時は移り行く

我が家にニカママ(二階堂の母)を半月ほど迎えるに当たり、今回からは義母の住む横浜の義姉の家まで車での送り迎えが必要になりました。
昨日迎えに行ってまいりましたが、前回別れてからの半年の間に随分衰えてしまったように感じます。
半年前は長野の実家で一緒に遊んだのですが、今は自力で身体を起こす事も困難になっています。
介護が必要な状態だという心構えができていなかったので、さすがに昨日は慌てました。
今日になって、私達もその状態を受け入れ、新米の介護員をスタートしました。
いつかは来る「その時が来た」という事です。
(動けなくても、話したいことは元気に喋りまくっておりますが…。
(^-^;)..
ニカさんは、自分のためと言いながら、結構親孝行でこまめに面倒を見ています。
ニカママとニカさん..jpg
来週からは私の母も我が家で合流し、半年ぶりにハハーズの再結成!
以前のように色々と楽しく見て回るのではなく、これからは、同じ時に同じ場所で「逢う」と言う事だけでも意味があるのでしょう。
ハハーズは、少しずつ形を変えています。
それは「ハハーズだけでなく、私達もいつまでも同じではないのだ」という事を嫌が応にも覚悟させてくれます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 直子 より:

    うちの母も車椅子を買ったらしいよ。
    来月妹と三人で小諸に小旅行に行くんだけど、その時に車に乗せてくるって。だから荷物は少なくしてな、と妹から連絡があったわ。
    母も確実に老いてきているけど私たちもそうなんだよね。
    1日1日を大切にして生きていかないとね。

  2. カネゴン より:

    ニカママ、心配だね。
    でもおしゃべりができて、車椅子で動けるなら、まずは大丈夫そう‥
    身体が動かないとなると、トイレやお風呂も大変だね。
    ヨガどころではないかもしれないけど、もし行けそうならお迎えに行くからね。

  3. ヨシコ>ナオチャ より:

    老いは、緩やかな下り坂から
    突然ガクっと階段を下がるように進む時があるんだと実感したよ。
    私達は皆、親看取り世代。
    大変な事の方が多い毎日だけれど
    こういう時間も、自分を成長させてくれるんだと思う。
    多分ね..。v(^-^;)..

  4. ヨシコ>カネゴン より:

    ニカママは軽いから、昼間は両脇を抱きかかえて移動させているよ。
    お風呂もシャワーしか無理で、体と髪は洗ってあげないといけない。
    愚痴を聞いたり、食事は小口に切ったり、着替えを手伝ったりと
    本当に自宅介護は大変だわ。
    今日は、ニカさんが病院に連れて行ったよ。
    それで、少し改善してくれると良いのだけれどね…。
    そんな調子だけれど、できればヨガは行きたいな。
    気分転換になるしさ。^-^)

  5. アトム より:

    カミさんは自分が介護を受ける時に備えて
    大分痩せないと息子達に見捨てられそうだと
    焦っていますが、何も対策せず・・・

  6. ヨシコ>アトム より:

    突然降って湧いたような介護生活に、夫婦でアタフタしています。
    子供のいない私達の介護、面倒を見てくれるのは…
    ロボットかも? (^-^;)..