14期MP講座終了!

5月10日、14期MP講座の成果発表会があり、無事すべての課程を終了。 今回は優秀プレゼン賞をいただきました。 企画塾MP講座は中小零細企業、店舗向けのマーケットプランナー養成講座です。 思えばこの半年間、まともに仕事もできないで、常に企画と課題に追われる毎日。 今回の企画は自分への試練だと思って、商品企画、パッケージデザイン、チラシ製作、ホームページ原案作成というデザイン業務にもこだわり、もちろん本来の課題である事業方針作成、企業の基本システムの分析、販売プロセス設計、調査分析、などもあったので、もう私のきゃしゃな頭は目一杯。 毎朝、明け方には夢に企画の問題点が出て来て、私を安らかな眠りから現実に引き戻し、過労による首の激痛、運動不足による体重増加という、痛〜い後遺症を引きずる日々。終了時こそは自分に自信がつき、開放感もあるのではないか…とかすかに期待していました。 しかし…今の正直な気持ちは今こそがスタートラインに立った気分です。 今後はこの経験を、中小製造業とのものづくりの実践での中で生かしていかなくちゃ、面白くない。 それでは今回の企画書のフルパッケージを(ぼやっとで申し訳ないですが)お見せいたしましょう。これが4ヶ月の成果です! 08.15.13.jpg 私がこの企画の経験で得た事。 1-ものを作るときはコンセプト・ターゲットはもちろんの事、提案営業先まで見据えて企画する事。 2-交渉相手は説得するものではなく、相手の話を聞く中から求めている物を探るという事。 3-調査・現状分析・収支計画などの具体的、実践的な方法。 4-常に完璧はありえない。と言う事は常に改善の余地があると言う事。 5-最初の頃はビビっていましたが、最後はさすがに大勢の前でのスピーチに(多少は)慣れた事。(^-^;)..  たまたま先日、お付き合いのある企業の方から、申請書のための商品コンセプトがうまく書けないとのお話があったので、練習と思い引受けました。 書いてみて、従来の私では書けなかった内容まで書けるようになってる!という実感と喜び有り。 おまけとして、商品のターゲットと提案営業先まで想定して書いてしまいました。遅ればせながら、企画プランナーとしての最初の一歩を歩き始めた実感です。 講座中は受講生各自に、専任のアドバイザーがついてくれます。 今回の企画では江口アドバイザーには大変お世話になりました。 彼女からはこれまで未体験だった経営や営業といった理念を教えていただきました。本当にありがとうございました! このブログを読んで、企画塾の講座を受けたいと思われた方。 製造業の方やプロダクトデザイナーのようにものづくりに携わる方は、是非薬師寺アドバイザーをご指名ください。彼女しかしません。 彼女の幅広い知識、強い信念、したたかさからは、得るものが大きいですよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする