もう一つの顔

私はエルグデザインの雑務 兼 グラフィックデザインを主な生業としておりますが、TAMA協会のコーディネータや東京都商工会連合会のエキスパート(専門家支援)という別の顔があります。
別の顔と言っても、怪しい顔ではありません。流れはこれまでの仕事の延長です。
グラフィックデザインやマーケティングの経験を生かして、企業の長所をピックアップするレポートを書いたり、小さなお店に出かけて、パンフレットやパッケージ作成に協力したり、製品や販売方法についてサポートしたり、パソコンのグラフィックソフト(イラストレータやフォトショップ)の使い方を教えに行ったりという、デザイン/商品企画系・便利屋さんの顔なのです。
特に小さなお店の場合は、サポートが事業に直結するため経営者の本気度が違います。
お話を伺いうちに、ついつい情に絆されて、必要以上に時間をかけて支援してしまう私。
本部から謝金は頂けるのですが、実働に換算すると時給はアルバイト未満な感じでございます。(企業の持ち出しはありません)
それでも、これまでの経験が中小企業の活性化のために役に立つのは嬉しい事です。
何と言っても支援を喜んでいただけるのが一番のやりがいですが、未知な世界で経験を積むことは新鮮で、狭い世界で生きて来た私の視野を広げてくれ度胸をつけてくれるような気もします。
何事でも一生懸命取り組めば、無駄なことなんて無いのですね。
今週も小さな調味料屋さんへの支援が控えています。
どんな課題が待っているのか、未知との出会いが楽しみです。
(☟写真はエキスパートで支援した一例です。クリックで拡大します)
二階堂美子の雑務.jpg

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 直子 より:

    わあ、いいなあ。さすがだなあ。
    よっちゃは本当に天職に就いたんだなあって思うわ。
    こんな素敵なパンフレットを手にしたら、みんな訪れたくなると思うよ。
    パンフレットって大切だよね。
    要所要所に高いセンスを感じるわ(@_@;)

  2. ヨシコ>ナオチャ より:

    私に天才的な芸術家としての才能があったら
    別の道があったと思うけど、
    良い意味で器用貧乏な私には、丁度良い道だったと思う。
    (^-^)v
    パンフレット等作ると
    とてもやる気を持ってもらえるみたいで
    そういうところがとてもやりがいがあるんだよ。

  3. gop より:

    例の前職OB会絡みで四半世紀ぶりに元上司先輩と電話、正に人生色々。
    やっぱ芸術家はハードルが高いですね、忘年会やりますか?

  4. ヨシコ>gopさん より:

    クニちゃんはお元気でしたか?
    エルグデザインはまだまだこれからが楽しみなところです。
    忘年会は、ニカさんは外食は乗り気でないみたい。
    良かったら我が家にて集まりますか?