2012年6月20日

バイロンベイツアー

旅行記の中だるみ覚悟で!ゴールドコーストからオプショナルツアーで行ったバイロンベイツアーを更新します。ツアーは3組の新婚さん達と一緒です。

バイロンベイは、ゴールドコーストから南へ約100km下った、オーストラリア本土で最も東にある小さな町です。

移動のバスの中からは綺麗な二重虹が見えました! (^0^)
...という事は、行き先は雨? (^-^;).. 
121620-1.JPG

予想通り「オーストラリア最東部訪問記念」は、この旅行中でただ一度のどんよりした雲の下になりました。
121620-2.JPG

下を見ると、あれ〜っ、まだ東の先があるじゃあないですか!
しかしかなりの急勾配の上、波は荒い。
121620-3.JPG

ガイドさんは、片道2〜30分かかりますが、ご自由に!ということだったので
ココまで来たからにはと正真正銘の最東端まで足を伸ばしてみました。
我ら熟年チームの後を、新婚さん達も付いて来てくれたので記念写真をパチリ。
120620-11.JPG

この場所は「運が良ければイルカやクジラを近くに見る事ができる!」というフレーズに惹かれて訪れたのですが、運悪く?見えたのは丸印の中のイルカの群れと、遠目のクジラらしき波しぶきのみでした。
121620-4.JPG

ツアーの中では、イギリス発祥でオーストラリアでも人気のローンボウルズというスポーツを体験をして来ました。
この平体のボールは両面に大小のマークが描いてあり、転がすとマークの小さい方向に曲がるので、カーブを想定しながら目的のボールに近づけるルールです。
121620-5.JPG

新婚チームと戦いましたが、ダントツトップは我ら熟年チーム!
ニカさんが優勝して、賞品としてコアラブローチをゲットしました。
121620-6.JPG 121620-7.JPG

オーストラリアと言えば、フルーツも豊富です。
トロピカルフルーツワールドにも立ち寄り、フルーツの試食とランチを頂きました。
大きなアボカドの看板がアピールするようにメインはアボカド農園です。
121620-8.JPG

珍しい果物が色とりどりに並んでいます。
121620-9.JPG

一番手前の黒っぽい果物は、アイスクリームと混ぜるとチョコレート味になるというもの。
(そう言われてみても ……(-_-; 
奥の方のカボチャの煮物のような果物は、カボチャの煮物のような味。
(確かに言われてみれば ...(^-^;).. 
などと、意外性に富む味を味わって来ました。
121620-10.JPG

ランチはチキンと野菜のクレープ巻きです。太さ7〜8cmのジャンボ巻き!
寒い季節でも、オーストラリアの料理は冷たいです。
この日も寒い中、冷たいランチとジュースの後、追い打ちをかけるようにフルーツアイクスリームを頂きました。
凍えます。季節感を大切にする日本料理とは全く異なった価値観です。
126020-12.JPG

雨のバイロンベイの街(ヒッピーの聖地)がご紹介できずに残念ですが
以上が盛りだくさんのバイロンベイツアーでした。

次はいざ、お待ちかねのウルル・カタジュタ国立公園です!

comments

comment form



画像の中に見える文字を入力してください。