成績表と年末狂想曲

大掃除もやっと終わりが見えて来た中
片付けものの中に、今年ニカママ(ニカさんの母)が持って来た
「二階堂隆クンの小学校から高校までの成績表」を見つけました。
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
読んでみると「三つ子の魂、侮れないぞ!」です。
先ず、先生記入のこんな隆クン評価が目に止まります。
◎掃除が嫌いで、しばしば怠けているのを見かけます。
◎興味のある事だけでなく、他の事でもやらなくてはならない事があります。

鋭い観察眼です。
当時の諸先生方と全く同感な私は
笑って良いものか、泣くべきなのか…。(u_u;) 
この週末、やっと駐車場と自分の机周りのみ片付けたニカさんですが
これだけでも、さも大仕事をしたと言わんばかりの大騒ぎ。
その姿を冷たい視線で見ながら、これまでの3ヶ月間で
その他の自宅と事務所の片付け一切、
(ベランダのペンキ塗りから、障子張り、庭の冬支度、
窓ふき、収納物の総ざらい、床や家具のワックスがけ
おまけに、年賀状作成..etc…)の負担を背負う私に、
沸々と湧いて来る黒い不公平感は否めません。
毎年、師走はこんな割り切れない思いが募り憂鬱な気分です。
そして「三つ子の魂第二弾」は、上記成績表に続くこんな記述。
◎授業中、ノートに漫画のような絵を描いている事がよくあります。
更に転校のために一学期のみ在学した学校の成績表は、美術のみ5で、他はオール3。
(この時代は5段階評価です)
思えば、興味ある美術(デザイン)の世界に没頭するニカさんの性格のおかげで
今のエルグデザインが存在するのだし
ここまで頑固に原型を留めるニカさんを、変える事など無駄な努力というものなのでしょう。
そして積年の結果
ニカさんは「やりたい事のみに没頭する人」
対して私は「やらなければならない事に次々と気付いて、それに追われる人」という損な役割が定着してしまったようです。
大掃除の途中にはクロス類を作り直したりもします。
キッチンのテーブルクロスとキッチンカーテンは大きな布からカットして作りました。
ここは家の中心から見て西側なので、水風のラッキーカラーの黄色をふんだんに使いました。
来年に向けて、幸運をたっぷり運んでネ!
東京都青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・エルグデザイン
こんなふうに、工夫しながらウチ中をいじり回して
お気に入りの空間を再構築して行く時間が持てるのは、幸せな事と言えなくはないです。
「やらなければいけない事」と考えるのではなく
「これも私のやりたい事のひとつ」と受け止めると、少し気分が軽くなって来ました。
でも連日の肉体労働の結果、年末はいつもクタクタ
色々と、欲張り過ぎなのかなあ?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    ウチのカミさんと美子さんは正反対ですね
    よくもまあ2人は昔は机を並べていましたね
    ・・・というか、そういう組合せだから良かったのかも(^^

  2. gop より:

    私もそれでバランス取れてると思いますよ(^^
    それより、我家ではニカ家が怪物くんや妖怪人間を見る様になるとは..と驚いておりました。
    やっぱ地デジの影響?

  3. ヨシコ>アトム より:

    奥様と机を並べていた頃は、気楽で楽しかったですよ。
    ( ゜ー´)b
    夫婦って月日とともに、性格と役回りが定着して来ますよね。
    アトム家の場合は、奥様がニカさんタイプで
    アトムさんが私タイプかも…ですね。(^.^)v

  4. ヨシコ>gopさん より:

    「妖怪人間ベム」は、感動の最終回でしたね!
    我が家でこれまでにハマったTVドラマは
    「怪物クン」と「仁」と「妖怪人間ベム」。
    海外ものでは「CSI」です。
    地デジ化&大画面になって楽しさは倍増したかも♥
    それでも韓流はパスなので、奥様とTVの話題では
    なかなか盛り上がれないんですよねえ…。
    (^-^;)..

  5. 直子 より:

    よっちゃって片付けも得意だったんだねえ。
    私はまったくダメ。うらやましいわ。
    私は「JIN」もはまったけど、その昔「冬のソナタ」もはまったよ。3回見たからどのシーンでも思い出せるわ。ヨン様大好きでした。
    あとの韓流はみてないけどね。
    「妖怪人間ベム」はどんな感動の最終回だったんだろ。

  6. ヨシコ>ナオチャ より:

    妖怪人間は、心が「善」なの。
    悪に対して激高すると醜い姿に変わってしまうので
    人間と一緒には暮らせない。
    「いつか人間になりたい!」と思っているのだけれど…
    そして最終回!
    人間になる方法は「悪」を自分達の中に取り入れる事だったのさ。
    人間とは「善悪併せ持つもの」という哲学がテーマだったのです。
    しかし、そうなると悪がこれからも人間界にはびこる事になる。
    葛藤の末、悪を阻止するために悪の魂を葬ると共に自分達も…
    という結末でした。
    「妖怪人間」は子供の頃見たけど、
    大人になってからだと受け止め方が変わるものだなあ..と
    感じたよ。^-^)