Search


Category Archives

2016年7月31日

果実とパフェ

長かった梅雨も明け、やっと真夏の青空が広がりました。
160731-1.jpg

弟が旬の桃を送ってくれました。信州産の水蜜桃は、甘くて瑞々しくてトロける美味しさ。水蜜桃ってそそられるネーミングですね。
桃.jpg

本日は都知事選の日曜日。
投票がてら炎天下をウオーキングしていると、様々な実を見つけました。

川沿いにはアケビの実。
アケビ.jpg

天然のブルーベリーもあります。
ブルーベリー.jpg

よく手入れされた庭先の葡萄。
ぶどう.jpg

これは、クルミかな。
クルミ.jpg

今の季節、世界は果実で溢れているようです。

などと、たっぷり歩いた後、ニカさんは、迷うことなく贅沢にチョコパフェ。
実はニカさんは隠れ甘党なんです。
見た目からすると、ちょっと意外でしょ。^-^)
ぱふぇ.jpg

2016年7月24日

芝刈りレポート

今年の梅雨は明けたのか?まだなのか?
暑さもそこそこの日曜日は、芝の手入れ日和です。
今日はエルグデザインの芝刈りレポートです。

この電動芝刈り機は、今年から我が家の庭仕事のサポーターです。
これまでの人動のコロコロ芝刈り機の刃が立たなくなったので、庭仕事も少し楽しましょうという事で購入しましたが、確かに楽で仕上がりも綺麗です。
構造も外観もよく考えられていて、価格もリーズナブル。
コードは少々邪魔ですが、良いお買い物でした。
二階堂美子.jpg

腕貫と言うモノも今年初めて使ってみました。日除けになり、怪我や汚れ防止になり、虫除けにもなるという優れもの!
もう手放せそうもありません。
腕貫.jpg
芝の手入れはまずは草むしりからですが、梅雨時の今は、こんな可愛いキノコも生育中でした。
エルグデザインの庭1.jpg

今日はニカさんも協力してくれたので、分担作業で効率的に進みます。
エルグデザインの庭.jpg

電動芝刈り機の刈り残しは、ハンディバリカンで細かいところを仕上げます。この作業が仕上がりの整然感には欠かせません。
エルグデザインの庭美子電バリ.jpg

チョロっと伸びる新芽のランナーをむしり取るのも重要なポイントです。
エルグデザインの庭.jpg

更に、ハンディバリカンでも刈れない場所は、芝ハサミでカット。
エルグデザインの庭隆ハサミ.jpg

そして、二週間に一度の芝刈りが仕上がりました。お風呂上りのような爽やかさ。
しばし達成感と自己満足のひと時を味わいます。
エルグデザインの庭しごと完成.jpg

最後は、働いてくれた道具に「ありがとう」のお手入れをして本当に完了です。
器具の手入れ.jpg

働いた後のビールは美味しいよ!
家から歩いて3kmほどのカレー屋さんに出かけました。
働いて、歩いた後は、更に美味しいビールです。
シェルバ.jpg

身体を使って働いて、気持ち良い環境と、美味しいビールとランチをゲットしました。
ご馳走様でした。
シェルパのカレー.jpg

2016年7月17日

お食事会と改善

最近は、幾つかの忙しい仕事が重なって、若干バテぎみでした。

考える仕事(アイデアを出したり、まとめたり、改善策を考えたり...)は、机に向かっている時だけでなく、常に頭の中をモヤモヤに拘束されている感じですよね。
印刷物の入稿(デザインしたグラフィックのデータを印刷屋さんに発注する)作業も、結構なストレスです。なんせ気が小さいもので、内容に間違いがないか異常に繰り返し確認するのでド〜ッと消耗します。

そう、考えるのは疲れるのです。
でも考えないと前に進まないし、解決した時の喜びを待ち望む心境で臨んでいます。

そんなお疲れ週末の土曜日。
家中をさっぱり掃除した後、夕方から友人夫婦と会食して来ました。
慌ただしく家を飛び出しましたが、やっぱり普段の環境を変えて気の合う友人と美味しい食事を囲むのは、最高の薬になるようです。
久しぶりの再会でも全くの自然体で会える友人は、老後の宝物ですね。
(↓写真は友人より)
エルグデザイン二階堂.jpg

このお店、立川駅近くのカンテラは、オープンテラスと本格的な石窯のあるイタリアン料理のお店です。
料理は美味しく、価格もリーズナブル、お店の人の接客態度も気持ち良かったので、珍しくブログでお勧めしちゃいます。
味付けなどにちょっとしたミス(パスタがしょっぱい..)があったのですが、その挽回の仕方がなかなか真摯な態度だったので更に好感度が高まりました。
エルグデザイン宴会1.jpg

ミスや良くない結果も受け入れて改善する事で、逆に信頼関係が築ける事ってありますね。

少々支離滅裂ですが、ここで本日のテーマは改善と挽回です。

我が家のキッチンにはエアコンがありません。
エアコン用のコンセントをつけるのを忘れてしまい、そのまま諦めてます。
風通しは良いのですが、さすがに猛暑は辛い!
それでこの夏から登場したのがこの扇風機。
シンプルなデザインと、微風の快適さで選んだのがバルミューダです。

でもテーブルで隠した部分の長いコードとアダプターが、視界に入る煩雑さが落ち着かないし、扇風機が嫌いなニカさんの、邪魔だと言わんばかりの視線もうるさい。(▼▼#)
扇風機-3.jpg

で、コードを本体の台の下斜面(←ココ)に一巻きして固定させてみました。
コードに熱をこもらせず長さの問題を解決した時は、やった〜!と思いましたが..。やっぱり黒いコードが目立ち、手作り感満載。
個人の工夫ではこれが限界か。
扇風機-4.jpg

スタイリッシュに充電器タイプにもできる扇風機なのですが、日々の使い勝手を考えるとスマートなコード収納に改善できないものかなぁ。

モノを見ても、料理をしても、部屋を見ても、庭を見ても、「もっと改善できないかなぁ」と考えてしまう性分、やっぱり少し疲れるわ。(^-^;).. 

2016年7月 9日

本籍は横浜なのですが

実は我が家の本籍は、横浜市なんです。
結婚当初、ニカさんの実家があったのが横浜市で、当時は住み始めたばかりの青梅という土地にも馴染んでいなかったので
「青梅より横浜の方がオシャレかもね〜...」などとあまり深く考えずに決めたまま、ここまで来てしまいました。

でも、ニカさんの実家が無くなってしまった今では、縁遠い場所が本籍になっております。
と言うより面倒なだけ...。

今回のニカママの一件でも、役所、銀行、郵便局などを回り、必要な書類を集めたり書き換えたりするのに、わざわざ横浜まで往復だけで5時間以上かけて行かなければならないのには難儀しています。

最初の時はニカさん一人で行ったのですが、散々アチコチたらい回しにされたあげく全部回りきれなかったので、昨日は二人の分担作戦で行って来ました。

マイナンバー制度を作ったのなら、役所の書類くらい全国どこでも対応してもらいたいもんです。(▼▼#)

今回は、事前に手回ししたのと、耳慣れない書類にも慣れて来たのとでスムーズに処理され、思ったより早く手続きを済ませる事が出来ました。

で、「帰りには横浜みなとみらいに寄り道して行こうか」という事になりました。

あいにくの曇り空の中、オシャレなお店に立ち寄る訳でもなく、ロマンティックな夜景を見る事も無く帰路についてしまいましたが
お洒落スポットで海を見ながらのお散歩は、近頃の慌ただしかった生活を、一瞬だけ、魔法のように消し去ってくれました。

みなとみらい1.jpg

みなとみらい2.jpg

二階堂美子1.jpg

二階堂隆.jpg

二階堂美子2.jpg

みなとみらい.jpg

2016年7月 3日

一旦、一件落着

このひと月半近くの間お騒がせしておりました義母(ニカママ)の騒動も、やっと(一旦ですが)落ち着くことになりました。

緊急搬送時は心肺停止で命さえ危うかったニカママですが、ひと月の間に猛烈な回復力を見せ、生きる気力満々なのは想定外の喜びです。
青梅市立総合病院のカネダ先生、支援してただいた方々、どうもありがとうございました。
が、それに伴い現実的には、これからの生き方を考えなくてはなりません。

もう横浜の義姉の家に帰る事は出来ず、我が家にて万全のお世話を続けるのも無理があります。
本人には選択する手段がないので、私達がいくつもの施設を回ってニカママに相応しい施設を探しました。

結局金曜日に退院し、カネゴンが教えてくれた青梅市にある「老健」にギリギリ残された最後の1枠で入所できましたが、本人も私達もとても満足しています。
入所した西東京ケアセンターは、家からは車で20分、建物は新しく明るく広々としているし、お世話してくれる方々は頭が下がるほど親切です。
クリニックも併設され、リハビリ施設も充実しているのに、使用料金もお安く義母の年金内でやりくりできそうなのも助かります。
最近は自分の服など買う暇もありませんでしたが、ニカママの服と下着を山のように買い込みました。
施設ではオシャレも楽しんでもらいたいと思います。

本日も面会に行って来ましたが、もう友達ができておしゃべりを楽しんでいる様子。
今年の秋には、私達 + 私の母を旅行に連れて行ってくれるそうで、旅行案内を見まくってあれこれ考えてくれているのも良い兆候だと思います。

施設を観察してみると、どこも至れり尽くせりの老人天国です。
恵まれているはずなのに、そこはかとなく漂う虚ろ感。
私には、本当の意味で、年を取って自由が利かなくなった時の不安や焦燥感は想像がつきません。
それはその時が来た時の楽しみにとっておく事にして...、ニカママ騒動もここらで一旦、一件落着!

今年は申年。申年は荒れるという迷信があるそうです。
我が家も随分なアクシデントに見舞われましたが、29日に開催されたTAMA協会の総会でも大きな変動がありました。

写真はTAMA協会総会の後の、楽しくためになる情報交換のひと時です。
写真左はV社の社長ですが、3年前に発表した製品が徐々に世界に認められ、間もなく大きな飛躍を迎える予感。
こちらは嬉しい大激震になって欲しいものと期待しています。
池野社長、芳賀さんと.jpg