WEB会議とアレンジ

今のニカママとの意思疎通は、オンライン面会のみです。
コロナのせいで、世はオンラインを避けて通れなくなりました。
これまでスカイプ会議の経験はありますが、ZoomやTeamsなど様々あるシステムの、何をどう使うと有効なのか判断がつきません。
そんな中、青梅商工会議所でWEB会議のセミナーがあったので、出かけました。
先生からは素人の素朴な質問にも丁寧に対応していただいたおかげで、各システムの特徴、便利なツール、実演による実際の会議の雰囲気が理解できました。

このセミナーまで、ゲスト(招待される側)はアプリをインストールしなくても会議に参加できることさえ知らなかったくらい無知な私ですが、帰宅後はZoomのサインアップ(無料)をして、めでたくニカさんと初WEB会議。

使い方はとてもシンプルなので、これなら誰でもすぐに使いこなせそうです。

エルグデザインによるオンラインデザイン相談はZoomにて随時受け付けております。
まずはお気軽にメールにてご連絡ください。^-^) info@ergdesign.jp


水彩画の方は、昔の写真を引っ張り出してしのいでいましたが、モチーフが尽きて来ました。
長かった梅雨は、どうやら本日明けたようですが、梅雨が明けても気楽な気持ちで外出できる日はいつの事やら。
まだまだモチーフ不足と気分が晴れない日は続きます。

ニカさんは先週のリベンジ「ザーンセスカンス・再創」です。
モチーフの写真は冴えない曇り空ですが、今回は爽やかな風を感じる風景にアレンジして仕上がりました。

ザーンセスカンス再創

私の作品は「ウルルとラクダ」です。
夕日に染まり始めたウルルを、のんびりラクダと一緒に眺める女性と猫。

もちろんそんな都合の良い写真は無いので、上の作品は下の4枚の写真から、描きたいところを抽出してモチーフを作りました。
1からウルルと草原、2からウルルと空の色、3から先頭のラクダを反転、4からラクダに乗る女性の向きを変える、という苦肉の合成。

苦肉の合成作業もそれなりに面白いのですが、やはりどこか不自然になってしまいます。
自由に外出して、絵になる風景に出会う日が待ち遠しいです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. アトム より:

    ザーンセスカンスは描き直しというより、どちらも素晴らしく夕暮れと昼下がりの連作に見えますね
    ウルルもさすが、安定した実力感がありますね
    合成作業の気持ちの限界、、というのは分かる気がします

    自分の会社時代はパソコンのイロハ、セキュリティーからイラレ、フォトショ、メールなど
    会社内教育で教えられたし、落ちこぼれは部門コーディネーターが助けてくれました
    自分は落ちこぼれ組でしたので、退職したら世の中の変化、キャッシュレスやweb会議などさっぱりです・・・

  2. ヨシコ より:

    >アトムさん
    ニカさんは、いつか個展を開こうという野望を持っています。
    その時は、アトムさんもお仲間になってくださいね!

    PCは、最初少々C社友達のお世話になりましたが、その後はずっと独学で来ました。
    ソフト関係は私の担当で、ハード関係はニカさん担当。
    二人でやっと一人前な感じです。
    ここで遅れを取るとついて行けなくなりそうでなんとか頑張っています。
    それにしてもPCやAIの変化は、早すぎ〜!

  3. カネゴン より:

    やっと梅雨が明けたけど、やっぱりいつもと違う夏だよね。

    私も6月に英語の習い事に行けなかった時、一度zoomでオンラインレッスン受けたよ。
    会議にも使えるし良いツールだよね。
    でも英会話のレッスンで使った時は微妙なタイムラグがあって、先生の顔が止まり、
    私の言っている事が分からないのかしら?などドキドキしちゃって、英語どころじゃ
    なくなり一回で中止したわ。
    でもこれからは、仕事をするには、こういうシステムにも慣れていかなきゃいけないよね。

    ニカさんの絵は明るくなったね。
    こういう時代は明るい絵のほうが好きだな。
    オーストラリアにラクダなんていたっけ?と思って
    ヨシコちゃんのオーストラリア旅行記を見直してみたよ。
    ラクダ、いたんだね。

  4. 直子 より:

    これが話題のWEB会議の様子なんだね。
    残念ながら私のパート先では縁のない話だけど、コロナ騒動のおかげでオンラインの便利さをつくづく思いましたよ。
    これがキッカケで覚えた人もいるんだろうね。
    私もお遊び程度でもかじっておいて良かったなあと思っているよ。
    それから絵はこんなやり方もあるんだね。
    不自然だと思うのはきっとよっちゃだけで、私には違和感なく伝わってくるよ。

  5. ヨシコ より:

    >カネゴン
    コロナだけでも特別な年なのに、梅雨も特別長かったね。
    この先も何が起こるやら…。

    英会話はオンラインに向いていそうだけど、やっぱり無理だった?
    どうしても時間のズレがあるから話がスムーズに行かないね。
    お互いの顔を正面で見るのも照れ臭いし、やっぱり私も普通の会議の方が良いわ。
    でもそんな事は言ってられないものね。慣れるしか無いか。

    わざわざ旅行記を見直してくれたのね!
    リゾートの中のキャメルファームには、大人しくて可愛いラクダがいて
    予約すれば乗れるみたいだったけど時間の都合で乗れなかったの。
    オストラリアの砂漠を移動するために連れてこられたラクダが繁殖して野生化したみたい。
    ウルルの周りにも野生ラクダのいる気配があったよ。

  6. ヨシコ より:

    >ナオチャ
    ナオチャもオンライン会議は体験済みなのね。
    ナオチャともなかなか会えないから、WEB再会もあるかな…。
    と思ったけど、面と向かうと恥ずかしいよね。
    やっぱりコメントのやりとりくらいにしておこう。

    母達はお茶しながらおしゃべりを楽しんでくれているようだしね。
    やっぱり実際に会って話せるのが一番だね。

    絵もいつも見てくれてありがとうね。