青春の夏休み

長野県出身、北海道の大学に1年いて、今は京都の大学生、
二十歳になった甥っ子の、夏休みの一人旅。
休み前半は広島などを巡ったようですが、休みの終わりには北海道&東日本:7日間のフリー切符で東北6県を周り、最後に我が家に寄ってくれました。
フリー切符は普通電車しか使えないので、東北から青梅まではズバリこちら↓でやって来ました。
山形駅までは、朝9時からバスに乗って移動したらしいです。一人で何を想いながら旅して来たんだろう。
青春だなあ。
フリー切符.jpg
甥の到着に合わせて、弟(甥の父)から今年豊作の長野県産の見事な松茸が届きました。
私達への嬉しいサプライズと、これで美味しいものを食べさせてくれという親心。
松茸.JPG
甥からの東北土産です。青森からアップルシードル。岩手から南部煎餅。福島県からは、ままどおる。
荷物になるのに、うれしいね。
コインランドリーで乾ききらなかった生乾きのくさ〜い洗濯物一式のおまけ付きだけど。(^-^;)..
俊太郎のお土産.jpg
お腹を空かした育ち盛りのための、初日の晩餐は和食です。
松茸御飯(4合)をメインに、野菜色々と和風フィレステーキで充分かと思ったけど、秋刀魚まで綺麗に完食。
胃袋も青春だなあ。
初日の晩餐.jpg
気持がよい程、良く話し(超早口で…)、よく食べる。
旅の事、学校の事、世界情勢から美術、音楽の事までしゃべりつつ
それでも話が尽きないので、さすがに25時過ぎにはお開きにしてもらいました。
半日かけてやってきたのに、疲れた気配もありません。
新しく得た知識を語りたい!というところが、まだまだ可愛い青春です。
二階堂隆&俊太郎.JPG
翌日は、都内を一日探索して来たようです。
16歳の春、震災の日に一人東京の街に残されたトラウマを乗り越えて逞しくなりました。
二日めの晩餐は、高カロリーのため我が家ではしばらく作っていなかった海老と牡蠣のドリアをメインに、松茸のホイル包み焼きなどにしましたがこちらも完食。
ニカさんも久々の高カロリー・バター入りドリアに大喜び。
料理の作りがいの有る皆さんで、ホント嬉しいです。
二日めの晩餐.jpg
「旅の写真は撮らなかったよ。全て自分の心に焼き付けたから。」
などとキザな事を言う写真嫌いの甥なので、カメラを向けても逸らされてしまいます。
これがやっとの記念のツーショット。
二階堂美子&俊太郎.JPG
「金が無い。」と言いながらも、このようなひとり旅にお金を使っているのは良いことだよ。
「なかなかモテ期が来ないんだよね〜!」なんだそうなんですが…、頑張れ俊太郎!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. gop より:

    使って頂き有り難うございます。
    鹿にやられて今年が最後らしく..>かぼす
    で、今日の我家は栗御飯(ヨシコレシピ)

  2. ヨシコ>gopさん より:

    先日の栗は栗御飯にしたらホクホクで
    とても美味しく頂きました。
    カボスも毎日のように重宝しております。
    スダチより苦みが少なくて美味しいですね。
    御馳走様で〜す。

  3. 直子 より:

    私へのコメントを見て甥っ子くんがきたんだなって思ったよ。
    男の子の胃袋すごいでしょ。
    若いっていいね。
    ままどおる、会社の社長が東北の人なのでよくお土産に買ってきてくれるよ。
    今日我が家には小さな小さな甥っ子がきたよ。
    FBに載せたからお暇なときにでも覗いてみてね。

  4. ヨシコ>ナオチャ より:

    今FB見て来たよ。可愛いねえ!
    上手くコメントできなかったけど、
    昔のナオチャ姉弟を見ているようだったよ。
    ナオチャは大勢の男の子達に囲まれているんだものね。
    すざましい食欲は、生命力旺盛で頼もしいね。