旅の置き土産

何はともあれ、弟一家の春の民族大移動は無難に終わってくれました。
手前にあるキューバ料理の本とキューバペソ紙幣は、キューバを旅した甥の聡一郎からのお土産を母が送ってくれました。
スペイン語の読めない料理本と、カバンの底に入れたまま忘れられて日本に付いて来てしまった使い道のないキューバペソ。
お土産に、実用性を求めてはいけないのです!
ページをめくりながら、キューバ料理の香りを想像したり、ヨレヨレのキューバ紙幣を栞にしつつ、未踏の地キューバを想像してみます。
左後方のタイのChangビールと、ハーブ石鹸はタイを旅して来た甥の俊太郎からお土産です。
お土産は、実用品に限ります!
ライトでほのかに香るアジアンビールと、自然なハーブ石鹸の香りに癒されます。
お土産2.JPG
俊太郎は、9日の夜に羽田空港に到着し、深夜12時にやって来ました。
2泊の予定で我が家をベースにしながら、上野の美術館、神保町の本屋、浅草を巡ります。
まる1日くらいロクな食事をしていなかったようで、深夜にもかかわらず旅の話をしながら1時間かけてゆっくり和食の夕食を食べ尽くし、その後追い立てるようにお風呂に入らせたものの、私も眠りに付いたのは2時半頃。
翌日10日は、午前中に御茶ノ水でデザインのプレゼンがあるため、私は5時半起きの強行スケジュール。
ニカさんが美味しい朝食を作ってくれて、眠り足りない俊太郎を起こし、慌ただしい中全員で家を出て、なんとか無事にプレゼンも終了!
ここでやっと一息つき、緊張がほぐれてグッタリ…、という訳には行きません。
皆で一旦新宿で合流してランチを食べて別れた後は、買い物してから夕餉の準備にかかります。
昨夜の食欲を考えても、相当量のご馳走を準備しなくては!
野菜とベーコンのアヒージョ、殻付きソラ豆のオーブン焼き、有頭エビの塩焼き、菜の花のおひたし、メインは魚介・卵焼き・野菜の手巻き寿司(寿司飯は三合)。
これだけ準備すれば十分でしょう。
夕餉は19時から23時頃まで。大いに話して大いに食べて、私達の3食分くらいの量を軽くたいらげた俊太郎は、デザートも食べた後に、また昨夜の豆ご飯の残りを平らげるという食べっぷり。これでやっと腹八分とは..トホ…。
これだけ食べて、身長178cm、体重80kg、体脂肪は 14%らしいです。
若いって、代謝がいいのね。(^-^;)..
4月から大学四年生になります。
まだまだ育ち盛りです。
俊太郎.JPG
こんな思い出も、旅の楽しい置き土産でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 直子 より:

    ふたりの甥っ子くんたちは青春を謳歌しているんだね。
    双子でもお土産の種類が違うのは性格の違いなんだろうね。
    すし飯三合ってよっちゃたちも併せての分なんだよね。
    だとしたら全然足りないよお~と思っちゃった。
    うちだったら息子ひとりにつき2合くらいの計算で炊くかな。余っても足りないのは嫌だからね。
    ご馳走三昧で満足して帰って行ったんだろうなあ。

  2. ヨシコ>ナオチャ より:

    二人とも、貧乏旅行で成長してくれると良いと思う。
    双子でも性格は違うよ。
    同じように育てているのに
    こういう違いはどこから来るんだろうね?
    男の子の一食二合は、当たり前なんだ。(^^;;
    3人男の子を立派に育てたナオチャってすごい!
    心から尊敬するわ。(O_O)

  3. カネゴン より:

    ヨシコちゃん、久しぶりに息子が帰って来た時の母親みたいだね。
    忙しい合間にこれだけ料理するんだからすごいよ。
    きっと甥っ子さんもヨシコちゃんの愛情を感じてくれたと思うよ。
    それに引き換え、私は先日義弟が泊まっていったのに、
    仕事があるからと言って全くお構いしなかったわ…
    オスカネが頑張っていたけどね

  4. ヨシコ>カネゴン より:

    確かに、 2〜3日の擬似母体験を楽しんでいるかも。
    短い時間だからこそ、思いっきり
    サービスができるというもの。
    実母なら、これが一生続くわけだから
    楽しいばかりでは無いと思うけどね。
    ニカさんも協力してくれたから、助かったよ。
    カネゴン家も、いろいろ大変だったね。
    義弟さんがいらして、義母さんも落ち着かれたのかな。
    今週のマダム会では、思いっきりはじけてください。
    (^_−)−☆

  5. アトム より:

    若いうちの旅はいいよね(^^
    お二人もイタリア生活していたしね
    日本は特殊な国、というのが良く分かりますね

  6. ヨシコ>アトム より:

    私たちの時代は、学生の分際で世界を旅するなんて
    身分不相応!(`‐´ ;)っていう風潮がありましたが
    時代は刻々と変わりますね。
    自分の殻を大きく破れる時期に
    世界を肌で感じることができるなんて、
    良い時代になったと思います。

  7. gop より:

    キューバと言えばWBC、予想外の日本健闘で盛り上がってますね、明日はその強豪キューバ戦。
    明後日はこれも番狂わせ、意外な伏兵イスラエル戦(世界ランキングは41位)
    うちの元イスラエル関係者曰く「野球が強いなんて知らなかった」そうな(軍隊で鍛えてる?)
    頑張って世界一奪還して欲しいですねー、侍ジャパン。

  8. ヨシコ>gopさん より:

    結構熱く燃えてますね!(^.^)v
    gopさんが、大の中日ファンなのは存じておりましたが
    侍ジャパンファンとは意外でした。
    イスラエルに野球チームがあるなんていうのも、初耳でした。
    野球って全然知らないの。
    キューバといえば、ゲバラとカストロと葉巻という月並みさ。
    v(^-^;)..