Search


Category Archives

2017年2月26日

旅・あれこれ

実家の弟家族が、木曜日から仕事と観光を兼ねて中国へ行っております。
中国の関係者が、接待を兼ねて家族も一緒に呼んでサービスしてくれるようです。
今頃は、豪華な中華三昧か、それとも史蹟巡りを楽しんでいることか。

その間ひとり置いてきぼりの母が心配だったので帰省するつもりだったのですが、どうしても仕事の調整がつかず、今回は日に何度か電話を入れながら見守ることにしました。

一人で過ごす母に電話して、電話口で元気な声を聞くと、ホッとします。

弟夫婦がいてくれる時は、母はいつも元気なものとして安心していられた事に改めて気づきます。

母も、毎日顔を合わせ、話したり、一緒に食事をしたり、たまにはバトルしたりの弟たちがいてくれる有り難さに気づいた事と思います。

たまには日頃の当たり前の有り難さに気づく、こういう時間も必要なのかもしれません。

それにしても弟の家族、
2月の初めには、お嫁さんが抽選で当たった格安チケットでポルトガルに行き、中旬には聡一郎がキューバを放浪し、後半は家族4人で中国旅行。
この後、3月の初めには俊太郎がタイに旅するというハードなツアースケジュール。
弟の家族、皆、移動し過ぎ!

無事に帰国してくれるまで、どこか心が落ち着きません。

旅の無事を祈る側になってわかるのは、私たちがしょっちゅう海外に旅した頃に無事を祈ってくれていた人たちの気持ちです。

逆の立場になって知る、何事も経験は人を大人にしてくれます。

今日はニカさんが出かけたついでにスーパーで駅弁を買って来てくれたので、旅弁ランチとなりました。
奈良の柿の葉寿司と、兼六園の行楽幕内弁当です。
我が家は本日これにて、ささやかな旅気分。
お昼のお弁当.JPG

バス旅行を検討するも、帯に短かし...で、なかなか二人の意見が一致せず。
旅行の予定.JPG

今年の秋には、フィレンツェまでドップリと芸術に浸る旅に出る事を二人で夢見ています。
旅とは、夢見ながら計画する時が十分に幸せだと分かるのも、長年の経験値。


2017年2月19日

青梅・春の風景

春一番。強風が描いた抽象アート「錦鯉」
強風霞川.jpg
満開の時期を迎えた青梅の梅。
梅の花0219.JPG
今年の初桜。
初桜.JPG
霞川では、カワセミとシロサギの遠慮がちなツーショット。
霞川ニアミスJPG
天使かと思った!...雲。
綺麗な雲.JPG
などなど、春の陽気と風景を楽しみながら歩き、ネパール料理のシェルパでランチです。数種類のカレーの中で、最近はダル(豆)とゴマの辛口カレーがお気に入りです。
シェルパ1.JPG
2種類のタンドリーチキン付きで大満腹。
最近は太り気味ではございますが、ダイエットは明日からということで。
シェルパ2.JPG

本日は青梅マラソンで、コースの周辺は大変な人だかりでした。
青梅の混雑.JPG
「青梅の杉花粉は、青梅マラソンとともにやって来て、青梅大祭とともに去って行く」そうで...、本当に、本日からムズムズが始まってます。

2017年2月11日

梅の頃の訃報

ニカさんの、大学時代の落語研究会のT先輩の訃報が入り、今夜ニカさんは通夜に出かけました。
今頃は切なく、泣けているかもしれません。
胃癌による、享年63歳の早過ぎる死でした。

「仕事を辞めたんだって?」「そうイガン退職!」と言えるシャレた方でした。

ニカさんが大学時代、落語研の友達と銀座で飲んでいるうちにお金が足りなくなり、就職していたT先輩を呼んで飲み代を支払ってもらったという武勇伝があります。T先輩が来てくれると分かった途端にビールを追加注文して、店の人にたしなめられるというおまけ付き。
その後、T先輩が来て店の支払いを済ませた上で「お前たち飲み足らないだろう」と別の店に連れて行って奢ってくれたと言う、信じられないようなおまけ付きです。

T先輩の新婚の家に友達と遊びに行って泊まり、翌日Tさん夫婦を「いってらっしゃいませ〜!」と送り出し、主のいない家で一日中飲み続け、T先輩が帰宅した時は「おかえりなさいませ〜!」とお迎えし、「お前たち、まだいたの〜。」とあきれられながらも、またその晩も付き合ってくれたという逸話もあります。

私たちが結婚する頃、多摩美の落語会の流れで私も一緒にT先輩宅に集まり、そのまま大勢で泊まり、奥様にも大変お世話になりました。
本当ににこやかで、人の良いご夫婦でした。

娘さんが生まれた年の年賀状は、「今日子!」と娘さんの名前が大きく書かれ喜びに溢れていたのが印象的でした。
その娘さんもすっかり立派な大人になって、今夜は奥様を助けていることと思います。

1年半ほど前にニカさんがT先輩に会った際に、大変お世話になった御礼を言えた事が救いだそうですが、その時T先輩は「オレも楽しかったから、良かったよ。」と言ってくれたそうです。

でもその頃にはT先輩の体調は思わしくなく、きちんとした恩返しなどできないままになってしまいました。

亡くなった人への供養は、その人との思い出を回想する事のような気がします。

でも一番大切なことは、生きている今日、大切な人に感謝の気持を言葉と行為にして伝えることですね。

梅.jpg

2017年2月 5日

小さな春と、にしちゅん

小さな春。
一つめは、カネゴンから昨年譲り受けたクンシランに花芽を見つけました。
分厚い葉に守られたこんな小さな花芽から、オレンジ色の大きな花を咲かせるのが不思議に感じます。
クンシラン.JPG

庭先で見つけた春一番は、サクラソウ。
もう20年以上、こぼれ種で毎年春を告げるピンクの花を咲かせてくれています。
サクラ草.JPG

昨日まで何かと忙しかったので、本日の日曜日は思いっきり休息日。
たっぷり歩きながら、ランチをしたり、図書館に寄ったりして過ごしました。
たまには私も登場します。ちょっとほろ酔い機嫌です。
春はまだ遠い、ぶ厚いコートで着膨れ中なのだなぁ...。
...と言うことにしておいてください。
二階堂美子1.JPG

帰りの西東京バスは、マスコットの(にしちゅん)バスに当たりました。
西東京バス1.JPG
座席も、ちゃんと(にしちゅん)してます。
西東京バス2.JPG
バスは、目的地に乗せて行ってくれさえすれば文句は無いのですが、こんな風に手間暇かけて顧客にアピールしてくれると、大人でも悪い気はしないものです。
乗客の少ない田舎のバスだからこその、マスコットで地域に溶け込む努力を応援しよう!という気分にさせてくれました。