Search


Category Archives

2016年4月24日

青梅マダムの縁

土曜日は、半年ぶりの青梅マダム会。
年齢の順に回る今回の幹事はミーさん。
情報通のミーさんが選んだ今回のお店は、青梅にある「:えにし」というオシャレで気楽なカフェレストランです。
マダム会-1.jpg

皆、昔同じ会社に「縁」のあった者どうしです。
今は仕事も環境もバラバラなのに、付かず離れず20年〜30年近く頼れる関係が続いているのは、それだけの縁なのかな?
マダム会-2.jpg

本質が似ているんだと思います。
で、探してみたら、全員が「長女」だということ。
責任感があり、しっかり者の、長女の特徴を、皆が備えておりますからね。
「青梅ファーストレディーズ」に改称しようかしら。

で、今回もう一つ発見がありました。
薬指の長さです。
普通、女性は薬指より人差し指が長い場合が多いようなのですが、全員「薬指の長い女」でした。
薬指の長い女は男性的らしいのですが、マダムの中には特に男らしい人はおりません。

でも男に甘えるタイプの女ではないのは共通かも。
マダム会-3.jpg

たまには美味しい物を、食べたいだけ食べよう!と、食べ尽くしたのが下の写真です。
これに生ビールと赤ワインをボトルで2本。
とても丁寧なお料理を、たわいない会話を楽しみながら美味しくいただきました。
(☟クリックで拡大します)

青梅マダム会のお食事2.jpg

しかし、これだけのボリュームのあるお食事を分け合った後に、大胆にもカクテルとデザートでしめてます。
シラフになって見てみると、冷や汗ものの高カロリー。
完全にタガが外れておりました。

でも、昨日の息抜きのおかげで、不思議なくらい今日も元気です。

この日はニカさんも、昔の教え子の同窓会に呼ばれて銀座まで出かけて行きました。
当時は初々しい青年で、今は立派な中年になっている生徒達との写真が届いたので、追加でアップします。
(女性はニカさんの同僚の先生です。お着物姿素敵。)
二階堂隆生徒の同窓会.jpg

この生徒達を教えていた頃のニカさんと、同じくらいの年齢になっている、元生徒達。
なんかややこしいな。
ニカさんは随分厳しい先生だったようですが、懲りずに誘っていただき、成長した姿を見せてもらえるのは嬉しいようです。
その分こちらの年を実感してしまうのは、面白いような、寂しいような?

2016年4月16日

春は、芽生えます

熊本の地震で、日本中が不安な気持ちで揺れています。
一時も早く終息するよう、祈る他ありません。

それでも、日差しを暖かく感じる時は、心が和みます。

自宅の芝桜が満開になりました。
冬の間はヘタっと半分枯れているのに、ある日気が付くとこんなに花盛り。
エルグデザイン.jpg

庭の山椒の新芽も今が旬で、毎日ブチブチ芽生えます。
それを山盛りに乗せて、今季お初の筍ご飯。
たけのこご飯.jpg

残りの筍で、翌日は若竹煮です。
旬の食材は、出会えた嬉しさが先立って連日でも飽きません。
筍煮.jpg

本日は、恒例のファミリーコンサートにお呼ばれしてきました。
最近、漠然とした不安や、うまく事が運ばないストレスを感じていたのですが、天使たちの演奏と歌声に、心が救われる思いでした。
音楽と宗教が結びつくのが、とても理解できます。
コンサート2.jpg

天使ばかりでなく、ポンコツスバルにも春が来てます。(←スバルでなく、スズキ・フロンテでした)
空き地で見つけたポエムでした。
ポンコツ車.jpg

天高く伸びようツクシ。
ツクシ.jpg

2016年4月 9日

実家からの宅急便

知多半島・豊浜魚広場へ行った弟から、クール宅急便が届きました。
ニカさんの好物のイクラと、奥に見えるのは、本マグロ大トロのブロックです。
エルグデザインの料理-1.jpg

皮のついた、ありがた〜いマグロを料理するのなんか、生まれて初めてです。
皮、硬くて厚くて手強そう。
どこから刃を入れましょか..、緊張の一瞬です。
エルグデザインの料理-2.jpg

慣れない高級素材に悪戦苦闘つつもなんとかさばき、
先ず半分は手巻き寿司で頂きました。
皮や筋に付いた身も、失敗したカットも、すき身にして無駄なく完食!
イクラと本マグロたっぷりの、豪華な手巻き寿司になりました。ご馳走様。
エルグデザインの料理-3.jpg

翌日は、残りを葱鮪鍋にしてみました。
エルグデザインの料理-4.jpg

出汁と醤油と味醂で作ったスープに、白菜の甘味を加えて味のベースを調えます。
エルグデザインの料理-5.jpg

軽く熱を通し、油がトロけたマグロに柚子胡椒を添えてさっぱりと。
う〜ん、美味でした!
エルグデザインの料理-6.jpg

実家の母からも、段ボール一杯の荷物が届きました。
今はもう母は野菜を作っていないので、近くの農協から仕入れてくれたようです。
これだけの品物を送ってくれるには、色々と足を運んで、重たい荷物を運んでくれたんだろうなぁ。
エルグデザインの料理-7.jpg

今回、母が急いで送りたかったのは、こちら。
甥の聡一郎から、私たちへの、ドイツ土産の赤ワインとチョコレートです。
エルグデザインの料理-8.jpg

ワインもそうですが、チョコレートまでもリキュール入り。
私たち、どんだけ酒呑みと思われているんだか。f(^_^;)  

お土産は要らないと言ってあったのにね。
少ない予算の中で、重たいお土産ありがとう。

話は突然変わりますが、庭仕事を終えて、慌しく石鹸で手を洗い...、
その時は気がつかなかったのですが、後でこんな小さな奇跡を見つけました。
石鹸クローバー.jpg
グリーンの石鹸のベストなポジションに、三つ葉のクローバーが押し花されてる!
これ、やらせでなく、本当に偶然なんです。
春らしい、素敵なサプライズでした。

2016年4月 3日

国立お花見2016

今年も恒例・国立大学通りのお花見が開催されました。
花曇りですが、天気はなんとか持ってくれ、満開の桜に恵まれました。
国立お花見2016-1.jpg

手前の3重が我が家のお弁当。
お花見の様式美として重箱のお弁当が定着し、皆の持ち寄りで年々豪華になっているみたいです。
こんなパワーが湧くのも、花見は心のお祭りだからかな。
国立お花見2016-2.jpg

花を天に添えた、お花見らしいアングルが素敵。(写真はgopさん)
国立お花見2016-3.jpg

お酒も皆の持ち寄りで良いものが揃いました。(写真はgopさん)
これ以外にも、日本酒数本、ワイン数本、特選ビールなどよりどりみどり。
ついつい舞い上がってしまう私です。
国立お花見2016-02.jpg

ひとひらの桜と共にいただくお酒...と聞けば優雅ですが、あれば喜んで飲んでしまうのが私の悪い癖。
今年も飲み過ぎを反省する花見でございました。
国立お花見2016-0.jpg

年に数回の再会です。
白いジャケットのクニちゃんは、大学時代の同級生。
当時は私と顔が似てると言われた仲です。今もクニちゃん、若いわ。
国立お花見2016-4.jpg

元の会社の同僚たち + 家族など、初対面でも和気藹々。
国立お花見2016-5.jpg

やっぱり明るく楽しむお酒が最高ですね。
写真右から二人目が、毎年花見会を開催してくれるgopさんです。
国立お花見2016-6.jpg

こちらは谷保駅側からの桜並木。国立駅から距離にして2km近くの間、見事な桜が続きます。
国立お花見2016-7.jpg

こちらは国立駅からの桜並木の風景です。
時の経つのも忘れて遊んでしまい、帰路に着く頃の夕暮れの桜並木もまた幻想的でした。
国立お花見.jpg