苧坂さんの陶器展にて

夕方から、毎年恒例12月に広尾のギャラリー旬にて開催される「苧坂恒治展:赤絵彩紋」に行って来ました。 苧坂さんの仕事のパートナーでもある奥さんは私の大学時代の学生寮仲間キムちゃん。 木村が旧姓のキムちゃん、私美子はビコ。 おばさんとなった今では恥ずかしい気もするけど、こうとしか呼べないものなのです! 昔は茂木にあった窯を訪ねた事もあったけど、 北海道に窯を移ってしまったキムちゃんとの再会は実に23年ぶり。 人が何と言おうと… 本当に変わらない、昔のままだね〜! 091217-1.JPG ここで私達の暮らした頃の女子美:和田寮のご紹介: 昨年閉鎖された女子美の和田寮は、上級生との4人部屋。 門限は基本的に8時、消灯は11時。 外部からの侵入者を防ぐためか、もしくは夜に寮生が抜け出さないためか?、窓は小さくしか開かず、建物の外には堀があり、塀には鉄線が張られているという難攻不落の城。 消灯後はキッカワ寮官の見回りがあり、どんなに毛布でドアを囲っても消灯違反は見破られ、うるさいとしかられ、夕食も早めに行かないと、ご飯が残っていない…。 という大変人間が鍛えられる寮なのでありました。 そんな寮とも知らず、頼る人もなく、ぽつんと一人で上京した18歳の子羊のような私達。 キムちゃんはそんな懐かしい時代の思い出を共有する仲間です。 キムちゃんはおじさんになったニカさんとも23年ぶりで、 最初は誰なのか分からなかったらしい。 091217-02.JPG いつしか苧坂さんとニカさんも二十数年の付き合いとなりました。 ジャンルは異なってもモノづくりの精神は共通なので気が合うみたい。 091217-0.JPG 毎年の顔なじみになって、なんだか同窓会みたいな雰囲気です。 091217-3.JPG オープニングパーティーの最初から居座り、最後まで居残る私達。 キムちゃんとの別れの時間はちょっと涙ぐみそうになったよ。 091217-4.JPG これが今年我が家に追加されたコレクション。カップは焼酎用にします。 クロ招き猫はキムちゃん手づくりの作品をプレゼントしていただきました。 091217-5.JPG 後ろ姿も可愛いよ! 091217-6.JPG これまでで苧坂さんの赤絵彩紋のコレクションも随分と揃いました。 091217-7.JPG この器に盛ると、とても食卓が華やかになるので、 毎日どれかひとつは使って楽しんでいます。 この展示会は12月20日まで開かれていますので 興味をもたれた方は是非立ち寄ってみてください。 「ギャラリー旬」注)←こちらは2005年の情報です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ばたろう より:

    コメントを入力してください
    どうも。
    ワ・タ・シです。
     結局、ErGさん達とは名刺交換しなかったような、、。家に無事帰還して、気が付きました。
     苧坂恒治展 楽しかったですね~。
    うん、楽しかった。

  2. ヨシコ>ぱたろうさん より:

    ぱたろう室長のお名刺は、大切に保管しておりまっす!
    展覧会に出展する絵は修正したのでしょうか?
    それとももう山に登っちゃったのかな?
    16日は、趣味多彩なぱたろうさんにお会いできた事もラッキーでした。

  3. カネゴン より:

    カネゴンのところの女子寮は、門限10時、消灯12時、夕食は無くなる事はなかったけれど、味噌汁の具は遅くなると無くなっていた‥
    ヨシコちゃんの所はもっと凄かったんだねぇ。
    えらい、よく頑張った!!
    カネゴンの例のオバサン仲間は、門限後、よく窓から出入りして、カネゴンはもっぱらその手伝い役だったよ。
    いろいろ苦労もあったけれど、今思えば良い経験だったね。

  4. ヨシコ>カネゴン より:

    学生時代の苦労は、当時も面白がって楽しんだ部分もあるし、
    今になっては本当に良い思い出だよね。
    昨年あの頑固な学生寮が廃止されちゃったのは、
    今時の学生には向かないんだとは思うけど、
    もったいなくて、淋しい気がするんだよ。