3つのツーショット

TAMA協会の新規体制がスタートし、恒例の「地域イノベ・技術連携交流会」が開催され、多くの企業間で盛況な技術マッチングが行われました。

会場は今年も中野駅前の中野サンプラザで、こちらは会場ロビーから眺めた風景です。
私の大学は中野にあったので、田舎から出て来たばかりの私にとっては出来たばかりの中野サンプラザは都会のシンボルでした。

それから月日は40年以上過ぎ、先日中野サンプラザは老築化による解体が決定されました。
大学時代、いつかここから下界を見ながら感慨に耽る時が来るなどとは想像できませんでした。
つい下を通る通行人の中に、40年前の自分の姿を探してしまうセンチメンタルな秋なのであります。
中野サンプラザ

今年の交流会は「ダイバーシティ・セミナー&女性研究者によるシーズ発表会」も合わせて開催され、私はこちらのスタッフとして参加して来ました。
最初のツーショットは、この部門の責任者Hさんです。
今回初めて仕事でご一緒させていただきましたが、知的で素敵な方と新しい出会いができた記念の一枚になりました。

東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂美子

続いてのツーショットは「東京都立産業技術研究センター」から参加していたヤクさん。
会場で後ろ姿を見つけてお声をかけたのですが、実は私たちは大学の同級生なのです。
数年前のある出来事がきっかけで疎遠になっていましたが、声をかけて見れば「前より太ったな。」「そっちもな。」で、空白の時間は無くなり関係は元通り。同級生とはそんなものか…、と嬉しい再会になりました。

3枚目のツーショットは、この日最大のサプライズ!

交流会の後の打ち上げで、TAMA協会の新メンバーの方とお話するうちに元の会社の同僚ということがわかったYさんです。
私が二階堂と知ると、二階堂って同期にもいたけどもしかして…?ということになり、実は同期入社のニックネーム:ナンドさんだということがわかりました。
なんとなんと、35年以上ぶりの再会です。
ここでも同期入社の不思議で、35年分の空白は一瞬で繋がりました。
東京都・青梅市・工業デザイン・プロダクトデザイン・グラフィックデザイン・カタログデザイン・エルグデザイン 二階堂美子

ナンドというのは体型から来るニックネームで、以下の回路図のマーク参照。(Yを上にして見てね)
当時は今からは想像がつかないほどの巨漢120kgの体重の持ち主だったので、このスラッとした姿に会っただけでわかるはずもないのでした。

同期ということがわかり、私の旧姓を聞かれたので「ウッ!」と躊躇しつつ渋々答えると、「ウ〜ンそうだ〜!面影あるわ〜!昔は綺麗だったなぁ。」って…、かなり微妙な反応でしたわ。
(▼▼#)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 直子 より:

    よっちゃはおばさんにそっくりだと思っていたけど、目元はおじさんにも似ているね。
    って関係ないところに食いついてごめん“(*`ε´*)ノ彡☆バンバン!!
    どの2ショットもかっこいいよ。
    しかし、ニックネームのつけ方も業界ならではのセンスあるなあ。
    共有する思い出のある仲間っていいよね。

  2. カネゴン より:

    中野サンプラザって思い入れのある人が多いんだね。
    学生時代、軽音学クラブにいた友人が中野サンプラザでコンサートをやるのが夢だったけど、かなわなかったから、せめてと、結婚式をサンプラザで挙げたよ。
    ヨシコちゃんをずっと見てるからかもしれないけど、面影あるどころか、全然変わっていないと思うけどな…
    思いがけずに懐かしい人に会うと、凄くテンションあがるよね。

  3. ヨシコ より:

    >ナオチャ
    父にも、母にも、母方の祖母にも似てるって言われるよ。
    輪郭と体格が父に似れば細身だったのになぁ。(>_<)
    名前が思い出せなくても、ニックネームを覚えている事は多いよね。
    そしてニックネームで呼べばその当時に戻っちゃうんだよね。
    そんな事も今になってからこそわかる事かも。
    私も50年以上前からだから、どんなおばあさんになっても
    「ナオチャ」としか呼べないしさ。(^.^)v

  4. ヨシコ より:

    >カネゴン
    そのお友達ってロマンチストだね!
    やっぱり中野サンプラザ解体のニュースには寂しい気持ちがしてるだろうね。
    やっぱりねぇ!カネゴンも新婚の頃のままの姿だと私は思うけど…、
    いつも会ってるってこういう事か。v(^-^;)..
    思いがけない再会は、確かにテンション上がるわ。
    嬉しいような、恥ずかしいような…、何なんだろ。

  5. アトム より:

    今でもカミさんと、あのアンド回路ナンド回路の新入社員講習って
    デザイナーに意味があったのか・・なんて会話します
    M技術副本部長に配属面接でこのテストの結果はどういう意味だ!と叱責されて・・
    カミさんに写真見てもらいましたが、体重が変わり過ぎたのかナンド君分からないみたいです(^^;

  6. ヨシコ より:

    >アトム
    意味があったのか?無かったのか?
    それでも40年後にこんな会話ができると言う事は、
    当時の脳の吸収力が高かったと言う事かもですね。
    M技術副本部長は、先日お亡くなりになったそうです。
    次に、ナンドさんにお会いする機会には
    奥様の写真を見せて報告をしておきますね。(*^^*)