関サバ・関アジ

しばらく前のお話になりますが、居酒屋で「関アジ有り〼」とお品書きに載っていると
「おっ、珍しいな、、、ちょっと頂戴してみようか」となったものです。
そして「ん~~っ、やっぱりひと味違うな~~」とお酒も進むわけです。
このまま行くと「グルメ系」の流れなのですが、実はいわゆる「ブランド」
についてのお話です。

先日、専門機器を製造・販売されている経営者の方から
「自社のブランド力を高めたい」と言うお話がありました。
改めて「ブランド」についてご説明したいと思います。
一言でいえば、「ブランド」=「約束と信頼」と言えます。

「ブランド:BI (Corporate Brand Identity)」を分解すると、
1.PI(Product Identity):プロダクト アイデンティティー
2.VI(Visual Identity):ビジュアル アイデンティティー
3.Com.I(Communication Identity):コミニュケーション アイデンティティー
の3つの要素で出来上がっています。
14118-3.jpg
色々な手法を知る事は大事なんですけど、
最終的にはやっぱり「社員の方の意識」しだい、、、、と感じます。
※掲載の図表は、全て二階堂隆の作成によるものです。
※Bland :本来は自分の牛を区別するために押した「焼き印」と言う意味です。
もっと詳しく知りたい方はこちらまで。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gop より:

    先日元アウディの和田さんが公演で、
    「デザインに必要なのは 先人の仕事への敬意と継続」
    と言ってましたが、妙に納得。これは齢重ねないと理解出来ない所でもありますかね。

  2. タカシ>gopさん より:

    含蓄のある言葉ですね、、。志がある人の言葉には力があるね。それが、言霊ってやつかもしれないな。

  3. gop より:

    継続されてこそブランドですからね。
    「ブランドとは思考の痕跡の集積である」と車関連の某知人が言っておりました。
    http://milano.metrocs.jp/archives/3023

  4. タカシ>gopさん より:

    詩的な表現ですね、、でも、ちょっと抽象的かな。
    【アメリカ・マーケティング協会】の解釈はビジネスライクだけど、解り易いですよ。