実家にてGW

甥達も集合して、久しぶりの故郷です。
家族写真.jpg
左端の俊太郎は今年から院生になり、深夜まで有機化学の実験(私には理解不能)に明け暮れる毎日のようですが、その割には身体は頑丈そうで一安心。
その右隣の聡一郎は大学4年生になりました。
今はラグビー部の部長としてリーグ戦に燃えているようですが、大変なはずの学業についていけているのか少々気になるところ。
母はもうじき84歳。背丈は随分小さくなってしまいました。
これまで忙しすぎた母なので、これからは穏やかな日々を過ごしてもらいたいと思っています。
子供の頃遊の遊び場でもあり、昔は実家の畑があって、よく父と来ていた懐かしい天竜川の風景です。
天竜川.JPG
ココロファームビレッジの山羊達も元気でした。
やぎ1.JPG
大胆なくらい恐れを知らない可愛いヤツ。
やぎ2.JPG
川があると、いつも本能的に水切をしてしまうニカさん。何故なのだ?
石投げ.JPG
天竜川の上に鯉のぼり。
大魚の干物のようでもある、見ようによってはシュールな風景。
鯉のぼり.JPG
夕暮れの河原には、今の時代でももののけが住んでいそうです。
河原.JPG
母からは、昔の話をたくさん聞いて来ました。
できるだけの親孝行を今のうちにしておこう。
母のためでもありますが、私自身のためにも。
母と.jpg
実家の神棚です。
今では弟夫婦が守ってくれています。
神だな.JPG
日々の平穏に感謝します。
これからもどうぞこの平穏な日々をお守りください。
パン パン‼︎

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. カネゴン より:

    お疲れ様でした。
    連休だったから道路も混んでいたでしょう。
    久しぶりの帰郷だったんじゃない?
    お母様もうれしかったでしょうね。
    私がババと話をして、お互いの話がちゃんとかみ合っていたのは
    80代半ばまでだったかなぁ。
    個人差は大きいけど、できる時にできる事をしてあげるって
    親にとっても自分にとっても大事だよね

  2. ヨシコ>カネゴン より:

    毎日のように電話で声は聞いていたけれど
    前に帰省したのは、去年の8月、
    母の手術の時だったので、
    久しぶりに元気な母に会えました。
    元気でも、やっぱり年を取ったなぁと感じるよ。
    以前カネゴンのブログに、子供の頃
    「お母さんが死ぬなんて嫌!」と思ったことが
    書いてあったけど、私もニカさんも
    同じ経験があるんだよ。(*^^*)
    お互い、ここまで来られて良かったんだよね。

  3. アトム より:

    お母さん元気でなによりです。
    ふるさとはやっぱり良いですね。
    連休は空き家の実家に施設から母を迎え、東京から弟も支援に来てもらい、介護合宿中です^_^;

  4. 直子 より:

    一番上の写真がどこなのか、とそのココロファームビレッジっていうのがわからないや。もうよっちゃの方が実家の方の情報に詳しいかもなあ。
    いやいやおばさんはまだまだお若い。
    お互いに親が元気なうちにせいぜい親孝行しよう。
    ところで善ちゃとお嫁さんは?

  5. ヨシコ>アトム より:

    故郷はやっぱり良いのですが、
    青梅の自宅に戻って
    ホッとしている自分もいます。(*^^*)
    介護合宿お疲れ様です!
    お互い、親孝行に関しては
    後悔しなくて済みそうですね。(^.^)v

  6. ヨシコ>ナオチャ より:

    一番上の写真は飯田インターの近くにある
    ソットオーリオというイタリアンの美味しいお店の前だよ。
    善一郎達が好きで、よく行くお店です。
    ココロファームビレッジは、ナオチャの家から
    河原の方に歩いて行けば5分くらいで行ける
    レストランなど併設されたおしゃれなスペース。
    川路も随分変わったよ。
    善一郎は、写真を撮ってくれてて、お嫁さんはお会計中でした。
    (>_<)慌てていたので…悪かったわ!
    写真には写っていないけれど、皆変わらず元気でやってるよ。