御礼参り

最近は、一段と体調が戻って来たニカママ(友子さん)です。
先日は2ヶ月ぶりに、入院していた青梅総合病院に検査に行ってきましたが、先生からは「これでもう大丈夫!」という太鼓判を押してもらいました。
施設の食事がイマイチとの事(贅沢にも…)なので、週に一度は外に連れ出してたっぷり栄養補給をしてもらっています。
まるで食い溜めが効くかの如くガッツリな食欲は、喜ぶべき事ですが。
友子の食事.jpg
先日、緊急搬送していただいた救急隊に御礼を言っていない事に気がついて、青梅消防署に御礼の電話を入れました。
今の友子さんがあるのは、心肺停止にもかかわらず、諦めずに1時間近く心臓マサージを続けてくれた救急隊のおかげです。
友子さんが今では歩けるほど元気になっているという報告に、救急隊の方はとても喜んでくださいました。
ならば本人を連れて行って元気な姿を見ていただこうと、菓子折りを持ってお礼に伺いました。
あいにく、救急隊の方々は出動中だったので、御礼を述べて救急車の前で記念写真。
今では救急車を見るたびに、つい「お世話になりました〜!頑張ってくださ〜い!」と挨拶してしまう私たちです。
消防署にて.jpg
お世話になった青梅総合病院の主治医カネダ先生にも、御礼の一筆をしたためました。
今回の友子さんの入院で、昼も夜もなく人の命に関わる大変なお仕事を、目の前にさせていただきました。
せめて感謝の気持ちくらいお伝えして、少しだけでもホッとした温かい気持ちになっていただけますように。
先生への手紙.jpg
散歩の途中で拾った栗を、蒸し焼き栗にしていただきました。
栗.jpg
梅雨前に始まった騒動も、秋の気配とともに落ち着いてくれたようです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 直子 より:

    すごい。
    すっかりお元気になられてよかったね。
    一時はお義母さんもよっちゃもどうなることかと。
    本人の生命力と医学の進歩のたまものだね。
    母もだけど私も健康でいないとな、と思う今日この頃です。

  2. ヨシコ>ナオチャ より:

    ご心配おかけしました。
    ニカママの細い身体なのに、すごい生命力には驚きです。
    今では週に1回、食事と買い物にお付合いする程度の
    良い距離感になってきたよ。
    できるだけ良くしてあげたいけど、キリが無いから
    自分達の生活と秤にかけて、無理ない程度に割り切っているよ。

  3. gop より:

    うちももう少し遅れたらアウト。正に「遠くの親戚より近くの(親しい)他人」
    食事は取りあえず昼食のみ本人が作る事にしました、カイゼンを要求してます(^^

  4. カネゴン より:

    昨今、救急車をタクシー代わりに呼んで、あとは知らんぷりの人もいる中、
    さすがヨシコちゃん、気配り最高だよ!
    私もたまに後から患者さんに御礼を言われることがあるけど、
    仕事だから当たり前、と言いながらもすごく嬉しいし、今後の励みにもなるもんね。
    ニカママもすっかり元気になって良かったね。
    ヨシコちゃん、上手に頑張って、えらいよ~!

  5. アトム より:

    自分の両親も合わせて5回くらい救急車要請したけど
    お礼したことなかったなあ
    でも1時間蘇生処置して連れ戻してくれたんだから
    そりゃ、お礼参りも必要だね(^^

  6. ヨシコ>gopさん より:

    命を拾えた人、拾えなかった人、様々なドラマがありますね。
    拾えた命なら、少しでも楽しい事が多くありますように。
    でも、その後ご自分で食事の用意ができるなんて
    gopママもすごいです。(@o@;).. 

  7. ヨシコ>カネゴン より:

    ニカママが生還した事は、病院から救急隊に伝わっているのかと思ったけど
    そういう情報は伝わらないみたいで、とても喜んでもらえたよ。
    カネゴンも命に関わるお仕事だから、いつも心では感謝されていると思うけど
    御礼を言葉にしてもらえたら、元気とやる気、満々!だよね。(^o^)
    感謝をきちんと声にすれば、もっと良い世界になれるものだよね。

  8. ヨシコ>アトム より:

    今回は、倒れた自宅でも救急車での移動中も
    ずっと声をかけながらマッサージを続けてくれて、頭が下がる思いでした。
    毎日こんな現場が続くなんて、厳しい仕事だと思います。
    御礼の気持ちぐらい伝えないと罰があたりそう。