Search


Category Archives

2015年10月24日

青梅丘陵ハイキング

歩くのに気持ちの良い季節になり、久しぶりに青梅丘陵を歩いて来ました。
JR青梅線・青梅駅で下車してから坂を登って山道に入ります。
青梅丘陵1.jpg

最初は、整備された歩きやすい散歩道が続きます。
青梅丘陵-2.jpg
景色の良いポイントに東屋があり休憩所になっています。
次の休息所まで、歩いて20分間隔であるので気分的にも楽に臨めるコースです。
青梅丘陵-3.jpg

途中には見上げるばかりの大木あり。
青梅丘陵-5.jpg

踏んでしまいそうな小さな花に、陽炎のような虫あり。
青梅丘陵-6.jpg

2本のトレッキングステッキでザックザック歩く本格的な集団あり。
青梅丘陵-7.jpg

強引に作ったような観光スポットあり。(枝間の富士..なかなかのネーミングです。残念ながら富士山は見えなかったけど...)
青梅丘陵-8.jpg

いたるところに落ちているドングリに、遠くで熊鈴の音が聞こえると、冬眠前の熊に遭遇しそうなちょっとした緊張感も味わえます。
151024-12.jpg

この道はiPhoneのマップには載っていません。でも道案内がしっかりしているので安心です。
青梅丘陵-9.jpg

ここが一番見晴らしの良い高台でした。遠くに霞む多摩川も見えます。
青梅丘陵-10.jpg

第四休息所を過ぎると宮ノ平駅までは、山道の急な下り坂が1kmほど続きます。
ここはちょっと足に堪えますが、青梅駅から約2時間。
気軽に歩ける、気持ちの良いハイキングコースでした。
11月の半ば頃の紅葉の時期も良いかもです。

2015年10月12日

交流会と検診と秋の実

10月10日は、TAMA協会による「地域イノベーション・技術連携交流会」が中野サンプラザにて開催されました。
本年も、大手〜中小企業間で300組近い面談が行われ、イノベーションに向けて活気ある交流が行われました。

私も、進行記録係として5面談のサポートを行いましたが、今回は特別に医療機器関連企業にスポットを当てたコーナーが設けられ、エルグデザイン(ニカさん)も医療機器におけるデザイン必要性のアピールで展示参加してまいりました。
(二人で参加したのに、慌ただしくて写真が一枚も撮れていないのです...。残念!)

近年は政府の医療機器の開発支援で医療器系のデザイン開発のご相談が増えていますが、面談、交流会、その後の打ち上げにて、多くの企業や先生方とお話しし、価値ある情報を得る事が出来ました。

東洋大学の先生とは、医療におけるハードとソフト→技術面と精神面の両面のサポート(哲学)についてのお話しで意気投合しましたが、翌日の10日の土曜日は、私は個人的に2年に一度の乳ガン検診の日でもありました。
(もちろん、こちらも写真を撮るなどと言う精神的な余裕などございません〜!)

医療器の開発に関係する立場であると同時に、受診者の立場でもある私。

医療器の開発を考える立場と患者としての視点から、医機機器の観察、医療関係者のパフォーマンス、受診システムを観察してまいりました。

私は臆病な人間なので、痛みを伴う検査だけでなく、検診の結果を聞く段階でかなりビビリます。
検査結果を聞く時の緊張感と不安を和らげる事が出来たら健康診断はもう少し気軽に受けられるのに...、という甘い考えが捨てきれません。
その反面で、定期的に検査を受け、異常があったら治療できる環境にある事を、感謝できる自分もいます。
もちろん検査機器や診療環境の完成度も一層求められます。

この辺を組み合わせて、心理的なストレスの緩和に繋がるソフト面の開発ができるのではと感じています。

私の本年の乳ガン検診の結果は、特に異常が無いようでひと安心。
この安心感が、平穏な日常への感謝と活力を与えてくれるというものです。

写真がないまま、ここまで書き進めてしまいました。

なんとなく絵柄が寂しいので、写真を数点アップします。^-^)
話しはガラッと変わりまして、我が家のハロウィンの玄関飾りです。
これまでお友達から頂いたハロウィングッズと庭の花々で、気分を出してみました。
ハロウィン1.jpg

今年のポイントは、こちら。
落ちていた「柿」にマジックインキで顔を描き、カボチャお化けの雰囲気にしてみました。
ハロウィン2.jpg

カボチャつながりで、居間の飾り台は、夏のほおずきと、小さなカボチャと、大きなアケビ。
かぼちゃとアケビ.jpg
アケビは昨日、霞川沿いを散歩している途中に実っているのを観察していたら、手入れしているおじさんから「持っていきなよ〜!」と、いただきました。
子供の頃の学校の近くの裏山にはアケビの実が成っていたけど、散歩途中で、知らないおじさんからアケビもらえるって...、
良い〜いところだ、青梅!

2015年10月 4日

松茸三昧

今年も実家の弟から、地元産の松茸が届きました。
今年も豊作で、南信州の方は価格が安いとの事ですが、毎年の松茸三昧は、悪い癖になりそうな贅沢です。
大きいほうから1号、2号、3号、4号と名付けました。
松茸-1.jpg
初日は、2号と4号を使って松茸ご飯にしました。
たっぷりの松茸が香るご飯で、ご馳走様!
松茸-2.jpg
2日目は、3号に日本酒を振ってホイル包み焼にしていただきました。
スダチをかけて、ザクっとした歯ごたえを、ご馳走様!
松茸-3.jpg
3日目は、今回のメインイベント、このBigな1号松茸をどうやって無駄なく贅沢に料理しましょうか。
松茸-4.jpg
大きな土瓶蒸し?...ならば、豪快に土鍋仕立ての松茸鍋にしてみましょう。
鯛、海老、カマボコは、お酒を入れた熱湯で軽く湯がいて下準備しておきます。
右のキノコは、椎茸ではなくて松茸ですからね〜!
松茸.jpg
昆布と鰹で出汁を取って、酒、醤油、塩で味付けしたお吸い物風の熱い汁に、具材を入れて弱火でコトコト一煮たち。
これは最高に贅沢な一品になりました。
松茸の香り、風味、歯ごたえ、どれもストレートに十分に味わいました。
ごっつあんです!
松茸-6.jpg
最後は残った汁を濾して、ご飯を入れて雑炊にしました。
少し残しておいた松茸の薄切りが上品な色合いです。
松茸-7.jpg
松茸が負けるかと迷いましたが、とき卵と三つ葉も入れて、雑炊を仕上げました。
ところが松茸も負けていません。その他の美味しさそ統合して、松茸雑炊、大変美味でございました。
松茸-8.jpg
これだけ食べ尽くせば松茸冥利に尽きるというものでしょう。ご馳走様でした!
松茸-9.jpg
もう毎年の松茸三昧が欠かせなくなってしまいました。
善一郎クン、来年もよろしくたのみます!

2015年10月 1日

無事に完了!

シルバーウイーク直前から、ここまで、少しのロスもアクシデントもあってはならない緊張の日々が続いておりました。

と言う割には穏やかな風景ですが、これが私の原風景、実家からも見え、子供の頃から遊んだ天竜川の河原です。
川路-1.JPG

どこが緊張かというと、実家の弟夫婦が留守の間、実家の母のお守りを兼ねてニカママも一緒に帰省していたのもひとつ。
高齢の母と渋滞の高速道路を車で移動し、3泊4日で慣れない環境に連れて来るのは気を使いました。
川路-2.JPG

実家は信州飯田にあり、昔は田んぼと桑畑しかない田舎だったのですが
『ココロファームビレッジ』などというオシャレな施設が出来ていました。
イラリアンレストランもあるので、皆で出かけて来ました。
自作の野菜を使った料理は美味しく、偏食のニカママにも気に入ってもらえて良かったです。
川路-3.JPG

そんな表面上はのどかな田舎でのひと時、ニカさんは持参したアイデアスケッチの仕事を、淡々とこなしました。
川路-4.JPG

実家から無事に青梅に戻ってからも、ニカママのお世話をしながらの、納期ギリギリの仕事にアップアップ。
焦っている時に限ってPCのアクシデントが起こるものなので、緊張に慎重を重ねてデータ保存!

そんな中の唯一の息抜きが、ご近所マダム会。
カネゴンも私も要支援がお家で待っているので、今回はランチのみの軽い集まりです。
な割には、たくさん飲んで食べてお喋りして、心に溜まった疲れをドップリ捨ててまいりました。
マダム会.JPG

シルバーウイーク明けの仕事の提出を無事に終えると同時に、ニカママはニカ姉夫婦のお迎えでお帰りになりました。

ホッとする間もなく、そこに間髪入れずに半月前に再発注したiMacが納入です。
PCが新しくなると、PCの使い方から、ネットからソフトの使い方までわからない事だらけで、いつもの調子が狂っちゃうのですよね。

ブログの更新もままならずでしたが、やっと3日目の本日から新しいMacの軌道に乗れました。
美子のiMac2015.jpg

親、仕事、そしてPC、同じ土台では語れませんが、どれも欠かせない重要な事が同時に嵐のように吹き抜けた感じです。
めまぐるしい半月が終わり、やっと無事に完了の報告ができました。
心底、ホッとしています。