2010年2月12日

特別3D映画体験

観たい!と思いながら、なかなか実現しなかった「アバター」鑑賞。
一度は車で出かけたものの、ありえない渋滞に巻き込まれ、上映時間に間に合わなくなり
途中リタイアしたといういわく付きの3D映画だ。

始まる前から3D眼鏡をかけてソワソワしているのは私達のみ。
怪しげなおばさんにしか見えないが。
エルグデザイン二階堂.JPG

そして始まりました、予告編。
途中から「ここからは3D映像になりますので専用眼鏡をおかけください」
とのアナウンスに
「もう待ち切れずに最初から掛けてますがな〜。」

しかし、おかしい、映像がズレて2重3重にしか見えないのだ。
「これは、予告編だから、きっと3Dのシステムが違うんだな...」と不安ながら変に納得。

しかし、本編が始まっても、まだ画面がズレズレのままで、頭がクラクラする。
目を細めても、眼鏡の位置をズラしても、あげくは、眼鏡にスイッチでも
あるのか探しても、一向に立体に見えないままなのだ。
「もしかして、これが3D?、私の目か脳に障害があって立体画像に見えないのか...」
そこまで考えてしまったが、隣ではニカさんも眼鏡をズラしたり外したりしている。
「3Dに見える?」「見えない...」「やっぱり....???」「???」

...そこで、突然画面が立体に見えて、場内アナウンスが始まった。
「皆様、ご迷惑をおかけいたしました〜!。
これまで3D映像になっておりませんでした〜。」

な〜んだ!この10分ほど、色々と考えちゃったものだなあ。

そしてまた最初から、今度はしっかり3D画像で観る事となったのでした。
隣でニカさんが「... 面白い体験をしたな...」とつぶやいた。
確かに、こんな事もあるんだね。

こんなおまけ付きの3D映像初体験でしたが、映画は映像もストーリーも見応え充分。
3Dを子供だましの際物としないで、あくまで映像を生かすための手法として用いていて
好感が持てました。
あまりのリアルさに、私は一匹の虫になってその世界を覗いている感じ。
迫力のシーンでは、思わず飛んで来た物体を避けようと自然に身体が反応してました。

この映画で途中で居眠りしたという武勇伝を持つのが♀カネゴン!
つくづく、大物だよ!


comments

13日に家族で行ってきました
カミさんは途中で酔ってメガネを外し
余計疲れて最後には居眠りしてました
こっちにも大物がいます^^

  • アトム
  • 2010年2月13日 21:26
____________________________

人目もあったろうに、この場所で、このメガネ姿の撮影はエライ!さすがヨシコちゃん!!
 
どうもカネゴンはSFが苦手でねぇ‥
でも、3Dなら一度は見ておかなくっちゃね。
  
ところで、このメガネをどうしようかと、しばらくとっておいたけれど、結局邪魔になって捨ててしまったよ。何か他に使い道はあったかなぁ?

  • カネゴン
  • 2010年2月13日 22:41
____________________________

アバタもエクボ、なんて諺もありましたな。
ところで今週生まれて初めて手術なんて体験しちゃいます(全身麻酔)
わくわく。

  • GoP
  • 2010年2月14日 08:24
____________________________

その風景、目に浮かぶようです。(^0^) 
確かに奥様も大物ですからネ!
美の基準は人それぞれですが、
私はヒロインを十二分に美しいと感じましたよ!

  • ヨシコ>アトム
  • 2010年2月14日 12:20
____________________________

ポスターの前で説明的に撮らなかったら、
ただの変なおばさんになってしまうのよ。
3D体験以来、普通のテレビを観ていても
フッと立体で見えたりするんだよ。
あの眼鏡で観たら、本当に3Dに見えるかも!?

  • ヨシコ>カネゴン
  • 2010年2月14日 12:24
____________________________

gopさん、SFとホラーは違うんだってば!
それにしても、手術とは...突然で驚いています。
退院後の静養にはゆっくり「アバター」でもどうぞ!

  • ヨシコ>Gopさん
  • 2010年2月14日 12:28
____________________________
comment form



画像の中に見える文字を入力してください。