桜満開

例年になく寒い3月だったにもかかわらず、4月の声を聞く前に、あたり一面満開の桜となりました。
例年になく旺盛な花粉にはめげますが、サンドイッチやワインを持参して多摩川沿いの「羽村の堰」に出かけました。
入り口の橋から眺める玉川上水の桜は、浮世離れした幽玄な美しさです。
羽村の堰-2.JPG
しかし、一歩中に入ると出店と人混みで賑わうお祭り騒ぎ。
我が家の近くでは、寂れた城跡の桜が見事なのですが、ひと気が無いとどこか寂しいのが花見の不思議です。
羽村の堰-3.JPG
猿回しの猿「ぽんず」ちゃんとタッチ!
仕方なくなくな感じのぽんずちゃん。
猿の手のひらは、小さくて、ふっくらしっとりして可愛かったです。
ニカさんは、猿回しの猿は可哀想だと感じるらしいですが、人と共に生きる猿回しの道も充実して楽しそうではないかと感じる私です。
羽村の堰 二階堂隆-4.JPG
今年の花見の記念写真は、…いまいち。
二階堂隆&美子.JPG
我が家の近くの御嶽神社の桜も見事です。
御嶽神社.jpg
御嶽神社では、ニカママとも花見を楽しむ事ができました。
ニカママと.jpg
今年の桜も十分に堪能しました。来年もまたね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カネゴン より:

    羽村の堰はやっぱり綺麗だね~
    でも凄い人出だね。
    宴会やるなら賑やかな花見が良いけど、花をめでるなら、
    やっぱり静かな方がいいかな…
    人気がないのは藤橋城址の桜? 
    見に行ってないけど、あそこはホントいつも人気が無いよね。
    ニカ家も御嶽神社に行ったんだね。
    カネゴン家も今日行ったよ。
    見事だったね。
    ニカママも良い花見が出来て良かった。

  2. ヨシコ>カネゴン より:

    そうそう、藤橋城址は散歩がてら寄ったけど
    誰もいない静けさの中で、今は桜が満開だよ。
    あそこの桜はとても背が高くて、
    独特の雰囲気があるよね。
    二カママも、花見を喜んでくれて良かった。
    御嶽神社では、お年の方々が車椅子で
    桜を見に来ていたよ。
    いくつになっても、やはり花見をしないと、
    春になった気分がしないよね。

  3. 直子 より:

    もうこんなに桜が満開なんだ~。
    こっちはもう少しかな。
    でも松本城は開花宣言されたのかも。
    開花宣言されてから2週間、松本城がライトアップされるんだよ。
    桜はやっぱりいいねえ。
    来年も元気で見られるといいなあ。

  4. ヨシコ>ナオチャ より:

    今年の桜は、一斉に、どこでもたくさんの花を咲かせているよ。
    きっと松本でも同じように綺麗な桜を見られると思う。
    ナオチャにとって、今年は特別に感慨深い桜になりそうだね。
    来年も見られるといいなぁ..、というのは、日本人特有なのかな。
    そんな気持ちになってしまうので、花見は賑やかな方がいいのかな。
    お互いに、来年も元気で花見しましょう!(^_-)-☆

  5. アトム より:

    あそこも、ここも、こんなに桜がいっぱいあったっけ?
    というくらい日本人は桜並木が好きですよね
    昔、車椅子の父を花見に連れ出して
    砂利に車輪を取られ親父を衆人環視の中
    放り出してしまったことを思い出しました(^^;

  6. ヨシコ>アトム より:

    梅も桃も綺麗なのに、なぜに桜が一番なのでしょうね。
    砂利道で車椅子に乗せて歩くのは結構大変なようですね。
    ニカさんは、後輪に体重をかけて運ぶというテクニックを
    習得したようです。
    放り投げられたお父様はびっくりしたと思いますが
    それもまた良き懐かしい思い出ですね。