一旦、一件落着

このひと月半近くの間お騒がせしておりました義母(ニカママ)の騒動も、やっと(一旦ですが)落ち着くことになりました。
緊急搬送時は心肺停止で命さえ危うかったニカママですが、ひと月の間に猛烈な回復力を見せ、生きる気力満々なのは想定外の喜びです。
青梅市立総合病院のカネダ先生、支援してただいた方々、どうもありがとうございました。
が、それに伴い現実的には、これからの生き方を考えなくてはなりません。
もう横浜の義姉の家に帰る事は出来ず、我が家にて万全のお世話を続けるのも無理があります。
本人には選択する手段がないので、私達がいくつもの施設を回ってニカママに相応しい施設を探しました。
結局金曜日に退院し、カネゴンが教えてくれた青梅市にある「老健」にギリギリ残された最後の1枠で入所できましたが、本人も私達もとても満足しています。
入所した西東京ケアセンターは、家からは車で20分、建物は新しく明るく広々としているし、お世話してくれる方々は頭が下がるほど親切です。
クリニックも併設され、リハビリ施設も充実しているのに、使用料金もお安く義母の年金内でやりくりできそうなのも助かります。
最近は自分の服など買う暇もありませんでしたが、ニカママの服と下着を山のように買い込みました。
施設ではオシャレも楽しんでもらいたいと思います。
本日も面会に行って来ましたが、もう友達ができておしゃべりを楽しんでいる様子。
今年の秋には、私達 + 私の母を旅行に連れて行ってくれるそうで、旅行案内を見まくってあれこれ考えてくれているのも良い兆候だと思います。
施設を観察してみると、どこも至れり尽くせりの老人天国です。
恵まれているはずなのに、そこはかとなく漂う虚ろ感。
私には、本当の意味で、年を取って自由が利かなくなった時の不安や焦燥感は想像がつきません。
それはその時が来た時の楽しみにとっておく事にして…、ニカママ騒動もここらで一旦、一件落着!
今年は申年。申年は荒れるという迷信があるそうです。
我が家も随分なアクシデントに見舞われましたが、29日に開催されたTAMA協会の総会でも大きな変動がありました。
写真はTAMA協会総会の後の、楽しくためになる情報交換のひと時です。
写真左はV社の社長ですが、3年前に発表した製品が徐々に世界に認められ、間もなく大きな飛躍を迎える予感。
こちらは嬉しい大激震になって欲しいものと期待しています。
池野社長、芳賀さんと.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    おつかれさまです
    お義母さんが環境の変化に前向きなのが助かりますね

  2. 直子 より:

    毎年恒例のハハーズの集まりのはずだったのに。思いがけない出来事だったね。
    でもいい方向に落ち着いたようで良かった。
    これでひと安心だね。
    秋の旅行楽しみだよね。

  3. カネゴン より:

    めでたし、めでたし、といきたいとこだけど、いつかは終の棲家をみつけなければいけない
    という一仕事が残ってるよね。
    でも、すぐに老健に入れたように、うまくいくときはトントン行くと思うよ。
    今はしばしの休息をして、次に備えてエネルギーを蓄えてね。

  4. ヨシコ>アトム より:

    なるべく明るい話題を提供するようにしていますが
    元々本人が、天然の楽天性格のようで、私達も救われています。
    ^-^)

  5. ヨシコ>ナオチャ より:

    ニカママが入院した時は、もうハハーズは解散かと思ったけど
    まだまだ続きそうだよ。 (*^^*)
    秋の旅行は、これからのリハビリ次第と思うけど
    ニカママの夢だから実現させたいよ。
    ナオチャも私も、今はこういう時期なんだよね。

  6. ヨシコ>カネゴン より:

    カネゴン、ここを紹介してくれて本当にありがとう。m(^.^)m
    ニカママは、施設に入ってから活気が戻ってきたみたい。
    なるべくここで楽しく暮らして欲しいけど
    張り切っているから、このままだと要介護が取れちゃうかなぁ。
    そうしたら施設を出なくてはいけないし…微妙だよ。
    少しづつ先は見つかって行くと思うけどね。
    またよろしくね。(^_-)-☆

  7. gop より:

    先程はお電話有り難うございました。
    くれぐれも他言無用で(^^ 宜しくお願い致します。

  8. ヨシコ>gopさん より:

    お疲れ様です。
    最善の結果を出されますよう、応援しています!
    機会を作ってお話ししましょ。
    (^O^)/