GW家族の風景

このGW後半は、父の十三回忌で信州の実家に家族が集まりました。
実家のお墓と氏神様は、山の中腹の雑木林の中にあります。
静粛な空気が漂っていて、気持ちの落ち着く場所です。
氏神様1.JPG
婿殿ニカさんも、お掃除で氏神様の山を清めてくれました。
氏神様2.JPG
父は亡くなった後も、いつも私たちの側で見守ってくれていると感じています。
なのでこの場所に父が眠って居る気はしませんが、お墓は冥界との扉のような気もします。
ご先祖様に合掌。
お墓まいり-3.JPG
甥達は勉強や部活に忙しいながらも元気で青春しているようです。
私の右の聡一郎は、災害の時には人命救助もできるスーパードクターを目指しラグビー部で身体も鍛えているそうで、丸太のような筋肉になっています。
…が、鍛え方を一歩誤ってただいま無念の骨折中。
気の優しい所があるので医者として生命に向き合えるのかと心配しましたが、今では食事中に人体解剖の話ができるまでに逞しくなりました。
母の右の俊太郎も、スーパーケミストを目指してウエイトリフティングで身体を鍛えているそうで、これなら徹夜の実験にも卒業論文にも十分に耐えられそうです。
母は間も無く齢83になりますが、まだまだ元気で自分で人生の楽しみを見つけてくれているのがありがたいです。
松尾家-4.jpg
昨日、渋滞に巻き込まれながらも無事帰宅。
本日は早速、ニカママが花盛りの庭を見に我が家に立ち寄ってくれました。
友子さんと.JPG
我が家の花は、今は無きニカさんの実家から移植したものが大半です。
ニカさんの実家に行く度に、ニカママが庭から掘り起こして袋に入れて渡してくれました。
ニカママが我が家に滞在中には、どこからか花を買って来て植えてもくれました。
友子さんと-6.JPG
そんなたくさんの花達が、この春はニカママに綺麗な姿を見せて癒してくれているのは、ほんのり素敵な気分です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    氏神様は村落で一か所なんでしょうね
    それとも一族で一か所?
    雑木林も綺麗に手が入っていますね
    ウチのGWはお袋が施設から3日間戻って
    下僕として奉仕してました

  2. カネゴン より:

    おかえりなさ~い
    昔ながらの氏神様とお墓だね。
    福島のジジの実家のお墓がこんな感じだよ。
    土葬だけどね。
    霊園にずらっとお墓が並んでいるとあんまり感じないけど、
    こういう場所だととても神聖な気持ちになるよ。
    ハハーズもお元気そうで何よりです。
    もしやニカママの持っているバッグは懐かしのパッチかしら?

  3. ヨシコ>アトム より:

    この小さい祠の氏神様は、 一族の神様なのですが
    管理をしているのは実家だけなので、
    実家の神様なんです。
    田舎では当たり前だと思っていたことも、
    その地方を離れると常識ではないこともありますね。
    (*^_^*)
    お母様の僕、お疲れ様でした。
    お互いに、そんな年頃ですね。

  4. ヨシコ>カネゴン より:

    田舎では神様もお墓も、ぽつんと山の中にあるんだよね。
    なので霊園と呼ぶお墓の団地は、私もピンとこないんだ。
    でもさすがに土葬とは、すごいね。(^-^;
    さすがカネゴン!よくぞニカママのバックに
    気がついてくれました。
    小物を入れるバックが欲しいと言うので
    とりあえず昔のバッチの作品をあげたら
    気に入ってくれて、使い倒してくれてます。
    タンスにしまいこんであったバックが
    喜んでくれてる感じがするよ。(^○^)

  5. gop より:

    お疲れさまでした、早いもので我家も来月七回忌。
    お墓は墓仕舞いを検討中(奥様実家の方は既に完了)
    自分達は樹木葬が良いかなと話し合ってますが。どうなることやら。

  6. ヨシコ>gopさん より:

    gop家は、都内でのGWでしたか。(^.^)v  
    私たちも、二階堂家の墓に入らず散骨か樹木葬希望なので
    墓じまいなのか、永代供養なのか…
    調べて決めていかないといけないですね。
    そうそう、今回ニカさんは正式な遺言書を作成しています。
    詳細はまた後ほど。

  7. 直子 より:

    え?もう十三回忌?
    丸12年ってことだよね。
    ということはうちの父も来年なのかなあ。
    よっちゃの家のお墓はどこにあるの?
    うちは中学の下のところだけど、昨日はとんぼ返りだったからお墓参りできなかったなあ。
    してくればよかった。

  8. ヨシコ>ナオチャ より:

    ほんと、早いよね!
    小学4年生だった甥っ子達は、大学生になったのに
    こちらの成長はどんなものやら。
    ナオチャの家のお墓は、中学の下なんだね。
    ウチのお墓は、小学校のすぐ下のカーブのところだよ。
    その右脇のけもの道を登ると氏神様。
    墓参りの度に、小学生時代を思い出すよ。