紅葉狩りと温泉の旅:2016-1

日本人中高年のスタンダード、
紅葉狩りと温泉の1泊バスツアーして来ました。
いざ!紅葉に囲まれた山里青梅から、紅葉の名所、愛知県の「香嵐渓」へ。
屋台がずらっと並んで、賑やかなお出迎えです。
香嵐渓1.JPG
香嵐渓のシンボル「待月橋」が見えてきました。
思ったより新しい橋ですが、「待月橋」という名前がイメージを盛り上げます。
月明かりで紅葉を愛でるとまではいかなくても、ライトアップされた紅葉は一層美しい事でしょう。
香嵐渓-2.JPG
紅葉は最盛期をやや過ぎていましたが、ウオーキングコース、イベント、食事、お土産、テーマパークなど客を飽きさせない工夫で、村おこしを頑張っている香嵐渓でした。
香嵐渓-3.JPG
右にあるのはイノシシ皮。
微妙なバランスですが、ブランディングのコンセプトはしっかりしてる。
香嵐渓.JPG
香嵐渓では2時間あったので、巴川沿いを一巡り散策しました。
赤、橙、黄、緑、黄緑、その他の色も混在していた、見事な五色紅葉です。
香嵐渓-4.JPG
紅葉は残り少なくても、逆に落ち葉は色とりどり。
香嵐渓-5.JPG
市街地には、昔ながらの風情のある古い町並みも残っています。
香嵐渓-6.JPG
香嵐渓-7.JPG
愛知から岐阜に北上し、宿泊したホテルは下呂温泉の「水明館」。
庭の眺めが清々しい食堂でした。
下呂温泉1.JPG
夕食は懐石料理でした。
美味しいのですが、なんとなく慌ただしくてゆっくり味わえず。
下呂温泉−2.jpg
もう少しゆっくりしてと要求しても、ツアー客は同じペースだそうで…。
こういうのは苦手だなぁ。
食事時間、メニュー、タイミングは、自分で決めたい私達。
バスツアーへの無いものねだりです。
紅葉狩りと温泉の旅:2016-2へ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    香嵐渓の紅葉も残っていたようで
    良かったですね
    ツアーのペースや、提携土産物屋に連れていかれるのは苦手です
    バスの中ではアルコール飲めました?

  2. goto より:

    香嵐渓、昔はヘビセンターがあって、名物は五平餅。
    名古屋に居た頃は良く行きました、CMは飯田でもやってたのかな?
    https://www.youtube.com/watch?v=3N3RLLpQlRk
    水明館も懐かしい、飛騨牛しゃぶしゃぶ食べたっけ。

  3. カネゴン より:

    久しぶりのお泊り旅行じゃない?
    香嵐渓は行ってみたい場所だけど、紅葉の時期はすごく混んでるらしいね。
    その点ではバス旅行はいいよね。
    見どころをちゃんと抑えてくれるもんね。
    夕食はみんな一緒なの?
    食を大事にするニカ家だから、ちょっと残念だったね。

  4. ヨシコ>アトム より:

    香嵐渓は、アトムさんのブログを拝見して
    一度は行って見たい場所でした!
    こちらも同じくツアーのペースは苦手です。
    アルコールは入手場所がなくて、飲めず。
    唯一、次の行き先を考えずに呑気でいられるのが
    バスツアーの良い所ですが…、今からこれでいいのか?!
    (^-^;)..

  5. ヨシコ>gopさん より:

    飯田から名古屋、岐阜あたりは文化が近いですね。
    ニカさんが一番苦手なのは「ヘビ」ですので悪しからず。
    水明館では、慌ただしくて残念。
    ツアーでなく、ゆっくり滞在してみたいホテルですね。

  6. ヨシコ>カネゴン より:

    近頃出不精だったので、随分久しぶりの一泊でした。
    香嵐渓に行くなら、週末は外した方が良さそうだよ。
    バスツアーは、楽だけれど、時間の拘束がストレスだよね。
    食事は、大広間で客ごとに椅子式のテーブルだったから
    セッティングは悪くなかったけど、
    1時間もしないうちに終わっちゃうタイミングだったので、
    いつもの夕飯より短かったのがちょっとね…。 (▼▼#)