ホットスポット視察研修会

青梅商工会議所が主催する「視察研修会!」に参加しました。
テーマは「2020年東京オリンピックを知る!クルージングツアー」
青梅発着のバスツアーです。
最初に立ち寄ったのは、皇居の隣の「楠公レストハウス」。
こちらが研修のお弁当です。^-^)
先ずは、お上品に腹ごしらえいたしましょう。
楠公レストハウス.jpg
ジャーン!近頃世間を賑わす、言わずと知れた都庁です。
側を通ったことはあっても中に入るのは今回が初めて。
大御所丹下健三によるゴシック建築は存在感があります。
都庁1.jpg
こちらは研修会のあった都庁25階からの風景です。
都庁第一本庁舎は地上48階なので、その高さは雲の上。
役人や都議会が上から目線になるのも止むおえないと言うものでしょうか。
都庁8.jpg
本日の目的である「2020年東京オリンピックへの取り組み状況」の研修です。
1964年の東京オリンピックからの進化として「パラリンピックの成功」を掲げていました。
都庁2.jpg
突然ですが、ここでクイズです。
この写真の中にTの文字が隠されていますがどこでしょう?
都庁3.jpg
答えはこちらの3つだそうです。
右の赤いオブジェの先と、左の横断歩道の入り口。
正面の丸窓のパターンはイチョウではなくて「T!」なんです。
壮大な建築の割りに、すんごく微妙なこだわり感…。
都庁4.jpg
続いて、都議会議事堂に移動するために回廊を渡ります。
そびえる二つの塔には、こんなに奥行きがあるとは知りませんでした。
都庁5.jpg
本日も、小池都知事や執行機関に対する「一般質問」が行われていたようですが、こちらは無人の会議場。
議員の席と一般の傍聴席との間には幅1.5mほどのカメラマン席というのがありました。
ここが正面の特等席です。
都庁6.jpg
正面、演壇右横の知事席は、全体の椅子の中では一つだけサイズが大きく格が上。
序列社会の見える化のようです。
都庁7.jpg
続いて、こちらも何かと巷を騒がせる新歌舞伎座や地下街の散策。
お騒がせの八代目中村芝翫の襲名披露のこともあってか、ウィークディというのに、着飾ったご婦人方で大変な人混みでした。
歌舞伎座.jpg
陽も暮れる時間になり、勝どき桟橋から貸切の小型クルーズ船に乗船です。
上船.jpg
ここから2時間は、イタリアン・ビュッフェを楽しみながら、東京湾のクルージング。
船上からオリンピックの会場予定地や、こちらも世間を騒がしている築地市場からの移転先の豊洲市場の見学するのです。もちろん、研修ですから真面目にね!
船上レストラン.jpg
と言っても、夜景の美しさに夢の世界にトリップしたり。
夜景.jpg
そうかと言えば、ボ〜っとしていると生命に関わる「ひののめ橋」をくぐったり。
危ない橋.jpg
いつの間にか研修であることなど、どこ吹く風で良い気分。
船上・二階堂隆&美子.jpg
ホットなスポットを巡った今回の視察研修会。
刺激も、楽しさも、情報も盛りだくさんで、申し訳ないくらい最高でした!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gop より:

    クルーズ付きお泊まり研修会ですか、羨ましい。
    1964年の時はアベベ見ました、2020年も何か見たい!
    そう言えば、青梅と青海(お台場の)間違う人が結構居るのだとか。
    http://www.excite.co.jp/News/bit/E1475482121759.html

  2. アトム より:

    ホットスポットってまさかポケモンGO始めたのかと(笑)
    知事の椅子の微妙な大きさは馬鹿げてその役人根性が笑える
    夜の墨田川クルーズはTOKYOの醍醐味ですよね、ヒミコもいいよ

  3. ヨシコ>gopさん より:

    残念ながら一泊ではなく、この後バスで青梅まで戻ったのでした。
    1964年は、オリンピックを観に上京されたんですね。
    子供心には、アベベはさぞや衝撃的だった事でしょう。
    青梅と青海、私もたまに間違えます。
    山と海、街の雰囲気は全然違いますが…。

  4. ヨシコ>アトム より:

    どうやらゲームには興味が持てない性格のようで
    ポケモンGOも、体験しないまま終りそうです。
    (*^_^*)
    お役所とか階級社会は私たちの生活とは別世界。
    都庁では何かと目から鱗でした。
    で、ヒミコって何ですか?

  5. アトム より:

    墨田川を吾妻橋(キリンビール)からお台場まで運行する
    松本零士デザインの近未来船ですね
    http://blogs.yahoo.co.jp/mpshn001/40122907.html

  6. 直子 より:

    わあ、かっこいいなあ。
    私には未知の世界、というか別世界。
    よっちゃは本当に自分に合った仕事と自分に合ったパートナーとめぐり合えたんだなあ。
    これも子供にはやりたいことをやらせてあげたい、というご両親の教育方針の賜物だよね。
    これからもご活躍を遠くからお祈りしておりますわ(^∀^)

  7. ヨシコ>アトム より:

    覚えています!
    この未来的クルーズ船の名前がヒミコだったんですね。
    この船には出会えなくて残念!
    出会えていたらもっとホットな視察になったのになぁ。

  8. ヨシコ>ナオチャ より:

    アハッ、(*^_^*)そんな格好の良いもんじゃないよ。
    ただ都会に行っただけなんだってば。
    いつもは事務所にこもって黙々と仕事をしていたり
    打ち合わせやらなんだりで飛び回ってる日々だよ。
    それが身の丈に合ってるから、良いパートナーと
    仕事に巡り合ったと思っているけどね。

  9. カネゴン より:

    今日は突然お邪魔様でした。
    ちょっとの間でも楽しい思いができたよ。
    こんな研修会、いいね。
    私は落ち着いたら、はとバスに乗ってみたいと思ってるんだよ。
    国会議事堂の中とか大人の社会見学になりそうな場所に連れて行ってくれそうだしね。
    できれば、外国人向けの英語ツアー…と思うけどまだまだ無理だわね

  10. ヨシコ>カネゴン より:

    こちらこそ、ごちそうさま。
    お父様のお見舞いがてら、いつでも気晴らしに寄ってくださいね。
    大人向けのハトバスツアーは私も乗りたいな。
    青梅マダムの4人で行っても楽しそうだね。
    その前に、まもなくのマダム会で
    思いっきり憂さ晴らししてください。( ´ ▽ ` )ノ