2006年3月10日

お久しぶりでした

時の経つのは早いもので、美子日記は随分のご無沙汰となってしまいました。
ご無沙汰が長くなってしまうと、次の一手に緊張し、踏み出す足が重たくなってしま うのは人の常。
かと言って、ご無沙汰のままでもストレスが溜まるもので、つくづく月並みな神経の 私なのでありました。
またぼちぼちと日記の更新を始めますので、宜しかったらおつき合いくださいね。

タイ&カンボジアの旅の後も、昨年中は平穏無事な生活でした。
一変したのが正月の4日。
前の夜まで楽しく一緒に正月のお酒を飲んでいたニカさんの父が次の朝の散歩中に倒れて、そのまま帰らぬ人に。心筋梗塞でした。
それからは、突然の喪主として心構えも無いままに葬儀を取り行い、 私の父の一周忌が重なる中で四十九日を済ませ、その合間に法事関係の雑務と仕事をこなすという離れ業。
やっとこの頃、仕事だけに追われる毎日という平穏な日々に戻れた所です。

残された義母の事や、お寺やお墓の事。様々な親戚の皆様とのおつき合い。他々..
ニカさんは初めて長男の大変さに気づいたそうで、(かなり遅い気はするけど...)
長男の会でも結成しようかなあ...なんて申しております。
結構身近に長男多いですものね。
全く、長男と長男の嫁は滞りなくやって当たり前。
ちゃんとやらないと、どこから爆弾が飛んで来るかは予測不能。
...スリリングです。私も長男の嫁互助会結成しようかなあ

この場を借りれば、義父はとても良いオヤジさんでした 。
去年の秋には一緒に伊豆へ温泉旅行に行ったね。
お義父さんは喜び上手だから、おかげでとても楽しい旅になりました。
嫌な言葉は口にしなかったし、回りの空気を和ませてくれる人でもありました。
嫁には遠慮があって気を使ってくれてたんだと思うけど良くしてもらうばっかりで突然お別れしてしまって、借りが残ってしまったなあ。
ここで褒めたからって、もう遅いよね。
せめてお義母さんを守っていきますので安心して待っていてください。

色々あるけど、私達はまだまだこちらの世界で怒ったり笑ったりして生きています。
美子日記はそんな生活の一場面と言えるでしょう。

comments

comment form



画像の中に見える文字を入力してください。