2007年6月17日

悪い癖

私には10年くらい前から身についてしまった悲しい癖がある。
それは何かの結果や今後を想定する時、自分が「こうなるであろう!」と考えた事以外の結果が加わる事が多いという事実に、ある時ふと気づいた事から始まる。

例をあげれば、友人が待ち合わせになかなか現れない理由を「電車が遅れているのかなあ」とか「急用ができたのかしら...」などと想像していると、実は待ち合わせの場所が間違っていた!とか、人間ドックの結果では「ここが心配...」という所は全く異常がなくて別の所が再検診だった...。というようなささいな事の積み重ねなのだ。

それなら事前に悪い事ばかり想定しておけば、結果は反して悪くないはず!
なんてついバカな事をひらめいてしまった。

それ以来、例えば健康診断再検診の結果を聞きに行く時は「末期です。」までシュミレーションをしてから行くようになったし(笑ってやってください)、仕事の上でも最悪の状況を想定しておく事になった。
おかげで慎重にもなったし、少しはうろたえる事も少なくなったし、そして何よりも想定した最悪の状況から回避できているのだけれど、きっとそれは最悪を想定したからではなくて必然の結果なのである。
ならば事前の不幸な気分は味わうだけ損ではないか...という事に気づいてはいたのですが、悪癖はなかなか止まらない。

実は近頃は、今後仕事をどうやって進めてゆくか、どうやって生きてゆくか試行錯誤しながらの毎日です。
つまり、先は全然見えていない状態で、以前のように毎日が仕事に流されている日々よりも不安も希望も大きい。
こんな状況に陥った時、あの悪癖が突然姿を消したのです。

悪い事を考えている心の余裕も時間の余裕も無いっていう事なのかもしれないけれど、突然のやけくそ気味な気持ちの開き直りには自分でもびっくり。
未来を想像すると楽しい老後まで想像できちゃう。

ならばこれをきっかけに、これからは良い事ばかり想像する癖に切り変えよう。その方が想像している時も幸せだし、幸せへの一番の近道のような気がする。

これからはコンペにも参加するし、新規開拓の企業ともお仕事始めます。
上手く行かなかったら...なんて考えないよ。もうそれは飽きたから。

comments

comment form



画像の中に見える文字を入力してください。