桜・満を持して咲く!

連日嬉しいニュースが届きます。
甥、聡一郎の、第一志望大学合格の知らせが届きました!
2年掛かりで待ちに待った嬉しい知らせです。
甥っ子は双子なのですが、ふたりの「受験放浪記」は、挫折に負けない高い志のおかげで壮大なストーリーとなってしまいました。
現役で北海道大学に入学したものの、1年の「仮面浪人」を経て、昨年京都大学に入学し直したのが、俊太郎。専攻は工業化学科です。
※仮面浪人とは、普通に大学の単位を取りつつ翌年の受験に向けて勉強する生活。かなりしんどそうです…。
1浪の後、某国立大学 医学部に合格したものの、更に1年の浪人生活を経て今年、名古屋大学 医学部に晴れて合格したのが聡一郎です。
周囲は、昨年合格した大学で充分ではないか!と言う雰囲気だったのですが、本人はどうしても再チャレンジを希望して、念願の合格をつかみました。
一番嬉しいのは、ふたりとも自分が望む場で学ぶというステージに立てた事です。
実際は、これからが本番の大変な勉強が待っていると思う。
でもきっと負けずにやり遂げられるはず。
だって、ふたりとも高校を卒業した当時より、
困難に打ち勝つ精神力と優しさが備わって、一回り人間が大きくなっているものね。
満を持しての合格、心からおめでとう!\(=^o^=)/
150309-1.jpg
下の写真は、実家にてふたりの満1歳の誕生祝の様子です。
(左は、まだ元気だった父。右はまだ若かった(^-^;)..弟です。)
箕(み)に乗せた子供の目の前に、そろばん、本、筆、を置いて、箕(み)を降ろします。
1歳誕生の儀1.jpg
ハイハイして、3つのうちの何を取るかで、その子の将来が見えるそうで…。
結局ふたりとも、何度やっても筆を取りました。
※そろばん(商売)、本(趣味)、筆(学問)のようです。
1歳誕生の議.jpg
「きっとふたりとも学問の道に進むだろう」という事になり、その予言通りになりました。
その時、嬉しそうだった亡き父の姿も思い出します。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カネゴン より:

    おめでとう~! 凄いなぁ!!
    やり遂げる、この芯の強さはやっぱりヨシコちゃんと同じ遺伝子を持っているんだね。
    お父様が生きていたら、どんなにか喜んだ事でしょうね。
    このところ色々めでたい事続きで、何だかこっちも嬉しいよ。

  2. ヨシコ>カネゴン より:

    一緒に喜んでくれて、ありがとね!
    私には、こんな根性なかったなぁ〜。
    若者の希望に満ちた門出に立ち会えると、
    自分たちも幸せな気分になれるよね。
    応援しているようで、逆に自分たちが
    元気をもらっているような気がするよ。
    (*^_^*)

  3. gop より:

    おめでとう御座います!
    これで老後病気になってもダイジョブですね(^^

  4. ヨシコ>gopさん より:

    ありがとうございます!
    いつか、名古屋の楽しみ方を
    教えてあげて欲しいです。(^_-)-☆

  5. 直子 より:

    ちょっとご無沙汰です。
    まだ母が滞在中につき失礼をお許しくださいm(_ _)m
    しかし、よかったねえ。
    すごいなあ、根性あるなあ。
    本当に心からおめでとうございますを言わせてもらいます。
    おばさんもさぞかし喜んでおられることでしょう。
    いい春になったね。

  6. ヨシコ>ナオチャ より:

    ナオチャ、おばさん孝行で慌ただしい中、
    お祝いコメントありがとな。
    合格発表の日の母は
    心臓が止まるんじゃないかと心配しちゃったよ。
    ふたごには、それぞれ大きな夢があるみたい。
    3月中に実家に帰って、ゆっくり
    話をしてくるつもりだよ。(^O^)/