後のおまけは、以前撮影した蕎麦屋の花ちゃんの摩訶不思議な決めポーズ。
ヨガの修行僧を思わせる締めのポーズで何思う?
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
摩訶不思議は、意表をついて現れて一瞬で過ぎ去ってしまうもの。
摩訶不思議の一期一会。

2012年10月14日

多摩動物公園

たまには、自然以外の場所を歩いてみようと、「多摩動物公園」へ出かけて来ました。

動物は大好きだけれど、動物園の檻の中で、汚れて寂しそうな動物を見るのは辛い。
でも近年は、動物園の動物に対する環境は大きく変わって来ました。

ニカさんが多摩美の学生時代は、ショボかったらしい多摩動物公園も
かなり良い環境になっていたので、今回はそんな所をメインに報告します。

ここが入り口、ハロウィンに飾られたメインゲートです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
ここは、ライオンゾーンを展望デッキから眺めています。
かなり広いスペースにはライオン見学バスでも入って行けます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
右上の橋の上からは身を乗り出して見るようになっているのですが
落ちたら餌になる〜!臨場感が味わえます。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
象のお家はプール付きの大邸宅。象が小さく見えるのが難なので....、
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
実物大の耳、こんな工夫もしてくれています。この人間、少々愛想なくて申し訳なし。
4-2.JPG
グレービーシマウマは、あまりの縞の美しさに目がくらみ催眠術にかかりそうです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
チンパンジーの子供達は、組み木と草むらで戯れ合って、自然な姿を見せてくれました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
こちらはワシのドーム。滝まである広いドームに数種類のワシが暮らしています。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
対して、被写体を堂々と横切るこの檻が残念なフラミンゴのスペース。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
コアラは、ここでは別格な温室育ちです。
でも、オーストラリアで見たコアラに比べて、どこか寂しそう。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
やっぱり、自由な姿を見るのが一番です!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
しかし、見ているのが人間なのか? 見られているのが人間なのか?(^-^;)..
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
木に登るレッサーパンダは、二足立ちしてなくても絵になります。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
最後を飾るのはサイ。この鎧は、動物とは思えない、
鉄で作ったように完璧な強さです。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
約3時間かけて、ゆっくり歩いて一万歩。
たっぷり動物に浸って来ましたが...、動物園に行くまでもなく
我が家の庭は野生のモグラの出没で毎朝こんな感じです。
盛り土を踏んでおいても、また翌日はこんなふうで、まさにモグラたたき状態です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂
自然が一番!と言った手前
この惨事を受け入れて、耐えて行くべきなのでしょうねえ。(^-^;)..

2012年10月 7日

週末は死体の山

カネゴン家がアメリカの旅から帰国し、茶々丸も無事に親元に帰った今週の後半から週末にかけて、我が家では物騒にも2つの映画でたっぷりと死体に浸かってしまいました。

「バイオハザードV」「ハンガー・ゲーム」
どちらを観るかで揉めた際、「人殺しの映画なんて嫌だ!」というニカさんに負けて「バイオハザードV」に行ったものの、全編大量のゾンビと人が死にまくる展開に「理屈が成り立ってない!」と怒る私に負けて「ハンガー・ゲーム」も観に行ったという成り行きです。

どちらのヒロインも、生きるために戦う姿がメチャ格好良いです。
「同じ女性として、私も遅ればせながら武道を習得しなければ!」と妄想してしまう程です。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂 東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂

どうして人間は死体で埋め尽くすような映画を作り、好んで観るんだろう。
平和な生活の中では、やはり最高の未知なる刺激は他人の死なのか。
ならば、ローマのロッセオで行われた、剣闘士競技のようなものなのか?
いや、ちょっと違うかも。
バーチャルな世界の敵は、現実世界の自分の敵(ストレス)なのだ。
バッタバッタと敵をなぎ倒す姿に、破壊される自分のストレスを重ねスッキリ!納得!してしまう私でありました。

「バイオハザードV」はストレス解消に利く映画。
「ハンガー・ゲーム」は、殺人ゲームというよりも、生きる意味を考えさせる秀作でした。


夕暮れの散歩道では、すっかり秋の草花がヒロインです。
このまま冥界につながるような気分になってしまうのは、死体で埋め尽くされた映画を少々観すぎたせいなのかもしれません。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン 二階堂